映画『フォレスト・ガンプ』ネタバレあらすじ | トリビアや時代背景を解説

知能は人より少し低いけれど、純粋な心で今やりたいことに励み、懸命に人生を駆け抜けるフォレストの姿を、1950年代~1980年代の米国史と絡めながらテンポよく描いたヒューマン・ドラマ『フォレスト・ガンプ/一期一会』。

本作は、第67回アカデミー賞作品賞と第52回ゴールデングローブ賞ドラマ部門作品賞を受賞しました。また、主人公フォレストを演じたトム・ハンクスは、一見浮世離れしたこのキャラクターを説得力のある存在感で演じきり、2度目のアカデミー賞主演男優賞を受賞しました。今回は、そんな名作『フォレスト・ガンプ/一期一会』のあらすじを、舞台となった時代背景を解説しながらご紹介します!

フォレストガンプ あらすじ出典:映画『フォレスト・ガンプ/一期一会』公式facebook

原作はウィンストン・グルームによる名作フィクション

本作は、ウィンストン・グルームが1985年に発表した小説を映画化したものです。

created by Rinker
¥255 (2020/10/23 14:15:42時点 Amazon調べ-詳細)

アラバマ州の方言では、フォレストの名字「ガンプ」には「うすのろ」「間抜け」といった意味があるそうです。そんな「うすのろフォレスト」ですが、映画化にあたっては不器用ながらやりたいことに真っ直ぐに向かって、時代を駆けていく姿がより活き活きと伝わるよう脚色されています。生まれた時から背骨が歪んでいたフォレストですが、本編前半で彼が身につけていた脚装具は、映画にしか登場しません。そのため、ジェニーの応援でいじめっ子から逃げ、フォレストが脚装具をはじき飛ばして爆走する場面も、実は映画だけのものなのです。

あの場面でフォレストが、この先も激動の時代を、そして人生を走り抜けていくであろうと印象づけられたのではないでしょうか。また、フォレストの父親の存在について、劇中ではミセス・ガンプが父親は「旅に出ている」とだけ言いますが、原作では父親が湾港労働者で、500キロのバナナの下敷きになって死んだことが明らかにされています。

フォレストが小学校への登校初日に、スクールバスの中で優しくしてくれたジェニーと初めて出会って仲良くなる印象的なシーンも、小説には登場しません。また、原作にジェニーの父親は登場しませんが、映画では幼少期に父親からの虐待があったことがほのめかされています。大人になってから一時的にフォレストのいるアラバマに戻った時も、昔住んでいた家の跡に石を投げるなど、彼女の波乱の人生の原因が父親にあったことが推測しやすくなっています。他にも、映画と原作ではいくつかの相違があります。これらのシーンを引き立たせる脚色が、この作品を、フォレストが走るようにテンポよく見せているのかもしれません。

『フォレストガンプ』感動のあらすじ紹介

【あらすじ①】幼少期〜フットボール選手へ

フォレストガンプ あらすじ
出典:映画『フォレスト・ガンプ/一期一会』公式facebook

バス停のベンチに座る男フォレスト・ガンプ(トム・ハンクス)は、たった今バスから降りて同じベンチに腰かけた女性に自分の半生を話しはじめる。

アラバマ州に生まれたフォレストは、生まれつき背骨が曲がっており、脚装具がなければ歩けなかった。また彼はIQ75の知能しかなかったため、学校の先生にも養護学校への入学を進められていた。しかし、フォレストを女手一つで育てるミセス・ガンプ(サリー・フィールド)は、彼を普通の子として育てるため公立学校へ進学させた。登校初日、スクールバスで他の子からいじわるされるフォレストを同じ座席に座らせたのは、心優しい女の子ジェニー(ハンナ・ホール)だった。2人は仲良くなり、ある日いじめっ子から逃げるためジェニーが「走って、フォレスト」と呼びかけたことを機に、フォレストは脚装具をはじき飛ばして走り出した。誰も追いつけない走りの才能が開花したフォレストは、やがてその才能を見出されて大学に入学。フォレストはアメフトの試合で大活躍し、全米代表チームに選ばれ、時の大統領ジョン・F・ケネディとホワイトハウスで面会した。

フォレストガンプ あらすじ
出典:映画『フォレスト・ガンプ/一期一会』公式facebook

【あらすじ②】ベトナム戦争の英雄に

フォレストが大学を卒業する頃ベトナム戦争が勃発。誘われるまま入隊したフォレストは、実家がエビ漁を営むバッバ・ブルー(ミケルティ・ウィリアムソン)と出会って親友になる。やがてベトナムに出征するフォレストは、偶然訪れた場末の酒場で、歌を歌うジェニー(ロビン・ライト)を見かける。久々の再会だったが、フォレストはジェニーにベトナム戦争に出兵することを伝えて別れた。

ベトナムの地で、小隊長ダン・テイラー中尉(ゲイリー・シニーズ)の指揮下戦場を進むフォレスト達。ある時敵の激しい襲撃を受けて次々と仲間たちが負傷。はぐれたバッバを探すため戦場を走ったフォレストは、次々と負傷した仲間たちを助け出すが、バッバは致命傷を負って戦死した。

フォレストはベトナムで仲間たちを救ったため、帰国後ジョンソン大統領から栄誉勲章を与えられた。そんな折、彼はヒッピー達の集団に交じって反戦運動に参加するジェニーと再会する。フォレストは戦時中も彼女を想い続けていたが、ジェニーは素行の悪い男とつき合っていた。つかの間二人は一緒にいたものの、またいつものように別々の道を進む。

フォレストガンプ あらすじ出典:映画『フォレスト・ガンプ/一期一会』公式facebook

【あらすじ③】卓球の代表選手からエビ漁師へ

フォレストはベトナムの軍病院で療養中にピンポンの才能に目覚め、米中のピンポン外交の主役になりテレビにも出て有名人になる。そしてフォレストはニューヨークで、退役後すっかり落ちぶれてしまったダン中尉と再会する。彼はバッバが亡くなった戦場でフォレストに助け出されたものの、両足を失って軍人としても死ねずに自暴自棄な生活を送っていた。

フォレストは退役後、バッバとの約束を果たすため、彼の故郷でエビ漁師の仕事を始める。やがて彼の船にダン中尉も加わり、2人で漁をする。はじめは収穫がなかったものの、ハリケーン・カルメンに襲われた直後から大漁に恵まれ、フォレスト達はやがてバッバ・ガンプ・シュリンプという会社を立ち上げる。事業が軌道に乗った頃、フォレストの元にミセス・ガンプが病に倒れたという知らせが入る。

フォレストはアラバマの母の元へ帰るが、彼女は癌でまもなく世を去る。生前彼女は息子にこう言い残した。「人生はチョコレートの箱みたい。食べるまで分からない」。

フォレストガンプ あらすじ
出典:映画『フォレスト・ガンプ/一期一会』公式facebook

【あらすじ④】故郷での蜜月から大陸横断ランナーへ

母を亡くし、アラバマの実家で孤独に暮らすフォレストの元に、ある日突然ジェニーが現れる。昔と同じように故郷アラバマでジェニーと一緒に過ごすようになるフォレスト。フォレストはある時、ジェニーに想いを伝える。彼女は何も答えないが、その夜フォレストの部屋にジェニーが現れ、初めて二人は結ばれる。しかし翌朝には、ジェニーはフォレストの家から姿を消してしまった。

不安に苛まれたフォレストは、ある日ジェニーがくれたシューズを履いて、理由もなく走り出した。アラバマ州からやがてアメリカ中を走るようになったフォレストのあとには気づけば何人もの人々が続き、メディアも彼を「平和のために走る人」と取り上げ、すっかり有名人に。いつの間にか3年以上走っていたフォレストはある時ふっと足を止め、「疲れたので帰る」と言って故郷のアラバマへ帰った。しかし、そんなフォレストの様子をジェニーがテレビで見ていた。

フォレストガンプ あらすじ出典:映画『フォレスト・ガンプ/一期一会』公式facebook

【あらすじ⑤】シングルファザーとして

アラバマの実家に、ジェニーからの手紙が届く。フォレストはこの手紙を受け取ってアラバマを飛び出し、冒頭のバス停まで来たのだ。ジェニーのアパートを訪ねるフォレスト。ジェニーは喜んでフォレストを招き入れ、自分の子供を紹介する。男の子の名前は、父親の名をとって、フォレスト。フォレストはその時初めて、自分が父親になっていたことを知る。さらにジェニーは自分が病でもう長くないことを伝えた上で、フォレストに結婚を申し込む。

故郷アラバマで、フォレストはジェニーと結婚した。家族3人短い幸せな生活の後、ジェニーは亡くなった。一人で息子を育てることになったフォレスト。そしてその日フォレストは、かつて自分が乗ったスクールバスに息子を乗せて見送るのだった。

かつてジェニーと出会ったそのバスに、今度は自分の息子を乗せて見送るフォレスト。
フォレストガンプ あらすじ
出典:映画『フォレスト・ガンプ/一期一会』公式facebook

『フォレストガンプ』の実力派キャスト紹介

フォレスト・ガンプ/トム・ハンクス

フォレストガンプ あらすじ
出典:映画『フォレスト・ガンプ/一期一会』公式facebook

主人公フォレストを演じたのは、日本でもお馴染みのトム・ハンクスです。コメディアンとして活躍し、映画界に進出しました。エイズを患った弁護士を演じた『フィラデルフィア』(1993)と本作『フォレスト・ガンプ/一期一会』(1994)でアカデミー賞主演男優賞を受賞。『トイ・ストーリー』シリーズのウッディの吹き替えでも知られており、『プライベート・ライアン』(1998)、『グリーン・マイル』(1999)、『ダ・ヴィンチ・コード』(2006)など話題作へ出演しています。今作でタッグを組んだロバート・ゼメキス監督作では、『キャスト・アウェイ』(2000)、3Dアニメ映画『ポーラー・エクスプレス』(2004)に出演しています。

ジェニー/ロビン・ライト

フォレストガンプ あらすじ出典:映画『フォレスト・ガンプ/一期一会』公式facebook

フォレストが生涯想いを寄せる女性・ジェニーを演じたのは、ロビン・ライトです。14歳からモデルとして活躍した後、女優を志します。1987年の『プリンセス・ブライド・ストーリー』で映画デビューし、本作『フォレスト・ガンプ/一期一会』(1994)でゴールデングローブ賞助演女優賞にノミネートされました。

近年は『ドラゴン・タトゥーの女』(2011)、『ワンダー・ウーマン』(2017)、『ブレード・ランナー 2049』(2017)等話題作に出演しています。2013年公開のテレビドラマシリーズ『ハウス・オブ・カード 野望の階段』にレギュラー出演し、ゴールデングローブ賞(テレビ部門)で主演女優賞を受賞しました。

ミセス・ガンプ/サリー・フィールド

フォレストガンプ あらすじ
出典:映画『フォレスト・ガンプ/一期一会』公式facebook

フォレストを女手一つで育てるミセス・ガンプ役はサリー・フィールドです。『ノーマ・レイ』(1979)、『プレイス・イン・ザ・ハート』(1984)で2度のアカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞主演女優賞を受賞しています。最近では、『アメイジング・スパイダーマン』シリーズ、『リンカーン』(2012)でも印象深い演技を見せました。

2001年に『ER緊急救命室』にゲスト出演し、エミー賞ゲスト女優賞(ドラマシリーズ部門)、また2007年にも『ブラザーズ&シスターズ』で同賞の主演女優賞(ドラマシリーズ部門)を受賞するなど、映画だけでなくテレビでも活躍しています。

ダン中尉/ゲイリー・シニーズ

フォレストガンプ あらすじ
出典:映画『フォレスト・ガンプ/一期一会』公式facebook

ベトナム戦争からフォレストの人生に関わっていくダン中尉を演じるのは、ゲイリー・シニーズです。10代のころから舞台に立っており、1988年には、『マイルズ・フロム・ホーム』で監督デビューし、作品はカンヌ国際映画祭グランプリにノミネートされ高い評価を受けました。フォレスト役を演じたトム・ハンクスとは『アポロ13』(1995)、『グリーン・マイル』(1999)で、再共演しています。

また昨今は、テレビドラマシリーズ『CSI:ニューヨーク』、『クリミナル・マインド 国際捜査班』の主演等テレビドラマでの活躍も増えています。

フォレストJr/ハーレイ・ジョエル・オスメント

フォレストガンプ あらすじ出典:映画『フォレスト・ガンプ/一期一会』公式facebook

クライマックスで登場する、フォレストとジェニーの息子を演じたのは、ハーレイ・ジョエル・オスメントです。4歳で子役としてデビューし、本作で映画デビューを果たしました。『シックス・センス』(1999)で子役でありながらアカデミー賞助演男優賞にノミネートされ、その後も、『ペイ・フォワード 可能の王国』(1999)、『A.I』(2001)、『ぼくの神様』(2001)で大人顔負けの演技を見せます。

近年では、スーパー・ヒーローの腐敗を描くドラマ『ザ・ボーイズ』に出演しています。

『フォレストガンプ』に登場する現代米国史ネタ

『フォレスト・ガンプ』に登場する主人公は架空のキャラクターですが、劇中に登場するアメリカの出来事は実話が殆ど。ここでは、歴史好きならニヤッとしたくなる史実ネタをご紹介していきます!

米国史にあまり詳しくない方も、作品の名シーンと共に歴史を振り返っていきましょう!

ベトナム戦争と反戦運動 

フォレストガンプ あらすじ
出典:映画『フォレスト・ガンプ/一期一会』公式facebook

ベトナムは19世紀後半からフランスの植民地でしたが、第二次世界大戦後、指導者ホー・チ・ミンが中心となってベトナム北部が独立、ベトナム民主主義共和国(北ベトナム)を樹立しました。しかし当時は、アメリカ合衆国を盟主とする資本主義・自由主義側陣営ソヴィエト連邦を盟主とする共産主義・社会主義義陣営の対立による緊張状態が続いていました。ソ連の支援で共産主義国家となった北ベトナムの影響が隣国に及ぶことを恐れた米国は、自由主義国家のベトナム共和国(南ベトナム)を支援しました。

1961年には当時の大統領ジョン・F・ケネディが南ベトナムに軍事顧問団を派遣し、64年北ベトナム軍が米駆逐艦を攻撃したトンキン湾事件をきっかけに、米国が本格的に軍事介入を始めました。さらに、65年には米軍が北ベトナムを爆撃し、戦争は壮絶さを増しました。

戦争が泥沼化するにつれて米国内では反戦の機運が高まり、1973年米軍はベトナムから完全撤退しました。その後75年4月に、北ベトナム軍によりベトナム共和国の首都サイゴンが陥落し、15年以上に及ぶ戦争がようやく終結したのです。

泥沼化するベトナム戦争を背景に、米国内では「現体制に対する反対」を共通項としてアフリカ系アメリカ人による公民権運動、学生運動、反戦運動が盛んになりました。

人種差別の歴史

19世紀アフリカ大陸から大勢の黒人が、奴隷としてアメリカ大陸に連れてこられます。

特に米国南部では、広大な農業の働き手として多数買い入れられました。一方米国北部には奴隷制反対派が多く、米国内で南北対立が起き、1860年には南北戦争が勃発しました。戦争は北軍の勝利に終わり、憲法上は奴隷制が廃止されましたが、その後も人種差別は残ります。1963年当時のアラバマ州知事ジョージ・ウォレスが、2人の黒人学生のアラバマ大学入学を阻止するために大学周辺を州兵で固め、自らも大学の門の前に立ちはだかる事件が起きました。

また、フォレストの名前が南部連合の退役軍人ネイサン・ベッドフォード・フォレストに由来するというくだりが、劇中にあります。、ネイサン・ベッドフォード・フォレストはクー・クラックス・クラン(KKK)の設立者とされ、このKKKは有色人種や移民に対して、暴力を伴った過激な差別行為を行う白人至上主義団体です。この組織はこれまで幾度か消滅と再生を繰り返しながら、現在も存続しています。もちろんこうした動きにアフリカ系アメリカ人たちも黙っているはずがなく、1960年代の後半から1970年代にかけては、黒人民族主義運動・黒人解放主義闘争を展開するブラック・パンサー党が活動し、アフリカ系アメリカ人に武装蜂起を呼びかけました。

米国歴代大統領と重大事件

フォレストガンプ あらすじ
出典:映画『フォレスト・ガンプ/一期一会』公式facebook

フォレストが大学に上がった1960年代初頭、米大統領を務めていたのは、ジョン・F・ケネディ氏です。ケネディ大統領の時代には、ピッグス湾事件、キューバ危機、ベルリンの壁建設、公民権運動の高まりなど、米国史において重要な出来事が頻発しました。一方南ベトナムの情勢も悪化しました。そして、ケネディ大統領も1961年、テキサス州ダラスでパレード中に暗殺されてしまいます。

次期大統領にはリンドン・ジョンソン氏が選ばれました。劇中で、帰国したフォレストに栄誉勲章を授け、お尻の弾痕を見せられたのはジョンソン大統領でしたね。ジョンソン政権は社会改革、教育制度改革、人権擁護改革を推進し、1964年には公民権法が制定されます。しかし外交政策については、ジョンソン政権時に北ベトナムへの大規模な空爆攻撃(北爆)が行われるなど、ベトナム戦争が泥沼化します。

続くリチャード・ニクソン大統領は、米軍のベトナム完全撤退を実現させ、敵対していたソ連との緊張緩和、中華人民共和国訪問など積極的な外交政策を行いました。しかし1972年の大統領選の最中、ニクソン共和党政権の野党・民主党本部があるウォーターゲートビルに、何者かが盗聴器を仕かけようとして警察に捕まります。この事件のもみ消しにホワイトハウスが関与していたことが世論の反発を生み、大統領が任期中に退陣に追い込まれる「ウォーターゲート事件」が起こりました。

ポップカルチャー

アラバマの実家で過ごしたフォレストの少年時代、彼の家に泊まり、フォレスト少年を部屋に招いてギターを弾いていたのは、かのエルヴィス・プレスリーです。ロックン・ロールの誕生と普及に大きく貢献した彼は、後代の多くのアーティストたちに影響を与えました。ヒップを揺らす独特の振りが一大ムーブメントになりましたが、劇中ではこの振りが、実は脚装具をつけたフォレストの独特な歩き方から着想を得たことになっています。

また、中国へのピンポン外交で一躍有名になったフォレストがテレビ番組でゲスト共演したのは、ジョン・レノンです。彼は、1960年代には20世紀を代表するロックバンド・ビートルズとして世界中を席巻し、ビートルズ解散後は、米国を主な拠点としてソロ活動を始め、また平和運動家としても活動しました。ジョンは1980年に殺害されて短い生涯を終えましたが、彼の音楽は同性代・次世代のミュージシャンに大きな影響を与えました。

ビジネスチャンス

フォレストがなにげなく出会う人々の中には、その後大きなビジネスチャンスを掴む者もいます。例えば、アラバマに帰ったフォレストのために、ダン中尉が投資していた「果物会社」は「iPhone」で有名なアップル社です。インターネット関連製品、デジタル家電製品などを販売する、アメリカの主要なIT企業ですね。

その後、ジェニーに去られてから3年以上にわってアメリカ中を走り続けたフォレストの後ろには、様々な人々が続きます。中には、突飛な行動を貫く彼にビジネスチャンスを見出す人々も。走るフォレストに話しかけた男性が犬の糞を踏んでしまい、「クソッ!”Shit!”」と悪態をつくと、フォレストは淡々と「そういうこともある ”Shit happens”」と返します。この出来事から男性は「Shit happens(不運は起きる)」ステッカーを作成します。このステッカーは1980年代当時、車のステッカ―として人気を呼び、全米でヒット商品となりました。

また、同じくアメリカ横断中のフォレストがトラックに泥水をひっかけられる場面で、横を走っていた男性が、タオル代わりに自社の売れ残りTシャツを渡す場面があります。フォレストが顔の泥をTシャツで拭って男性に返すと、黄色いTシャツにはスマイリーフェイスが写っていました。このスマイリーフェイス自体は、1963年にマサチューセッツ州のある保険会社のキャンペーン用に商業美術家ハーベイ・ボール氏が生み出しました。1970年には、フィラデルフィア出身のバーナードとマレー・スペイン兄弟が、スマイリーフェイスに”Have a Happy Day”のコピーをつけて、マグカップや文具にあしらった商品を販売し、大ヒット。スマイリーフェイスはポップカルチャーに進出したのです。

アメリカの闇を反映するジェニーの生き様

心優しい性格に反して、報われない人生を転がっていくジェニー。
フォレストガンプ あらすじ
出典:映画『フォレスト・ガンプ/一期一会』公式facebook

障がいを抱えながらも自分にできることを一生懸命にこなし、アメフト選手、栄誉勲章、事業の成功と、華々しく成功していくフォレストの姿は、アメリカン・ドリームの象徴のように見えます。しかし、フォレストがアメリカの「光」であるとすれば、彼が生涯想い続けたジェニーの人生はまさに「影」でした。彼女はフォレストと結婚してつかの間の幸せな日々を送るまで、壮絶な人生を歩みます。フォレストと知り合って間もない幼少期に父親から虐待を受け、学生時代にはグラビアに載ったために大学を退学させられます。彼女は歌手をめざして活動を始めますが、彼女の夢はトントン拍子には進まず、場末の酒場で男性客に嫌がらせされながら歌うことしかできません。

次にフォレストと再会した時は反戦運動に加わり、素性のよくない男と一緒になっていました。ヒッピーたちとつきあってドラッグを覚えたジェニーは、自暴自棄になって自殺を考えるまでになります。一度は故郷アラバマのフォレストの元に身を寄せながらまもなく出ていきますが、一夜の関係でフォレストとの間に子供が生まれたので、3年後に結婚を切り出します。しかしこのとき、ジェニーは不治の病に侵されていました。この病については、劇中においてウィルスとしか明言されていませんが、ジェニーがドラッグを乱用していたことから、エイズではないかとも言われています。

父親から虐待を受けていた頃「遠くへ行きたいから、鳥になりたい」と祈ったジェニーは、生涯を通して自分を抑圧する環境から抜け出すために、変化する時代の流れに積極的に乗ろうとしてきました。しかし、彼女はフォレストのようにアメリカン・ドリームを掴めず、その人生は変化する時代の恩恵を得るどころか、新しい時代の闇の側面に毒されてしまうのです。

『フォレスト・ガンプ』トリビア

【トリビア①】フォレストはトム・ハンクスではなかったかも!

フォレスト・ガンプ
出典:映画『フォレスト・ガンプ/一期一会』公式facebook

トム・ハンクスの名演もあって、今となっては彼以外に考えられない役ですが、実は当初フォレスト役でオファーを受けていたのは、ジョン・トラヴォルタ、ビル・マーレイ、チェビー・チェースであったそうです。

特にジョン・トラヴォルタはこのオファーを断ったことを後で悔やんだのだとか。

【トリビア②】アメリカ大陸横断シーンにはモデルがいた!?

フォレスト・ガンプ
出典:映画『フォレスト・ガンプ/一期一会』公式facebook

ジェニーに去られたフォレストが長期間走り続ける場面がありますが、このランニングシーンには、実はモデルがいます!

1982年に当時16歳のルイス・マイケルが、癌を患った友人との約束を守るため、60日かけてニュージャージーからサンフランシスコまでをランニングした出来事が、この場面の元になったそうです。

【トリビア③】「バッバ・ガンプ・シュリンプ」は実在する店!?

フォレストガンプ
出典:映画『フォレスト・ガンプ/一期一会』公式facebook

劇中に登場する「バッバ・ガンプ・シュリンプ」をモデルとしたシーフード・レストラン「ババ・ガンプ・シュリンプ・カンパニー」が、1996年に開店しました。レストランではシュリンプ・カクテルやエビのビール蒸しなど、劇中でもバッバがこだわった、エビをとことん使用したメニューが豊富です。

さらにこのレストランは、日本にも支店があります。東京には後楽園駅近くの東京店と、ららぽーと豊洲店、大阪にはユニバーサル・シティ・ウォーク内に大阪店があります。レストランにはショップも併設されており、小物、キャップ、Tシャツなどオリジナリティーあふれるグッズが揃っています。

もちろん、フォレストやダン中尉にちなんだメニューもありますので、機会があれば訪ねてみてはいかがでしょうか。

まとめ

自分のしたいことに真っ直ぐ取り組み、成功を掴んでいくフォレストは、次第にダン中尉やジェニーなど周りの人々も巻き込んで、幸せを与えていきます。激動の時代に、自分の成功に固執せず、ママの教えとジェニーへの変わらぬ想いを軸に、ひたすら人生を走る彼の姿を見ると、すがすがしい気持ちになれます。一方で、そんなフォレストの想いに気づきつつ、彼の前から消えたり現れたりするジェニーは、あまのじゃくに見えるかもしれません。しかし、時代の闇を一身に受ける彼女がいたからこそ、フォレストの成功が輝いて見えるのでしょう。そして、彼女がどんなに不幸な時も、フォレストだけはいつも彼女を想い続けていたことこそが、この映画の最もロマンティックな魅力ではないでしょうか?

フォレスト・ガンプ 【原文あり】『フォレスト・ガンプ』の心に刺さる名言集 | 「人生はチョコレートの箱」