dアニメストア for Prime Videoとは?料金プランや仕組み、違いを解説

たかなし亜妖

 

皆さんは「dアニメストア for prime video」をご存じでしょうか?まだ登場して間もない動画配信サービスであり、まだそこまで認知度も高くないことでしょう。

  • 「普通のアマゾンプライムビデオとは何が違うの?」
  • 「dアニメストアに登録しているだけではダメなの?」
  • 「結局どっちがお得なの?」

と色々な疑問を抱いている方も多いはず。

今回はそれぞれのサービスについてや違い、特徴、無料トライアルなどについて説明していきます。サービスアニメ好きの方は特に必見ですよ!

dアニメストア for Prime Videoのまとめ

月額940円でアニメ、映画、ドラマが充実のサービス

・アニメに+でバラエティや映画も観たいなら申し込むべし!

・アニメ目当てならdアニメストア単体で問題ない

「dアニメストア for Prime Video」とは

dアニメストア for Prime Video とは

映画ひとっとび All Right Reserved.

まずどういったサービスかを説明すると、「アマゾンプライムビデオチャンネル」の中の一つに「dアニメストア for prime video」というものがあります。簡単に言えば「アマゾンプライムビデオ」上で「dアニメストア」の作品を一部鑑賞できるというもの。

Amazonプライム会員ならプラス料金を払えば、お得にdアニメストアも楽しめるということになります。

プライムビデオ内で他サービスのアニメが観られるため、いちいちアプリを切り替えなくていいラクさがありますよね!

月額料金さえ支払えば、同じプラットフォームで観られる作品の幅がも~っと広がるということです。アマプラだけではアニメの数が足りないと思っている方、アニメも観たいけど映画やドラマ、オリジナルのバラエティも気になっている方にはおすすめのサービスでしょう。

 

dアニメストア for Prime Videoの月額料金は940円

月額料金はアマゾンプライムビデオの500円+dアニメストアの440円を足したもので、合計940円(税込)です。二つのサービスに同時加入しているような感覚ですが、加入の際に割引はないので気を付けたいところ。

要するに「アマゾンプライムビデオ」というフィールドを借りながらdアニメストアの作品が観られるということですので、利用するにはアマゾンプライム会員になる必要があります。そして「アマゾンプライムビデオチャンネル」の中から「dアニメストア for prime video」を選択し、本来の月額料金に上乗せするというイメージ。少々分かりづらいサービスですが、ここさえ理解していれば大丈夫です。

見放題の作品数は12,000以上!

dアニメストアはアニメのみの配信サービスですので、観られる作品は約3100以上。それに対しdアニメストア for prime videoはアニメ+アマゾンプライムも同時に楽しめることから、観られる作品が12000以上と一気に広がります!アニメだけでは物足りなさを感じていた人にはぴったりかもしれませんね。

しかしdアニメストア for prime videoでは、dアニメストアで配信している全ての作品が観られるのではありません。あくまで一部のみ鑑賞可なので、アニメ単体だと約2700作品~しか楽しめないのでご注意を。そのうちの約2000がdアニメストア、約700がプライムビデオです。

dアニメストア for Prime Videoと本家の違いについて

本家「dアニメストア」とは違いがありますので、順番に見ていきましょう。

プライムビデオとの違い

 

 

dアニメストア for prime video アマゾンプライムビデオ
料金 月額940円(税込) 月額500円(税込)
作品数 12000作品~ 10000作品~
トライアル期間 30日間 30日間
画質 SD、HD、フルHD(※一部の作品のみ対象※) SD、HD、フルHD、4K
同時視聴可能台数 最大3台 最大3台
対応デバイス スマホ、PC、タブレット、FireTV、ゲーム機など スマホ、PC、タブレット、FireTV、ゲーム機など
OPスキップ機能 × ×

dアニメストア for prime videoとアマゾンプライムビデオにほぼ違いはありません。違うのは作品数と月額料金くらいなので、元々プライム会員だった方も使い方を変えずに楽しめるのが嬉しいですよね。OPスキップ機能はどちらもありませんが、少しだけ先送りが可能な「10秒スキップ」機能は備わっています。

Amazon Prime Videoについてはこちらの記事でより詳しく説明しています。

Amazon公式サイト

dアニメストアとの違い

 

 

dアニメストア for prime video dアニメストア
料金 月額940円(税込) 月額440円(税込)
作品数 12000作品~ 3100作品~
トライアル期間 30日間 31日間
画質 SD、HD、フルHD(※一部の作品のみ対象※) SD、HD
同時視聴可能台数 最大3台 ×
対応デバイス スマホ、PC、タブレット、FireTV、ゲーム機など スマホ、PC、タブレット、FireTV、スマートテレビ、ストリーミング端末
OPスキップ機能 ×

映画やバラエティ、ドラマなど幅広いジャンルを楽しめるdアニメストア for prime videoに対し、dアニメストアはアニメに特化した配信サービスです。そのため観られる作品数が大幅に減ってしまうのは仕方のないことでしょう。むしろアニメだけで3000作品以上が楽しめるので、アニメ系のサービスの中でも大手だと思います・

トライアル期間はわずか1日しか変わりませんが、画質や同時視聴可能台数、対応デバイスにも大きな違いが。高画質や対応デバイスにこだわりたい場合は、dアニメストア for prime videoの方が種類が豊富です。dアニメストア本家はゲーム機での視聴も不可能なため、少し選択肢が限られるといった印象ですね。

ただしアマゾンプライムビデオとdアニメストア for prime videoにはない「OPスキップ機能」が搭載されています。同じアニメを観続ける際に毎回飛ばすのは面倒なので、この機能があるだけで快適に視聴できるでしょう!

dアニメストアに関しては、こちらの記事で詳しく説明しています。

dアニメストア公式サイト

dアニメストア for prime videoはどんな人におすすめ?

dアニメストア for prime videoがおすすめな人はズバリ

  • アニメだけでなくドラマや映画、バラエティなど様々な作品を楽しみたい人
  • アマゾンプライムビデオで配信しているアニメだけでは物足りない人
  • 高画質や幅広いデバイスの対応を望む人

です!

アマゾンプライムビデオは映画だけでなく、オリジナルのバラエティやドラマもありますので、とにかく楽しめるアニメ以外のコンテンツが盛りだくさん!それに加えてdアニメストアのおかげでアニメの種類も豊富になりますから、複数の配信サービスに加入せずに済みますね。

また、dアニメストア本家では不可能なゲーム機での視聴や、高画質である点も加入のメリットと言えるでしょう!

こんな人はdアニメストアのみがおすすめ

  • アニメだけを楽しみたい人
  • 動画の視聴はスマートフォンだけで十分だという人
  • アカウント共有する予定がない人

この場合はdアニメストア単体で十分だと思います。dアニメストア for prime videoになると観られるアニメの数が限られてしまうので、観たい作品が絶対に視聴可能であるかは何とも言えないところ。余すところなくアニメを楽しみたい場合は、dアニメストアのみで構わないでしょう。

また常に固定のデバイスで視聴する、画質はあまり気にならない方もdアニメストア for prime videoに加入する必要はないはず。デバイスは確かに限られていますが、それでもある程度は対応しているので「それで満足」という人も多いようです。

dアニメストア公式サイト

プライムビデオのみがおすすめな人

  • Amazon Prime会員の特典を受けられればそれで十分な人
  • 観たいアニメがプライムビデオに既に揃っている人

アマゾンプライムビデオもアニメの数が豊富なので、すでに観たい作品がある場合はdアニメストア for prime videoに加入する必要はないでしょう。気になる作品がdアニメストアにしかない、アニメを最近よく視聴する場合のみ、加入を検討すればいいと思います。

月額440円が上乗せされるだけなので安価ではありますが、それでも年間を通して考えるとそれなりの金額になるもの。元々プライム会員である方は「本当にこのサービスを使うか?」を考えてから加入して下さいね。

まとめ

少しシステムが複雑にえてしまうdアニメストア for prime videoですが、じっくり見ていけばそう難しいものではありません。アニメ好きかつ様々なジャンルを楽しみたい方にはぴったりのサービスですので、気になる方は無料トライアルから始めてみてはいかがでしょうか?

【月額500円】Amazonプライムの料金プランとお得すぎる特典を解説! dアニメストアの料金プランや無料トライアル登録方法を解説!
この記事を書いた人
たかなし亜妖
たかなし亜妖

フリーライター&シナリオライターの映画好きサブカル女子。ライター歴は一年半くらいでまだまだひよっこ。 「感動よりも恐怖を、お涙よりもスリルを!」を基準に映画を選ぶ人。ホラー、スリラーサスペンス、鬱になりそうな作品が特に好き。でもハッピーな気分になれる海外ドラマも好き。キャラクターものもアニメも好き。要するにかなりの雑食です。