dTVの料金はホントに月額500円だけ?プランや支払い・決済方法の疑問を解決!

スポンサーリンク

dTV(ディーティービー)は、会員数500万人以上を誇るNTTドコモ提供の動画配信サービスです。dTVの料金プランはとってもシンプル!ドコモユーザー以外も利用できるお得なサービスです。

月額料金500円(税抜)という破格の料金設定が魅力ですが、作品ラインナップ数は12万本以上と国内でも2番手を誇る大ボリューム。あまりのコスパの良さから、「ホントに500円だけで済むの?」と不安になってしまう方もいらっしゃるでしょう。

結論から言うと、「場合によっては500円以上かかってしまう事もありますが、レンタル作品に手動で課金さえしなければ本当に月額料金の500円だけで利用できる」です!

それでは、dTVの決済方法や支払いに関する注意点などを詳しく解説していきます。

dTV料金&決済方法まとめ

☑dTVの料金は月額500円(税抜)
☑一部の新作映画等は別途レンタル料金が発生する
☑dTVの支払い方法はドコモキャリア決済orクレカ決済のみ
☑dTVの決済日は決済方法によって変わる
☑解約のタイミングは月末がベスト

コスパ最強!
今すぐdTVで31日間
無料体験
したい方はこちら!

dTVの料金プランについて

dTVの料金プランはその他の動画配信サービスと比べてみても、極めてシンプルで把握しやすいのが特徴です。また月額利用料金が圧倒的に安いのが魅力。

dTVの料金は月額500円(税抜)

出典:dTV公式サイト

dTVのプランは月額500円(税抜)の1つのみ!Netflixのようにプランがいくつかに分かれている訳ではないので、シンプルで使いやすい設定となっています。

新作や人気作品など、一部の作品には別途レンタル料金がかかってしまいますが、12万本以上のタイトルの中から作品を選べる自由度は他のサービスと比べ物になりません。

dTVのレンタル作品と見放題作品の見分け方

レンタル対象作品に関しては、「作品を視聴したら知らない間に課金されていた…」というような事はなく、視聴前に必ず「レンタル作品だけど、ホントに課金しますか?」というワンクッションの確認が入る為安心して利用する事が出来ます。


課金が必要となるレンタル作品は、上記画像のように「¥」マークが表示されますので見分けやすくなっています。

また、下記画像のように事前に「見放題対象作品のみ表示する」というように配信状況を絞り込んで作品を選べる点は有難いですね!

レンタル作品は基本的に300円~500円の価格帯で配信していますが、DVD・CDレンタル大手のTSUTAYAが5本で1,000円パックなどを実施している事を考えると、ちょっと割高に感じてしまいますね。その為、どうしても観たい作品がある!という場合以外は月額料金内で見放題対象作品だけを楽しむのがおすすめです。

dTVの料金比較

dTVの料金を他のメジャーな動画配信サービスHulu 、U-NEXT、Netflix、Amazonプライムビデオなどと比較してみましょう。

月額(税込) 作品数 無料期間 得意ジャンル
DTVの料金 550円 12万本以上 31日間 邦画・国内ドラマ
HULUの料金 1,026円 5万本以上 14日間 国内・海外ドラマ
U-NEXTの料金 2,149円 14万本以上 31日間 映画・ドラマ・アニメ・アダルト・漫画
Netflixの料金 880円~ 非公開 洋画・海外ドラマ
AMAZONプライムビデオの料金 500円 5万本以上 30日間 映画・海外ドラマ・アニメ

トビくまくん

配信サービスを比較する際に押さえておきたいのは、月額料金に対しての配信数の多さと、自分が観たいジャンルに特化しているかどうかという点!せっかく月額料金を払っても観たいジャンルが殆ど扱われていないとなると勿体ないから、しっかりと確認しておこうね

dTVは、他の配信サービスと比較しても月額料金の安さ、そして配信数が圧倒的です。dTVの得意ジャンルは主に国内コンテンツ。国内ドラマや邦画をよく観るという方にはおすすめの配信サービスとなっています。逆に、海外ドラマや洋画、アニメをもっと楽しみたい!という方は他のサービスを検討した方が良いかもしれません。

スポンサーリンク

dTVの料金支払い・決済方法

dTVの支払い方法はクレジットカードorドコモのキャリア決済

dTVでは無料おためし期間が終了したその翌日から、利用料金が発生します。

主な支払方法はクレジットカード(VISA、MASTER、JCB、AMEX)となり、国内で発行されたクレジットカードのみが利用可能です。またドコモユーザーであれば、“ドコモケータイ払い”で月々の携帯料金との合算も可能!これはクレジットカードでのお買い物がどうも苦手……という方にも、おすすめの決済方法と言えるでしょう。

また見放題以外の作品を別途レンタルした場合、月額の500円(税抜)以外にも1作品につき100円~500円が課金されます。ドコモユーザーであれば、個別にレンタルした作品の課金には、dポイントなどを上手く使い節約することも可能です。

dTVは日割り計算されない

dTVには、初回31日間は料金が発生しない無料期間が設けられています。この「31日間」というのがちょっと厄介なポイント。

dTVでの無料期間終了後は、基本的に月単位での請求締めとなってしまいますので、例えば1月8日に無料登録して、翌月から継続して契約を続けたい!となった場合、2月9日~2月29日までの21日間の利用に対して月額料金を支払わなければなりません。

それに比べて、1月1日に無料登録した場合は、無料期間終了後の2月1日~2月29日までの29日間の月額料金を支払う形となりますので、無料登録する際はなるべく月初に登録した方が損をせずに済みます。

dTVの決済日について

dTVの決済日は決済方法によって変わります。dTVは、31日間の無料体験終了後から月単位での請求締めとなりますので、請求発生日の属する月の月末までの料金を毎月支払っていくイメージです。

クレジットカード払いを選択した場合「先払い」となりますので、2020年1月8日に会員登録した場合、31日後の2月8日までは無料で利用できます。その後、継続して契約する場合は2月9日になった時点でクレジットカード会社へ請求が行われる仕組みとなります。

一方、ドコモのキャリア決済を選択した場合は「後払い」となりますので、例えば2020年1月8日に会員登録した場合の料金発生日は2月9日。クレカ払いであれば2月9日に決済となりますが、キャリア決済の場合は2月29日に締め、翌月初3月1日に利用料が計上されるという仕組みになっています。

dTVの料金支払い4つの疑問と注意点

dTVを完全無料で利用する方法は?

dTVの無料期間は初回登録時に限り31日間設けられています。31日間の無料期間中に解約すれば、料金は一切発生せず無料でサービスを利用する事が出来ます。ただし解約した瞬間から動画を視聴する事が出来なくなるので、なるべく31日間ギリギリまで動画を楽しんだ方がおトクです。

解約手続きは、契約時に登録するドコモの請求管理ページ「my docomo」から5分程度で行う事が出来ます。

dTVをおトクに契約する方法はあるの?

dTVの金額自体が安くなったりするようなキャンペーンは2020年1月時点ではまだありませんが、映画やドラマ、アニメといった約30の専門チャンネルを視聴できる「dTVチャンネル」とのおトクなセットプランがあります。dTVとdTVチャンネルをそれぞれ単体で申し込みした場合より300円安くなるというものです。

詳しくは下記記事でも解説していますので、dTVチャンネルが気になったら是非チェックしてみてくださいね。

DTVチャンネル dTVチャンネルって何?dTVとの違いを分かりやすく比較検証

dTVの支払い方法は変更できるの?

可能です。クレジットカード会社の変更・キャリア決済からクレジットカード決済への変更など、dTVの請求管理ページである「my docomo」からいつでもカンタンに変更する事が出来ます。

dTVは現金決済できるの?

dTVではクレジットカード払いかドコモのキャリア決済しか利用する事が出来ません。従って、クレジットカードを持っていない方、ドコモ以外のケータイ会社を利用している方は契約できないという難点があります。

スポンサーリンク

まとめ

dTVの料金について解説させて頂きました。dTVは無料期間が終了してもリーズナブルな料金で始められるので、初めて動画配信サービスを利用される方にとっては、リスクのハードルを下げることができます。

無料トライアル期間であっても月額会員と同じラインナップの作品を見放題で視聴する事ができますので、気になった方はお試しからスタートしてみてくださいね♪

コスパ最強!
今すぐdTVで31日間
無料体験
したい方はこちら!

dTV無料トライアル登録の手順や注意点 | 本当に完全無料で楽しめる? 【図解】dTVの解約方法&注意点まとめ | オンラインで即日手続き可能!
スポンサーリンク
スポンサーリンク