多彩なキアヌ・リーヴスの出演映画おすすめ20選 !

スポンサーリンク

『スピード』や『マトリックス』で知られているキアヌ・リーヴス。

キアヌ・リーヴスは1964年9月2日にレバノン共和国のベイルートで生まれました。
身長は186cmで、俳優の他にミュージシャンとしても活動をしています。
9歳の時に演劇『くたばれ!ヤンキース』でキャリアをスタートさせ、『One Step Away』で映画初出演を果たします。

こちらの記事では、キアヌ・リーヴスのおすすめ出演映画を20作品抜粋しました!

キアヌ・リーヴス出演のおすすめ映画を紹介!

キアヌ・リーヴスは、1994年の『スピード』で有名になって以来、数多くの作品に出演しています。冷酷な殺人者や年上の女性に恋をしてしまう医者、平凡でどこにでもいるような家庭人など、様々なジャンルの役柄を演じていますが、見事な演技力で映画をヒットに導いてきました。

そんなキアヌ・リーヴスの出演作品を、ジャンル別に紹介していきます!

スポンサーリンク

若くて初々しいキアヌ・リーヴスが見たいならこの映画!

1.スピード

キアヌ・リーヴス 映画
出典:映画『スピード』公式facebook

あらすじ

オフィスビルのエレベーターに爆弾が仕掛けられ、中に人が閉じ込められる事件が発生した。ロサンゼルス市警のSWAT隊員たちは爆弾を解除して乗客たちを助けるが、犯人を逃がしてしまう。

事件の数日後、逃げた犯人はとある路線バスに爆弾を仕掛け、エレベーターの爆弾処理に当たった捜査官ジャック・トラヴェン(キアヌ・リーヴス)に電話を掛けた。

犯人の要求は身代金を用意すること、ジャックにこの件の対応をさせることだった。
バスは、時速80キロを下回ると爆発してしまう。

爆発を阻止するためにバスに飛び乗ったジャックだったが、ジャックが自分を追ってきたと勘違いした不法滞在の乗客が銃を発砲した。

その球が運転手に当たって負傷してしまったため、たまたま乗り合わせていたアニー(サンドラ・ブロック)がハンドルを握ることになった。
そして速度を落とすことができないバスは、何度も危機に直面する。

キアヌ・リーヴスが出演した映画『スピード』のトリビア!

キアヌ・リーヴス 映画
出典:映画『スピード』公式facebook

  • 撮影前、監督から「短めのヘアスタイルで撮影する。」といわれたキアヌ・リーヴスは、坊主に近いヘアスタイルで撮影現場に現れました。そこまで短くしようとは思っていなかった監督はかなり焦って、スケジュールをずらして顔があまり見えないシーンから撮影が始まりました。
  • 『スピード』ではダイナミックなカーアクションが繰り広げられていますが、映画の予算が少なかったため、事前のリハーサルはミニカーで行っていました。

キアヌ・リーヴスが出演の映画『スピード』みどころ!

キアヌ・リーヴス 映画
出典:映画『スピード』公式facebook

『スピード』のみどころは、手に汗握る激しいカーアクションです。爆弾が仕掛けられたバスはスピードを落とすことができないため、何度も危機に陥ります。バスの乗客たちの鬼気迫る演技も相まって、ハラハラドキドキしてしまいます。

若かりし頃のキアヌ・リーヴスや、ヒロインのサンドラ・ブロックの初々しい演技もみどころで、キアヌ・リーヴスにとって出世作となった作品です。

基本情報

上映時間:115分

監督:ヤン・デ・ボン

出演者:キアヌ・リーヴス、サンドラ・ブロック、デニス・ホッパー

受賞歴:第67回アカデミー賞音響賞、音響効果編集賞

公開日:1994年12月3日(日本)1994年6月10日(米国)

2.ディアボロス/悪魔の扉

キアヌ・リーヴス 映画
出典:映画『ディアボロス/悪魔の扉』公式facebook

あらすじ

フロリダの弁護士ケヴィン・ロマックス(キアヌ・リーヴス)は、ニューヨーク屈指の大物弁護士ジョン・ミルトン(アル・パチーノ)の事務所で働き始める。

ある日、不動産王のアレクサンダー・カレン(クレイグ・T・ネルソン)が妻と子供を殺害した罪で逮捕され、ケヴィンが弁護を担当することになった。

ケヴィンはアレクサンダーの弁護の準備で忙しく、なかなか家に帰れない日が続き、ケヴィンの妻メアリー・アン(シャーリーズ・セロン)は、孤独によって精神を蝕まれてしまう。

そしてケヴィンは、次第にミルトンとアレクサンダーが関わっている大きな闇を突き止めていく。

キアヌ・リーヴスが出演した映画『ディアボロス/悪魔の扉』のトリビア!

キアヌ・リーヴス 映画
出典:映画『ディアボロス/悪魔の扉』公式facebook

  • 『ディアボロス/悪魔の扉』は、アンドリュー・ネイダーマンによる小説「悪魔の弁護士」が原作となっています。
  • 一部シーンの撮影はニューヨークのトランプタワーで行われた他に、台詞中にも「トランプ氏」というワードが使われています。
  • アル・パチーノは、当初ミルトン役のオファーを5度も断っていましたが、クライマックスの演説シーンの脚本を読んでオファーを受けることに決めました。

キアヌ・リーヴスが出演の映画『ディアボロス/悪魔の扉』みどころ!

キアヌ・リーヴス 映画
出典:映画『ディアボロス/悪魔の扉』公式facebook

『ディアボロス/悪魔の扉』は、タイトル通り悪魔がテーマになっています。1990年代のアメリカでは、実際に弁護士によって社会的に優位な立場の犯罪者が無罪放免となる事案があり、それを皮肉った作品とも言えます。

悪人を無罪にする悪魔の弁護士ミルトンによって翻弄されるケヴィンの運命から目が離せません!

基本情報

上映時間:144分

監督:テイラー・ハックフォード

出演者:キアヌ・リーヴス、シャーリーズ・セロン、アル・パチーノ

受賞歴:なし

公開日:1998年4月18日(日本)1997年10月17日(米国)

3.ドラキュラ

キアヌ・リーヴス 映画
出典:映画『ドラキュラ』公式facebook

あらすじ

トランシルヴァニア城の城主ドラキュラ伯爵(ゲイリー・オールドマン)は、トルコ軍との死闘の末に勝利するが、夫が戦死したという誤報を聞いた王妃のエリザベータ(ウィノナ・ライダー)は、焼身自殺してしまう。

妻の死を知ったドラキュラは、司祭から自殺した者の魂は救われないと聞き、絶望した。
怒りに狂ったドラキュラは、神への復讐を誓い血を糧に永久に生きることができる吸血鬼となる。

400年後、弁護士のジョナサン・ハーカー(キアヌ・リーヴス)は、ドラキュラの依頼を受けて城へとやってきた。

キアヌ・リーヴスが出演した映画『ドラキュラ』のトリビア!

キアヌ・リーヴス 映画
出典:映画『ドラキュラ』公式facebook

  • 『ドラキュラ』では、日本人の衣裳デザイナーである石岡瑛子がコスチュームデザインを担当し、アカデミー賞で衣裳デザイン賞を受賞しました。
  • 時代背景に合わせたレトロな雰囲気を出すために最新技術の使用を避け、俳優が演技をしている後ろにスクリーンを置き、そこに映像を投影して合成するリアプロジェクションという技法が使われています。

キアヌ・リーヴスが出演の映画『ドラキュラ』みどころ!

キアヌ・リーヴス 映画
出典:映画『ドラキュラ』公式facebook

何度も映画化されてきたドラキュラというキャラクターですが、これまでの作品はアレンジが加えられたものがほとんどでした。しかし、本作ではかなり原作に忠実なストーリーとキャラクター設定になっています。

キアヌ・リーヴスの他にも、ゲイリー・オールドマンやウィノナ・ライダーなど豪華俳優陣の演技も光っていて、かなり見ごたえがある作品です!

基本情報

上映時間:128分

監督:フランシス・フォード・コッポラ

出演者:キアヌ・リーヴス、ゲイリー・オールドマン、ウィノナ・ライダー

受賞歴:第65回アカデミー賞衣裳デザイン賞、メイクアップ賞、音響効果編集賞

公開日:1992年12月19日(日本)1992年11月13日(米国)

4.雲の中で散歩

キアヌ・リーヴス 映画
出典:映画『雲の中で散歩』公式facebook

あらすじ

第二次世界大戦から故郷へ戻ったポール・サットン(キアヌ・リーヴス)は、妻ベティ(デブラ・メッシング)の裏切りを目の当たりにしてしまう。

妻の愛が冷え切っていると知り憔悴したポールは、チョコレートセールスの仕事中にビクトリア・アラゴン(アイタナ・サンチェス=ギヨン)と出会い、惹かれていく。

ビクトリアもまた、妊娠中に相手の男に逃げられて、心に傷を負っていた。

キアヌ・リーヴスが出演した映画『雲の中で散歩』のトリビア!

キアヌ・リーヴス 映画
出典:映画『雲の中で散歩』公式facebook

  • 『雲の中で散歩』は、全編セピア調で撮影された映画です。このレトロな作風は、第二次世界大戦後という時代背景にマッチしています。
  • 本作は、ヴィットリオ・デ・ベネディッティ、チェーザレ・ザヴァッティーニ、ピエロ・テッリーニ脚本の1942年の同名イタリア映画が基になっています。

キアヌ・リーヴスが出演の映画『雲の上で散歩』みどころ!

キアヌ・リーヴス 映画
出典:映画『雲の中で散歩』公式facebook

『雲の中で散歩』は、キアヌ・リーヴスが初めて本格的なラブストーリーに挑んだ作品です。ポールのおっとりした優しい性格が、若かりしキアヌ・リーヴスの雰囲気とぴったり合っています。

主人公たちの恋愛模様だけでなく、家族愛も描かれています。舞台となった葡萄園の情景の美しさもみどころです!

基本情報

上映時間:102分

監督:アルフォンソ・アラウ

出演者:キアヌ・リーヴス、アイタナ・サンチェス=ギヨン

受賞歴:なし

公開日:1995年5月27日(日本)1995年8月11日(米国)

クールなキアヌ・リーヴスが見たいならこの映画!

5.フェイク シティ ある男のルール

キアヌ・リーヴス 映画
出典:映画『フェイク シティ ある男のルール』公式facebook

あらすじ

ロサンゼルス市警のトム・ラドロー(キアヌ・リーヴス)は、手柄を上げるために手段を選ばない一匹狼で、同僚たちからも違法まがいの捜査方法が問題視されていた。

ある日、トムは元相棒のテレンス・ワシントン(テリー・クルーズ)が自分のことを密告しようとしていると知り、彼を尾行する。
2人はコンビニで接触するも、偶然にも強盗に居合わせて銃撃戦に巻き込まれ、ワシントンは銃殺されてしまう。

キアヌ・リーヴスが出演した映画『フェイク シティ ある男のルール』のトリビア!

キアヌ・リーヴス 映画
出典:映画『フェイク シティ ある男のルール』公式facebook

  • 『フェイク シティ ある男のルール』は、犯罪小説の巨匠と呼ばれているジェームズ・エルロイが完全オリジナルで書き下ろした脚本が元になっています。
  • ロサンゼルス市警の汚職や闇取引などを取り上げた作品はたくさんありますが、『フェイク シティ ある男のルール』でも警察内部の実態が忠実に描かれています。

キアヌ・リーヴスが出演の映画『フェイク シティ ある男のルール』みどころ!

キアヌ・リーヴス 映画
出典:映画『フェイク シティ ある男のルール』公式facebook

『フェイク シティ ある男のルール』のみどころは、キアヌ・リーヴス演じるトムのセクシーなかっこよさです。キアヌ・リーヴスの出演作品の中でも特にかっこいいキャラクターなので、彼の魅力を存分に堪能できます。

正義のためなら手段を選ばないトムの言動にハラハラドキドキしてしまいます!

基本情報

上映時間:109分

監督:デヴィッド・エアー

出演者:キアヌ・リーヴス、フォレスト・ウィテカー、テリー・クルーズ

受賞歴:なし

公開日:2009年2月14日(日本)2008年4月11日(米国)

6.ファイティング・タイガー

キアヌ・リーヴス 映画
出典:映画『ファイティング・タイガー』公式facebook

あらすじ

太極拳を学んでいるタイガー(タイガー・チェン)は、師匠の寺を再開発から守るために格闘技の大会に出場し、賞金を得ていた。

ある日、タイガーは謎の男ドナカ・マーク(キアヌ・リーヴス)に招待され、闇格闘技大会に出場することになる。
ドナカが主催しているその大会は全世界に中継されていて、勝てば大金が手に入るが、負ければ最悪の場合死が待っているという危険なものだった。

キアヌ・リーヴスが出演した映画『ファイティング・タイガー』のトリビア!

キアヌ・リーヴス 映画
出典:映画『ファイティング・タイガー』公式facebook

  • 『ファイティング・タイガー』は、キアヌ・リーヴスが出演兼監督を務めた作品です。
  • 『マトリックス』シリーズでキアヌ・リーヴスと共演していたタイガー・チェンが、本作で主役のタイガーを演じています。
  • 本作のアクションディレクターは、『マトリックス』シリーズでアクション指導を行っていたユエン・ウーピンです。

キアヌ・リーヴスが出演の映画『ファイティング・タイガー』みどころ!

キアヌ・リーヴス 映画
出典:映画『ファイティング・タイガー』公式facebook

『ファイティング・タイガー』のみどころは、本格的なカンフーアクションです。

長きにわたって『マトリックス』シリーズに出演し、カンフーに精通してきたキアヌ・リーブスが監督を務めている他にも、スタントマン出身のタイガー・チェンが主演を務めているので、見ごたえがあります。

謎多き男ドナカを演じているキアヌ・リーヴスの、含みのある表情にも注目です!

基本情報

上映時間:105分

監督:キアヌ・リーヴス

出演者:キアヌ・リーヴス、タイガー・チェン、カレン・モク

受賞歴:なし

公開日:2014年6月28日(日本)2013年11月1日(米国)

7.マトリックス

キアヌ・リーヴス 映画
出典:映画『マトリックス』ワーナー公式サイト

出典:映画『マトリックス』予告編

あらすじ

ニューヨークでコンピュータープログラマーとして働いているトーマス・アンダーソン(キアヌ・リーヴス)は、あらゆるコンピューター犯罪を起こすハッカーのネオという裏の顔を持っていた。

平凡な日常に飽き飽きしていたトーマスは、起きているのに夢を見ているような違和感を抱えていたが、確証を得ることができずに悶々と過ごしていた。

そんなある日、コンピューター上に謎のメッセージが現れ、そのメッセージに導かれたトーマスは、トリニティー(キャリー=アン・モス)という女性に出会う。

彼女からモーフィアス(ローレンス・フィッシュバーン)を紹介されたトーマスは、モーフィアスから「この世界はコンピューターによって作られた仮想現実だ。」と告げられる。

キアヌ・リーヴスが出演した映画『マトリックス』のトリビア!

キアヌ・リーヴス 映画
出典:映画『マトリックス』公式facebook

  • 『マトリックス』というタイトルはラテン語で「母」を意味する「mater」という言葉から由来していて、本作ではコンピューターが作り出した仮想現実のことを指しています。
  • 主な撮影は、オーストラリアのシドニーで行われました。
  • 『マトリックス』で印象的なキャラクターたちの出で立ちですが、黒ずくめにサングラス、二丁拳銃というスタイルは、ジョン・ウー監督のアクション作品から影響を受けています。

キアヌ・リーヴスが出演の映画『マトリックス』みどころ!

キアヌ・リーヴス 映画
出典:映画『マトリックス』公式facebook

『マトリックス』のみどころは、カンフーを取り入れたキレのいいアクションシーンです。

主人公のトーマスが二丁拳銃を操って戦うシーンや、華麗な身のこなしで銃弾を避けるシーンは映画史に残る名シーンとなっています。
当時はまだあまり使われていなかったスローモーションやワイヤーアクションを駆使していたため、映像革命だと称えられた名作です。

基本情報

上映時間:136分

監督:ラリー・ウォシャウスキー

出演者:キアヌ・リーヴス、ローレンス・フィッシュバーン、キャリー=アン・モス

受賞歴:第72回アカデミー賞編集賞、視覚効果賞、音響賞、音響効果編集賞

公開日:1999年9月11日(日本)1999年3月31日(米国)

8.コンスタンティン

キアヌ・リーヴス 映画
出典:映画『コンスタンティン』ワーナー公式サイト

あらすじ

世は天国、人間界、地獄と分けられていて、それぞれの世界の住人は別の世界へと自由に行き来することはできない。
しかし、人間界には「ハーフブリード」と言われる悪魔や天使と人間とのハーフが住み着いている。

末期ガンで余命わずかなジョン・コンスタンティン(キアヌ・リーヴス)は、ハーフブリードを見分けることができる特殊な力を持っていて、その力を使って人間界で悪さをするハーフブリードを始末する悪魔祓いを行なっていた。

一方で、ロサンゼルス市警のアンジェラ・ドッドソン(レイチェル・ワイズ)は、双子の妹イザベラ(レイチェル・ワイズ)が謎の自殺を遂げた事実を受け入れることができずにいた。

妹の死が異世界と関係があることを突き止めたアンジェラは、コンスタンティンとの接触を図る。

キアヌ・リーヴスが出演した映画『コンスタンティン』のトリビア!

キアヌ・リーヴス 映画
出典:映画『コンスタンティン』ワーナー公式サイト

  • キアヌ・リーヴスは、ほっそりとしたコンスタンティンを演じるにあたって減量をしました。さらに、役作りのために声のトーンを低くしたり、身振りや表情を変えるように意識したりしていました。
  • 『コンスタンティン』のフランシス・ローレンス監督は、キアヌ・リーヴスが演じたコンスタンティンと、レイチェル・ワイズが演じたアンジェラ・ドッドソンがアパートで掛け合いを繰り広げるシーンが一番のお気に入りだと述べています。

キアヌ・リーヴスが出演の映画『コンスタンティン』みどころ!

キアヌ・リーヴス 映画
出典映画『コンスタンティン』ワーナー公式サイト

『コンスタンティン』のみどころは、オカルト要素を含んだ斬新なストーリーです。悪魔祓いの男が事件を解決していくというほかの作品にはない設定が魅力です。特殊な能力を持つコンスタンティンを演じたキアヌ・リーヴスですが、いつも不機嫌で掴みどころのないキャラクターをクールに演じています。

キレキレのアクションをこなすかっこいいキアヌ・リーヴスを、存分に堪能することができます!

基本情報

上映時間:121分

監督:フランシス・ローレンス

出演者:キアヌ・リーヴス、レイチェル・ワイズ、シャイア・ラブーフ

受賞歴:なし

公開日:2005年4月15日(日本)2005年2月16日(米国)

9.地球が静止する日

キアヌ・リーヴス 映画
出典映画『地球が静止する日』20世紀フォックス公式サイト

出典:映画『地球が静止する日』予告編

あらすじ

地球に謎の球体が襲来し、ニューヨークのセントラルパークに宇宙からの使者クラトゥ(キアヌ・リーヴス)が降り立った。

あらゆる分野の専門家を招集し始めたアメリカ政府は、地球外生物学者のシングルマザー、ヘレン・ベンソン博士(ジェニファー・コネリー)の元を訪れ、強制的に協力を求める。
軍の施設ではクラトゥへの尋問が行われていたが、クラトゥは不思議な力を使って拘束を解き、姿を消してしまった。

世界中がパニックに陥る中、クラトゥは協力者としてヘレンを選んで接触を図る。

キアヌ・リーヴスが出演した映画『地球が静止する日』のトリビア!

キアヌ・リーヴス 映画
出典:映画『地球が静止する日』公式facebook

  • 『地球が静止する日』で、キアヌ・リーヴスは物語のカギを握る宇宙人クラトゥを演じていますが、役作りとしてクラトゥの冷酷な部分だけでなく、内面の温かい所を見つけるようにしていました。
  • キアヌ・リーヴスは『地球が静止する日』について、「ポップコーンを食べながら気軽に観ることができる作品だけど、観終わった後には何か考えさせられるような、壮大なメッセージが込められた作品。」と語っています。

キアヌ・リーヴスが出演の映画『地球が静止する日』みどころ!

キアヌ・リーヴス 映画
出典映画『地球が静止する日』公式facebook

『地球が静止する日』のみどころは、宇宙人を演じたキアヌ・リーヴスの無機質な演技です。笑顔を見せない冷酷で不穏な宇宙人クラトゥという役柄を見事に演じています。

地球滅亡へに向かっていく様子を壮大なスケールで描いた作品です。

基本情報

上映時間:106分

監督:スコット・デリクソン

出演者:キアヌ・リーヴス、ジェニファー・コネリー、ジェイデン・スミス

受賞歴:なし

公開日:2008年12月19日(日本)2008年12月12日(米国)

10.ジョン・ウィック

キアヌ・リーヴス 映画
出典:映画『ジョン・ウィック』ライオンズゲート公式サイト

出典:映画『ジョン・ウィック』予告編

あらすじ

最愛の妻ヘレン(ブリジット・モイナハン)と出会って殺し屋稼業から足を洗っていたジョン・ウィック(キアヌ・リーヴス)は、平凡な生活を送っていた最中、ヘレンを病で失ってしまう。

妻の死後、生きる希望を失っていたジョンだったが、1人になってしまうジョンを心配したヘレンは子犬のデイジーを遺していて、その子犬の存在がジョンの新たな生きがいになっていた。
ある日、ジョンは強盗に襲われ、大切にしていた愛車を奪われただけでなくデイジーを殺されてしまう。

キアヌ・リーヴスが出演した映画『ジョン・ウィック』のトリビア!

キアヌ・リーヴス 映画
出典:映画『ジョン・ウィック』ライオンズゲート公式サイト

  • 『ジョン・ウィック』では過度な編集をせず、キャストたちが実際にリアルなアクションを追求し、血を流しながら撮影を行いました。カメラワークもシンプルで、カメラをあまり動かさずにキャストたちにアクションシーンを任せていました。
  • クライマックスのアクションシーンは、真冬のニューヨークで雨を降らしながら撮影をしたため、かなり過酷なものでした。

キアヌ・リーヴスが出演の映画『ジョン・ウィック』みどころ!

キアヌ・リーヴス 映画
出典:映画『ジョン・ウィック』ライオンズゲート公式サイト

『ジョン・ウィック』のみどころは、激しいアクションシーンです。大切なものを失ったジョン・ウィックが走るというストーリーですが、スタイリッシュながら容赦なく相手をなぎ倒していくジョン・ウィック全編通して堪能することができます。

クールで哀愁漂うキアヌ・リーヴスの魅力に心を打たれます。

基本情報

上映時間:101分

監督:チャド・スタエルスキ

出演者:キアヌ・リーヴス、ミカエル・ニクヴィスト、アルフィー・アレン

受賞歴:なし

公開日:2014年10月16日(日本)2014年10月24日(米国)

11.イルマーレ

キアヌ・リーヴス 映画
出典:映画『イルマーレ』公式facebook

出典:映画『イルマーレ』予告編

あらすじ

2006年、湖のほとりにある一軒家に住んでいた女医のケイト・フォースター(サンドラ・ブロック)は、シカゴに赴任することになり、この家から引っ越すことになる。
引っ越しの直前、ケイトは次にこの家に引っ越してくる住人に郵便物の転送を頼むために、ポストに1通の手紙を残す。

後日、ケイトはシカゴで手紙を受け取るが、それは2004年を生きるアレックス・ワイラー(キアヌ・リーヴス)からのものだった。

キアヌ・リーヴスが出演した映画『イルマーレ』のトリビア!

キアヌ・リーヴス 映画
出典:映画『イルマーレ』公式facebook

  • 『イルマーレ』でダブル主演を務めたキアヌ・リーヴスとサンドラ・ブロックは、『スピード』以来12年ぶりに再共演を果たしました。
  • 撮影方法は一風変わっていて、恋に落ちる2人にもかかわらず互いの顔を見ず、別々の期間に撮影が行われました。

キアヌ・リーヴスが出演の映画『イルマーレ』みどころ!

キアヌ・リーヴス 映画
出典:映画『イルマーレ』公式facebook

『イルマーレ』のみどころは、会ったことのない男女が恋に落ちるという斬新なストーリーです。キアヌ・リーヴスとサンドラ・ブロックは再共演ということもあり、息がぴったり合っています。

アクション映画では見ることができない、キアヌ・リーヴスの繊細で美しい魅力を堪能できます!

基本情報

上映時間:98分

監督:アレハンドロ・アグレスティ

出演者:キアヌ・リーヴス、サンドラ・ブロック

受賞歴:なし

公開日:2006年9月23日(日本)2006年6月16日(米国)

12.47RONIN

キアヌ・リーヴス 映画
出典:映画『47RONIN』公式facebook

出典映画『47RONIN』予告編

あらすじ

赤穂の国の領内に、天狗に付けられた傷を持つ異邦人のカイ(キアヌ・リーヴス)が暮らしていた。カイは少年時代、行き倒れになっていたところを赤穂の城主である浅野内匠頭(田中泯)に救い出されたのだった。

浅野の娘ミカ(柴咲コウ)からの世話を受けて成長したカイは、浅野親子の力になるべく侍を目指していたが、日本人離れした容姿のために侍たちから奴隷のような扱いを受けていた。
それでもカイは、赤穂のため、ミカのために侍を志す。

キアヌ・リーヴスが出演した映画『47RONIN』のトリビア!

キアヌ・リーヴス 映画
出典:映画『47RONIN』公式facebook

  • 『47RONIN』は日本が舞台になっていて、日本人俳優も多く出演していますが、撮影のほとんどはハンガリーのブダペストで行われました。
  • 歌舞伎の演目の1つである忠臣蔵をモチーフに、架空のキャラクターであるカイを加えたオリジナルストーリーになっています。

キアヌ・リーヴスが出演の映画『47RONIN』みどころ!

キアヌ・リーヴス 映画
出典:映画『47RONIN』公式facebook

『47RONIN』のみどころは、キアヌ・リーヴスと日本を代表する俳優人たちの豪華な競演です。冒険ファンタジーの要素と、アクション要素が織り交ざった唯一無二の作品で、さらに日本の歴史も感じられます。

侍たちに虐げられながらも、恩人である浅野やミカのために奮闘するカイの姿に心を打たれます。

基本情報

上映時間:121分

監督:カール・リンシュ

出演者:キアヌ・リーヴス、真田広之、柴咲コウ、田中泯

受賞歴:なし

公開日:2013年12月6日(日本)2013年12月25日(米国)

13.フェイク・クライム

キアヌ・リーヴス 映画
出典:『フェイク・クライム』公式facebook

出典映画『フェイク・クライム』予告編

あらすじ

平凡な男ヘンリー・トーン(キアヌ・リーヴス)は、高校時代の悪友エディ・ヴァイヴス(フィッシャー・スティーヴンス)から野球観戦に誘われ、言われるがままに集合場所である銀行の前に車を停めていると、突然銀行の非常ベルが鳴った。

すると銀行からエディが飛び出してきて、ヘンリーの車に飛び乗る。
エディは銀行強盗で、ヘンリーはその片棒を担がされた挙句、さらに不運なことになぜかヘンリーだけが警察に捕まってしまう。

キアヌ・リーヴスが出演した映画『フェイク・クライム』のトリビア!

キアヌ・リーヴス 映画
出典:映画『フェイク・クライム』公式facebook

  • 『フェイク・クライム』は、キアヌ・リーヴスが主演し、製作にも携わった作品です。
  • 『ゴッドファーザー』シリーズのジェームズ・カーンや、『マイレージ・マイライフ』のヴェラ・ファーミガなど、キアヌ・リーヴス以外にもそうそうたるメンバーが出演しています。

キアヌ・リーヴスが出演の映画『フェイク・クライム』みどころ!

キアヌ・リーヴス 映画
出典:映画『フェイク・クライム』公式facebook

『フェイク・クライム』のみどころは、スリル満点のアクションとクスリと笑えるコメディが同時に味わえるところです。
ごく普通の男がとある事件に巻き込まれ、人生が思わぬ方向に向かっていきます。

キアヌ・リーヴスのおどおどした演技も新鮮です!

基本情報

上映時間:108分

監督:マルコム・ヴェンヴィル

出演者:キアヌ・リーヴス、ヴェラ・ファーミガ、ジェームズ・カーン

受賞歴:なし

公開日:2011年11月26日(日本)2011年4月8日(米国)

キュートなキアヌ・リーヴスが見たいならこの映画!

14.おとなの恋は、まわり道

キアヌ・リーヴス 映画
出典:映画『おとなの恋は、まわり道』公式facebook

出典:映画『おとなの恋は、まわり道』予告編

あらすじ

とあるリゾート地へ向かうために空港へ来ていたフランク(キアヌ・リーヴス)は、リンジー(ウィノナ・ライダー)という女性と出会い、些細なことがきっかけで言い争いをしていた。

フランクは絶縁した家族の結婚式に出席するため、リンジーは結婚直前に自分を捨てた元婚約者の結婚式に出席するためにそれぞれ空港に来ていたが、やがて2人は同じ結婚式に向かっていることを知る。

到着後も幾度となく口論になる2人だったが、次第に互いの共通点に気付き始める。

キアヌ・リーヴスが出演した映画『おとなの恋は、まわり道』のトリビア!

キアヌ・リーヴス 映画
出典:映画『おとなの恋は、まわり道』公式facebook

  • ダブル主演のキアヌ・リーヴスとウィノナ・ライダーは、本作で4度目の共演を果たしました。
  • キアヌ・リーヴスとウィノナ・ライダーは『ドラキュラ』で初共演してから26年来の友人で、お互いに本作の共演の話を聞いた時、お互いに「この作品は絶対に上手くいく」と思ったと、後のインタビューで語っています。

キアヌ・リーヴスが出演の映画『おとなの恋は、まわり道』みどころ!

キアヌ・リーヴス 映画
出典:映画『おとなの恋は、まわり道』公式facebook

『おとなの恋は、まわり道』のみどころは、なかなか素直になれない似た者同士の男女の面白い掛け合いです。
恋に落ちるとは到底思えないような2人が、どのようにして恋愛関係に発展していくのかを考えながら観ると、より楽しめます。

最悪の出会いからロマンチックな恋に発展していく様子から目が離せません!

基本情報

上映時間:87分

監督:ビクター・レビン

出演者:キアヌ・リーヴス、ウィノナ・ライダー

受賞歴:なし

公開日:2018年12月7日(日本)2018年8月31日(米国)

15.キアヌ

キアヌ・リーヴス 映画
出典:『キアヌ』ワーナー公式サイト

出典:映画『キアヌ』予告編

あらすじ

恋人に振られて落ち込むレル(ジョーダン・ピール)が家に帰ると、玄関の前に猫がいた。
レルはその猫を飼うことに決め、キアヌと名付けて一緒に暮らし始める。

キアヌの可愛らしさに魅了されたレルは、失恋のショックからすっかり立ち直っていた。
そんなある日、レルの家に強盗に襲われてキアヌが誘拐されてしまい、レルはキアヌを取り戻すために、従兄弟のクラレンス(キーガン=マイケル・キー)と共にギャング団に潜入する。

キアヌ・リーヴスが出演した映画『キアヌ』のトリビア!

キアヌ・リーヴス 映画
出典:映画『キアヌ』公式twitter

  • 『キアヌ』でキアヌ・リーヴスは、猫のキアヌの声を担当しています。キアヌ・リーヴスが本作に出演したいと言ってきたため、急遽猫の吹き替え俳優として起用しました。
  • 主演のジョーダン・ピールとキーガン=マイケル・キーはアメリカで有名なコメディコンビで、本作でも息のぴったり合った掛け合いを披露しています。

キアヌ・リーヴスが出演の映画『キアヌ』みどころ!

キアヌ・リーヴス 映画
出典:映画『キアヌ』公式twitter

『キアヌ』に猫の声優として出演しているキアヌ・リーヴス。猫のキアヌは、見た目の可愛らしさとは裏腹に、コミカルで過激な言葉を発しますが、2人の男とキアヌとの掛け合いがみどころです。

姿は見せずともキアヌ・リーヴスらしい吹き替えで、思わず笑ってしまいます。

基本情報

上映時間:100分

監督:ピーター・アテンチオ

出演者:キアヌ・リーヴス、キーガン=マイケル・キー、ジョーダン・ピール

受賞歴:なし

公開日:劇場未公開(日本)2016年4月29日(米国)

16.恋愛適齢期

キアヌ・リーヴス 映画
出典:映画『恋愛適齢期』ワーナー公式サイト

あらすじ

音楽関係の仕事で財を成した63歳のハリー・サンボーン(ジャック・ニコルソン)は、30歳未満の女性しか恋愛対象ではないと豪語し、未だに独身のプレイボーイ。

バツイチの劇作家エリカ・バリー(ダイアン・キートン)の娘マリン(アマンダ・ピート)と交際しているハリーは、マリンと休暇を過ごすためにエリカが所有する別荘を訪れる。

別荘にはマリンの母エリカも来ていたが、ハリーは突然心臓発作で倒れてしまう。
一命は取り留めたものの、医者のジュリアン・マーサー(キアヌ・リーヴス)から要安静を言い渡されたハリーは、マリンの家族たちと共に別荘でしばらく療養することになる。

キアヌ・リーヴスが出演した映画『恋愛適齢期』のトリビア!

キアヌ・リーヴス 映画
出典:映画『恋愛適齢期』公式facebook

  • 『恋愛適齢期』の監督であるナンシー・マイヤーズは、ジャック・ニコルソンが主人公のハリー・サンボーンを、ダイアン・キートンがエリカ・バリーを演じることを前提にキャラクターを描いていきました。
  • 主人公のハリー・サンボーンを演じたジャック・ニコルソンは、ナンシー・マイヤーズの脚本について、「登場人物たちの感情の動き方が絶妙でありながら展開がシンプルで、この両方を兼ね備えている脚本はなかなかない。」と絶賛しました。

キアヌ・リーヴスが出演の映画『恋愛適齢期』みどころ!

キアヌ・リーヴス 映画
出典:映画『恋愛適齢期』公式facebook

『恋愛適齢期』のみどころは、落ち着いた大人の恋愛模様です。熟年の男女による恋愛が繰り広げられるので、他の恋愛映画にはない雰囲気を楽しむことができます。

キャスト陣もベテランの実力派俳優が揃っているので、彼らの自然な演技にも注目です!

基本情報

上映時間:128分

監督:ナンシー・マイヤーズ

出演者:キアヌ・リーヴス、ジャック・ニコルソン、ダイアン・キートン

受賞歴:第61回ゴールデングローブ賞最優秀主演女優賞

公開日:2004年3月27日(日本)2003年12月12日(米国)

17.ノック・ノック

キアヌ・リーヴス 映画
出典:映画『ノック・ノック』公式facebook

出典:映画『ノック・ノック』予告編

あらすじ

建築家のエヴァン(キアヌ・リーヴス)は、妻のカレン(イグナシア・アラマンド)と2人の娘と共に幸せな生活を送っていた。

ある日予定していた家族旅行が中止になり、1人で留守番をすることになったエヴァンの元に、ジェネシス(ロレンツァ・イッツォ)とベル(アナ・デ・アルマス)と名乗る美女が訪ねてくる。家に入れてほしいと懇願してきた2人を初めは警戒していたエヴァンだったが、雨に打たれて寒さに凍える姿を見かねて家に入れてしまう。

そして一夜の過ちを犯してしまったエヴァンは、人生最大の危機を迎える。

キアヌ・リーヴスが出演した映画『ノック・ノック』のトリビア!

キアヌ・リーヴス 映画
出典映画『ノック・ノック』公式facebook

  • 『ノック・ノック』は、1977年に製作された『メイク・アップ』という映画のリメイクです。
  • キアヌ・リーヴス演じるエヴァンが美女2人に拷問されるシーンが印象的ですが、キアヌ・リーヴス自身はこれらのシーンをお気に入りだと語っています。
  • エヴァンの家を訪ねる美女の1人であるジェネシスを演じたロレンツァ・イッツォは、実生活では『ノック・ノック』の監督であるイーライ・ロスの妻で、監督は妻のためにジェネシスという役を書き下ろしました。

キアヌ・リーヴスが出演の映画『ノック・ノック』みどころ!

キアヌ・リーヴス 映画
出典:映画『ノック・ノック』公式facebook

『ノック・ノック』のみどころは、ハラハラドキドキするストーリー展開です。突然訪ねてきた美女たちとの過ちによって、物語は思いもよらない方向へと進んでいきます。

これまでに癖のある役を演じることが多かったキアヌ・リーヴスですが、『ノック・ノック』では平凡で家族を愛する家庭人を演じています。
美女たちに翻弄されて憔悴する情けないキアヌ・リーヴスはかなり新鮮です!

基本情報

上映時間:99分

監督:イーライ・ロス

出演者:キアヌ・リーヴス、アナ・デ・アルマス、ロレンツァ・イッツォ

受賞歴:なし

公開日:2016年6月11日(日本)2015年10月9日(米国)

シリアスで哀愁漂うキアヌ・リーヴスが見たいならこの映画!

18.シークレット・パーティー

キアヌ・リーヴス 映画
出典:映画『シークレット・パーティー』公式facebook

出典:映画『シークレット・パーティー』予告編

あらすじ

コールガールを送迎するドライバーのジョン(キアヌ・リーヴス)は、冴えない生活を送っていた。

ある日、ビデオカメラを盗んだジョンは、被写体としてコールガールのミア(アデレイド・クレメンス)とヴァイオレット(ボヤナ・ノヴァコヴィッチ)に撮影を依頼した。
カメラを向けられた彼女たちは、戸惑いながらも自分たちの生い立ちや経験について語り始める。

キアヌ・リーヴスが出演した映画『シークレット・パーティー』のトリビア!

キアヌ・リーヴス 映画
出典:映画『シークレット・パーティー』公式facebook

  • 『シークレット・パーティー』は、ドキュメンタリーチックなカメラワークで撮影されていて、映像もフィルムカメラのようにざらつきのある質感になっています。
  • かつて経験したトラウマによって、現在も苦しい状況からなかなか脱することができないという、誰もが体験するジレンマを描くことに重点を置いた作品です。

キアヌ・リーヴスが出演の映画『シークレット・パーティー』みどころ!

キアヌ・リーヴス 映画
出典:『シークレット・パーティー』公式facebook

『シークレット・パーティー』のみどころは、じっくり楽しむことができる秀逸なストーリー展開です。ダイナミックな展開がないヒューマン作品ですが、主人公のジョンが2人のコールガールと交流することによって変わっていきます。

自堕落な生活を送っているジョンを演じたキアヌ・リーヴスは、何とも言えないセクシーな哀愁を漂わせています。

基本情報

上映時間:97分

監督:マーク・L・マン

出演者:キアヌ・リーヴス、ボヤナ・ノヴァコヴィッチ、アデレイド・クレメンス

受賞歴:なし

公開日:劇場未公開(日本)2013年5月3日(米国)

19.レプリカズ

キアヌ・リーヴス 映画
出典:映画『レプリカズ』公式facebook

出典映画『レプリカズ』予告編

あらすじ

死者の意識を人工脳に移す研究をしていたウィリアム・フォスター(キアヌ・リーヴス)は、ある日休暇中の事故で妻と3人の子供を失ってしまう。

悲しみに暮れるウィリアムは、自らの研究を応用して家族の記憶を保存することを思いつき、同僚のエド・ホイットル(トーマス・ミドルディッチ)に機材を運ばせた。

さらに暴走したウィリアムは、法律で禁止されていたクローン人間の作製に着手し、家族を複製してしまう。

キアヌ・リーヴスが出演した映画『レプリカズ』のトリビア!

キアヌ・リーヴス 映画
出典映画『レプリカズ』公式facebook

  • 『レプリカズ』の撮影は、主にプエルトリコで行われました。本作の撮影でキアヌ・リーヴスは、プエルトリコをかなり気に入ったと語っています。
  • 撮影当時、プエルトリコは財政破綻やジカ熱の流行でかなり厳しい状況でしたが、撮影には現地のスタッフを雇い、ハリウッドのスタッフたちと共同で製作が行われました。

キアヌ・リーヴスが出演の映画『レプリカズ』みどころ!

キアヌ・リーヴス 映画
出典映画『レプリカズ』公式facebook

『レプリカズ』のみどころは、観る側にも疑問を与えてくれるストーリーです。人間はどこから来たのか、脳の中には何があるのか、日常では考えることもなかったことを考えさせてくれます。

家族を失った悲しみから倫理観を失ってしまうキアヌ・リーヴスの混乱した演技にも注目です!

基本情報

上映時間:107分

監督:ジェフリー・ナックマノフ

出演者:キアヌ・リーヴス、トーマス・ミドルディッチ、アリス・イヴ

受賞歴:なし

公開日:2019年5月17日(日本)2019年1月11日(米国)

20.ブルー・ダイヤモンド

キアヌ・リーヴス 映画
出典映画『ブルー・ダイヤモンド』サバンオフィシャルサイト

出典:映画『ブルー・ダイヤモンド』予告編

あらすじ

宝石商のルーカス・ヒル(キアヌ・リーヴス)は、ロシアンマフィアに最高純度のブルー・ダイヤモンドを売るためにサンクトペテルブルクにやってきた。

ダイヤを持っていた相棒とサンクトペテルブルクで落ち合う予定だったが、相棒は姿を見せなかった。
取引の期限が迫る中、ルーカスは相棒を追ってシベリアへと向かい、彼はそこでカティア(アナ・ウラル)に出会って恋に落ちる。

キアヌ・リーヴスが出演した映画『ブルー・ダイヤモンド』のトリビア!

キアヌ・リーヴス 映画
出典:映画『ブルー・ダイヤモンド』サバンオフィシャルサイト

  • 『ブルー・ダイヤモンド』は、プロデューサーのスティーブン・ハーメルとキアヌ・リーヴスが共同で企画した作品です。
  • キアヌ・リーヴスは、インタビューで自身が演じたルーカスという男について、「かなりタチの悪いディーラー」だと語っています。

キアヌ・リーヴスが出演の映画『ブルー・ダイヤモンド』みどころ!

キアヌ・リーヴス 映画
出典:映画『ブルー・ダイヤモンド』サバン公式facebook

『ブルー・ダイヤモンド』のみどころは、スタイリッシュなアクションシーンです。とある陰謀に巻き込まれた主人公のルーカスが、激しい銃撃戦やアクションを繰り広げながら敵を倒していきます。アクションだけでなく、ラブストーリーも同時に楽しめます。

キアヌ・リーヴスが流暢にロシア語を話すところもみどころです!

基本情報

上映時間:104分

監督:マシュー・ロス

出演者:キアヌ・リーヴス、アナ・ウラル

受賞歴:なし

公開日:2019年8月30日(日本)2018年7月13日(米国)

まとめ

キアヌ・リーヴスの出演作品を、ジャンル別に紹介しました。容赦ない暗殺者から情けない普通の男まで、振り幅の大きい様々な役柄を演じています。

今後のキアヌ・リーヴスの出演作品からも目が離せません!

スポンサーリンク
Top