ジーザス・キャンプ アメリカを動かすキリスト教原理主義
ジーザス・キャンプ アメリカを動かすキリスト教原理主義
Jesus Camp
上映日:2010年12月25日 / 製作国:アメリカ / 上映時間:87分
ジーザス・キャンプ アメリカを動かすキリスト教原理主義
解説
ブッシュ政権下のアメリカで、キリスト教福音宣教会が主催する子供のサマーキャンプを追ったドキュメンタリー。子供たちは聖書に書いてあることがすべて真実だと教えられ、音楽や踊りでトランス状態になり、中絶反対を叫び、キリスト教を推進するブッシュを奉る。監督は、ハイディ・ユーイングとレイチェル・グラディ。
あらすじ
ブッシュ政権下のアメリカ。キリスト教福音宣教会のフィッシャー女史が主催する子供のサマーキャンプには、全米・全世界の福音宣教会信者の家庭から子供たちが参加する。キリスト教原理主義とも呼ばれる福音派の信者は、アメリカの中南部に多く、聖書に書いてあることをすべて真実だとしている。つまり、進化論は嘘、人類は神が創造したもので、地球は誕生してからたかだか六千年ほどしか経っていない、と子供たちに教えているのだ。公立学校の授業にも批判的で、アメリカで自宅学習をする子供の75%が福音派であると言われている。キャンプでは、音楽や踊り、説教が繰り返され、子供たちはトランス状態に陥る。子供たちは原罪を懺悔し、神を称え、中絶反対を叫び、キリスト教を推進するブッシュを奉る。READ MORE
スタッフ
監督
ハイディ・ユーイング 
監督
レイチェル・グラディ 
音楽
ニール・サンフォード・リヴィングストン 
キャスト
ベッキー・フィッシャー
テッド・ハガード
動画配信サービス
?>