劇場版映画『銀河鉄道999』&『アンドロメダ終着駅』のあらすじ解説

ひとっとび編集長

 

2019年春、映画銀河鉄道999』(1979)公開から40周年記念作品として、『銀河鉄道999』さよならメーテル〜僕の永遠〜の舞台が発表され、ついに千秋楽を終えました。そんな興奮が冷めないうちに、今一度アニメブームの原点としての映画『銀河鉄道999』を振り返りたいと思います。

1979年は『ルパン三世カリオストロの城』を始め『エースをねらえ』などアニメ映画全盛期でまさに日本アニメブームの火付け年と言っても過言ではない年になりました。もちろん映画『銀河鉄道999』も大ヒットし『宇宙戦艦ヤマト』と共に松本零士ブームも引き起こしています。

アニメブームの中心的映画『銀河鉄道999』は少年少女達の心の中を走る青春の列車です。この機関車に乗ればどんな星にも行けて宇宙を旅することが出来るのです。

大人になったあなた、そしてこれから大人になっていくあなた。過ぎ去った少年少女のあのキラキラした心を取り戻したい方、大宇宙を旅してみたいと思う方、『銀河鉄道999』はそんな望みを叶えてくれるかもしれません

個性的なキャラクターを紹介しつつネタバレも少し含んでいますので、まだ観たことがない方はご注意を。もちろん現在進行形の少年少女の皆様にもおすすめですよ。

映画『銀河鉄道 (The Galaxy Express 999)』(1979)について

銀河鉄道999 劇場版ポスター
Amazon.com

少年画報社「少年キング」(1977~1981年)松本零士氏によるSF漫画がテレビアニメにて放送され、その後ファンの期待に答えるべく、劇場版映画『銀河鉄道999』(1979年)が公開されました。

松本零士のメカニックな描写はとても機密で作品内で登場する宇宙船や機械などから見て取れます。彼の描く計器デザインは零士メーターとファンから呼ばれるようになり『宇宙戦艦ヤマト』『銀河鉄道999』には頻繁に登場しています。

映画『銀河鉄道 (The Galaxy Express 999)』の簡単なあらすじ

近未来の地球は機械のパラダイス世界となり裕福な人々は高額な支払いと引き換えに機械の体を手にいれ永遠の命を手にしていた。そんな中、機械の体を手に入れられない貧しい人々の間で、銀河鉄道999に乗れば機械の体をタダでくれるという噂が流れる。

その噂を信じ、星野鉄郎と鉄郎の母は、銀河鉄道999が到着するというメガロポリスに向かっていた。その途中機械伯爵の狩りの領土に足を踏み入れてしまい、鉄郎の母は機械伯爵の狩猟のえじきとなり殺されてしまう。

母を奪われた鉄郎は母の仇を胸に、銀河鉄道999に乗るべくして奔走する。しかし、パスを手に入れることは出来ず、機械ポリスに追われる身となってしまうのだった。そんな鉄郎を助ける謎の美女メーテルは、銀河鉄道999のパスをあげる代わりに、自分と行動を共にして欲しいと交換条件を持ちかける。

無事に銀河鉄道999に乗車することができた鉄郎は様々な星に立ち寄り、キャプテン・ハーロックやクイーン・エメラルダスに出会い、宿敵機械伯爵を倒すことができたが、最終目的は機械の体をタダでくれるという惑星を破壊することに変わっていく…。

映画『銀河鉄道 (The Galaxy Express 999)』(1979)の登場キャラクター

星野鉄郎/野沢雅子

映画『銀河鉄道 (The Galaxy Express 999)』あらすじ
出典:東映アニメーション公式サイト

地球生まれの地球育ち。ビフテキとラーメンが大好きですが、お風呂は苦手です。機械伯爵に母(星野加奈江)を殺され孤児となります。正義感が強く宇宙を旅するキャプテン・ハーロックに憧れていて、仲間の子どもたちを呼ぶときの口笛はハーロックを真似しているのかもしれません。行動を共にする謎の美女メーテルに心惹かれ作品内で告白するシーンもあります。

テレビ版では10歳の設定ですが、映画『銀河鉄道999』では15歳の設定です。その理由は最後のメーテルとのキスシーンを表現するために年齢をあげることになったようです。名前の由来は「星の海を鉄道で行く少年」という事から付けられました。

メーテル/池田昌子

映画『銀河鉄道 (The Galaxy Express 999)』あらすじ
出典:東映アニメーション公式サイト

『銀河鉄道999』で星野鉄郎と共に旅をする謎の美女ですが、鉄郎の死んだ母によく似ています。機械帝国の女王プロメシュームが母で、胸のペンダントに姿を変えたドクター・バンが父です。「宇宙一美しい体」として鉄郎の母のクローンである事を作品内で示唆されています。老化に応じて肉体を交換する旨も告白するシーンがあります。

惑星メーテルは自分自身の分身であると言い惑星から脱出の際は躊躇しますが、鉄郎に説得され一緒に逃げるシーンではちょっと少女っぽいところも垣間見ることができます。

車掌さん/肝付兼太

映画『さよなら銀河鉄道999 アンドロメダ終着駅』あらすじ
出典:東映アニメーション公式サイト

銀河鉄道株式会社の職員として勤務しています。10万以上ある鉄道規則を丸暗記しているなど実直ですね。停車駅に関する知識や情報は豊富で次に停車する惑星や星の詳細など詳しく説明してくれます。

とてもまじめで優しい半面、パスポートを持っていないなどの規則に違反した場合に対しては厳しい一面があるのが意外です。お風呂が大好きで知的で親しみやすく、泣き上戸なところもあります。正体は非実体の透明人間であることが『さよなら銀河鉄道999』で明らかになります。

クレア/麻上洋子

母の見栄で身体をクリスタルガラス製に変えられてしまい、生身の体を買い戻すためウェイトレスとして999で働いています。体内エネルギーの力で身体を光らせることができ、999がトンネルに入って暗くなったときに食事をしている鉄郎のために明るく体を光らせます。

鉄郎に恋心を抱いており、作品後半にてプロメシュームに襲われた鉄郎を身を挺して助け、身体は粉々になって散ってしまいます。クレアの心と思われる涙の形のクリスタルがとても印象的です。

キャプテン・ハーロック/井上真樹夫

映画『さよなら銀河鉄道999 アンドロメダ終着駅』あらすじ
出典:東映アニメーション公式サイト

40人の乗組員と共に海賊戦艦アルカディアに乗り宇宙を股にかけている宇宙海賊。大親友大山トチローによってアルカディア号を設計してもらいました。故郷である地球を含め如何なる勢力や組織にも属さず、超一流の海賊と名をはせる一方、同じ信念を持つ同志に対して義を貫く男の中の男です。

若者の憧れの存在で、肩に乗せているトリさんは大山トチローの飼い鳥であったが彼の死後引き取っていつも一緒にいます。

クイーン・エメラルダス/田島令子

映画『さよなら銀河鉄道999 アンドロメダ終着駅』あらすじ
出典:東映アニメーション公式サイト

宇宙海賊で自分と同じ名前クイーン・エメラルダス号に乗り宇宙を旅している。彼女の姿を見たものは死ぬと言われるくらい恐れられています。重力サーベルを武器に持ち高い技量を有し誰も太刀打ち出来ないほど。大山トチローとは深い愛情で結ばれており、彼を探すため宇宙を旅していると言われています。

名前の由来は松本零士氏がエメラルドが赤い宝石だと勘違いしたことからつけられたそう。そのため彼女の衣装は赤を基調としたデザインになっています。

大山トチロー/富山敬

海賊戦艦アルカディア号を設計・開発した天才技師。アルカディア号の艦長キャプテン・ハーロックとは大親友でもあります。ヘビーメルダー星に来るとされる機械伯爵の監視をしながらも宇宙病に侵されてしまい、出会った鉄郎にアルカディア号の中央コンピューターへの意識転送をお願いする。アルカディア号の意識となったあともハーロックや鉄郎を支え続けます。

機械伯爵/柴田秀勝

宇宙を渡り歩く事ができる時間城の主で機械化人の英雄的存在です。鉄郎の母を人間狩りとして射殺し、自分の居間に剥製にして飾るなど、非情な心の持ち主で人間を殺すことを趣味としてコレクションにしています。

アンタレス/久松保夫

惑星タイタンで海賊を生業として生活しながらも機械伯爵に両親を殺された子どもたちを養っています。体内には戦いで受けた不発弾が残っていて、機械伯爵を倒すため鉄郎の力となり身を投げ出して不発弾が爆発し命を落とします。

リューズ/小原乃梨子

鉄郎が母の仇として探している機械伯爵の愛人。伯爵から命じられるまま体を機械に体を変えていく中、時間を操れる魔女になっていきました。場末のBARにてギターを弾き酒場の皆を安らぐような優しい歌を唄います。時間城が崩れ去り彼女の身体も錆びついていく姿は心打たれるシーンです。

ドクター・バン/納谷悟朗

メーテルの父でプロメシュームのかつての夫。プロメシュームから「反機械化世界を目指した裏切り者」と呼ばれている。メーテルがシャワールームにて会話をしている謎の声の正体です。体は消滅しているが魂はメーテルが胸につけているペンダントカプセルに存在しています。このペンダントは機械化惑星メーテルを破壊するほどの威力を持ち最後は鉄郎の手によって投げられます。

女王プロメシューム/来宮良子

映画『銀河鉄道 (The Galaxy Express 999)』あらすじ
出典:東映アニメーション公式サイト

機械化帝国の最高権力者でありメーテルの母親です。「機械の体」による永遠の命を全宇宙に広げようと野望を燃やしているように機械への狂信的な信者であり、「哀れな機械の女」とドクター・バンから呼ばれています。

メーテルには並々ならぬ愛情を注ぐ一方、自分に反するものには容赦しません。

映画『さよなら銀河鉄道999 アンドロメダ終着駅』(1981)について

映画『さよなら銀河鉄道999 アンドロメダ終着駅』あらすじ
出典:Amazon.co.jp

映画『銀河鉄道999』が公開されてから2年後の世界を舞台とした作品。前作品と比べ鉄郎が少し大人びて凛々しくなっています。続編となっているこの作品は前作では解決していなかった機械化帝国との決着をつけ、少年が自立していく姿を描いています。「機械化帝国の実態」や「メーテルとプロメシュームの過去」も明らかになっています。

映画『銀河鉄道999』と『さよなら銀河鉄道999』の2作品を見ることで謎とされていた部分が全て明らかになりますよ。是非続けてご覧ください。

映画『さよなら銀河鉄道999 アンドロメダ終着駅』あらすじ

惑星メーテルを破壊したはずの星野鉄郎。しかし地球の機械化勢力はますます強くなり、生身の人間と機械化人との血みどろの戦いは未だ続き、スラム街を歩くのさえ疲れ切っていた。栄華を誇ったメガロポリスももはや見る影もなく廃墟となっていた。

そんな中、仲間と名乗る戦友からメーテルのメッセージを受け取る。

鉄郎、999に乗りなさい

衝撃とともに999号に乗る決心をする。パルチザンの仲間に護衛されながら999号が停車するには不可能と言える99番ホームに向かうが、破壊されているホームには機械化人の群れが行く手を阻もうとしていた。

そのとき聞き慣れた999号の蒸気の音が別のホームからする。走り去ろうとする999を追い必死に走る鉄郎に機械化人の攻撃は続くが、老パルチザンにより無事に乗車することに成功する。地球を飛び立つ999号と鉄郎を待ち受けていたのは想像を遥かに超えた機械化帝国の実態だった。

映画『さよなら銀河鉄道999 アンドロメダ終着駅』(1981)の登場キャラクター

老パルチザン/森山周一郎

機械化人と戦うパルチザングループのリーダーであり鉄郎の父親的存在。鉄郎が999号に乗る決心をした際命がけで鉄郎を守る。鉄郎が歩くのを諦めかけるとき「命のある限り歩きつづけろ」と教える。

メタルメナ/麻上洋子

宇宙一美しいとされる体を手に入れるため999号でウェイトレスとして働いている機械化人。前作品のクレアと違い冷たい雰囲気を持ち鉄郎に対しての態度も非情に冷淡です。

クレアとメタルメナどちらも同じ声優が担当していますが全く違う人格なので「本当に声優さん同じなの?」と思ってしまうでしょう。

ミャウダー/富山敬

映画『さよなら銀河鉄道999 アンドロメダ終着駅』あらすじ
出典:東映アニメーション公式サイト

メーテルの故郷ラーメタル星で機械化人と戦っているアンドラード星人。機械化人に襲われている鉄郎を助けます。共に機械化人と戦っている同志としてかたく絆を鉄郎と結ぶ。のちに惑星プロメシュームにて屍となって鉄郎に発見される。
富山敬は前作品の大山トチローの声優も担当しています。

黒騎士ファウスト/江守徹

映画『さよなら銀河鉄道999 アンドロメダ終着駅』あらすじ
出典:東映アニメーション公式サイト

女王プロメシュームに使える機械化騎士。謎に満ちた人物だがハーロックの古き親友であり、鉄郎の父であることを示唆する発言をする。

映画『銀河鉄道999』にとって欠かせない楽曲たち

「銀河鉄道999(THE GALAXY EXPRESS 999)」

歌 :ゴダイゴ
作詞:奈良橋陽子(英語版)山川啓介(日本語版)
作曲:タケカワユキヒデ
編曲:ミッキー吉野
発売:1979年7月1日

映画『銀河鉄道999』(THE GALAXY EXPRESS 999)の表題歌として1979年リリース(シングルレコードA面)。B面には『銀河鉄道999』が地球から飛び立つときに流れるテイキング・オフが収録されています。

また数々のアーティストによりカバーされていて、最近では2014年にEXILE TRIBE REVOLUTIONの収録としてカバーされたのでご存知の方が多いのではないでしょうか。

「やさしくしないで」

歌 :かおりくみこ
作詞:中原葉子
作曲:中村泰士
編曲:青木望
発売:1979年8月1日

映画『銀河鉄道999』の中で、場末のBARでリューズが唄っている曲です。とてもやさしい歌声で、酒場に飲みに来た男女が涙ながらに聴いているのが印象深いシーンになっています。

「SAYONARA」(さよなら)

歌 :メアリー・マクレガー(アメリカ)
作詞:メアリー・マクレガー
作曲:メアリー・マクレガーとブライアン・ウィッカム
発売:1981年6月1日

映画『さよなら銀河鉄道999 アンドロメダ終着駅』表題歌(エンディング曲)ですが、のちに冬杜花代子の訳詞、かおりくみこの歌で日本語版「さ・よ・な・ら」が発売されています。

映画『銀河鉄道999』の知られざる2つのトリビア

特別キャラに松本零士が登場!

なんと、映画『銀河鉄道999』の惑星ヘビーメルダーにあるトレーダー分岐点の場末のBARに特別キャラとして出演しています。テーブルで一緒に抱きつきながら涙しているのは奥様を描いたとも言われているそう。作品を見ながら探してみてくださいね。松本零士氏の特徴であるあの帽子がポイントです。

メーテルのモデルは実在の人物?

映画『銀河鉄道999』あらすじ

 

 

 

 

 

 

 

 

 


出典:Wikipedia

メーテルのモデルは楠本高子シーボルトの孫娘)とされていて、ドイツ人とのクォーターです。名前の由来は『青い鳥』著者モーリス・メーテルリンクからきているそう。目のあたりの特徴がメーテルに見えてきますね。

映画『銀河鉄道999』が伝えたかったことは?

作中で鉄郎がハーロックに話した言葉があります。

「永遠に生きる事だけが幸せじゃない。限りある命だから、人は精一杯頑張るし、思いやりや優しさがそこに生まれるんだと、そう気づいたんです」

まさにその言葉の中に作品が伝えたかった事が含まれていますね。

そしてもう一つハーロックが話した言葉にも、深い意味が込められています。

「例え父とは志は違っても、それを乗り越えて若者が未来を作るのだ。親から子へ。子からまたその子へ血は流れ、永遠に続いていく。それが本当の永遠の命だと、俺は信じる」

作品の中のセリフの一つ一つに重要な意味が込められています。きっとあなたの心に響く言葉があるはずですよ。

まとめ

アニメブームの火付け役となった映画銀河鉄道999』。鉄郎と共に宇宙を旅し、困難や戦いを乗り越え成長するのは私たち自身なのかもしれません。

強く何事にも負けない心や限りある命の大切さを教えてくれます。

アニメブームの原点!映画『銀河鉄道999』青春と言う名の列車はきっとあなたの心を走りぬけ想い出を作ってくれることでしょう。

鬼滅の刃 炭次郎 【2021年最新版】本当に面白いおすすめアニメ50選をジャンル別で紹介 エヴァンゲリオン 順番
この記事を書いた人
ひとっとび編集長
ひとっとび編集長

映画の情報サイト『映画ひとっとび』の編集長。 映画を「なんとな〜く」探している方から、「この映画の考察が知りたい!」というマニアな方まで楽しめるサイトを目指しています! 皆さんの映画ライフがもっと充実するお手伝いができますように。