初めてマリリンモンローにダンスをさせた監督!ハワードホークスの撮影裏話!

ハワード・ホークス監督はかの有名なマリリン・モンローに初めて踊りやダンスを映画で演技させた人です。そしてそれだけでなく、ハワード・ホークス監督自身がローレン・バコールを映画界に呼び、「完璧なる女性像」とまで称される演技力を発揮させました。そういった数あるエピソードからホークス監督は役者自身すら気付いていない才能を見出すことに長けている監督として有名になりました。

そんなホークス監督は産業でインディアナ州の経済を支える一家の下で1896年5月30日に生まれ、アメリカ・インディアナ州出身です。大学在学中にはレーシングカーでレースに打ち込んでおり、その仲間からとあるアルバイトを紹介されました。
そのアルバイトはスタジオ小道具係で、担当したのをきっかけに映画に出会い、有能さを見込まれて学生であるのにも関わらず助監督を経験することに。そして、自身で原案を描き、脚本・監督を担当した1926年「栄光の道」で監督デビューを果たします。

そこからアクション、コメディ、ロマンス、航空モノ、西部劇と、ジャンルを問わず様々な名作を生み出してきました。今回はそんな多彩な才能に溢れているハワード・ホークス監督の作品を厳選し、7つご紹介します!!

1.暗黒街の顔役

映画暗黒街の顔役
Amazon | 暗黒街の顔役 [DVD] | 映画

あらすじ

マフィアのボス「ビッグ・ルイ」コステロ(ハリー・J・ヴェハー)には敏腕な用心棒トニー(ポール・ムニ)がいた。しかし、敵対するマフィアのボス、ロウヴォ(オズグット・パーキンス)に買収されたトニーは雇い主であるコステロを暗殺する。

そんなトニーをロウヴォは最高幹部として取り入れるが、トニーは野心に満ちており、次はそのロウヴォのボスとしての地位と愛人を奪おうと企むのだが…

ココがスゴい!「暗黒街の顔役」ハワード・ホークス監督の撮影裏話!

・映画に対する着想に興味を示した脚本家ベン・ヘクトは余りある熱意で、わずか11日間で脚本を仕上げました

・ホークス監督はハリウッドに失望し、そこから去ったポール・ムニをわざわざ説得し、呼び戻して主演に据えていました

ハワード・ホークス監督「暗黒街の顔役」のみどころポイント!

マフィア映画の金字塔とも言われる、この映画「暗黒街の顔役」はマフィア映画らしい徹底した「容赦のなさ」が見どころです。
ボーリング場でボールを投げたギャフニー(ボリス・カーロフ)がピンの向こうから放たれた銃弾によって倒れるシーンは誰であっても驚いてしまいます。実際にギャフニーが倒れる描写はなく、倒れそうになるピンで「死」を表現するホークス監督の演出技法には圧倒されます。

この映画はトニーが持ち前の冷酷さで頂上まで登り詰めるが、その冷酷さが原因で頂上から転がってしまう映画です。そして、最後に倒れてしまうトニーとは対照的に、「The world is yours」(この世界はあなたのもの)と書かれているネオンの広告が上で光り輝く様は、見る人に虚しさを与えます。

基本情報

上映時間:93分
監督:ハワード・ホークス
出演:ポール・ムニ、ジョージ・ラフト、ボリス・カーロフ
受賞歴:なし
公開日:1932年3月31日

2.特急二十世紀

映画特急二十世紀
Amazon | 特急二十世紀 [DVD] | 映画

あらすじ

狂った天才と評され、熱意に溢れている劇作家のジャフィ(ジョン・バリモア)は元下着モデルの新人・リリー(キャロル・ロンバード)を新作の主役に据える。そこから、ジャフィは下手だった演技を指導し、大女優として開花させた。以後、ジャフィとリリーはコンビとして数々の作品を成功させ、恋仲にまで発展した。しかしジャフィの束縛から破局し、ジャフィはそこから落ちぶれ始めた。

そして、3年経ったジャフィはリリーに愛想を尽かされてから、転落人生が始まってしまうのだが…。

ハワード・ホークス監督が魅せる!!「特急二十世紀」の撮影裏話!

・この映画が後に話題にあがり、44年後の1978年にミュージカル化されました

・アメリカ国立フィルム登録簿に登録され、アメリカ議会図書館に永久保存されました

ココが見逃せない!!ハワード・ホークス監督「特急二十世紀」のみどころ

登場人物が突拍子もない行動で、周りを騒がしてくのがスクリューボールコメディというジャンルです。この映画「特急二十世紀」は、そのスクリューボールコメディを世に知らしめた作品と言えます。

大成したリリーを再度、自分の舞台に出演させたいと思うジャフィは二十世紀号という列車でリリーと偶然再会を果たします。そこでジャフィがリリーをどうにか説得しようと奮闘していくのですが、その奮闘だけでなく周りの人たちとのハチャメチャっぷりのせいもあり、笑いが止まらなくなってしまいます。
周りの人たちも、どこかネジが外れたようなコメディを演技してくれるのですが、それが1シーンだけでなくしっかりとストーリーに絡んでくる演出も見逃せません。

基本情報

上映時間:91分
監督:ハワード・ホークス
出演:ジョン・バリモア、キャロル・ロンバード、リリー・ガーランド
受賞歴:なし
公開日:1934年5月3日
スポンサーリンク

3.コンドル

映画コンドル
Amazon | コンドル [DVD] | 映画

あらすじ

美しいと評判のショーガール・ボニー(ジーン・アーサー)はエクアドルの港町バランカを訪れる。そこで二人の男性に声を掛けられ次第に仲良くなり、勤め先の小さな航空会社のパイロットたちとも親交を深める。そんなボニーはパイロットたちを束ねるリーダー・ジェフ(ケーリー・グラント)に好意を寄せ始めた。

その最中、新しいパイロット、マクファーソン(リチャード・バーセルメス)が入社した。しかしマクファーソンはかつて事故によって同乗者を見捨てて、見殺しにしたことのある人物だった

ハワード・ホークス監督・「コンドル」の撮影裏話!

・ハワードホークス監督自身もかつて軍務経験があり、飛行機乗りでした

・実際にアンデス山脈を飛行し、その迫力のある映像からアカデミー賞撮影賞にノミネートされました

ハワード・ホークス監督・「コンドル」の必見!みどころ集

この映画「コンドル」は男の友情を描いたハードボイルドな映画です。飛行機乗りという危険な職業を全うする彼らの「カッコよさ」が本作品の最大のみどころです。ジェフが滅多に飛行機に乗らない姿を見てボニーが「ジェフも飛ぶことがあるの?」と尋ねた時に、ジェフの親友キッド(トーマス・ミッチェル)は「一番危険な時は彼が飛ぶ」と答えるシーンのカッコよさに思わずシビれてしまうことでしょう。

カッコイイシーンはジェフだけでなく、他のパイロットも同様で、息を引き取る寸前で自分の憎い相手に「顔色一つ変えずに操縦を続けた大したやつだ。みんなおごってやってくれ」と声を掛けるシーンはアツい涙を流さないわけがありません。

そして最後に、女には頼みごとをしないことを信条にしているジェフが去ってしまうボニーのために、言葉ではなく行動に移し、想いを伝えるシーンも必見です!!

基本情報

上映時間:121分
監督:ハワード・ホークス
出演:ケーリー・グラント、ジーン・アーサー、リチャード・バーセルメス
受賞歴:なし
公開日:1939年5月15日

4.教授と美女

映画教授と美女
Amazon | 教授と美女 [DVD] | 映画

あらすじ

百科事典の作成のために8人の教授が集まり、既に作成から9年が経過していた。作成場所はトッテン財団が所有する館で行われていた。そんな最中、図書館と勘違いした陽気なごみ収集人が館を訪ねた。そこで世の中と自分のギャップに気づいてしまい、焦った教授の青年・ポッツ(ゲイリー・クーパー)は街に繰り出し、ナイトクラブで若者スラングを調査し始めた。

そんな最中にオーシェイ(バーバラ・スタンウィック)と親しくなったのだが…。

「教授と美女」のハワード・ホークス監督の撮影裏話!

・映画「教授と美女」のヒロイン・オーシェイ役に数々の女優が立候補されていたが、主演であるゲイリー・クーパーが勧めたということでバーバラ・スタンウィックになりました

・両目を強調する演出のためにホークス監督はスタンウィックの顔を黒く塗って際立たせていました

ハワード・ホークス監督・「教授と美女」のみどころ

8人の教授たちが館で9年以上も百科事典を作っている中、本作品のヒロイン・オーシェイが訪れます。女性に免疫のない彼らが、オーシェイに対してどう接すればいいか困っている様子は本作品のみどころでもあり、ほんわかしてしまいます。
それからオーシェイは教授たちにダンスを教えてあげ、親交を深めます。それでいてポッツのオーシェイに対する恋路を他の教授たちはライバルではなく応援してあげます。そんな役のふるまいは、コメディとして王道な演出といえます。

教授という専門的な職業であるのにも関わらず、役として用いてコメディを確立したホークス監督はさすがの一言に尽きます。

基本情報

上映時間:111分
監督:ハワード・ホークス
出演:ゲイリー・クーパー、バーバラ・スタンウィック、オスカー・ホモルカ
受賞歴:なし
公開日:1941年12月2日

5.脱出

映画脱出
Amazon | 脱出 特別版 [DVD] | 映画

あらすじ

ハリー(ハンフリー・ボガート)はフランスで漁師をしていて、船長として自由気ままに日常を過ごしていた。そんな最中、ハリーの住むホテルの主人が反政府活動家を密航するようハリーに頼む。自由気ままな生活を乱されたくないハリーは政府問題にかかわりたくないと断るが、政府のやり口に激怒し依頼を受けることにした。

さっそくハリーは船で活動家と妻を乗せて、出発するのだが…。

知られざる撮影裏話!ハワード・ホークス監督の「脱出」

・ホークス監督が、仲の良いアメリカの大文豪ヘミングウェイに映画の文学性を諭すということを発端に本作品が出来上がりました

・名優ハンフリー・ボガートとローレン・バコールはこの作品をきっかけに交際を始めました

みどころ満載!ハワード・ホークス監督の「脱出」

ハンフリー・ボガート演じるハリーの不器用ながらも優しい一面を感じられる「タフガイ」さが本作品のみどころです。自由気ままに生き、縛られることが嫌いなハリーは当初、フレンチーの頼みを断ります。しかし、政府警察の汚職を目の当たりにし、ハリーは自分の正義に従い協力することにします。そんなハリーの男気溢れる背中に見る人は憧れを感じてしまうでしょう。

そして、それだけではなくハリーは密航中に巡行船から攻撃されます。そのアクションシーンは瞬きすらしなくなるほどの緊張感があります。戦闘シーンでもハリーは活躍し、負傷した仲間を手当するなど、ハリーのタフガイっぷりがこれでもかと盛り込まれていて、全て見逃せません。

基本情報

上映時間:100分
監督:ハワード・ホークス
出演:ハンフリー・ボガート、ローレン・バコール、ウォルター・ブレナン
受賞歴:なし
公開日:1944年10月11日

6.赤い河

映画赤い河
Amazon | 赤い河 オリジナル・バージョン [DVD] | 映画

あらすじ

開拓者集団の荷馬車隊と行動を共にしているダンソン(ジョン・ウェイン)は長年の夢である牧場経営に相応しい土地を見つけた。しかし、荷馬車隊の隊長はインディアンが出て危ないといい反対する。そんなダンソンはどうにか荷馬車隊の隊長を説得し、隊を離れる。
しかし隊を離れた後、ダンソンは遠くにいる荷馬車隊の方面から助けを求める煙が上がるのを見てしまった…。

映画「赤い河」のハワード・ホークス監督・撮影裏話

・原作は小説で、その原作者ボーデン・チェイスが共同で脚色し、本作品が作られました

・ダンソンの相棒・マット役のモンゴメリー・クリフトが当時新人であるのにも関わらず、西部劇映画の名作の一つと数えられていました

「赤い河」ハワード・ホークス監督が魅せるみどころ!

ダンソンが荷馬車隊を離れる時、隊長の娘・フェン(コリーン・グレイ)が「私も一緒に連れてって」とダンソンに言いいますが、ダンソンは「女は連れていけない」と拒み、代わりにダンソンの母の形見の指輪をフェンに送ります。
いつか必ず迎えに行く時まで指輪を持たせるダンソンの寡黙な男気は見る人が男性であっても惚れてしまいます。しかし、そんな約束とはうらはらに、ダンソンは荷馬車隊から立ち上る煙を目撃してしまいます。

インディアンの襲撃を受けた荷馬車隊は少年マット(モンゴメリー・クリフト)を残し全滅してしまい、そのことを知ったダンソンは、それ以降落ち込み続けます。唯一の生存者・マットを相棒に牧場を成長させるものの、ダンソンは立ち直れないでいます。

そんなダンソンが笑顔を取り戻せるのかどうかハラハラして見てしまうのが、この映画のみどころでもあります。

基本情報

上映時間:133分
監督:ハワード・ホークス
出演:ジョン・ウェイン、モンゴメリー・クリフト、ジョアン・ドルー
受賞歴:なし
公開日:1948年9月30日

7.紳士は金髪がお好き

映画紳士は金髪がお好き
Amazon | 紳士は金髪がお好き [DVD] | 映画

あらすじ

ショーガールのローレライ(マリリン・モンロー)はブロンドが似合う美しい女性でお金持ちとダイアモンドには目がなかった。そんなローレライに魅了された、大富豪の息子ガス(トミー・ヌーナン)は豪華客船での結婚式に招待するが、父に反対されたガスは船に乗り込めなくなった。

ローレライは代わりにイケメン好きな親友のドロシー(ジェーン・ラッセル)を誘い、船に乗り込んだ。しかし、ガスの父親は私立探偵を雇い二人を調査させに船に向かわせたのだった…。

ハワード・ホークス監督の「紳士は金髪がお好き」撮影裏話!

・ローレライ役のマリリン・モンローがデッキで歌う姿を見て、有名歌手マドンナは自身の曲のビデオでそのシーンをオマージュしました

・終盤でドロシーがプールに落ちるシーンはアクシデントであるのにも関わらず、そのまま公開されました

「紳士は金髪がお好き」のハワード・ホークス監督によるみどころ

マリリン・モンロー演じるローレライの圧倒的な美しさがこの映画「紳士は金髪がお好き」の魅力です。マリリン・モンローが船のデッキで、男たちを並べて誘惑しながら踊ったり歌ったりするシーンは世界的に有名で、マリリン・モンローの魅力が全て詰め込まれたシーンです。

しかし、ただ踊って歌うだけの映画ではなく、しっかりと映画としてのストーリーが面白いのがハワード・ホークス監督の魅せる技です。宝石、お金に目のないローレライとイケメン好きなためダメンズとしか付き合ったことがない親友ドロシーがお金持ちの集う豪華客船に乗り込むわけですから、何か起こらないはずがないです。

基本情報

上映時間:91分
監督:ハワード・ホークス
出演:ジェーン・ラッセル、マリリン・モンロー、チャールズ・コバーン
受賞歴:なし
公開日:1953年7月15日

まとめ

ハワード・ホークス監督は様々なジャンルを作り、その作品がそのジャンルで有名な代表作になってしまうほどのマルチな才能があるので、できるだけジャンル一つに縛られず色んなジャンルの映画を紹介しました。

ホークス監督は作品数が多いのにも関わらず、ほとんどが名作として名を馳せているため、どの作品を選ぼうか悩んでいる時間が一番多いほどでした。そのため1つの作品で終わらず、ホークス監督の他の作品にも触れて、ホークス監督の虜になってみてください!ホークス監督の演出、役者の名演技など、どの映画でも”名”シーンがあります。
ぜひ、チェックしてみて、ホークス監督のファンになってください!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top