カリオストロの城のルパンが男前!グッとくる名言特集「今はこれが精いっぱい」

1979年に公開された、「ルパン三世」シリーズの劇場映画第2作『ルパン三世 カリオストロの城』。宮崎駿監督の映画初監督作品でもあり、そのドラマチックな演出やレイアウト手法はその後のアニメ界に大きな影響を与えました。

劇場での興行収入こそ第1作目には届きませんでしたが、魅力的なキャラクター達の活躍は今もなお「名シーン」や「名言」として語り継がれています。
今回はそんな「ルパン三世 カリオストロの城」から、キャラクター達の魅力溢れる名言・名台詞をご紹介していきます!

映画カリオストロの城 
出典:『ルパン三世 カリオストロの城』公式サイト

あらすじ

出典:【MX4D版】『ルパン三世 カリオストロの城』 予告篇

モナコの巨大カジノから大金を盗み出したルパン一味。しかしその金はすべて、本物同然につくられた幻の偽札「ゴート札」だった。ゴート札の出どころに興味をもったルパンは、偽札を放り出して「カリオストロ公国」に向かうことに。

カリオストロ公国に入ったルパンは、男たちに追われる謎のウェディングドレス姿の少女と出会う。少女はこの国の王女・クラリスだった。クラリスはこの国を治めるカリオストロ伯爵に結婚を迫られ、逃げ出していたのだ。

ルパンは追っ手を撃退するが、直後に頭を強く打ち気を失ってしまう。目を覚ましたルパンはクラリスが残した指輪を見つけ、彼女が以前、自分の命を救ってくれた恩人であることに気づく。
再び捕らえられてしまったクラリスを救い出すため、ルパンはカリオストロ城へと潜入するのだった。

「ルパン三世 カリオストロの城」の心に響く名言・名台詞

カリオストロの城 名言
出典:『カリオストロの城』公式サイト

「ルパン三世」シリーズの見どころと言えば、ルパン一味を始めとした魅力的なキャラクター達。
彼らの派手なアクションと魅力的なセリフの数々は、観ているだけで何だかワクワクしてきますよね。

この「カリオストロの城」には、そんなルパン三世の魅力がギュッと詰まった名言・名台詞がたくさん登場します。今回はその中から、抜粋したものを解説を交えながらご紹介していきます!

【名言①】「前祝いにパァーっとやっか!」

カリオストロの城 名言
出典:『カリオストロの城』公式サイト

カジノから盗み出した大金が偽札であることに気づいたルパンは、それらを全て車内から放り出してしまいます。その時のルパンのセリフです。

せっかく苦労して手に入れたお金が全て偽札…。普通ならガッカリするところですが、ルパンにとっては違うようです。彼が泥棒を続けるのは金銭目的ではなく、”ロマンを追い求めるため”であることが伝わってきますね。この時、相棒の次元まで「くそー!」と言いながら楽しそうに偽札を放り出しているのが微笑ましいです(笑)。

【名言②】「どっちにつく?」「オンナ!」「だろうな!」

カリオストロの城 名言
出典:『カリオストロの城』公式サイト

カリオストロ公国に入ったルパンと次元は、そこで男たちに追われるクラリスの姿を目撃します。次元が「どっちにつく?」と聞くと、ルパンは「オンナ!」と即答。それに対して次元も「だろうな!」と合わせ、二人はクラリスの救出に向かうのでした。

「逃げているのが女性だから」というシンプルな理由がとてもルパンらしいです(笑)。ただの女好きに見えて、こうやってすぐ行動に移せるのがルパンが男前たる所以ですね。
そこに、待ってましたと言わんばかりに合わせられる次元も流石です。二人の信頼関係も垣間見えるとても楽しいやり取りです。

【名言③】「おや、ま!俺みたい!今晩どーお?」

カリオストロの城 名言
出典:『カリオストロの城』公式サイト

レストランを訪れたルパンは、店員の女性から「カリオストロ伯爵はひどい女たらし」という噂を聞きます。そこでルパンが彼女に言ったセリフです。

”生まれつきの女たらし”であるルパン、カリオストロ伯爵には負けてられません。誘い文句ひとつに彼の魅力が溢れていますね。自分が女好きであることを包み隠さず、こうやってさらっと誘ってしまうところが素敵です。

【名言④】「バカヤロォ!そいつがルパンだ!」

クラリスの救出のためカリオストロ城に侵入したルパンは、警備を潜り抜けるため銭形警部の姿に変装します。遅れてやってきた”本物”の銭形警部が、「今ここに俺が来なかったか!?」と慌てて警備兵に聞き、それに続けて言ったセリフです。

銭形警部とルパンのこの”お馴染みのやり取り”も、本作品が初出。観ている私たちも「ええ、今の偽物だったの!?」と騙される、とても楽しい演出ですよね。その手口にすぐ気づくとっつぁんも流石、長年ルパンを追い続けているだけあります。

【名言⑤】「今宵の斬鉄剣は一味違うぞ。」

カリオストロの城 名言

出典:金曜ロードSHOW!Twitter

クラリスと初めて対面した五右衛門は、彼女の姿を見て「可憐だ…。」と呟きます。その後、クラリスを追う敵の前に降り立った五右衛門が言ったセリフです。

いつもはルパンに振り回されて、「またつまらぬものを…」と仕方なしに戦っている五右衛門。そんな彼が珍しくやる気を出しています!
敵なしの力を誇る五右衛門ですが、たまに見せる女性に弱い一面がまた可愛らしいですね。

【名言⑥】「まさか、捨てたの。」

不二子がルパンについて「時には”敵”、時には”味方”、”恋人”だったこともあったかな」と語り、それを聞いたクラリスは不二子に「捨てられたの?」と質問します。それに対する不二子のセリフです。

まさに不二子のキャラクターを象徴するようなセリフですね。自分主体でグイグイ引っ張っていく、不二子の”男前”な格好良さが表れています。クラリスと不二子のガールズトークのようなやり取りも何だか癒されますね。

【名言⑦】「今は、これが精いっぱい。」

カリオストロの城 名言
出典:『カリオストロの城』公式サイト

クラリスの部屋に侵入したルパンは、彼女に自分のことを「泥棒」と名乗ります。さらに自分がクラリスのことを盗みに来たことを伝え、最後にマジックで”小さな花”を出しながらこのセリフを言いました。

ルパンはこのやり取りの中で、「”緑の野”に放してあげる」とクラリスに約束をします。しかし部屋に閉じ込められている今、彼女にあげられるのはマジックで出した一凛の花くらい。だから「今は、これが精いっぱい」なんですね。
オシャレ!格好いい!ルパンの魅力全開の、この作品随一の名シーンです。

【名言⑧】「まさに人類の宝ってやつさ。俺のポケットには大きすぎらぁ。」

カリオストロの城 名言
出典:『カリオストロの城』公式サイト

カリオストロ城の水門が開かれ、水底から姿を現したのは古代の街並み。その光景を目にしたルパンのセリフです。

どんなお宝でも盗み出すルパンでも、さすがに街までは手を出せなかったようです。盗めない、といいつつも何だか”満足気”なルパンの表情が、彼の心情を表していますね。
そこに”ロマン”さえあれば物には執着しない、そんなところが私たちが泥棒である彼に心を惹かれる理由かもしれません。

【名言⑨】「困ったことがあったらね、いつでも言いな。おじさんは、地球の裏側からだってすぐ飛んできてやるからな。」

カリオストロの城 名言
出典:金曜ロードSHOW!Twitter

クラリスを助け出すことに成功したルパンは、彼女の元から去ろうとします。そんなルパンに向けて、クラリスは「一緒に行きたい!」と泣き付きます。動揺するルパンですが、最後には断り、このセリフを返しました。

ものすごい心強いセリフですよね。ルパンがこの言葉をかけてくれるだけで何だか勇気が湧いてきます。彼なら本当に地球の裏側からでも飛んできてくれそうです!

【名言⑩】「奴はとんでもないものを盗んでいきました。あなたの心です。」

カリオストロの城 名言
出典:『カリオストロの城』公式サイト

「ルパン三世」シリーズで最も有名といってもいい、とっつぁんの名セリフですルパンが去った後に一歩遅れて現れた銭形警部が、クラリスに言ったセリフです。

コメディタッチで描かれることの多い銭形警部ですが、たまにこういうカッコイイことを言うのがまたニクいですよね。
このセリフの通り、ルパンの優しさに心を奪われてしまったクラリス。同じようにルパンに心を奪われ、何年も追い続けているとっつぁんだからこそ出たセリフかもしれません。

まとめ

カリオストロの城 名言
出典:金曜ロードSHOW!Twitter

以上、「ルパン三世 カリオストロの城」の名言・名台詞をご紹介しました。ルパンはもちろん、他のキャラクター達のセリフも魅力的なものばかりでしたね。

今もなお広がり続ける「ルパン三世」の世界。これからも一体どんな姿を私たちに見せてくれるのか、今後の彼らの活躍にも期待しましょう!