衝撃のどんでん返し映画『万引き家族』ネタバレあらすじ

国内のみならず世界各国からも高い評価を得る是枝裕和監督。彼の最新作である『万引き家族』はその独特な設定により、多くの議論を呼びました。21年ぶりに日本にパルム・ドールをもたらした本作品。この記事ではそんな『万引き家族』を徹底的に解説します!

映画『万引き家族』について

万引き家族 ネタバレ映画『万引き家族』公式サイト

日本社会の知られざる裏側を描いた映画『万引き家族』の概要を、まずはざっくりと説明していきます!解説は今回も、この2人におねがいしました!

トビくまくん

『万引き家族』ってテレビで聞かない日はないくらい流行ったけど、まだ観てないんだよね…最後のどんでん返しがすごいって聞いたけど、まずざっくりとあらすじを知りたいな。

そうだね、人間臭さが良い意味でも悪い意味でも漂っている映画で、一言で表すとしたら、「とにかく凄い映画」ってとこかな。相当無理やりだけどね(笑)それじゃあ、あらすじを軽く説明していくよ。5人家族の「柴田」一家は夫婦のわずかな給与と祖母の年金だけではとてもやりくりできず、万引きをしながらなんとか食い繋いでいる特殊な家族。彼らはある日、親から虐待されて居場所のない少女を匿う事になるんだ。それが全てのきっかけだね。けれど暫くして少女誘拐事件として報道されてしまい、生計を支えていた夫婦は職を失い、祖母が亡くなってしまった事で年金も受け取れないというピンチが立て続けに起こってしまう。一家は年金を受け取り続ける為、祖母を自宅の下に埋め、祖母の存在を無かったことにするんだよ。残酷な場面なんだけど、全ては「生きるため」と言って苦渋の決断をするんだ。けれど丁度その頃、息子の祥太は柴田一家に違和感を抱き始めるようになり、ある事件をきっかけに一家へ警察の手が及ぶ事になってしまう、というストーリーだよ。

編集長

トビくまくん

なるほど。確かに、残酷なヒューマンドラマっていう印象だね。でも、一体何でこの映画はこんなに評価されているの?確か、海外の凄い賞を獲得したって聞いたけど…

そうなんだよ!世界三大映画祭の1つ、カンヌ国際映画祭で最高賞のパルム・ドール賞を受賞したんだ!これは、1997年の今村昌平監督『うなぎ』以来の快挙なんだよ。『誰も知らない』や『そして父になる』で複雑な家族関係における人間ドラマを描きあげ、世界でも絶賛される是枝裕和監督、さすがとしか言いようがないよね!

編集長

トビくまくん

へぇ〜〜、そんなにすごい映画なんだ!興行収入がすごいだけじゃなくて、専門家からも評価されているのが素晴らしいね!

日本の映画が海外からも評価されていると、日本人として誇らしくなるよね。それを実現させたのは、超豪華な演技派役者陣の努力のおかげでもあるんだ。祖母の初枝を演じるのは2018年に惜しくもこの世を去った大女優・樹木希林、父親の治役には是枝作品常連のリリー・フランキー、信代役には『0.5ミリ』や『100円の恋』などで日本の映画賞を総嘗めにした安藤サクラ、と錚々たる面子が名を連ねているよ。さらに松岡茉優、池松壮亮、高良健吾、池脇千鶴といった実力派俳優が脇を固め、さらに、重要な役となる是枝監督によるオーディションによって選ばれた祥太とゆり役の2人の演技も、凄まじいんだよ。

編集長

トビくまくん

なるほど。やっぱり名映画には名役者がつきものだよね!彼らの演技も評価されているの?

もちろんだよ!特に今回の審査委員長であるケイト・ブランシェットさんは、「『万引き家族』には完全に圧倒された。役者の演技と監督のビジョンが完璧に一致していた。並外れた映画でした。」さらにケイトは、「安藤サクラのお芝居、特に泣くシーンの芝居がとにかく凄くて、もし今回の審査員の私たちがこれから撮る映画の中で、あの泣き方をしたら、彼女の真似をしたと思ってください。」と安藤サクラの演技を大絶賛していたんだ!さすが、日本を誇る名女優だよね。『万引き家族』はその演技、演出、撮影、脚本の全てが素晴らしいと評価され、パルムドールに至ったということだね。

編集長

『万引き家族』のネタバレあらすじ

※以下より本作品をネタバレを含みながら解説します。未鑑賞の方は十分ご注意ください!

映画 『万引き家族』
出典:映画『万引き家族』公式Twitter

【ネタバレあらすじ①】貧しいけど笑顔が絶えない“柴田”家の生活

万引き家族 ネタバレ

映画『万引き家族』公式Twitter

東京のとある下町の古い家に暮らす一家がいた。日雇い労働者の父・柴田治(リリー・フランキー)、クリーニング工場で働く治の妻・信代(安藤サクラ)、息子の祥太(城桧吏)、女子高生見学クラブで働く信代の妹・亜紀(松岡茉優)、そして治の母・初枝(樹木希林)の5人家族だ。

一家は治と信代の少ない給料に加え、初枝の年金で暮らしていた。しかし、それで5人が生活するには厳しく、治と祥太がコンビとなって食品や生活用品を万引きし、なんとか食いつないでいた。その手際は慣れたもので、治が店員の目を遮るように立ち、その隙に祥太がカップ麺をリュックに入れるといったものだ。また、初枝は夫と離婚しており、表向きには独居老人として暮らしている。同居人である4人は定期的に来る市の職員に存在を知られないよう、世間から隠れるようにして生活を共にしていた。そのような境遇で慎ましい生活を送りながらも、5人の間にはいつも笑顔が絶えなかった。

【ネタバレあらすじ②】冬の寒い日にベランダで…

万引き家族 ネタバレ映画『万引き家族』公式Twitter

ある冬の日、いつものように万引きをした帰り、治と祥太は団地の一階のベランダで一人の少女(佐々木みゆ)を見つける。治は、一人で震える彼女を見かねて保護する。

少女は「ゆり」と名乗るも、自らの身の上をあまり語らない。治と信代はその晩、ゆりを元の家へ帰しに行こうとするが、家の中からゆりの両親と思われる男女の論争を聞く。結局、ゆりは柴田家で暮らすことに。一家はゆりの体に火傷や傷の跡があるのを見つけ、児童虐待の疑いがあると気づいた信代は彼女を匿うことを決める。

翌日、一家はそれぞれの生活へ。信代はクリーニング店の業務中、服のポケットに入ったままの指輪やネックレスをネコババ。初枝は死別した夫の年金を受け取りに亜紀と銀行へ。亜紀はその後、女子高生見学クラブへ行き、「さやか」という源氏名を使い、男の前で下着姿になり、お金を稼ぐ。学校へ行けない祥太ゆりを連れて万引きへ。一家はそれぞれが脛に傷を持つもの達だった。

【ネタバレあらすじ③】働けなくなってしまう2人

万引き家族 ネタバレ映画『万引き家族』公式Twitter

ある日、治は職場で足を骨折してしまい、仕事ができなくなる労災が下りなかったため、しばらくは初枝の年金に頼って生きていくしかない。また、ゆりの事が失踪事件として報じられ、一家は彼女の本名が「北条じゅり」であることを知る。ゆりを隠すために、ゆりの髪を短く切り、「りん」という名前で呼ぶことにした。そして、いつもの万引きにりんが加わるようになっていた。
その矢先、信代の働くクリーニング店の経営が傾き、信代かもう一人の店員が辞めなければならない事態に。その店員は信代に、「ニュースで報じられている女の子と信代が一緒にいるところを見た」と詰め寄る。信代は「その事を喋ったら殺す」と釘を差し、自ら辞めていくのだった。

一方の初枝は元夫の命日に彼の息子の家に赴き、供養をしていた。裕福そうな息子一家の写真立てには亜紀の写真が。亜紀は海外に行っていることになっており、風俗店で使っている「さやか」という名前も妹の名前だった。亜紀の両親は、彼女が初枝と暮らしていることは知らない。初枝はお車代として3万円を受け取り、帰路へ。

万引き家族 ネタバレ

映画『万引き家族』公式Twitter

夏になり、一家は海水浴に出かけ団欒を満喫する。そこで初枝は楽しそうにはしゃぐ一家を見守りながら、ポツリと呟く。「ありがとうございました…」と。

【ネタバレあらすじ④】初枝の死が呼び起こす、翔太の心の変化

万引き家族 ネタバレ映画『万引き家族』公式Twitter

ある朝、一家が起きると、初枝は自宅で老衰で冷たくなっていた。死んだことが役所に知れると、葬式や葬儀代にお金がかかり、さらには頼みの綱である初枝の年金が受け取れなくなるため、治と信代は初枝の遺体を自宅の下に埋め、最初から初枝をいなかった事に。
そして、初枝の年金を引き出す信代と治。初枝が隠していたお金を発見して喜ぶ二人を、祥太は黙って真っ直ぐな目で見つめてた。

祥太は治から「店に並んでいるものは、まだ誰のものでもないから持っていってもいい」と教えられた。しかしある日、治が車上荒らしをしている時、翔太は「それは誰かのものではないの?」と尋ねる。治は返事に困り、うやむやに返すが、祥太は、万引きという行為に疑問を抱き始めていたのだった。

その数日後、りんがスーパーマーケットで万引きをしようしたところ、祥太はわざと店員に見つかるように万引きし、逃げる際に足を骨折してしまう。その夜、一家は警察に全てがバレる前に夜逃げしますが、結局捕まってしまう。

【ネタバレあらすじ⑤】“家族”がバラバラに

万引き家族 ネタバレ映画『万引き家族』公式Twitter

この事件をきっかけに柴田家は散り散りになり、りんと祥太は警察により保護される。それ以外の三人も取り調べを受け、そこで柴田家の真実が明らかになってしまう。

りんはもちろんのこと、柴田家の間には誰一人として血縁関係がないのだった信代は元ホステスで、はその常連客。人目を忍んで不倫関係になった2人は、痴情のもつれから信代の元夫を殺害し、その死体を遺棄した共犯者同士でもあったのだ。しかも祥太は治が車上荒らしをしたときに車に一人でいたところを拉致された子供であり、彼らの名前も本名ではなかった。

初枝は身寄りのない独居老人で、浮気によって離婚した元夫の孫が亜紀だった。亜紀は家庭不和で悩んでいたところ、初枝に声をかけられ、一緒に暮らすようになったのだという。初枝は元夫の月命日のたびに亜紀の両親の家に出向き、お金をせびっていた。

5人はつまり、互いの孤独を埋めるために疑似家族として共に暮らしていたのだ。
警察から「全て」を伝えられた亜紀は動揺し、初枝があの家に埋められていることを明かしてしまった。信代は一家が犯した全ての罪を被り、懲役刑に。祥太は福祉施設に入り、は執行猶予5年の刑となった。

【ネタバレあらすじ⑥】「父からおじさんに」祥太と治の別れ

万引き家族 ネタバレ

映画『万引き家族』公式Twitter

それからしばらく経ち、祥太は施設から学校に通うようになるテストで好成績を残したり、釣りの知識も身につけたりと、彼はたくましく成長していた。

治と祥太は信代の面会のために刑務所に行き、互いの近況報告をしたあと信代は祥太に、彼を誘拐した時の状況を打ち明ける。松戸のパチンコ屋の駐車場で拉致したこと、その車の車種と色、そして、あなたが本気で探せば本当の両親に会えると告げ、面会室を後にする。

その夜、祥太は治と一緒にカップ麺を食べ、彼の家に泊まる。自分を置き去りにして夜逃げしたことを問うと、治はそれを認め、「父でなく、おじさんに戻る」と答える。

翌朝、祥太は施設に戻るため、バスに乗り込もうとしますが、別れ際に自分がわざと捕まったことを治に打ち明ける。治は祥太の名前を叫びながらバスを追いかけますが、バスは止まることなく、治を見つめる祥太を乗せて走り去ったのだった。

映画 『万引き家族』
出典::映画『万引き家族』公式サイト

その頃、亜紀は自分が初枝に匿われていたのはお金のためだったのかと疑問を抱き、苦悩するように。みんなで楽しく生活していたあの家に一人で行ってみるも、今はもぬけの殻となっており、亜紀はただただその空虚を見つめるだけだった。

一方、じゅりは本当の両親の元に戻ったが、本当の母親は信代や初枝のようにかまってくれない。ベランダに追い出されたじゅりは、一人遊びをするばかりだった。そのベランダから外を見るじゅり。その目は誰かを見つけたような、誰かを探しているような目をしていた。

『万引き家族』是枝監督の才能あふれる采配について

映画 『万引き家族』
出展:映画『万引き家族』公式サイト

実話にインスピレーション

本作は、親の死亡届を出さずに年金を不正に受給し続けていたある家族の事件をもとにしています。是枝監督は、この作品を10年近くかけて構想を練って作り上げたそうです。
『万引き家族』はそのショッキングなタイトルや内容から、公開当初から大きな議論を呼びました本作がパルム・ドールを受賞したときは「万引きを題材にしている作品が受賞するのは日本の恥だ」などといったバッシングが多く見られました。

本作は、文化庁から助成金を貰って撮影したこともあり、「映画を作る際に政治家や官僚の顔を思い浮かべたか」という皮肉な質問がありました。それに対し、是枝監督はそれをきっぱりと否定し、る一人の少女を思い浮かべながら撮ったと答えています。

親から虐待を受けた子供を保護する施設で出会ったその少女は、絵本の「スイミー」を読んでくれたと言います。読み終わったあとに褒めると、とても嬉しそうな顔をした少女を見て、この子はきっと両親に聞かせたいんじゃないかと思いましたその子の顔が忘れられなかったと是枝監督は答えました。
作中にも、そのエピソードを想起させるような印象的なシーンがありましたよね。

驚きの撮影手法

『万引き家族』が評価されたのはその題材だけではありません。役者の演技も世界的な評価を得ました。冒頭で紹介した安藤サクラの演技もさることながら、その演技を引き出す手法も驚きです。是枝監督は、これまでの監督作で子役には脚本を渡さず場面毎にセリフを口頭で伝えるという手法を取っています。ちなみに、作中でゆりの歯が抜けるシーンは、撮影中に子役の歯が本当に抜けたので急遽入れたシーンだそうですよ!

本作終盤の尋問シーンでは、安藤サクラや池脇千鶴に台本を渡さず、セリフを順番にホワイトボードに書いて見せながら撮ったと言います。役者陣の実力と是枝監督の手法が合わさって完成した演技は、是非ご自分の目で確認してみてください!

『万引き家族』が私たちに訴えかけているもの

映画 『万引き家族』
出典:映画『万引き家族』公式Twitter

是枝監督は、インタビューで「昔ドキュメンタリーの仕事をしていたとき、「誰か一人に向かって作れ」と言われた」と話しています。この『万引き家族』の登場人物たちは、特殊な環境化にある人々で、お世辞にも「いい人」ではありません。しかし、本物の家族のように楽しそうに暮らす一家の日常を見て、血縁を超えた」について考えさせられます。

そして、終盤で世間の目に晒される柴田一家を見て何を思うでしょうか。
本作は日本が抱える問題をえぐり出す作品でもあります。貧困やそれに伴う犯罪だけでなく、児童虐待やネグレクトなどは現代の日本で本当に起こっている問題です。「世界では、『日本映画には社会と政治がない』と批判される」と是枝監督は言います。その問題と真っ向から向き合ったのが本作であり、世界的な映画賞で絶賛された理由でもあります。

日本という大きな枠組だけでなく、一個人のあり方を見直すきっかけをくれる『万引き家族』は、今だからこそ見るべき映画なのです。

まとめ


出典:映画『万引き家族』公式Twitter

映画『万引き家族』についてネタバレも含み、徹底的に解説しました。
今の日本映画界を代表する役者陣の渾身の演技は必見です。日本の「」に切り込んだ本作品を是非ご鑑賞ください!