映画『僕だけがいない街』あらすじ結末ネタバレ解説 | 映画と原作の違いも解説!

2016年に公開された映画『僕だけがいない街』。「マンガ大賞2014」にて第2位を獲得した三部けいさんの人気漫画が原作で、過去と未来を行き来しながら事件の真相に迫っていく本格的なサスペンス作品です!

今回は、映画『僕だけがいない街』のあらすじをネタバレしながら、徹底的に解説していきます。更に、原作漫画『僕だけがいない街』との違いもご紹介。映画と原作では全く違う結末を迎えるので、そちらにもぜひご注目ください!
僕だけがいない街がもっと好きなるそんな情報をたっぷりお届けしていきます

スリル満点!映画『僕だけがいない街』について

映画『僕だけがいない街』ネタバレ
出典:映画『僕だけがいない街』公式Twitter

映画『僕だけがいない街』は、未来を変えるために過去をやり直していく物語です。主人公が何度も過去へ戻るという今までにない新鮮なストーリーが話題を呼び、興行収入は14億円を突破しました!

出演者も豪華な顔ぶれで、主人公を藤原竜也さん、ヒロインを有村架純さんが演じています。藤原竜也さんといえば、実写映画に多く出演されていますよね。今作でも迫真の演技で主人公の複雑な心情を見事に演じられています。
また、今作のキーマンとなる少女を演じた鈴木梨央さんの演技も魅力的です。大人顔負けな鬼気迫る演技にはついつい驚かされること間違いなし!

また、原作とは異なった結末を迎えるため、ファンの間では賛否両論が飛び交いました。ぜひ、原作を読んでいない方は漫画を、映画を観ていない方は今作を観て、どちらの結末がお好みか選んで頂けたらなと思います!

10秒で分かる『僕だけがいない街』の簡単なあらすじ

映画『僕だけがいない街』予告編

主人公の藤沼悟(藤原竜也)は友達も恋人もいない孤独な漫画家でした。そんな悟を度々襲う不思議な現象「リバイバル。それは時間が勝手に巻き戻る現象で、そこで起こる事件を解決しない限り何度も繰り返してしまう厄介なものでした。

悟はリバイバルでいくつもの事件を未然に防いでいましたが、母親の藤沼佐知子(石田ゆり子)が何者かに殺されてしまいます。そこでリバイバルが起きますが、なんと小学生の頃まで戻されてしまったのです。
実は18年前、悟の周りで連続誘拐殺人事件が起き、同級生の雛月加代(鈴木梨央)が殺されました。その事件と母の事件が関係していると考えた悟は、母を救うため事件の真相を追うことに……。

『僕だけがいない街』は、過去に戻って事件を防ごうとする主人公という斬新な設定が魅力の作品です。サスペンス映画がお好きな方は勿論のこと、「サスペンスって難しいイメージがあってあんまり観ない……」という方も十分楽しめる映画となっております!

『僕だけがいない街』のネタバレあらすじ

ここからは、『僕だけがいない街』のあらすじを詳しく解説していきます。ネタバレを含みますのでまだ観ていない方はご注意ください!

【あらすじ①】リバイバル

映画『僕だけがいない街』ネタバレ
出典:映画『僕だけがいない街』公式Twitter

主人公・藤沼悟は売れない漫画家で、ピザ屋でアルバイトをしながら細々と生活していた。そんな、友達も恋人もいない悟を気にしていたのはアルバイト仲間の女の子・片桐愛梨(有村架純)。コミュニケーションを取ろうと話しかけるが、悟はいつもそっけない態度だった。

そんな中、バイクで配達に出ていた悟に「リバイバル」という不思議な現象が起こる。それは時間が急に巻き戻ってしまう現象で、何か事件を防がない限り時間が進まないのだった。
注意深く周りを見渡し、トラックで子どもが轢かれる事故が起きると理解した悟。もう一度過去に戻り子どもを救い出した悟だったが、代わりに自分が事故に巻き込まれてしまい意識を失った。

目を覚ますとそこは病院で、お見舞いに来ていた愛梨がいた。明るく前向きな愛梨の言動に、悟は少し戸惑いつつも心を開き始める。
そして無事に退院し家へ帰ると、様子を見に来た母・藤沼佐知子の姿が。佐知子は心配だからとしばらく悟の家へ泊まることを強引に決めてしまうのだった。

映画『僕だけがいない街』ネタバレ
出典:映画『僕だけがいない街』公式Twitter

悟と佐知子は買い物に行くが、そこで突然リバイバルが起こる。しかし、周りを見渡すも特に変わった様子は無かった。
悟は佐知子に「何か変な感じしない?」と聞いて協力を仰ぐ事に。様子のおかしい悟を変に思いつつ辺りを見渡した佐知子は、男が幼い少女を車に乗せようとする所を目の当たりにする。佐知子と目があった男はすぐに立ち去り、それからリバイバルが起きることはなかった。

リバイバルから数日が経ったある日、いつもと変わらずアルバイトから家に帰って来た悟。佐知子に声をかけるが返事がなく、部屋に入るとそこには包丁で刺され倒れていれる佐知子がいた。
べランドの窓から犯人らしき人を見つけた悟は急いで追いかけるも逃してしまう。このままだと自分が犯人にされると焦る悟だったが、運悪く警官に見つかり逃亡しなければいけない羽目に。
そして警察に追いつかれそうになったその時、突然リバイバルが発生し、悟は18年前に戻されたのだった。

【あらすじ②】救えなかった少女

映画『僕だけがいない街』ネタバレ
出典:映画『僕だけがいない街』公式Twitter

18年前、悟の周りでは「連続誘拐殺人事件」が起き、同級生の雛月加代が殺されていた。その事件と佐知子が刺された事件が関係しているのではないかと考えるようになった悟。佐知子を救うため、悟は連続殺人事件から加代を守り、リバイバルを成功させると決意した。

放課後、一人でいる加代へ「友達になってほしいんだ」と話しかけた悟だったが、冷たい態度をとられてしまう。悟はそれでも素直な思いを伝えてなんとか心を開いてもらい、自分の誕生日会へ加代を誘った。実は加代と悟は同じ誕生日で、しかもその日は加代が殺されてしまう日でもあったのだ。

誕生日を待ちつつ、加代のことを知るため積極的に話しかけていた悟。そんな中、加代の自宅へ行った悟は、痣だらけの姿でぐったりしている加代を見つける。加代は両親から虐待を受けていてそれを周囲に隠していたのだ

映画『僕だけがいない街』ネタバレ
出典:映画『僕だけがいない街』公式Twitter

悟は加代が虐待を受けている事を担任教師・八代学(及川光博)に相談する。八代は既に虐待の事実を把握しており、「児童相談所にも連絡したけど、中々動いてくれなくてな」と悟に話す。そして、「雛月のことは俺もなんとかしようと思っている。だからお前も雛月の未来を救ってやってくれないか?」と言って悟の手を握った八代。悟は八代の力強い言葉から勇気をもらい、絶対に加代を救い出すと心に決めたのだった。

3月2日、いよいよ誕生日を迎え悟の家に加代、そして悟の友達が集まる。悟と加代の誕生日をお祝いし、何事もなく楽しく過ごした二人。
加代を家まで送り、これで事件は起きないと安心する悟だったが、翌日学校に加代の姿はなかった。

映画『僕だけがいない街』ネタバレ
出典:映画『僕だけがいない街』公式サイト

加代を救う事が出来ず、リバイバルにも失敗し現代に戻った悟。佐知子の殺人容疑をかけられ身動きのとれなくなった悟は、自分の無実を信じてくれる愛梨の家へ転がり込むことに。
警察に捕まらない様に隠れつつ事件の情報を集めていると、雛月加代の事件が起きた日にちが変わっていると気づく。

一方、愛梨はバイト先である客の顔を見る。特にその時は気に留めず、持ち帰りのピザを持って還ろうとしていた。しかし、愛梨の様子がおかしいと思った店長・高橋(高橋努)は、こっそり愛梨の家を見張る。そこで悟が愛梨の家へ入っていくのを目撃した高橋は警察に通報しようとするが、愛梨に見つかり携帯をへし折られてしまうのだった。

愛梨は店長に悟の居場所がばれてしまったため、誰に見つからないように悟を河原へ連れて行く。そして「絶対戻って来るから」と告げた愛梨は、食べ物を取りに一旦家へ帰った。
残された悟は、愛梨が来るのを待っていたが中々帰ってこない。危険を顧みず愛梨の家へ行ってみると、愛梨の家で激しい火事が起きていた。なんとか愛梨を助け出した悟だったが、なぜ愛梨が狙われたのか分からなかった。

事件の手がかりを掴むため、佐知子の元同僚・澤田真(杉本哲太)と接触する悟。澤田は連続誘拐殺人事件の真相をずっと調べ続けていた。澤田と話していく中で、佐知子と愛梨が狙われたのは、犯人の姿を見たからだという結論に至る。
そんな中、警察の目をかいくぐって病院を抜け出した愛梨から連絡が来た。河原で落ち合う約束をし、悟は急いで愛梨の元へ向かうのだった。

映画『僕だけがいない街』ネタバレ
出典:映画『僕だけがいない街』公式サイト

愛梨と無事に再会を果たし、バイト先でよく見かけるお客さんが怪しいという話を聞いた悟。しかし、その人物が一体誰なのかは分からなかった。
そんな中、悟は愛梨の後を付けて来ていた警察に逮捕されてしまう。「信じてくれてありがとう」とだけ愛梨に伝え連行されていく悟だったが、パトカーに乗り込む瞬間にまたリバイバルが起き、18年前に戻ったのだった。

【あらすじ③】大切な人を守るために

映画『僕だけがいない街』ネタバレ
出典:映画『僕だけがいない街』公式Twitter

再び誕生日を迎えた悟は、加代を救うために彼女を誘拐することを決意する使われていないバスの中で加代をかくまい、犯人からも虐待する両親からも守ろうとしたのだ。
最初はうまくいっていたが、「寝ている最中に何者かがバスの中へ入って来た」という話を加代から聞いた悟は、佐知子に事情を話す。加代を一日泊めてあげた佐知子は八代へ電話をし、加代の家庭のことを相談した。

そして翌日、加代を家へ送りにいった悟と佐知子。加代の母・雛月明美(安藤玉恵)は悟に殴りかかろうとする。そこへ八代と児童相談所の人が介入し、加代は保護される事になった。
無事に加代を救うことは出来たが、なぜかリバイバルは終わらず小学生のままの悟。連続殺人事件の真犯人を見つけない限り現代には戻れないと理解した悟は、再び事件を追い始める。

ある日、学校から家に帰ってくると若かりし頃の澤田が訪ねてきていた。そこで、八代から「相談を受けた児童相談所はすぐに動き出し加代を保護した」という話を聞く。「児童相談所にも連絡したけど、中々動いてくれなくてな」と言っていた八代の言葉は嘘だったのだ。
悟は八代が犯人なのではと疑い始める。注意深く八代を見ていると、休み時間に一人で本を読む女の子へ話しかけていた。次にその子が狙われると直感的に思った悟は、なんとかして事件を防ごうと動き出す。

映画『僕だけがいない街』ネタバレ
出典:映画『僕だけがいない街』公式Twitter

小学生のアイスホッケー大会の応援に来た悟は、八代と次のターゲットになるであろう少女を見張っていた。すると、少女は途中でホッケー会場を出ていってしまう。悟はその子を見失ってしまうが、ある怪しい車が会場を出ていくのを目の当たりする。そこへ八代が現れ優しく声をかけてきたため、悟は一か八かの賭けで八代に事情を話すのだった。

八代の車に乗せてもらい、少女が乗っているかもしれない車を追う悟。悟は信じたい一心で、八代に犯人なのかどうか話を聞くことに。すると八代は本性を現し、犯人だと認めた。
実は、最初から悟を連れ出すために少女を狙っているかのような演技をしていや八代。悟はまんまとその策にはまっていたのだ。
これ以上僕の計画を邪魔される訳にはいかないからね」と言う八代に橋から突き落とされた悟。目を覚ますと、そこはリバイバルが終わった現実の世界だった。

【あらすじ④】選んだ結末

映画『僕だけがいない街』ネタバレ
出典:映画『僕だけがいない街』公式Twitter

現実の世界で目を覚ました悟がいたのは病院で、なんとトラックの事故に巻き込まれた日まで戻っていたのだ。本来ならそこに見舞いへやって来るのは愛梨だったが、過去を変えたことで未来が変わり、大人になった加代が見舞いに来ていた
家に帰ると元気な姿の佐知子がいて、悟はリバイバルが成功したのだと知り安堵する。

河原の橋の下へやって来た悟は、雨宿りにやって来た愛梨と出会う。未来が変わり、二人は初めて会った人という間柄になってしまっていた。それでも何か通じ合うものを感じた悟と愛梨。一緒に空を見上げ、これからの未来に希望を抱くのだった。

映画『僕だけがいない街』ネタバレ
出典:映画『僕だけがいない街』公式Twitter

そして悟は、八代と最後の決着を付けるために再び対峙する。昔と変わらず誘拐殺人を起こしている八代へ「もう終わりにしよう」と説得する悟。しかし、八代はそれを受け入れず目の前で自害しようとした。二人はもみ合いになり、八代は悟の首を切ってしまう
そこへ警察が駆け込み、逮捕された八代。悟は倒れたまま空を見上げ、息を引き取るのだった。

悟の死から時は流れ、それぞれが日常を取り戻していた。愛梨は長年の夢だったカメラマンになり、そのカバンには一冊の漫画が。それは悟が描いた漫画であり悟がいない世界にも確かに彼が生きていたという証は残っていた

『僕だけがいない街』のキャスト

藤沼悟/藤原竜也

映画『僕だけがいない街』ネタバレ
出典:映画『僕だけがいない街』公式Twitter

主人公・藤沼悟を演じたのは演技派俳優の藤原竜也さんです。『DEATH NOTE』や『カイジ』、『るろうに剣心-京都大火編-』など、多くの実写化映画に出演されていますよね!原作のキャラクターを忠実に表現しながら、藤原竜也さんらしさもある高い演技力が魅力です。

藤沼悟は、リバイバルによって大切な人を守ろうと奮闘する人物。最初は周囲に心を開かなかない気難しい性格でしたが、人と触れ合うことによって成長してきます。
強い正義感で果敢に犯人を追い詰めていくその姿から勇気をもらえる素敵なキャラクターです!

片桐愛梨/有村架純

映画『僕だけがいない街』ネタバレ
出典:映画『僕だけがいない街』公式Twitter

ヒロインの片桐愛梨を演じたのは人気女優の有村架純さんです。朝ドラ『あまちゃん』での演技で広く知られる様になり、『ひよっこ』では主人公を務めました。柔らかい雰囲気で癒やし系の有村架純さん。素朴な可愛らしさが幅広い世代から愛されている女優さんです!

片桐愛梨は、明るくいつでも前向きな女性。悟が成長するきっかけを作った人物でもあります。実は、過去に父親が万引きの冤罪を被ってしまい、両親が離婚。そんな経験をしてから、「信じたい人を最後まで信じる」と思うようになります。
真っ直ぐで純粋な優しさを持った理想のヒロインとなっております!

雛月加代/鈴木梨央

映画『僕だけがいない街』ネタバレ
出典:映画『僕だけがいない街』公式Twitter

物語の鍵を握る少女・雛月加代を演じたのは子役の鈴木梨央さん。大河ドラマ『八重の桜』で主人公の子供時代を演じ、その熱演が話題を呼びました。
今作では、虐待を受ける少女という難しい役どころを繊細な演技で見事に表現しています。悟と出会い、少しずつ明るくなっていく表情に注目してみてください!

雛月加代は、連続誘拐殺人事件の被害者になるはずだった女の子。悟の手で救われた加代は立派な大人になり、新しい命を授かります。お腹を優しくさする加代の姿にはついつい感動してしまうこと間違いなしです!

藤沼佐知子/石田ゆり子

映画『僕だけがいない街』ネタバレ
出典:映画『僕だけがいない街』公式Twitter

悟の母・藤沼佐知子を演じたのは石田ゆり子さん。高校生の時にスカウトされ、モデルとしてデビューしました。今作に出演されていた時、石田ゆり子さんはなんと47歳!とても若々しく見えますよね。
今作では、悟を優しく見守る佐知子を、丁寧な演技で表現されています。

藤沼佐知子は、誘拐事件の犯人を目撃したことで命を狙われてしまうという人物です。おっとりしている様に見えて、実は鋭い洞察力があります。また、時々出る北海道の方言がとってもチャーミングな女性です!
最後は悟を亡くしてしまいますが、それでも前を向いて生き続ける強い心を持った素敵なキャラクターです

八代学/及川光博

映画『僕だけがいない街』ネタバレ
出典:映画『僕だけがいない街』公式サイト

連続誘拐殺人事件の真犯人・八代学を演じたのは及川光博さん。俳優としてだけでなく、歌手としても活躍されています。ドラマ『相棒』では、二代目相棒として出演し注目されましたよね!
今作では、一見生徒思いな教師に見えてその裏で連続誘拐殺人事件を起こしているという複雑なキャラクターを忠実に演じられています。

八代学は、子どもたちからも親御さんからも信頼されている教師です。悟を勇気づけるなど優しい一面があるかと思いきや、その裏で残忍な殺人を犯しています。「一人ぼっちの子どもを孤独から救うために殺すという歪んだ正義感を持った今作の中でも印象深いキャラクターです!

原作『僕だけがいない街』と映画の違いを解説!

映画『僕だけがいない街』は、原作の漫画が連載中に公開されました。そのため、独自の結末となっております。また、結末以外にも異なる点がいくつもあるんです!
ここからは、原作と映画で一体どんな違いがあるのか、ポイントを絞って解説していきたいと思います。
映画『僕だけがいない街』も、漫画『僕だけがいない街』もとにかく魅力的なので、ぜひ両方を楽しんで頂きたいです!

【ポイント①】八代学の過去

映画『僕だけがいない街』ネタバレ
出典:映画『僕だけがいない街』公式Twitter

連続誘拐殺人事件の真犯人・八代学。映画では、孤独な子どもを救うために殺しているという設定になっていました。また、八代の過去については特に描かれていません。
一方、原作では八代の過去が詳しく描写されています。

幼い頃、八代は兄から暴力を受けていました。そのことを周囲には話せず、心が歪んだまま成長していったのです。
更に、八代が殺人に手を染める様になったきっかけとなる出来事が。友達から繁殖しすぎてしまったハムスターをどうすればいいかと相談された八代は、そのハムスターを殺そうと考えます。ハムスターが入った瓶に水を注いで溺死させようとした八代は、そこで亡くなったハムスター達の上を歩きなんとか生き残ろうとしている一匹を目にします。

この経験から死に抗う生物の美しさ」に気づいた八代。幼少期の複雑な体験から、連続誘拐殺人事件を犯していくのです!

【ポイント②】植物状態になる悟

映画『僕だけがいない街』ネタバレ
出典:映画『僕だけがいない街』公式Twitter

映画では、八代の犯行に気づいた悟は橋から落とされしまい、トラックと事故を起こした頃の現実世界に戻ってきます。実はこの物語展開、映画オリジナルなんです!

原作では、八代の策にはまった悟は湖に落とされ、そのまま植物状態になってしまいます。そして15年間も眠り続けた後、周りの人の協力もありなんとか目を覚ます悟。その後、もう一度八代と対峙し決着をつける事になるのです!
全く違う物語展開がその先の異なる結末にも繋がっていきます

【ポイント③】悟が死なない!?

映画『僕だけがいない街』ネタバレ
出典:映画『僕だけがいない街』公式Twitter

映画と原作で最も違うのがこのポイントです!
映画では、八代ともみ合いになった悟は刺されてしまい、そのまま息を引き取ります。とても悲しい結末ですよね。
しかし、原作の悟は八代との決着に勝利し、漫画家としての成功を収めます。原作の方は、ハッピーエンドになっているのです!

実はこの結末の違いには、今作の監督である平川雄一朗さんの思いが込められているそう。
元々、プロデューサーの春名慶さんの「悲劇でもいいのでは」という一言から、映画オリジナルの結末が生まれました。しかし、ただ悲しいだけの作品にはしたくないという思いがあった平川監督。悲劇でありつつ、希望も残されるようこだわったのだとか!
その結果亡くなってしまった悟の漫画が世の中の人を勇気づけるというとても感動的な結末が生まれたのです

【ポイント④】タイトルが意味するもの

映画『僕だけがいない街』ネタバレ
出典:映画『僕だけがいない街』公式サイト

『僕だけがいない街』という印象的なタイトルの解釈も、映画と原作では異なったものになっています。

映画の『僕だけがいない街』は、「たとえ街から僕がいなくなってしまったとしても、みんなに笑っていてほしいという悟の思いがタイトルに繋がっているのです。
一方、原作の方では「植物状態で眠っている間もみんなの支えがあった。僕だけがいない街でみんながしてくれたことは宝物だという悟の気持ちがタイトルに繋がっています。

映画と原作では、結末もタイトルの解釈も違う『僕だけがいない街』。どちらにも強く惹きつけられる魅力があります。ぜひ異なった最後を迎える2つの僕だけがいない街をご堪能ください!

まとめ

映画『僕だけがいない街』のネタバレあらすじ、原作との違いを解説させて頂きました。伏線もキャラクター設定もとにかくこだわられていて、何度も観たくなる奥深い作品でしたね!

今作は本格的なサスペンス映画でありながら、虐待なども描いているヒューマンドラマ的な側面もあります。サスペンスがお好きな方だけでなく、ヒューマンドラマへ興味がある方にもオススメです。
最後には希望が見える感動的な映画僕だけがいない街ぜひあなたのお気に入りの一作に加えて頂けたらなと思います

僕だけがいない街 名言 『僕だけがいない街』名言集|ほんの少しの勇気で未来は変えられる! 天才的な演技力を誇る藤原竜也出演映画一覧&代表作・おすすめ映画まとめ 有村架純出演の映画一覧と代表作&おすすめ映画まとめ