西の高校生探偵・服部平次の名言集!かっこいいあのセリフからユニークな迷言まで!

 

『名探偵コナン』のレギュラーキャラクターの中でも人気の高いライバルの一人、服部平次。関西方面の事件においては、彼なしには話が始まらないというほど重要なキャラクターですよね!今回はそんな服部平次の名言・名セリフを集めてみました。

平次というキャラクターの魅力が詰まったシーンがたくさん揃っていますよ!

映画『名探偵コナン』シリーズを代表する名言特集!

西の高校生探偵!服部平次とは?

名探偵コナン 迷言
出典:名探偵コナン公式Twitter

服部平次は私立改方学園高等部の2年生が服部平次東の高校生探偵と呼ばれる工藤新一に対して、西の高校生探偵として名の知れた新一のライバル的存在です。登場当初は新一へのライバル意識が強かったものの、早々にコナンが新一であることを見抜き、今ではコナンを支える良きパートナー。時に競い合い、時に協力し合いながら、コナンとともに事件解決に奔走します。

色黒でよくキャップを被っているのが特徴。体型は工藤新一と似ていて、時には新一に変装することも。コナンに負けじと頭がキレる一方で、剣道の腕前やバイクのドライビングテクニックもピカイチ。分野は違えど、新一に負けず劣らず文武両道を行く伊達男です。

忘れてはいけないのが、幼馴染の遠山和葉の存在。お互いに好意は抱きつつ、いつも一緒にいるくせに、2020年現在も未だ恋人関係にはなっていない状態です。どちらも度々告白を試みてはいるものの、邪魔が入ったりとうまく行かず現在に至っています。二人を見守るファンにとってはこのもどかしさもまた堪らないところですよね。果たして二人の恋路の行方はどうなるのか!?それも気になるポイントです。

素直じゃなさはコナン以上!?平次の名言・名セリフ集

コナンに比べると、より熱血漢なのが平次。ここぞという時のセリフにはストレートな気持ちを訴えるものが多くなっています。一方で和葉絡みになると、途端に素直じゃなくなる瞬間もあるのがまた面白いところ。

今回は事件などで平次の熱い気持ちがこもったかっこいいセリフ、そして恋愛がらみでとっさに素直な気持ちが漏れてしまったり、素直になれずにキザッたくなってしまった恋愛系のセリフ、そして平次のセリフをピックアップするのであれば忘れず入れておきたい迷(!)セリフの3つをテーマに名言・名セリフ集めてみました。

原作・アニメ・映画とそれぞれからピックアップしたので、もしかするとあなたの知らない平次のセリフもあるかもしれません……!

【かっこいい編】事件で登場した名セリフ

名言①『アホ!!そんなわけあるかい!!!オレは信じひんぞ!!』

名探偵コナン 名言
出典:名探偵コナン公式Twitter

原作コミックス28巻、TVアニメでは第223話の『そして人魚はいなくなった(推理編)』で登場したセリフ。人魚伝説の言い伝えのある島を舞台に起こった殺人事件で、コナンの推理を聞いた服部が放ったセリフです。

この事件の犯人はなんと、130歳のおばあさん。実はその正体は特殊メイクで、おばあさんになりすました神社の巫女だったという仰天の真相が明らかになるのでした。先行してそのトリックを聞いた平次の反応に性格が出ていますよね。真実に冷徹な新一と、感情的な性格の平次との差がはっきり出ているシーンです。

この反応に対するコナンの『不可能な物を除外していって残った物が…たとえどんなに信じられなくても…それが真相なんだ!!』も同じく名セリフ。“真実はいつも一つ”の決めセリフを象徴する作中屈指の二人の会話でしたね。

名言②『命には限りがあるから大事なんや… 限りがあるからがんばれるんやで…』

名探偵コナン 名言
出典:名探偵コナン公式Twitter

先ほどの名言と同じく原作コミック28巻、TVアニメでは第224話の『そして人魚はいなくなった(解決編)』で登場したセリフ。不老不死を村全体で作り上げていたという事態に対して、目を覚ますべきと言い放ちました。

実はこの直前に平次と和葉は崖から落ちて、危うく死んでしまうような目にあった後。ボロボロになりながら生還した平次から発せられたこの言葉は、その背景を知っている身からすると余計、重く感じますよね。

『そして人魚はいなくなった』は名シーンの多い平次ファンにはオススメのエピソードです。

名言③『相手が悪かったなァ…今頃気ィついても…遅かりし…由良之助や』

名探偵コナン 名言
出典:名探偵コナン公式Twitter

原作コミック31巻、TVアニメでは第263話『大阪ダブルミステリー浪花剣士と太閣の城』の前半の事件で登場したのがこのセリフ。

浪花中央体育館で近畿剣道大会が行われている中、殺人事件が発生。コナンが到着する前に、見事事件を推理して犯人を追い詰めたのはいいものの、犯人は逆上して隠し持っていた真剣を抜刀!平次を殺そうと襲ってきます。

万事休すと思いきや、なんと平次は刀をかわして、犯人の刀の峰に着地。このセリフを吐いて、刀の鞘で犯人を返り討ちにしてしまいました。凄腕の剣士である平次の一面が見られる貴重なエピソードでもありましたね!

ちなみに由良之助とは、歌舞伎の「仮名手本忠臣蔵」に登場する大星由良之助のこと。歌舞伎のセリフが元ネタです。

名言④『立てや坂田!!手帳に付いとる桜の代紋が泣いとるぞォ!!!』

原作コミック19巻、TVアニメでは第118話『浪花の連続殺人事件』で登場したのがこのセリフ。

拳銃自殺をしようとする犯人を止めようとした平次でしたが、流れ弾で負傷してしまい、さらには流れ弾が燃料の入った缶に命中し、周囲は炎に包まれてしまいます。

事件に巻き込んでしまったことを謝罪する犯人でしたが、それに対し平次は、『あんた日本で唯一拳銃を持つことを許されとる警察官やぞ…なんでそれを誇りに思えへんのや!』と捲くしたて、このセリフを吐きます。

平次の父親は大阪府警本部長。だからこそ平次は警察に対する思い入れも人一倍あるでしょう。彼らしい正義感に溢れた名言でした。

名言⑤『下手なふりしてあんたの日本語よりよっぽどマシやったろ?』

名探偵コナン 名言
出典:名探偵コナン公式Twitter

平次の意外な才能が垣間見れるセリフがこのセリフ。実はこれ、実際には『Did silence work better than your funny disguised Japanese?』と英語で喋っています。

登場するのは原作コミック34巻、TVアニメでは第278話『英語教師VS西の名探偵(後編)』に登場しました。

当時は正体不明の存在だった英語教師ジョディ。彼女が平次と対峙して、わずかな発言からジョディは英語が話せないふりをしているのを見抜いた時の平次の返答がこのセリフでした。

普段は関西弁のイメージが強い平次が、とっさに英語をペラペラと喋り出したらドキッとしてしまいますよね。

ちなみに服部平次の声優でもある堀川りょうさんは、実際に英語が得意。なんと英検準一級を持っているそうです。それにも驚きですよね。

名言⑥『何してんねん、はよいかんかい。逃したらシバくぞコラァ!』

名探偵コナン 名言
出典:金曜ロードSHOW!公式Twitter

平次にとって初の銀幕デビューとなった1999年公開の映画シリーズ第3弾『世紀末の魔術師』にて登場したこのセリフ。

メモリーズ・エッグを予告通り盗み出した怪盗キッドを、わずかなところで逃したコナンと平次。バイクで滑走しながらキッドを二人でしたが、その道中で車にぶつかりかけて、横転してしまいます。

器用に受け身を取れたコナンに対して、平次は派手に転倒。怪我の大きさから、一緒に追うことができないと悟った平次がこのセリフを叫びます。コナンを信用する平次の気持ちと、語気の強さから平次の気迫を感じられるセリフとなっていました。

この映画では平次は前半のみの登場でしたが、このチェイスシーンの印象も強く出番の少なさを感じさせませんよね。

名言⑦映画『探偵やらしたら天下一品やけど侍としてはイマイチやな』

名探偵コナン迷宮の十字路
出典:金曜ロードSHOW!公式Twitter

2003年に公開された映画シリーズ第7弾『名探偵コナン迷宮の十字路』で登場したセリフ。

犯人に和葉を人質に取られ、怪我を負った平次が駆けつけられないという事態に、コナンが灰原の協力のもと、新一の姿に一時的に戻って犯人のもとへやってきます。新一は推理で犯人を追い詰めるのですが、仲間たちで囲いこむ犯人グループに新一も窮地に陥ってしまうのでした。

しかし、ここで病院を抜け出した平次が犯人グループの一人になり済まして登場。このセリフを発して現れるというかっこいいシーンでした。

『名探偵コナン迷宮の十字路』では、平次の剣術の腕前が発揮されている映画。彼の殺陣にも注目です。

名言⑧映画『絶対やぞ。待ってるからな。』

名探偵コナン天空の難破船
出典:金曜ロードSHOW!公式Twitter

2009年に公開された映画シリーズ第13弾『名探偵コナン漆黒の追跡者』に登場したのがこのセリフ。

本作では連続殺人事件と並行して、黒の組織が動き出していることが判明。事件を追っている最中に、京都の事件について調べて貰うためにコナンは平次に協力の電話を促します。

見事、事件の手がかりを与えることができた平次でしたが、危険な事件に踏み入ろうとしているコナンに対して、平次がまた関西に来るように促すのですが承諾するコナンに、念を押すようにこのセリフを囁きます。

普段はこんな会話をしないだけに、わざわざここで平次がこんなセリフを囁くのは意味深。実際に、この後コナンは黒の組織との直接対決を経て、死ぬような目に遭うだけに、平次の察しの良さも出ています。

本作での平次の出番は限られていましたが、わずかながら二人の友情を感じられる1シーンでした。

【恋愛編】和葉への熱い思いが感じられる名セリフ

名言①『この女絶対に…絶対に死なせたらアカンってな…』

名探偵コナン 名言
出典:名探偵コナン公式Twiiter

こちらも原作コミック28巻、TVアニメでは第224話の『そして人魚はいなくなった(解決編)』で登場したセリフ。

崖から落ちかけてしまった和葉を間一髪で平次が助けるも、平次自身も落ちかけてしまいます。なんとか、崖際に生えている枝を平次は掴んで助けますが、二人とも落ちてしまうのは時間の問題。平次を案じた和葉は、自分を繋ぎとめている平次の手を、持っていた矢で突き刺すのでした。

それでも手を離さなかった平次。平次の気力と、和葉への思いの強さを感じる屈指の二人の関係を描いたエピソードでしたよね。

そんな一件で負った傷が治ったと安心した和葉に、平次は『アホ…よけい気合い入ったわ…』と内心でこのセリフを思います。和葉に対する気持ちを強めた事件でもあったわけですね。

ちなみにここで傷が治ったふりをするのは、平次がカッコつけただけ。のちのエピソードでも傷が残っていることが明らかになります。

名言②『捨てへんかったんはこのパンツといつの間にかポケットに入っとったこのお守りだけや』

名探偵コナン 名言
出典:名探偵コナン公式Twitter

原作コミック23巻、TVアニメでは第174話『二十年目の殺意 シンフォニー号殺人事件』にて登場したのがこのセリフ。

船上が舞台となる本作では、平次は犯人に海によって落とされてしまいます。生き延びるべく、水で重たくならないように着ていた服を脱ぎ捨てて、パンツ一丁で海中で救助を待ちます。無事救助されて、戻ってきた平次が蘭やコナンの前で事情を説明するわけですが、和葉から貰ったお守りだけは捨てなかったことを明かします。

平次にとっても大切なものであることが明らかになった上、蘭が意中の相手ではないからか無邪気に裸を披露できてしまうところにも平次らしさを感じる一幕でした。

名言③『何べんも言おう言おう思てたんや、背中で震えるお前に、この言葉を…。」

名探偵コナン 名言
出典:名探偵コナン公式Twitter

原作コミック38巻、TVアニメの第324話『服部平次 絶対絶命!』で登場したのがこのセリフ。

犯人に捕まってしまい、拘束されてしまった和葉と平次。どうにかコナンに助けを求めるも、ついに殺されてしまいそうになった時、和葉に最後の言葉を述べようとするシーンで出てきた言葉です。

この直後、コナンの救出が間に合い、最後まで言い切れませんでした。後ほど続きを問いただされても、結局『お前のその…馬のシッポみたいな後ろ髪が…オレの首にチクチクあたりよるからこそぼうて、こそぼうてかなわんなーちゅー…』とごまかしたのです。

おそらく本当は和葉に本当の気持ちを打ち明けるつもりだったんじゃないかと思うのですが、この頃から現在に到るまで、平次と和葉の告白しそうでなかなかタイミングが合わないという展開がいまだに続いています。果たして、いつ告白は成功するのでしょうか。

名言④『お前 オレの… オレの和葉に何さらしとんじゃ!!!』

名探偵コナン 名言
出典:名探偵コナン公式Twitter

原作コミック83巻、TVアニメの第764話『コナンと平次恋の暗号(後編)』に登場したセリフ。

麻薬の取引に関する手がかりを見つけたコナンと少年探偵団が、平次に協力を要請。その取引現場が大阪の戎橋だと判明し、平次は現場に駆けつけるのですが、そこで軟派な格好をした男と和葉が楽しそうに会話をしているのを発見。

そのうち仲間らしき男に和葉が強引に連れて行かれるのを発見した平次が、とっさにその男にこのセリフで啖呵を切ります。

実はその男は、麻薬取引の捜査官で、和葉は捜査の邪魔になるということから仲間の捜査官に連れていかれたというオチだったのですが、思わず平次の和葉に対する正直な気持ちが飛び出してしまった瞬間となりました。

この発言は、携帯で聞いていたコナンに録音されて、平次を茶化せるすっかりお気に入りの音源にもなってしまいまいました。

名言⑤『やっと会えたっちゅうわけか…』

名探偵コナン 名言
出典:名探偵コナン公式Twitter

2003年に公開された映画シリーズ第7弾『名探偵コナン迷宮の十字路』の最後に登場した名セリフ。

本作で明らかになるのが、平次の初恋エピソード。小学3年生の平次が、着物を着て手毬唄を歌う女の子に惚れたわけですが、その時に歌っていた間違った歌詞と同じものを歌っていたことをきっかけに、実はその女の子こそ和葉だったことが判明するわけです。それに気づいた平次が、このセリフを呟くのですね。

平次の中に残っていた恋心の相手が、実はいつも一緒にいる和葉だったというのが、なんとも運命的!二人が結ばれるのはもはや宿命ぐらいに思える瞬間でした。

名言⑥『大丈夫や。単なるかすり傷や…』

2013年に公開された映画シリーズ第17弾『名探偵コナン絶海の探偵』で登場したのがこのセリフ。イージス艦を舞台にした本作ではコナンが海上に居る分、陸地では平次が奮闘。国外へ逃亡しようとするスパイを、平次そして和葉が追います。

まともに飛行機に乗れないスパイが貨物と一緒に、飛行機へ乗ろうとしていると察した平次が先回りをするも、先に犯人を見つけた和葉が犯人を一人で追いかけてしまいます。

銃を持っていた犯人は逆上して和葉に銃口を向けるのですが、撃たれる直前に平次が到着。和葉をかばった平次は腕を撃たれてしまいます。血が滲み出している平次を心配する和葉に、心配をかけまいと強がってかける言葉がこのセリフです。

全くかすり傷ではない程度の怪我でも、それを平気ぶるところに平次らしさが出ています。それもまた平次のカッコ良いところですよね。

名言⑦『その手ェ離したら殺すで…』

名探偵コナンから紅の恋歌
出典:金曜ロードSHOW!公式Twitter

2017年に公開された映画シリーズ第21弾『名探偵コナンから紅の恋歌』のクライマックスで登場したのがこのセリフです。

百人一首の決勝戦が行われている皐月堂。火事で燃え上がる建物に平次とコナンがバイクで突入に成功し、読手を務める犯人を追い詰めます。

しかし、みるみるうちに崩壊していく建物。コナンや犯人たちは脱出に成功するのですが、平次と和葉の二人が取り残されてしまいます。決死の覚悟で、バイクに跨った平次が、後ろに居る和葉に囁くのがこの言葉です。

命がけの行動に挑む平次の決心が伝わるセリフですよね。

第224話の『そして人魚はいなくなった(解決編)』で崖から落ちかけた際に、平次が和葉に伝える『う、動くな和葉…動いたら…殺すぞ…』というセリフのセルフオマージュでもありますよ。

名言⑧『お前、赤ん坊抱くん上手やな…』

名探偵コナン 名言
出典:名探偵コナン公式Twitter

平次のセリフの中でもレアなのが、OVA作品MAGIC FILEの『大阪お好み焼きオデッセイ』に登場したこのセリフ。

大阪でコナンをお好み焼き屋に連れていこうとした平次と和葉。その途中で、トイレに行く間、面倒を見て欲しいと赤ちゃんを預けられて、うまく赤ちゃんを抱く和葉に対して、思わず呟いたセリフがこれでした。この後に和葉が平次に話す『なぁ平次、赤ちゃん欲しいなぁ』というセリフも大胆で、その時のコナンのにやけ顔も良いですよね。

ちなみにこのエピソードは2010年の映画『名探偵コナン天空の難破船』のアフターストーリーとなっているので、映画と合わせて楽しむのがおすすめです。

【インパクト大】名言?迷言?印象的なセリフ

名言①『この勝負、もろたで工藤!!!』

名探偵コナン 名言
出典:名探偵コナン公式Twitter

平次のセリフを語る上で忘れたらいけないのが、このセリフ。原作コミック10巻、TVアニメ48話『外交官殺人事件(後編)』で登場しました。新一との推理勝負で先に真相にたどり着いたと悟った平次が、思わず口から出たものです。

シリーズ中でも、平次のキーフレーズとして登場することが多いのがこのセリフ。2017年に、映画『名探偵コナン から紅の恋歌』のPRも兼ねて、大々的に実施された平次をフィーチャーしたキャンペーンは、「もろたで工藤キャンペーン」と題されて、いつもだったらコナンが登場する場面を平次が乗っ取るという面白い試みが実施されました。

名言②『剣道強くて、頭脳明晰。バイクのヒーロー、その名は服部平次や』

名探偵コナン 名言
出典:名探偵コナン公式Twitter

平次ファン必見の放送が2017年4月1日のTVアニメ放送回。エイプリルフール企画として、いつもはコナンがセリフを言うパートを、平次がジャック。いつものコナンの口上をパロディした平次バージョンを平次自身が披露しました

ちなみにこれも前述の「もろたで工藤キャンペーン」の一環。そのほかにも、アニメと漫画の公式ホームページが服部平次バージョンになったり、書店では平次が主役となったパロディマ漫画カバーが配布されたりしました。

ちなみにこの日の放送回は、TVアニメ220話『偽りだらけの依頼人(前編)』のデジタルリマスター版。肝心の放送内容は、平次自身の活躍回ではないのが皮肉ですよね。

名言③『まっず!何やこのカレー!小麦粉だらけやんけ!』

名探偵コナン探偵たちの鎮魂歌
出典:Amazon.com

2006年に公開された映画シリーズ第10弾『劇場版名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌』に登場した平次の問題発言。

横浜海洋大学でコナンとキッド扮する白馬の二人が会話をしている横で、平次は学食のカレーを完食しているというコミカルなワンシーンです。
スタッフロールには“横浜国立大学”が名前を連ねているので、モデルはここの学食なのでしょうが、実際は小麦粉だらけなんて評判はないのでご安心を。横浜といえば海軍カレーが有名。名物になるほどの一品なので、実際にカレーを食べに聖地巡礼するのもありかもしれませんね。

まずいと言いながらも、完食しているところがまた、不思議なところです。

名言④『かまへんかまへん、こんなんでエエんやったら熨斗(のし)つけてくれてやるわ』

名探偵コナン 名言
出典:金曜ロードSHOW!公式Twitter

2010年に公開された映画シリーズ第14弾『劇場版名探偵コナン 天空の難破船』に登場したのがこのセリフ。

映画のゲストキャラクターとして登場した少年・川口聡くんが、登場するなり平次と和葉に向かって『恋人同士なんですか?』と言う思い切った質問を投げかけます。違うと言う平次に『それじゃあ僕が和葉お姉さんをお嫁さんに貰ってもいいですか?』と衝撃の告白をする聡くんに、平次が返したのがこのセリフです。

さすがに子供のライバルの登場に対抗心を燃やすことはなかったようですが、それにしては和葉を気前よく“くれてやる”なんてなかなか辛辣。平次のデリカシーのなさが際立っていますが、子供が相手だからこそ余裕が表れているのかもしれませんね。

まとめ

以上、原作・アニメオリジナル・劇場版に到るまで、平次のキャラクターが表れているセリフを全20個ピックアップしてみました。男勝りで不器用。強気だけども素直じゃない。セリフからもそんなコナンとは違った平次のキャラクターが表れていますよね。

新一との推理勝負に、和葉との恋の行方……今後の平次の活躍にもまだまだ注目です。

映画『名探偵コナン』シリーズを代表する名言特集! 名探偵コナン 【2020最新】映画『名探偵コナン』歴代劇場版を一覧!公開順に名シーンをプレイバック