【イケオジ代表】ジョージ・クルーニーが出演するおすすめ映画7選!

スポンサーリンク

年々ダンディさが増し、独特の渋さが大人気のジョージ・クルーニー。今ではハリウッドに欠かせないくらいの超大物俳優です!『ピースメイカー』や『オーシャンズ』をはじめとした大ヒット作の主演だけでなく、最近では映画監督や脚本家としても活躍しています!

今回は、そんなジョージ・クルーニー出演のおすすめ映画をご紹介していきます。

ジョージ・クルーニーについて


出典:wikipedia

そんな彼は、1961年5月6日にアメリカのケンタッキー州に、映画批評家兼ニュースキャスターの父と、美人コンテストのクイーンに選ばれるほど美形な母の元に生まれました。母方の先祖にはエイブラハム・リンカーンの妻の妹がいたり、父方の伯母は世界的に有名な歌手ローズマリー・クルーニーや、その夫でアカデミー主演男優賞を受賞したこともある有名俳優のホセ・フェラーがいます。
しかも、従兄弟にはミゲル・フェラーや、グラミー賞歌手のデビー・スティーブンもいるんです!彼ほどの大物だと、先祖や親戚までもが有名人なのでしょうか。

大学中退後はタバコのカッティングやセールスマンなどで生計を立てながら俳優業に取り組んでいましたが、相当な極貧生活を送っていたんだとか。
エキストラ出演やオーディションに挑戦しながらもなかなか芽が出ず、13年もの間下積み生活を送っていた彼にとって転機となったのは、32歳の時にメインキャストを務めたテレビドラマ『ER 救急救命室』。
このオーデションに受からなければ、地元に帰ろうと決意して挑んだそうです。クルーニーはこの作品で、映画のアカデミー主演男優賞に当たるエミー賞やゴールデングローブ賞にノミネートされました。
その後は主演を務めた映画『パーフェクト ストーム』(2000)や『オー・ブラザー!』(2000)、『オーシャンズ11』(2001)が大ヒットし、大物俳優の仲間入りを果たします。

チャリティー活動や紛争問題への解決を訴えるなど、数々の人道的活動に携わっていることでも有名なクルーニーは、国連の平和大使に任命されるほど。政治活動にも精力的に取り組んでいることから、様々な面から世界に影響を及ぼしていることは間違い無いでしょう。

このページでは、ジョージ・クルーニーが出演した映画を公開日順に7本紹介します!まさに”イケオジ”な彼の、誰にも真似できないユーモラスな演技をぜひご覧ください。

スポンサーリンク

1.素晴らしき日

映画 素晴らしき日出典:Amazon

あらすじ

5歳の息子サミー(アレックス・D・リンツ)と2人で暮らしているメラニー・パーカー(ミシェル・ファイファー)は、建築家かつシングマザーとして慌ただしい毎日を過ごしていた。一方で人気コラムのライターをしているジャック・テイラー(ジョージ・クルーニー)は、別れた妻の代わりに数日間、サミーと娘のマギー(メイ・ホイットマン)を預かることになっていた。マギーとサミーは同じ学校に通っている。

ビジネスの第一線で働いているメラニーとジャックはお互いの子供たちが通っている学校で課外活動にいく朝、集合時間に遅刻してしまう。2人とも大切な仕事があるにも関わらず、子供の面倒を丸一日見なくては行けなくなった2人は、空いている時間にお互いの子供を預け会うことを決めたのだが…

ジョージ・クルーニーのココがスゴい!「素晴らしき日」の撮影裏話!

・ヒロイン役を演じたミシェル・ファイファーはクルーニーとのキスに対して「完璧だった」とコメント

「素晴らしき日」のみどころポイント!

ミシェル・ファイファーとジョージ・クルーニーの相性の良さが際立っている今作は、よくありがちな”ラブコメ”とは一味違います!主人公の2人がお互い子持ちシングル。でも、子育て仕事と恋愛を全部したい!という新しいライフスタイルを確立した作品でしょう。だからこそ、”ザ・大人の理想像”という2人のキャスティングが光っているんですね。

今作でクルーニーが演じたのは、仕事はバリバリこなすけど、私生活は少しいい加減なキャラクター。それでも笑顔が素敵でユーモアのある役を演じた今作は、今後のジョージ・クルーニー像を確立したと言っても過言ではないくらい重要な作品です。

基本情報

上映時間:108分
監督:マイケル・ホフマン
出演:ミシェル・ファイファー/ジョージ・クルーニー/メイ・ホイットマン/アレックス・D・リンツ/チャールズ・ダーニング
受賞歴:なし
公開日:1997年9月6日

2.ピースメーカー

映画 ピースメーカー出典:Amazon

あらすじ

核兵器削減協議会から指令があり、ロシアのミサイル基地から、基地外へとミサイルを移動して解体することになったのだが、移送中に事件が起こる。列車が何者かに襲われて兵士らが殺害され、犯人たちが仕掛けた爆弾が爆発してしまったのだ。

爆発を検知した北米の防空司令部は、爆発規模が大きく汚染地域が不明なことから、会議を行い捜査することに。爆破事件の司令官に任命された科学者のジュリア・ケリー(ニコール・キッドマン)は、事故ではないと判断。すると、陸軍中佐のトム・デヴォー(ジョージ・クルーニー)は、この爆破事件は核爆弾のハイジャックを実行するための単なる時間稼ぎにすぎないと進言した。2人で捜査を担当することになったが、犯人として名が挙がったのは意外な人物で…

ジョージ・クルーニーのココがすごい!「ピースメーカー」の撮影裏話!

・あの巨匠スティーヴン・スピルバーグ監督が創立した配給会社”ドリームワークス”の第1作!

・ニューヨークがテロの標的にされるという設定があり、自爆テロの”9.11”を予期していると話題になった

「ピースメーカー」の見どころポイント!

クルーニーと名女優ニコール・キッドマンとのコラボなんて、面白くないわけがないですよね!陸軍の制服姿が彼の男らしさを倍増していてめちゃくちゃカッコイイのが見どころ。

今作はとにかく、迫力のあるアクションシーンがすごいんです!銃を使った戦闘シーンを始め、ヘリコプターから爆弾を落としたり、ベンツで爆走したり…必死に奮闘するクルーニーの姿がかっこよすぎます。なかなかここまでのアクションを披露することがないので、ぜひ見ておきたい映画の一つです!名言が多く登場するのも見逃せません。

基本情報

上映時間:124分
監督:ミミ・レダー
出演:ジョージ・クルーニー/ニコール・キッドマン/マーセル・ユーレス/アレクサンダー・バリュー/レネ・メドヴェセク/アーメン・ミューラー=スタール
受賞歴:なし
公開日:1998年1月15日

3.オー・ブラザー!

映画 オー・ブラザー!出典:Amazon

あらすじ

舞台は1930年のアメリカ・ミシシッピ州。収監されている詐欺師のエヴェレット(ジョージ・クルーニー)は、同じく囚人のビート(ジョン・タトゥーロ)とデルマー(ティム・ブレイク・ネルソン)と共に脱獄を図り、成功する。3人の目的は、昔エヴェレットが埋めた120万ドルを掘り返し、山分けすることだった。
120万ドルを取り返すために旅を始めた3人だったが、おかしな試練が次々に襲いかかる…

ジョージ・クルーニーのココがすごい!「オー・ブラザー!」の撮影裏話!

・当時のコーエン兄弟にとって最大のヒット作になった

・クルーニーは新しい出演映画の監督がコーエン兄弟だと知り、脚本も読まずにオファーを引き受けた!

・第44回グラミー賞の最優秀アルバム賞に、クルーニーの歌も入った今作のサウンドトラックが選ばれた!

「オー・ブラザー!」の見どころポイント!

『オーシャンズ』シリーズでおなじみの”クルーニー×詐欺師”ですが、その始まりは今作だったのでしょう。でも今作はイケてる詐欺師ではなく、ちょっぴりダサさのある役です。コーエン兄弟が作り出す、人間臭さと犯罪コメディの世界観にクルーニーがハマりすぎていて、キャスティングの腕の良さも伺える作品ですね。
カントリーミュージックを歌うクルーニーがたくさん観られるレアなシーンもたくさん登場します!

コミカルな展開が観ていてとにかく面白く、21世紀を迎えたアメリカで大ヒットを生んだ今作は、古代ギリシャの詩人ホメロスが書いた最古の冒険物語『オデュッセイア』が原作です。そのこともあり、”予言”や”十字架”など、多少ですが宗教要素がある映画。
舞台が不況の1930年代なので、悪者扱いされていた銀行を襲う強盗犯が英雄視されていた時代です。南部独特の音楽文化や時代背景が学べる面でも、観ておきたい傑作!

基本情報

上映時間:106分
監督:ジョエル・コーエン
出演:ジョージ・クルーニー/ジョン・タトゥーロ/ティム・ブレイク・ネルソン/ジョン・グッドマン/ホリー・ハンター/クリス・トーマス・キング/チャールズ・ダーニング/マイケル・バダルコ
受賞歴:第58回ゴールデングローブ賞 最優秀主演男優賞(ジョージ・クルーニー)
公開日:2000年10月20日

4.オーシャンズ11

映画 オーシャンズ11出典:Amazon

あらすじ

窃盗の容疑で収監され、仮釈放されたばかりのダニー・オーシャン(ジョージ・クルーニー)は、服役中に練っていた次なる計画を実行するべく、昔の仲間を集めることに。

集まったのは、ダニーの相棒的存在でであるラスティ(ブラッド・ピット)やイカサマディーラーのフランク(バーニー・マック)、元カジノオーナーのルーベン(エリオット・グールド)など、10人の犯罪スペシャリストたち。彼らが狙うのは、ラスベガスにある3大カジノの集約金が集まる巨大金庫だが、ダニーにはもうひとつ、取り戻さなければいけないものがあった…

ジョージ・クルーニーのココがすごい!「オーシャンズ11」の撮影裏話!

・犯罪を題材にしたクライム映画であるにも関わらず、銃を使う描写が一つも出てこない

少ない制作予算でハリウッドの名だたる役者たちを出演させるべく、クルーニーが自ら説得し、普段の額の半額ほどでオファーが実現できた

・当時アカデミー賞を受賞したことで出演料が沸騰していたジュリア・ロバーツに「君の映画一本あたりの出演料は20だと聞いてね」というメモと20ドル札を、脚本と共に送った(本来は2000万ドル)

・本作の元になっている『オーシャンと11人の仲間』のメンバーがカメオ出演している

・撮影期間に入る前に、ブラッド・ピットが撮影陣に「ジョージ・クルーニーを呼ぶときは必ずダニー・オーシャンまたはミスター・オーシャンと呼ぶように」といういたずらのメモを渡していた

「オーシャンズ11」の見どころポイント!

テンポがよくて笑える、爽快感バツグンのクライム・アクション映画。まず、ユーモア満載でメンバーの特性を紹介するというオープニングで一気に映画の世界に引き込まれます!
敵だけでなく仲間すらもダマしてしまうほど綿密な計画とトリックに翻弄されますよ。

アクシデントがあっても常に冷静で、何事も華麗にかわしてしまうダニーに、犯罪者とは分かりながらも惚れ惚れしてしまいます。今作の続編の『オーシャンズ12』と『オーシャンズ13』、ダニーの妹が主人公の『オーシャンズ8』もあり、クルーニーのカリスマ感が存分に発揮されているので今作の後にぜひご覧ください。(『オーシャンズ8』には出演していません)

基本情報

上映時間:116分
監督:スティーブン・ソダーバーグ
出演:ジョージ・クルーニー/ブラッド・ピット/マット・デイモン/アンディ・ガルシア/ジュリア・ロバーツ/バーニー・マック/エリオット・グールド/ドン・チードル/ケイシー・アフレック/スコット・カーン/シャオボー・チン/カール・ライナー
受賞歴:2003年ピープルズ・チョイス・アワード 映画女優賞(ジュリア・ロバーツ)
公開日:2002年2月2日

5.シリアナ

映画 シリアナ出典:ワーナーブラザーズ公式Facebook

あらすじ

CIAの工作員として中東地域で現場の第一線として活動していたボブ・バーンズ(ジョージ・クルーニー)は、息子が大学に進学することを受け、現場に出る最後の任務に挑むことになった。

一方でスイスを拠点にエネルギー業界の投資信託アナリストとして活動しているブライアン・ウッドマン(マット・デイモン)は同国の王子ナシール(アレクサンダー・シディグ)の相談役に抜擢され、アメリカと対立するイランを介して天然資源を輸送することを提案。王子は資源をアメリカだけに依存することを懸しており、自国の採掘権をアメリカのコネックス社から中国の会社に変更することを考えていたのだった。

このことを受けて経営状況が悪化することを自負したコネックス社はキリーン社と合併することになったのだが、この合併の捜査を巡って様々な問題が浮かび上がってくる…

ジョージ・クルーニーのココがすごい!「シリアナ」の撮影裏話!

・クルーニーは主演だけでなく、制作指揮も務めた

役作りのためにヒゲを伸ばし、35日で14kgも体重を増やした

・体重が激増したことで、後日出演した『オーシャンズ13』の劇中に、ブラッド・ピット扮するラスティに「早く体重落としたほうがいいぞ」と皮肉ったセリフが用意された

「シリアナ」の見どころポイント

序盤から変貌した姿を見せているクルーニーですが、ちょっと伸びすぎ?ってくらいのおひげ姿も”ダンディ”として扱われるのは彼ならではの魅力です。CIAとして自国に忠誠を誓った彼の奮闘する姿は、他の作品とは一味も二味も違ったクルーニーの泥臭さが目立ち、彼本来の演技力が生かされています。

アメリカ国内を驚愕させ、ベストセラーにもなった暴露本『CIAは何をしていた?』をベースに作られ、天然資源を巡って対立する中東と米国という政治色の強い今作。ひと時でも目を離したらわからなくなってしまうほど複雑なストーリーになっているので、予習してから観るのもいいかもしれません。

基本情報

上映時間:128分
監督:スティーヴン・ギャガン
出演:ジョージ・クルーニー/マット・デイモン/ジェフリー・ライト/アレクサンダー・シディグ/マザール・ムニール/クリストファー・プラマー/アマンダ・ピート
受賞歴:・2006年アカデミー賞 助演男優賞(ジョージ・クルーニー)
    ・2006年ゴールデングローブ賞 映画部門 助演男優賞(ジョージ・クルーニー)
    ・2006年エドガー賞 映画脚本賞(スティーヴン・ギャガン)
公開日:2006年3月4日

6.マイレージ、マイライフ

ジョージクルーニー
出典:『マイレージ、マイライフ』公式facebook

あらすじ

ライアン・ピンガム(ジョージ・クルーニー)は雇用主の代わりにクビを言い渡す、いわゆる”クビ宣告人”として1年間の約300日を出張費やし、アメリカ中を飛び回る生活を送っている。彼の目標はアメリカン航空史上最年少で1000マイルのマイレージを貯め、飛行機に自分の名前が刻まれ、憧れのフィンチ機長と会うこと。
また、彼自身は家族や親戚、友人とも適度に距離を置き、「スーツケースに収まらない荷物は持たない」をモットー生きることを徹底していた。そのため、ライアンと同じく出張だらけの生活を送っているアレックス(ヴェラ・ファーミガ)とも気軽な関係を保っていた。

そんなある日、ライアンはネブラスカ州にある会社のオフィスに呼び戻され、若手社員のナタリー・キーナー(アナ・ケンドリック)のによるプレゼンを聞かされることに。その内容は、今まで対面式に行っていた解雇宣告をテレビ通話に切り替え、出張コストを大幅に削減するというものだった。当然ライアンは反対するのだが…

ジョージ・クルーニーのココがすごい!「マイレージ、マイライフ」の撮影裏話!

ライトマン監督はクルーニーに主役を演じてもらうために、イタリアにある彼の別荘まで押しかけた!(クルーニーを想定して脚本を書いたそうです)

・自分の出番が終わっても、クルーニーは現場に残り、撮影をいつも見守っていた

「マイレージ、マイライフ」の見どころポイント!

ジョージクルーニー
出典:『マイレージ、マイライフ』公式facebook

”解雇宣告人”という珍しい職業を映画で取り扱うのはちょっと地味なのでは…と思いがちですが、見事に感動させられてしまいます。まず、クルーニーの完璧主義っぷりがかっこよく、ドライに見られがちでも実は人情味に溢れているところがたまりません!ナタリーを慰めるシーンでは彼しか出せないような包容感があり、ほっこりする映画です。
セリフの掛け合いのテンポが良くセンスもあって、それぞれのキャラが独特なので見ていて飽きない一作です。

基本情報

上映時間:109分
監督:ジェイソン・ライトマン
出演:ジョージ・クルーニー/ヴェラ・ファーミガ/アナ・ケンドリック/ジェイソン・ベイトマン/エイミー・モートン/メラニー・リンスキー/ダニー・マクブライド
受賞歴:・2009年ニューヨーク映画批評家協会賞 主演男優賞(ジョージ・クルーニー)
    ・2009年ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 男優賞(ジョージ・クルーニー)
公開日:2010年3月20日

7.ゼロ・グラビティ

映画 ゼロ・グラビティ
出典:『ゼロ・グラビティ』公式Facebook

出典:映画『ゼロ・グラビティ』予告編

あらすじ

エンジニアであるライアン・ストーン博士(サンドラ・ブロック)はデータ通信システムが故障した原因を探るべく、初めてのスペースミッションに参加する。ベテラン宇宙飛行士のマット・コワルスキー(ジョージ・クルーニー)による指揮のもと、上空60万メートルの”ゼロ・グラビティ(無重力空間)”でシステム故障の原因を探っていた。

そんな時、ヒューストン管制から「膨大な数の宇宙ごみが接近しているため、船内に緊急避難しろ」という指令がくる。ライアンは作業を中断して船内に戻ろうとするも間に合わず、仲間は即死。ライアンとマットは宇宙空間に放り出される。
マットの計らいでなんとか一命を取り留めた2人だったが、悪夢はこれだけでは終わらなかった…

ジョージ・クルーニーのココがすごい!「ゼロ・グラビティ」の撮影裏話!

ジョージクルーニー
出典:映画『ゼロ・グラビティ』予告編

・第70回ヴェネツィア国際映画祭のオープニング作品に選ばれた!

・今作の監督を務めたデイビッド・ヘイマンは、あの『ハリー・ポッター』シリーズ全8作品の制作を手がけたすごい人!

メインの出演者はクルーニーとサンドラ・ブロックだけ

・サンドラはクルーニーと長年親友で、実は彼は「遅刻魔」と暴露

・映画は全世界46カ国でその年の1位になり、商業成績が600億円にも上った

「ゼロ・グラビティ」の見どころポイント

映画のほぼ全てが無重力空間の設定であるため、CGとアニメーションが融合され、なんと衣装までコンピューターで作ったんだとか!撮影背景までまさに”異次元”な今作は、ユーモア満載で”イケオジ”感がムンムンのクルーニーを思う存分拝めます!
クスッと笑わされるオープニングとは打って変わって、まさかの展開にヒヤヒヤが止まりません。数々の賞を総なめにした今作は、クルーニーファンとしては絶対に見ておきたい一作です!

基本情報

上映時間:91分
監督:アルフォンソ・キュアロン
出演:サンドラ・ブロック/ジョージ・クルーニー
受賞歴:・第71回ゴールデングローブ賞 監督賞(アルフォンソ・キュアロン)
              ・第67回英国アカデミー賞 監督賞(アルフォンソ・キュアロン)
              ・第86回アカデミー賞 監督賞(アルフォンソ・キュアロン)
公開日:2013年12月13日

まとめ

ハリウッド映画界にいなくてはならない存在のジョージ・クルーニーは、現在でも第一線で活躍しています!今後もユーモラスで華麗な彼の演技に、目が離せません。
以上、ジョージ・クルーニーが出演する映画7選でした!

 

スポンサーリンク
Top