映画界の歴史に残る男、ジェームズ・キャメロン監督のおすすめ映画特集!

「ターミネーター」や「タイタニック」、「アバター」といったSFやCG技術を駆使したビッグタイトルは皆さんご存知ですよね?では、歴史に残る超大作を数多く世に残した鬼才は……そう、ジェームズ・キャメロン監督です!

今回は、そんなキャメロン監督のおすすめ映画7作品をみどころや撮影トリビアなどを交えて徹底的に解説していきます!!

ジェームズ・キャメロン監督について


出典:『タイタニック』公式facebook

ジェームズ・キャメロン監督(James Cameron)は、1954年8月16日にカナダはオンタリオ州に生まれた御年64歳!

父は電気技師、母はアマチュア画家という家庭に生まれたこともあってか、幼い頃から美術の面で才能を見せており、お母さんからも将来芸術方面に進むことを期待されていたそうです。

キャメロン監督は15歳の時に、「2001年宇宙の旅」を何と10回も映画館で鑑賞!その世界観に感化され、自作の宇宙船やプラモデルを使った実験映画を16ミリカメラなどで撮り始めてました。

そんな彼は、大学を中退して結婚。トラック運転手などで生計を立てていましたが、1977年に公開された「スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望(監督:ジョージ・ルーカス)」を鑑賞。これがきっかけで仕事を辞め、再び映画制作に没頭するようになりました。

その後キャメロン監督は、いくつかの作品のスタッフとして関わったのち、「殺人魚フライングキラー」で監督デビューを果たしますが、何と、撮影の終盤でプロデューサーに降板させられてしまい、作品の完成にまで関わることができませんでした。そんなこともあってか、この作品について語られることがあまりないとされています。

そして、そんな苦難の後の監督作品「ターミネーター」は、空前の大ヒットを生み出しました!

その後は、不振やヒットを繰り返しながらも、最終的に「ターミネーター2」や「タイタニック」、そして「アバター」が空前絶後の大ヒット!それもあってか、2010年にイギリスの雑誌「ガーディアン」が選ぶ「ハリウッドで最も影響力のある人物」で第1位にもなりました。


出典:『タイタニック』公式facebook

キャメロン監督の映画の特徴は、これから製作するものも含め、そのほとんどがハイテクニックを駆使したスケールの大きなアクション中心のエンターテイメント、ラブ・ストーリー作品!本人も「歴史に残る名作になるだろう」と語っているくらいです。

また、「ターミネーター」シリーズに出演したシュワルツェネッガー氏も驚くほど、自分の監督する作品に対しては大変な完璧主義として知られているとか。

更に、意外な経歴の持ち主でもあります!脚本家、映画プロデューサー、探検家……映画監督以外にも数多くの肩書を持つキャメロン監督。

キャメロン監督は3000時間以上の水中滞在記録を持つスキューバダイバー!独自で世界各地で難破船探索や深海調査等を行っていて、2011年にはナショナルジオグラフィック協会所属の探検家に就任したことも!

また、映画作品では基本的に脚本も自ら手掛けるというこだわりもあります。その理由は監督曰く、「後の監督としての苦労を考慮すると創作の幅を狭めることになるため、その部分を押し殺して自由奔放にストーリーに没頭する」からだそうで、それに加えて画力にも優れているんです!

「ターミネーター」のエンドスケルトン(内骨格)、殺人ロボットHK、「エイリアン2」のエイリアンクイーンなどのコンセプトデザインを自ら手掛け、さらに、「タイタニック」に登場するスケッチもキャメロン監督が自身で書いたものを使用していることをご存知でしたか?

母親に芸術面の才能を褒められていたキャメロン監督だからこそ、なしえる技と言えますよね!

ジェームズ・キャメロン監督のおすすめ映画

最近のキャメロン監督の話題と言えば、つい最近のトピックになりますが、2019年5月19日、ジェームズ・キャメロン監督の樹立した映画「タイタニック」の世界興行収入記録を「アベンジャーズ/エンドゲーム」が塗り替えたということ!このニュースだけでも充分なインパクトですが、このトピックを他でもないキャメロン監督自身がツイートによって公表し、そのうえ「アベンジャーズ」の制作チームに賛辞まで送っているというのですから、懐の深さがうかがえますよね!そして、ジェームズ・キャメロン監督自身がそれに対して経緯を評するツイートを送ったということです!

では、「アベンジャーズ」でも塗り替えられていない1位って一体なんでしょう?

そう、それもまたジェームズ・キャメロン監督の監督作品「アバター」です!

今回はその鬼才ぶりで映画史に残る男、ジェームズ・キャメロン監督の監督作品厳選7選をお送りしたいと思います!

1.ターミネーター

Amazon.co. jp 

The Terminator (1984) Official Trailer – Arnold Schwarzenegge Movie - YouTube

あらすじ

人類と機械による果てしない戦争が繰り広げられている、遠い未来。

機械軍は、人類のリーダー、”ジョン・コナー”を歴史から消すべく、過去のロスへ殺人機”ターミネーター(アーノルド・シュワルツェネッガー)”を送り込む。”ターミネーター”は、”サラ・コナー”という名前と”ロサンゼルス”という住所だけを頼りに、電話帳を物色。そこに載っている同姓同名の女性を順番に殺していった。

その本当の目的は、いずれ”ジョン”を産むことになる、サラ・コナー(リンダ・ハミルトン)を消すことだったからだ。

そしてついに、1984年のロサンゼルスに住む平凡な女子学生、サラの前に姿を見せる、黒づくめの殺人機”ターミネーター”。

だがその時、彼女を守るため、一人の男、カイル・リース(マイケル・ビーン)が現れる!

”ジョン・コナー”の命を受け、未来からやって来た人間の戦士であった。

ジェームズ・キャメロン監督と「ターミネーター」の撮影裏話


出典:『ターミネーター』公式facebook

■キャメロン監督、本作では監督&脚本を手掛ける!

■制作費は640万ドルと、実は一般的にB級映画として評される作品であった

■日本では、1991年9月のテレビ放映時の視聴率は、日曜洋画劇場の歴代視聴率の第4位にランクイン!

■ガソリンスタンドにいた少年に「嵐が来るよ」と言われたサラが「ええ、わかってるわ」と返すシーン。「機械との戦争が待つ未来」を暗示させると同時に、製作陣があらかじめ続編を意識していたことの表れともされている!

■当初は殺人ロボットの話を予定していたが、予算や現代の技術、そして観客の受容ではロボットの実現は不可能!その結果、未来の殺人ロボットが現代にやって来るタイムトラベルという設定が誕生した!

■映画の機械VS人類というテーマは、キャメロン監督にとって「国家VS国民」を暗喩したものと言われている。

ここに注目して作品を見るべし!


出典:『ターミネーター』公式facebook

シュワルツェネッガー氏を一気にトップスターに押し上げた作品ですが、何と言ってもジェームズ・キャメロン監督の映画に対する本気度がすごすぎる!その本気度は俳優陣を驚愕させたというところでしょうか。

ラストシーンの撮り直しエピソードもさることながら、シュワルツェネッガー氏を驚愕させたエピソードがあります。ターミネーターが車のフロントガラスを叩き割るシーンの撮影の際、ターミネーターの体から煙が出ている様子を再現するため、何と本物の酸(スタッフ側曰く”弱い酸”)をかけて煙を再現!

これにはさすがのシュワルツェネッガー氏も驚愕するとともに、「もっと別の方法はなかったのか」とずっと疑問に思っていたそうです。

また、「ターミネーター」の製作にあたり、キャメロンが見た悪夢の話も有名です。前作監督作品『殺人魚フライングキラー』が失敗した際、キャメロン監督は評論家やマスコミにもひどくこき下ろされてしまいました。その屈辱の余り、熱を出して寝込んだとき、「炎の中からロボットが現れて自分を殺しに来る」という悪夢を見た事が、本作を製作するきっかけとなったと語っています。

まさに、「ターミネーター」の製作は本気の表れだったのでしょうね。その本気が大ヒットを生み出したと言えるでしょう。

上映時間:108分

監督:ジェームズ・キャメロン

出演者:アーノルド・シュワルツェネッガー、マイケル・ビーン、リンダ・ハミルトン

受賞歴:なし

公開日:1984年10月26日(アメリカ)

2. エイリアン2

Amazon.co. jp

あらすじ

時は2144年。

前作から57年間の冷凍催眠状態にあったリプリー(シガニー・ウィーバー)は、ようやく無事に救出された。

エイリアンの存在と危険性を訴えるリプリーを驚愕の事実が襲う!今や”アチェロン”と名付けられた惑星LV426には、数十家族が移り住んでおり、植民惑星となっていた。

そして、リプリーの危惧は現実となる。”アチェロン”からの連絡が途絶えたのだ。

音信不通の原因調査の為、宇宙海兵隊員と共にリプリーはアドバイザーとして再びあの星”アチェロン”に旅立つのだが……?

ジェームズ・キャメロン監督と「エイリアン2」の撮影裏話

■2009年、イギリスの雑誌『エンパイア』が発表した「史上最高の続編映画」で1位を樹立!

■映像面では、一部わざと低解像度のビデオ画像を使用し、作品のリアリティを演出!

■撮影地はイギリス。イギリス側スタッフが仕事の合間に行っていたお茶の時間を巡って、監督と対立!スタッフ側が抗議のストライキを起こしたというビックリエピソードも!

■公開当時にカットされた場面を復刻した「完全版」が1991年末にリリースされている!

■エイリアンの巣のシーンは、ロンドン近郊にあった廃発電所を使用されていますが、撮影終了後セットを撤去しないまま引き上げた当時のスタッフたち!後年「バットマン」の撮影で同じ場所を使用した時に、中に入った「バットマン」スタッフを仰天させてしまう(笑)

ここに注目して作品を見るべし!

キャッチコピーが「This time it’s war.(今度は戦争だ)」。

前作『エイリアン』から作風を一変!前作「ターミネーター」で一躍名を馳せたジェームズ・キャメロン監督が、脚本・監督を担当し、エイリアンと未来兵器で武装した兵士との戦いを描くSFアクションホラー映画として製作されました。

上映時間:135分

監督:ジェームズ・キャメロン

出演者:シガニー・ウィーバー、マイケル・ビーン、ランス・ヘンリクセン

受賞歴:

アカデミー賞

・視覚効果賞

・音響効果編集賞

公開日:1986年7月18日(アメリカ)

3.アビス

Amazon |アビス(完全版) [DVD]

THE ABYSS – Trailer ( 1989 ) - You Tube

あらすじ

海底油田で、アメリカの原子力潜水艦が行方不明となる。

バッド(エド・ハリス)をはじめとする採掘基地の作業員らは、行方不明の原子力潜水艦捜索のため、暗闇と水圧、そして寒冷が支配する未知の海溝「アビス」へと向かう。

それは、海底深くに生活していた人類とは違う生命体だった…!

ジェームズ・キャメロン監督と「アビス」の撮影裏話

■映画公開後、オースン・スコット・カード氏によって小説化!

■「舞台となる海には一切の魚が登場していない!

■劇中でネズミが特殊な液体に沈められるシーンがありますが、実際に撮影の時は、酸素を含む特殊な液体(フロリナート)が用意!撮影時には複数のネズミが用意されるがすべて生き残ります!撮影後、ネズミはすべて、スタッフのペットとなります!

ここに注目して作品を見るべし!

深海に潜む生物体との遭遇を描いた、ロマン溢れるアドベンチャー大作!

中盤以降の未知の生命体の登場により、多少話の焦点が別な所に移ってしまうという部分がありながらも、巨費を投じた海底基地を始めとする数々のメカニックやセットやSFXは目を見張るほど素晴らしい出来上がりとなっています!また、実際に水中で撮影された海底シーンがあり、そのリアリティは充分すぎるくらい!

後に171分の完全版が発表されているほど、キャメロン監督が入魂した作品となっています。

上映時間:140分(公開版)

171分(完全版)

監督:ジェームズ・キャメロン

出演者:エド・ハリス, メアリー・エリザベス・マストラントニオ, マイケル・ビーン

受賞歴:

1989年度アカデミー賞

・視覚効果賞

公開日: 1989年8月9日(アメリカ)

4.ターミネーター2

Amazon.co.jp 

Terminator 2: Judgment Day – Classic Teaser Trailer (1991) Arnold Schwarzenegger, 1080p HD

あらすじ

舞台は1994~95年のロサンゼルス。前作10年前のサラ・コナー(リンダ・ハミルトン)とターミネーター(アーノルド・シュワルツェネッガー)の死闘を知る者は無い。

サラは人類で唯一、30億人が亡くなる1997年8月29日の”審判の日”を1人記憶していた。サラは爆破未遂事件を起こした後、精神疾患扱いとされ、精神病患者として警察病院へ収監、拘束されていた。

前作で結ばれた、サラ・コナーと未来から来たカイル・リース(マイケル・ビーン)との間には息子がいた。その息子、ジョン(エドワード・ファーロング)こそ、未来での機械との戦争で人類を導く指導者になるのだった。

未来では、機械がジョンの暗殺を目論み、再び1994年ロサンゼルスにターミネーターを2体送り込んでくる。1体は10年前と同モデルだが、もう1体は変形自在の液体金属で構成された最新モデル。しかし、襲いかかる最新モデルのターミネーターからジョンを救ったのは、かつてサラを襲ったT-800だった!

ジェームズ・キャメロン監督と「ターミネーター2」の撮影裏話

■スペイン語風の決め台詞「Hasta la vista, Baby!」(アスタ・ラ・ビスタ、ベイビー!)は有名となる。日本語字幕や吹替版では意訳され、「地獄で会おうぜ、ベイビー!」または「さっさと失せろ、ベイビー!」となっているが、こちらも日本で有名になる!

■脚本・監督の依頼を受けたキャメロン監督は、T-800同様にサラ・コナーも続編に不可欠な要素と考え、ただちにリンダ・ハミルトンに連絡を取り、今作にも登場することになった!

■脚本執筆には、前作で追加シーンの脚本を手がけたウィリアム・フィッシャー氏と共に取り掛かるが、本作の第1稿が完成したのは5月10日、同年のカンヌ国際映画祭へ出発する直前だった!

カンヌに向かう飛行機の中でシナリオを読んだシュワルツェネッガー氏は、「期待以上の物だった」と絶賛!

■第一稿完成後すぐ、カンヌ映画祭で制作発表が行われ、本作をわずか1年ほどで製作するという難事業になった!

ここに注目して作品を見るべし!

アカデミー賞をはじめ、多くの賞を受賞した「ターミネーター」の続編!

終盤のカーチェイスシーンでは、シュワルツェネッガー氏が命綱なしのノースタントで演じています!キャメロン監督は今のシュワルツェネッガーならやらないと語っていますが、それを実行したキャメロン監督の本気がやはりすごい。

人類と機械の戦争が続く近未来からそれぞれの勢力が現代へ送り込んだアンドロイドと、戦争を回避すべく奮闘する人間達とが繰り広げる死闘を完全再現しています!

また、日米両方のユニバーサル・スタジオにある「ターミネーター2:3-D」は、この映画を受けてキャメロン監督自身が作成にかかわっています。現時点で、キャメロンが監督を務めた最後のターミネーター関連作となっています。

上映時間:137分

監督:ジェームズ・キャメロン

出演者: アーノルド・シュワルツェネッガー, リンダ・ハミルトン, エドワード・ファーロング, ロバート・パトリック

受賞歴: (全て1991年度)

アカデミー賞

・最優秀視覚効果賞

・最優秀音響賞

・最優秀音響編集賞、他

公開日:1991年7月3日(アメリカ)

5.トゥルーライズ

Amazon.co.jp 

True Lies [1994] Trailer - YouTube

あらすじ

ハリー・タスカー(アーノルド・シュワルツェネッガー)は、妻ヘレン(ジェイミー・リー・カーティス)と娘ディナ(エリザ・ドゥシュク)と共にロサンゼルスで暮らす、表向きはコンピュータ会社のセールスマン。しかし、彼の正体はアメリカ大統領直属の秘密機関オメガ・セクターの凄腕諜報員だった!

そんな彼の悩みは、妻ヘレンが浮気しているかもしれないという事。職権を乱用して妻の調査を行うハリーだが、ヘレンと共に、核武装したテロリストに捕らえられてしまう……!

迎えた国家と家族の危機に、ハリーはどう対処するのか⁉

ジェームズ・キャメロン監督と「トゥルーライズ」の撮影裏話

■続編が作られる予定だったが、アメリカ同時多発テロの影響により立ち消えてしまう。

■物語の終盤、ハリーと日本語で挨拶を交わす人物はエキストラ出演した小峯隆生氏だった!

■終盤のアクションシーンで使われたハリアーは、何と高層ビルの屋上に設置されたクレーンに、ハリアーのレプリカ機体を吊るしたもの!その機体にシュワルツェネッガー氏が乗り込み、撮影している!

■製作総費用が1億ドルを突破のアメリカ映画史上最初の作品になっている!

■VHS、LD、DVDはリリースされているものの、世界的にBlu-ray化はされていない。ジェームズ・キャメロン監督が多忙の影響もあってか、承認が出ないためとされています。

ここに注目して作品を見るべし!

メガ・ヒットとなった「ターミネーター2」に続き、キャメロン監督とシュワルツェネッガー氏のコンビで送るスーパー・エンタテインメント作品。

ロサンゼルスからマイアミを舞台に、シュワルツェネッガー氏扮する凄腕のスパイが、家族に身分を隠しながらテロリストと戦うのですが、キャメロン監督としては珍しい、コメディタッチで描かれたアクション映画になっています!

上映時間:141分

監督:ジェームズ・キャメロン

出演者: アーノルド・シュワルツェネッガー、ジェイミー・リー・カーティス

受賞歴: なし

公開日: 1994年7月15日(アメリカ)

6.タイタニック

出典:『タイタニック』公式facebook

Titanic – Official Trailer (HD) -You Tube

あらすじ

タイタニック号が沈没してから84年後。

1996年、トレジャー・ハンターのブロック・ロベット(ビル・パクストン)達は、タイタニックと共に沈んだとされる「碧洋のハート」の在り処を探るべく、小型潜水艇で深海のタイタニックの調査を行っていた。そして、上流階級女性が搭乗していたと思われる1等客室の部屋から一つの金庫を発見する。

金庫の中にあったのは、彼らが探していた宝石ではなく、古ぼけた紙切れ。しかし、その紙切れには裸体の女性が描かれており、その胸には「碧洋のハート」らしきダイヤを身に着けていた。この一枚の絵画の発見をブロックはテレビで報じるが、その放送を見たある老女からブロックの元に一本の電話がかかってくる。その老女はなんと、沈没事故から奇跡的に生還し、今では100歳を超えるその絵のモデルだったのだ。

ブロックと連絡を取り合った老女(グロリア・スチュアート)は、彼女の孫娘(スージー・エイミス)共々、ブロックの調査団の船に訪れ、静かにあの豪華客船の中で起こった知られざる話を語り始めるのだった――。

84年前の1912年、イギリスの・サウザンプトン港から、当時の豪華客船タイタニックが処女航海にでた。その行先はアメリカ。

新天地に夢を抱く画家志望の青年ジャック(レオナルド・ディカプリオ)は、上流階級の娘ローズ(ケイト・ウィンスレット)と、タイタニックで運命的な出会いを果たす。数々の困難を乗り越えながら、二人は互いに愛し合い、絆を深めていく。しかし、航海半ばの4月14日、タイタニック号は氷山と接触。船は刻一刻とその巨体を冷たい海の中へと沈み始めていくのだった――。

ジェームズ・キャメロン監督と「タイタニック」の撮影裏話&トリビア


出典:『タイタニック』公式facebook

■主にSFアクション映画を手掛けてきたキャメロン監督が、一転して挑んだラブロマンス大作

■映画パンフレットも日本で153万部を売り上げるほどの影響力!

■リアリティを追求するため、実際にタイタニックが沈没した海底を綿密に捜査、独自に深海調査用の特殊カメラを製作した経緯がある!

■制作の為に実物大のタイタニックのセットが建造。タイタニックの完成手順に合わせた撮影が行われている!

■完成したタイタニックは、経費削減のため7メートルごとに分断!のちにCGで繋ぎ合わされているとか。

■ジャックが描いたローズのヌードデッサンは、キャメロン監督自身が描いたもの!

■漫画家の大友克洋氏が、キャメロン監督の自宅に招待された際、キャメロン監督は応対もそこそこに一室に篭り、作業に没頭。後に本作を見た大友氏は、「あの時、これを編集してたのか」と気づかされたという小話も。

■映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」の世界興行収入が本作の記録を超え、歴代第2位となったことについて、キャメロン監督がツイッター上で絵画と共に祝福のメッセージを贈っている!

■制作の為にタイタニック歴史学者が2名監修に携わっている程の本気度!その内一名は、カメオ出演もしている。

■エキストラも、一等客及び船員は上流階級のマナー指導が重要視されていて、コアエキストラに振り分けられて半年に及ぶ貴族階級のマナー指導が徹底されているリアルの徹底さ!

ここに注目して作品を見るべし!


出典:『タイタニック』公式facebook

1912年に実際に起きた英国客船タイタニック号沈没事故を基に、貧しい青年と上流階級の娘の悲恋を描いた本作は、キャメロン監督が手掛けた「アバター」に抜かれるまで、映画史上最高の興行収入を記録した作品として伝説を残しています。

セリーヌ・ディオンが歌う主題歌「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」も大ヒットし、キャメロン監督としては珍しい、史上最高のラブストーリーを見ることが出来ます!

とはいえ、徹底的に史実のリアルを追求した本作は、映像の反転やCGを駆使したシーンが多いことから、キャメロン監督の手腕も光る作品となっています!

上映時間:170分

監督: ジェームズ・キャメロン

出演者: レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット

受賞歴:

1998年アカデミー賞

・作品賞

・監督賞

・撮影賞、他

公開日: 1997年12月19日(アメリカ)

7.アバター

Amazon.co.jp

Avatar | Official Trailer (HD) | 20th Century FOX - YouTube

あらすじ

アルファ・ケンタウリ系惑星ポリフェマス最大の衛星パンドラ。特異な地形と、地球の熱帯雨林を思わせる密林に大半が覆われ、神秘的な美しさを持つ惑星。

この惑星の地下には、地球のエネルギー問題の解決のカギとなる希少鉱物の”アンオブタニウム”が莫大な量存在している。

その”アンオブタニウム”を採掘するため、人類はパンドラに進出するも、パンドラの先住民ナヴィが既に住んでいた。

採掘に際して、RDA社(資源開発公社)はその旨を願い出るも、ナヴィ達は地球側の提示する条件にまったく関心を示すことはなかった。目的を遂行するためにRDA社は、地球人とナヴィそれぞれのDNAを掛け合わせた人造生命体「アバター」を作る計画を立てる。そして、捜査員の意識を「アバター」に憑依させ、ナヴィとの接触を図る「アバター計画」をスタートさせるのだった。

下半身不随になり、車いす生活を送る元海兵隊員ジェイク(サム・ワーシントン)は、アバターの操作員だった兄が急死したことにより、RDA社に命を受け、衛星パンドラにやって来る。

彼は人間とナヴィ族のハイブリッドであるアバターに変化を遂げ、不自由な体で単身惑星の奥深くに分け入って行く。慣れない土地で野犬に似たクリーチャーに襲われていた彼は、ナヴィ族の王女(ゾーイ・サルダナ)に助けられるのだった――。

ジェームズ・キャメロン監督と「アバター」の撮影裏話&トリビア

■世界興行収入は、歴代1位となる27億8800万ドル(当時のレートで約2518億円)!

■構想14年、製作に4年を要している渾身のキャメロン監督の作品!

■海兵隊の大佐・マイルズ・クオリッチ役スティーヴン・ラング氏は「エイリアン2」でオーディションに失敗し、起用されなかった経緯があるが、監督はラングを覚えていたことから、抜擢されることになっている!

■キャメロン監督は2006年1月から4月にかけて、ナヴィのための言語や文化の開発を行った!

■公開から39日目で、前作「タイタニック」が持っていた世界興行収入記録を自ら更新!

■本作により3Dに対する注目度が一気に高まり、各映画会社は2010年以降相次いで3D映画の公開を発表するという影響をもたらす!

ここに注目して作品を見るべし!

「タイタニック」以来、12年ぶりに発表した、最新の映像技術を駆使して作り上げたアドベンチャー大作!

”観るのではない、そこにいるのだ。”

キャメロン監督が出したこのフレーズは、デジタル3D映像の魅力を謳ったものとなっていますが、正に言葉通り!迫力の最新3D映像で見せてくれました。

映画の未来を懸け、想像力が萎えきった大人たちを少年に引き戻す壮大な冒険活劇となっています。

また、キャメロン監督らしいテーマ性のある映画としても見られています。

キャメロン監督曰く、「アクションとアドベンチャーのファンの一人として自分がわくわくするような内容を少しと、同時に、良心を持ったもの――映画を楽しみながらも、自然界とのかかわり、人間同士の関わり方について、人々を多少なりと考えさせるようなものを製作したい」と語っています。

マイノリティ(ナヴィ)への迫害を、良心を持った少数のマジョリティ(ジェイク)とマイノリティの視線で捉えている、私たちに考えを提示した作品ともいえます。

上映時間:162分(公開版)

178分(完全版)

監督:ジェームズ・キャメロン

出演者: サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガニー・ウィーバー、スティーヴン・ラング、ミシェル・ロドリゲス、ジョヴァンニ・リビシ

受賞歴:

第82回アカデミー賞

・撮影賞

・視覚効果賞

第67回ゴールデングローブ賞

・作品賞(ドラマ部門)

・監督賞、他

公開日:  2009年12月18日(アメリカ)

まとめ

映画界に革命をもたらした男、ジェームズ・キャメロン監督作品を厳選7作品ご紹介しました!何とキャメロン監督、今後は「アバター」の続編4作をはじめ、「トゥルーライズ」の続編の製作総指揮、そして日本の原爆にまつわる映画構想があったりと、まだまだその手腕は衰えを知りません。

現在の自身が樹立した「アバター」の世界興行収入ランキング記録をまた自らの手で塗り替えてしまうのか?!

今後のキャメロン監督の作品にも大いに期待できますね♪