【更新版】ジョニー・デップ出演映画の「まさか!」な撮影裏話を厳選紹介!

スポンサーリンク

ジョニー・デップの真骨頂と言えば、変幻自在の演技力!パイレーツ・オブ・カリビアンのジャック・スパロウで飄々とした人物を違和感なく演じたと思えば、シザーハンズ、フェイクでは全く違う表情を見せる名俳優と言えます。そんなジョニー・デップは1963年6月9日生まれ、アメリカのケンタッキー州出身です。本名はジョン・クリストファー・ジョニー・デップ2世といい、身長178㎝、血液型はO型になります。

ジョニー・デップは高校を中退し、元々ミュージシャンを目指し芸能界に入ったものの、1984年「エルム街の悪夢」に出演したのをきっかけに映画俳優としてのキャリアをスタートさせました。そして、演技力の高さから数年で1990年「クライ・ベイビー」の初主演を演じることになりました。同年、ジョニー・デップ主演の「シザーハンズ」は大ヒットを記録し、ゴールデングローブ賞で主演男優賞にノミネートしました。今回はそんな超大物俳優ジョニー・デップが出演している映画を7つ厳選して紹介します‼

1.シザーハンズ

映画○○

「シザーハンズ」amazon

あらすじ

老いた発明家は1人の人造人間・エドワード(ジョニー・デップ)を生み出したが、しかしエドワードは両腕がハサミという不完全な姿のまま世に送り出される。その発明家は両腕を作り出すも、発表の寸前に亡くなってしまう。エドワードは屋敷に一人取り残されるが、ある日化粧品のセールス・ペグ(ダイアン・ウィースト)が訪れた。温和なペグはエドワードに同情して、連れて帰ることにした。エドワードは持ち前のハサミで植木の手入れ、ペットのトリミング、女性のヘアカットなど、ハサミを上手に活かし、人気者になっていくのだが…。

ココがスゴい!「シザーハンズ」・ジョニー・デップの撮影裏話!

・ティム・バートン監督は当初ジョニー・デップのことを全く知らないでいましたが、あまりの名演技っぷりに監督とタッグを組むことになりました(後にいくつも名作を生み出してきました)

・ファンサービス旺盛で知られるジョニー・デップはアメリカTVアニメでエドワード役を再現してあげました

ジョニー・デップのみどころポイント!

周りとは違い、一人取り残されて育ったジョニー・デップことエドワードは純真で悪意から最も遠い存在です。今も昔も「ハサミ男」は完全なるフィクションであり、ジョニー・デップのほうにも相当な演技力が求められたはずですが、そんな苦労をつゆほども感じさせない自然さはさすが、名俳優の証です。

最初とは対照的に、「ある事件」をきっかけにエドワードを責め立てた住人を恐れるエドワード。キム(ウィノナ・ライダー)のボーイフレンドから受ける嫌がらせ。など数々の不幸が襲い掛かり、見る人が助けに行きたくなってしまいます。しかし、そんな中でもキム、キムの母ペグ(ダイアン・ウィースト)、ある警察官が見せる優しさは必見です。その優しさを受け取るジョニー・デップ演じるエドワードの名演技からも目が離せません

基本情報

上映時間:105分

監督:ティム・バートン

出演:ジョニー・デップ、ウィノナ・ライダー、ダイアン・ウィースト

受賞歴:なし

公開日:1990年12月7日

2.ギルバート・グレイプ

映画○○

「ギルバート・グレイプ」amazon

あらすじ

ギルバート(ジョニー・デップ)は食料品店で働く、しっかり者。そんなギルバートは知的障害を持つ弟アーニー(レオナルド・ディカプリオ)、過食症で引きこもりのボニー(ダーレン・ケイツ)と二人の姉妹を支えて、生活していた。そのために小さな町から出られずにいて、ギルバートはどうにもできない悩みを抱えていた。そんなある日トレーラーが故障し、町にしばらく滞在しなければいかなくなった女性・ベッキー(ジュリエット・ルイス)と出会い、自由気ままな生活に憧れを抱いたのだが…。

ジョニー・デップが魅せる‼「ギルバート・グレイプ」撮影裏話!

・作中でギルバート役のジョニー・デップは母親役のダーレン・ケイツに対して心無い発言をしていたので、撮影終わりに謝っていました

・名作として全世界に知れ渡り、日本でも劇場舞台として公演されました

ココが見逃せない‼ジョニー・デップのみどころ

ギルバート演じるジョニー・デップは家から出て自由に生きたいと思う反面、家族を支えるのは自分しかいないという使命感もあり日々やるせない気持ちに支配されています。しかし、そのことを表に出さず、知的障害のアーニーが街を騒がしても、怒らず優しくする”兄”としての姿は必見です。そんな深い心理をも演じるジョニー・デップの凄さには驚かされます。そして、悩みとイライラが募りに募ったギルバートは初めてアーニーを怒鳴ってしまいます。その怒りにまでたどり着く一連の過程は違和感がなく、実在する家族問題とまで思わされます。

基本情報

上映時間:118分

監督:ラッセ・ハルストレム

出演:ジョニー・デップ、レオナルド・ディカプリオ、ジュリエット・ルイス

受賞歴:なし

公開日:1993年12月25日

スポンサーリンク

3.フェイク

映画○○

「フェイク」amazon

あらすじ

ジョー・ピストーネ(ジョニー・デップ)はFBIの潜入捜査官としてマークしているマフィアを対象におとり捜査を始めた。スパイとしてマフィアの組織に潜入したジョーは名前をドニー・ブラスコと偽り、マフィアの一員レフティとそのマフィアの情報を集め、成果を上げていった。同時にマフィアの組織内でも評価が上がり、リーダーにもドニーの腕が見込まれた。そしてドニーはレフティと次第に親密になり、組織外でも交友を重ね一人の友人として認識するが、自分の真実と偽りの身分の二つに悩まされることになった…。

「フェイク」・ジョニー・デップの撮影裏話!

・DVDが売れ、「フェイク」は長らく絶版状態にありました

・実話を基にして作られていました

ジョニー・デップの必見!みどころ集

名俳優ジョニー・デップが演じるドニーとマフィア映画のドン、アル・パチーノが演じるレフティのアツい男の友情がみどころです。身分を偽ったおとり捜査で着々と成果を上げつつも、レフティと仲良くなり次第に悩みが募っていくシーンは息を吞むほどの演技力で、目が離せなくなります。さらにマフィア組織にいる間は盗聴器を常につけ、疲れて家に戻るため妻とは関係が悪化し、精神的に追い詰められたドニーの表情は違和感がなく、同情をよせてしまいます。

そして、やっと仕事から解放されることになったドニーは、その功績から昇進、表彰を受けますが、素直に喜べません。そんな複雑な感情を演じたジョニー・デップを見てしまうと、舌を巻くことになるでしょう。

基本情報

上映時間:127分

監督:マイク・ニューウェル

出演:アル・パチーノ、ジョニー・デップ、マイケル・マドセン

受賞歴:なし

公開日:1997年2月28日

4.ネバーランド

映画○○

「ネバーランド」amazon

あらすじ

完成した作品の反応が良くなく、新聞で酷評され失意の底に沈んだ劇作家ジェームス(ジョニー・デップ)は公園で散歩をしていた。その最中、ジェームスは未亡人シルヴィア(ケイト・ウィンスレット)と4人の息子たちと出会う。頻繁に会ううちに子どもたちとも打ち解けるのだが、ジェームスは父親を亡くし落ち込んでいる三男ピータ(フレディ・ハイモア)を気に掛ける。ジェームスはピーターに空想にふけり、物語を描く楽しさを教え、その物語をきっかけにとある物語のアイデアを思いつくのだった…。

「ネバーランド」のジョニー・デップ撮影裏話!

・2012年にこの映画がモデルとなり、ミュージカルが公演されました

・この映画がきっかけとなり、ジョニー・デップはフレディ・ハイモアなどの俳優を推薦して別の主演映画に呼んでいました

「ネバーランド」ジョニー・デップ見逃せない、みどころ‼

世界的にも有名な「ピーターパン」の原作ともいえる実話を元にしたのが、この映画「ネバーランド」です。

冒頭、酷評された劇作家ジェームス演じるジョニー・デップが落ち込むさまはさすがの一言です。ジョニー・デップの切ない、悲しい演出はもはや彼の独擅場と言っても過言ではありません。

そんなジェームスは公園で出会ったシルヴィアとその子どもたちと打ち解けて次第に明るくなります。自分の悲しさと姿を重ねて、不憫に思ったジェームスは三男ピーターを励まします。子どもたちが不幸に見舞われたときも大人としての優しさを包んだジェームスからは父の姿を感じてしまいます。

初期では良い兄を演じたり、純粋な性格を演じたりとキャリアを積んだジョニー・デップは”父”という演出すらもものにしたと思わされる、見逃せない映画です。

基本情報

上映時間:100分

監督:マーク・フォースター

出演:ジョニー・デップ、フレディ・ハイモア、ケイト・ウィンスレット

受賞歴:2004年ナショナル・ボード・オブ・レビュー作品賞、他多数

公開日:2004年11月24日

スポンサーリンク

5.チャーリーとチョコレート工場

映画○○

「チャーリーとチョコレート工場」amazon

あらすじ

世界中で愛されているお菓子はウィリー・ウォンカ(ジョニー・デップ)が生み出していた。そのお菓子工場は完全非公開を貫き、誰も知っている人がいなかった。しかし、ある日ウィリーは「大人気チョコレートの中に5枚だけチケットを入れた。そのチケットは工場を見学できるもの」と発表し、世間を賑わせた。そんな最中、家族思いの少年チャーリー(フレディ・ハイモア)は偶然にもチケットを見つけた。そして他にもチケットを見つけた個性的な子どもたち4人もいて、工場内のごたごたに巻き込まれることになった…。

ジョニー・デップの知られざる撮影裏話!

・作中に出てくるチョコレートの川は本物で、撮影後半は悪臭を放って居たのにも関わらず、ジョニー・デップ、各俳優たちは名演技を披露していました

・日本で作中に出てくるウォンカバーが実際に販売され、その中に5枚だけチケットが入っていました

みどころ満載!「チャーリーとチョコレート工場」ジョニー・デップ‼

ジョニー・デップの変人演技を世に知らしめた作品がこの「チャーリーとチョコレート工場」です。

燕尾服とハットという目立つ格好を身にまといながらも、ウィリー・ウォンカことジョニー・デップの変人っぷりはその服装に負けるどころか圧倒しています。子供じみた性格と下品な言葉を繰り出す、独特さはもはやジョニー・デップにしか演技できないと思わされるほどの自然さがあります。

しかし、変人だけでなく、実は悲しい過去を持つウィリー・ウォンカの複雑な背景もペーソスに包んで見事に演じ分けるその演技力はもはやジョニー・デップの専売特許と言ってもいいでしょう。ぜひ見逃さないでください。

基本情報

上映時間:115分

監督:ティム・バートン

出演:フレディ・ハイモア、ジョニー・デップ、デイビッド・ケリー

受賞歴:なし

公開日:2005年7月15日

6.パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち

映画○○

「パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち」amazon

あらすじ

18世紀、キャプテン・ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)はカリブ海の港町を訪れ、騒ぎを起こす。捕まえようと躍起になっている兵と戦い、身を隠した。落ち着いたと思ったら、次は海へ落下したエリザベス・スワン(キーラ・ナイトレイ)を助けだし、その隙を突かれ兵に捉えられる。エリザベスは提督の娘であるがためにジャックの投獄を取りやめようとするが、努力虚しくジャックは投獄されてしまった。そして、その夜、海賊船ブラックパール号が港に停泊し、エリザベスは海賊たちに捕まってしまうのだった…。

映画「パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち」のジョニー・デップ撮影裏話

・海賊的ファッションをよりよくするために、ジャック役のジョニー・デップは自身の指輪など私物を身に着けていました

・作中のジョニー・デップの額の傷が段々と広がるのですが、それはジョニー・デップが考えたいたずらだそうです

ジョニー・デップが魅せるみどころ!

海賊と海賊、海賊と兵士が繰り広げるアクションシーンが「パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち」の最大のみどころと言えます。1対1で真剣なアツい戦いを見せることもありますが、海賊らしい複数人によるごちゃごちゃとした混戦も見ていて面白く、瞬きすら忘れるシーンになっています。

その中でも、ジャック・スパロウ演じるジョニー・デップは飄々とした軽さと身のこなしで混戦であろうとも臨機応変に戦っています。行動もしゃべり方も海賊の中でひときわ異彩を放っているジャックは戦闘シーンでも目立っていて、ついつい目で追ってしまいます。

そんなジャックを演じるジョニー・デップの演技力からは目が離せません!

基本情報

上映時間:143分

監督:ゴア・ヴァービンスキー

出演:ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイ

受賞歴:2004年MTVムービー・アワード男優賞

公開日:2003年7月9日

7.アリス・イン・ワンダーランド

映画○○

「アリス・イン・ワンダーランド」公式

「アリス・イン・ワンダーランド」予告編-YouTube

あらすじ

13年前、不思議の国に迷い込んだアリス(ミア・ワシコウスカ)は19歳へと成長し、婚約パーティを控えていた。貴族の子息から求愛されたアリスは困惑し、その場から逃げ去った。そんな最中、13年前に見たことのある白ウサギを見つけ、追うことにした。そして、また不思議の国に迷い込むことになった。しかし、以前の不思議の国と打って変わって暗い世界になっていた。アリスはその世界を救う救世主として預言書に書かれていたのだった…。

ジョニー・デップの「アリス・イン・ワンダーランド」撮影裏話!

・撮影中にカップケーキのお皿を頭にのせるなどして、いたずらして場を和ませていました

・マッドハッター役のジョニー・デップはディズニーランドでなりすましドッキリをして一般人を驚かしていました

「アリス・イン・ワンダーランド」のジョニー・デップによるみどころ

「アリス・イン・ワンダーランド」は2010年という、まだ3Dを用いた映像が完璧でない時代に完成度の高い映像を造り上げました。ワンダーランドの世界観が何も違和感なく実写で映っている光景に驚きます。ですが、その異質な世界観でマッドハッター演じるジョニー・デップも違和感なく、ワンダーランドの住人として振舞っています。わずかに狂っているマッドハッターはワンダーランドの住人として自然に溶け込んでいて、それを実現したジョニー・デップの圧倒的な演技からは目が離せません。

基本情報

上映時間:109分

監督:ティム・バートン

出演:ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップ、アン・ハサウェイ

受賞歴:なし

公開日:2010年3月5日

まとめ

今回はジョニー・デップが出演している選りすぐり映画7選を紹介しました。

どの映画にも個性的なジョニー・デップが出演しており、どれが本当のジョニー・デップか分からなくなってしまうほどの変幻自在な演技力があります。弟を献身的に支える一家の大黒柱である兄、一人ぼっちで育ってきた心優しいい臆病な青年から軽いノリと掴みどころのない海賊、幼稚なスーツ姿のお菓子大好きな工場長と演じられない役はないと言わんばかりの多彩っぷりです。しかしジョニー・デップ自身は気さくな人柄で知れ、ファンサービスにも快く対応する人気のある俳優です。

ジョニー・デップに興味がある、もしくは好きならば、ぜひチェックしてみて、どのジョニー・デップが自分にとってお気に入りか決めてみてださい‼

スポンサーリンク
スポンサーリンク