【2021年】第44回日本アカデミー賞の受賞者一覧&予想

ひとっとび編集長

 

コロナウイルスの影響で多くの劇場公開予定作品が延期になり、映画界にとっては激動の年だった2020年。1月27日付けで「第44回日本アカデミー賞」の優秀賞がそれぞれ発表されました。

2019年12⽉16⽇~2020年12⽉31⽇までに劇場公開された作品(邦画154作品、洋画210作品)に対し、⽇本アカデミー賞協会会員による投票が⾏れました。

『Fukushima 50』が12部門12受賞で最多、続いて『罪の声』が11部門12受賞となっています。

作品賞をはじめ、主演男優賞、主演女優賞、助演男優・女優賞などにノミネートされた方々が発表され、早速話題となっています!一覧で紹介していきますよ。

編集長

今年の劇場公開映画をほぼ全作鑑賞した映画ひとっとびの編集長が、最優秀賞を勝手に予想しているので、併せてお楽しみください…!

 

優秀作品賞

それではまず最初に、日本アカデミー賞で最も注目が集まる優秀作品賞を紹介していきます。5作全てが批評家/一般観客双方からの評価がいい映画が選ばれたなという印象ですね。

『ミッドナイトスワン』は制作会社が「CULEN」の1社しか無いことからも分かる通り、口コミで広まった映画です。受賞したら物凄い反響を呼びそうです。

昨年の最優秀作品賞は、松坂桃李さんとシム・ウンギョンさんW主演の『新聞記者』でした。

編集長

今年は全5作がノミネート数多いので難しいですが…ここは王道の『Fukushima 50』ですかね。震災から今年で10年ということも関わってきそうです。

興行収入については2021年1月現在の数字になっておりますので、目安として参考にして下さい。

(50音順)

作品名 主演 制作会社 興行収入※目安
浅田家! 二宮和也 東宝 / ジェイストリーム / ホリプロ 他 10.0億
男はつらいよ おかえり 寅さん 渥美清、倍賞千恵子 松竹 15.0億
罪の声 小栗旬、星野源 TBSテレビ / 講談社 / WOWOW 他 未公表
ミッドナイトスワン 草なぎ剛 CULEN 6.9億
Fukushima  50 佐藤浩市 松竹 / KADOKAWA 他 7.3億

優秀アニメーション作品賞

優秀なアニメーション映画に送られる、優秀アンイメーション作品賞は以下の通り。

興行収入で見ると劇場版『鬼滅の刃』がダントツですが、果たしてどの作品が選ばれるのでしょうか…?

ちなみに去年の作品賞は、新海誠監督の『天気の子』でした。

編集長

まあここも王道に鬼滅でしょう。コロナ禍で映画業界が下向きの中この興行収入を叩き出した事実だけで十分な根拠ですよね。

(50音順)

作品名 制作会社 興行収入※目安
劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン 「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」 製作委員会 21.0億
映画 えんとつ町のプペル 吉本興業 14.0億
劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 アニプレックス / 集英社 / ufotable 365.0億
ジョゼと虎と魚たち 『ジョゼと虎と魚たち』製作委員会 未公表
STAND BY ME ドラえもん2 藤子プロ / テレビ朝日 / 他 11.0億

優秀主演男優賞

優秀男優賞は以下の通り。草彅剛さんはタレントとしての活動こそ長いですが、俳優業に力を入れ始めたのはごく最近なので、今回が初ノミネートとなっています。

その他4名の役者さん達はアカデミー賞に複数回ノミネートされ、受賞しています。

編集長

ここはチャレンジで草彅剛さんに一票。国民的スターながら、トランスジェンダーと言う難しい役を演じ切っていたのが好印象です。
役者名 作品
小栗旬 『罪の声』
草彅剛 『ミッドナイトスワン』
佐藤浩市 『Fukushima 50』
菅田将暉 『糸』
二宮和也 『浅田家!』

 

優秀主演女優賞

優秀主演女優賞を受賞したのは、下記の5名。

長澤まさみさんは昨年最優秀助演女優賞を受賞していて、今年は主演女優賞で2作品にノミネートされています。

編集長

永作博美さんが有力ではないでしょうか。養子という社会問題に切り込んだ作品である『朝が来る』で演じたありきたりな主婦が魅せるシリアスな表情が印象的でした。
役者名 作品
小松菜奈 『糸』
永作博美 『朝が来る』
長澤まさみ 『コンフィデンスマン JP プリンセス編』
『MOTHER マザー』
倍賞千恵子 『男はつらいよ お帰り 寅さん』
広瀬すず 『一度死んでみた』

 

最優秀賞は2021年3月19日の授賞式で発表されます!そのほかの受賞者は、下記の公式サイトからご確認ください。

参考 第44回日本アカデミー賞日本アカデミー賞

 

 

この記事を書いた人
ひとっとび編集長
ひとっとび編集長

映画の情報サイト『映画ひとっとび』の編集長。 映画を「なんとな〜く」探している方から、「この映画の考察が知りたい!」というマニアな方まで楽しめるサイトを目指しています! 皆さんの映画ライフがもっと充実するお手伝いができますように。