家族愛に感動!『ライフ・イズ・ビューティフル』の心に刺さる名言集

スポンサーリンク

1997年公開のイタリア映画「ライフ・イズ・ビューティフル」。ユダヤ人迫害というシビアな題材ですが、親子愛を笑いあり、涙ありという喜劇調に描かれている映画です。どんなに苦しい状況にいても、自分の意識次第で楽しくなるんだ!と思わせてくれる物語です。今回は、そんな作品の中から出てくる名言・名シーンの台詞の紹介をしていきます。

目次

あらすじ

映画 ライフイズビューティフル

出典:映画『ライフイズビューティフル』公式facebook

第二次世界大戦前夜の1939年、ユダヤ系イタリア人のグイド・オレフィチェ(ロベルト・ベニーニ)は、叔父の元へ友人と北イタリアの田舎町にやってきた。

陽気な性格のグイドは、小学校の教師ドーラ(ニコレッタ・ブラスキ)に惹かれ、グイドの強烈なアタックの末、駆け落ち同然で結婚した。愛息ジョズエ(ジョルジョ・カンタリーニ)を授かるも戦争が始まってしまう。やがて戦況は悪化し、ユダヤ人迫害行為が行われるようになった。

当時北イタリアに駐留してきたナチス兵によって、グイド、ドーラ、ジョズエは強制収容所に送られてしまうことになる。

グイドとは一緒だったが、母とは引き裂かれてしまい不安でいっぱいのジョズエ。そこでなんとグイドはジョズエに嘘をつく。「これはゲームなんだ。泣いたり、ママに会いたがったりしたら減点。いい子で強くいれば点数がもらえて、1000点たまったら勝ち。勝ったら本物の戦車の乗ってお家に帰ることができる」。こうして、ジョズエは収容所で楽しいゲームが始まるのだと期待を抱く。

絶望的な収容所の生活も、グイドにかかればゲームへ大変身!ジョズエはグイドのおかげで、不安を感じることなく生活を送っていた。

そんなある日『シャワーの日(実際には、毒ガスでユダヤ人を殺害する日)』が訪れるが、ジョズエはシャワーを嫌がり、グイドの言うことを聞かずにベットの下に隠れた運の良さから、殺害されずに生き延びることができた。

時は経ち、やっと戦争が終わりを迎える。戦争が終わり、ナチスが撤退する最中、ジョズエとグイドは隙を見計らって逃げようとする。離れ離れになった最愛の妻ドーラを探している時にグイドは見つかってしまった。

ゴミ箱に隠れてその場面をみていたジョズエを怖がらせないように、グイドはジョズエにウインクをしておちゃらけた演技をし始めた。背中に銃を突きつけられているにも関わらず、まるで喜劇の主人公のようにジョズエの前を通りすぎていく。

グイドはそうして、ナチスの兵士に最後の憂さ晴らしにとジョズエのいないところで射殺されてしまった。

ナチスが撤退後、朝を迎え誰もいなくなったところをジョズエはゴミ箱からトボトボとでてくる。すると、グイドが「1000点たまったら戦車でお家に帰れる」と言ったように、本当に収容所に連合軍の戦車が現れたのだ。

兵士がジョズエを戦車に乗せた。ジョズエが外をみているとドーラを見つける。再会し「僕たちはゲームに勝ったよ!」と伝えるーー。

ライフ・イズ・ビューティフルの名言

ユダヤ人迫害を題材としたライフ・イズ・ビューティフルではとてもインパクトのあるセリフがたくさん登場します。早速ご紹介していきます!

【名言①】「これは素朴な物語。話すのは簡単ではないけれど。童話にように悲しみがあり、童話にように驚きと幸せにあふれている。」

ライフ・イズ・ビューティフル 名言
出典:『ライフ・イズ・ビューティフル』公式Facebook

この映画は、大人になったジョズエのナレーションからはじまります。

まさに、驚きと幸せにあふれた物語です。このナレーションから引き込まれていきます。

【名言②】ここは一体どんな場所なんだ?なんて美しいんだ!鳩は飛び、おまけに女が空から落ちてくる!僕はここに引っ越すよ!

ライフ・イズ・ビューティフル 映画
出典:『ライフ・イズ・ビューティフル』公式Facebook

北アメリカの田舎町で偶然ドーラに会った時に言ったグイドの台詞です。性格が明るく、陽気でいかにもイタリア人らしく、微笑ましいシーンです。

【名言③】「よし、パパは西ゴート族。明日、“クモと西ゴート族お断り“のサインをだそう。」

子供のジョズエからみても、ユダヤ人迫害があからさまに厳しくなってきた頃のジョズエとグイドの会話シーンです。ジョズエが「どうして僕たちのお店は“お断り”の張り紙を出さないの?」 とグイドに聞きます。

グイドは状況を悟られないように面白く張り紙を出すことにします。どんなシビアな題材でも、グイドにかかれば、笑い話の一節のようになります。

【名言④】お前は奉仕するが、召し使いじゃない。奉仕は最高の芸術だ。

ライフ・イズ・ビューティフル 名言
出典:『ライフ・イズ・ビューティフル』公式Facebook

給士として働くグイドに向けた叔父からの言葉です。

給士=奉仕は人に献身するという、最高の芸術である、神は最初の奉仕者。神は人間に奉仕するが人間の召し使いじゃない。と叔父はグイドへ熱く語っています。

つまらない仕事でも視点を変えることで、意味のある大切なものにあるということに気付かされ、前向きな気持ちになります。

【名言⑤】沈黙は最も強い嘆きなんだ。

この重みのある言葉は、叔父の台詞です。言葉を発させないからこそ、強い意思や悲しみ、叫び、嘆きがあります。ユダヤ人であることにひどい嫌がらせを受けていたグイド。あることから受けた嫌がらせに対して叔父がグイドに喝を入れたシーンです。

【名言⑥】私の夫と息子があの列車に乗っているんです。私も乗ります。あの列車に乗りたいんです。

強制収容所行きの列車に無理矢理乗せられたグイドとジョズエを見かねたドーラが言った台詞です。

列車の行き先は、強制収容所。それにも関わらず愛する夫、息子と共にしたいという強いで列車に乗ろうとするシーンです。家族に対する強い愛を感じられます。

【名言⑦】「さあ、ゲームの始まりだ。お前は1000ポイント貯めなきゃいけない。もし1000ポイント貯めたら、大砲のついた戦車を家に持って帰れるんだよ。」

ライフ・イズ・ビューティフル 名言
出典:『ライフ・イズ・ビューティフル』公式Facebook

収容所に入ったジョズエとグイド。ジョズエはドーラと離れ離れになってしまいます。母と離れてしまって不安でいっぱいの時に、グイドがジョズエにかけた言葉です。お先真っ暗な状況でも、その場を明るくしようとするグイドの心の強さは、とても勇気づけられます。

【名言⑧】これには3つの減点がある。1つめは泣くこ。、2つ目はママに会いたいって言うこと。3つ目はお腹が空いた、食べるものが欲しいって言うこと。

ライフ・イズ・ビューティフル 名言
出典:『ライフ・イズ・ビューティフル』公式Facebook

収容所に入ってからゲームがはじまり、このゲームを説明しているグイドの台詞です。

何もわかっていない幼いジョズエに恐怖を与えないよう、冷静に説明しているグイドの姿は優しさで包みこまれています。

この3つは、日々必ず感じてしまう気持ち。それをルールにしなくてはいけないという、グイドの心の痛みが感じられます。

【名言⑨】お前はとってもいい子だ。眠りなさい。いい夢をね。多分私たちは二人とも夢を見てるんだ。多分これは全部夢でマミーが私たちを起こしてくれて、ミルクとクッキーを用意してくれるんだ。

ライフ・イズ・ビューティフル 名言
出典:『ライフ・イズ・ビューティフル』公式Facebook

一日が終わり、ジョズエが疲れきったジョズエをベットに運んで寝かしつけていた時のグイドの台詞です。

肉体的にも精神的にも疲れ果てているグイドの儚い希望にも聞こえてきて、胸が締め付けられる思いになります。

ジョズエのストレスが極力たまらないように常に気にかけているグイドは、完璧な父親です!

【名言⑩】ジョズエ「僕たちは勝ったんだ!」 ドーラ「そうよ、私たちは勝ったのよ。本当に!」 ジョズエ「僕たちは1000ポイント貯めたんだ。だからゲームに勝ったんだよ!ダディと僕は一等賞になったんだ。だから本物の戦車をもらったんだ。勝ったんだ!」

ライフ・イズ・ビューティフル 名言
出典:『ライフ・イズ・ビューティフル』公式Facebook

純粋なジョズエは、ゲームを信じていました。それをドーラに嬉しそうに報告するシーンです。

ドーラはなんの事かわからないが、再会できた事に喜んでいます。ジョズエは収容所にいる間ずっと我慢してきていたので、壮絶なゲームから解放された!と純粋に心から喜んでいるのが感じられます。

【名言⑪】「これが私の物語。父が命をかけて私にくれた贈り物。」

ライフ・イズ・ビューティフル 名言
出典:『ライフ・イズ・ビューティフル』公式Facebook

これは、最後のナレーションで大人になったジョズエの台詞です。

強制収容所での生活の中でも、グイドのおかげで恐れや苦しみを一切感じさせなかった父の偉大さを語っています。「人生は美しい」という意味を教えてくれます。

スポンサーリンク

まとめ

ライフ・イズ・ビューティフルの中の名言を紹介してきました。

あなたの心に刺さる名言はありましたか?

ユーモアと明るさを持ちながら強制収容所で息子を守り通した父の偉大さを感じます。

また、壮絶な生活の中でも、視点を変えて生きれば何事も楽しくも感じてくるんですね。グイドから色々な事を学べる映画です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク