【ネタバレ解説】映画『ミッドサマー』はトラウマレベルの怖さ!監督&キャストも紹介

 

『ヘレディタリー 継承』で一気に知名度を上げたアリ・アスター監督の最新作『ミッドサマー』。終始光が降り注ぐ美しい舞台で物語が展開される、異色のホラー映画です。心霊こそ現れないものの、人間達の生み出す狂気が酷く恐ろしいのでトラウマになる人が続出したのだとか。しかしただ怖いだけでなく、その世界観に引き込まれてしまうのも魅力の一つと言えるでしょう。

こちらの記事はネタバレを含みますので、未鑑賞の方はご注意くださいね。

白夜の狂宴に背筋も凍る!『ミッドサマー』について

ミッドサマー ネタバレ
ミッドサマー公式HP

前作の『ヘレディタリー 継承』が大ヒットしたため、『ミッドサマー』の公開は大きく期待を寄せられていました。というのも前作が「2018年で最も怖いホラー」と評価されていたからです。

監督アリ・アスター氏の作品の持ち味は生々しい、じっとりとした怖さ。モンスターや心霊が現れる「ビックリ系」の怖さではなく、身近に潜むようなリアルさが人気の理由です!ホラーやスリラーが苦手な人にはちょっぴり辛い、切れ味の鋭さがありますが、好きな人にとってはたまらないでしょう。

『ミッドサマー』はホラー映画でありながら、全編を通して暗い画がないことで大きな話題に。基本的にホラー=薄暗い、というイメージがありますので、その斬新な発想に多くの人が注目しました。ちなみに本作は「フェスティバルスリラー」と称しており、その単語も目新しく注目を浴びました。

10秒で分かる『ミッドサマー』の簡単なあらすじ

大学生のダニーはメンタルが不安定な面があり、恋人であるクリスチャンに頼り切りの日々を過ごしていました。

日常が流れる中、ダニー同様、精神状疾患を抱える彼女の妹が、両親を巻き込んだ一家心中にて死亡。ダニーの精神不安は、更に大きいものとなってしまったのです。

一方でクリスチャンは不安定なダニーにうんざりしている最中。別れたい気持ちも強く、周りの友人にも本心を打ち明けていますが、最後の一言がどうしても言えません。

次の夏、クリスチャンは友人・ペレの誘いで、スウェーデンのホルガ村に行く予定を計画。そこでは90年に一度の夏至祭が行われており、彼らは論文を書くために向かうのだとか。

ダニーにはその計画を一切を知らせていなかったため、激怒されてしまいます。ですが、ひょんなことから彼女も旅行へ同行することになります。

ホルガ村には雲一つない青空が広がり、明るい村人に迎え入れられて満足げな学生たち。しかし徐々に「ミッドサマー(夏至祭)」の狂気に気づいてしまい――。

『ミッドサマー』のネタバレあらすじ

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください!

【あらすじ①】不安定なダニーと別れたい彼氏

ミッドサマー ネタバレ
映画『ミッドサマー』公式インスタグラム

大学生のダニー(フローレンス・ピュー)には躁うつ病を患っている妹がいた。彼女からのメールに嫌な予感を感じていたので、彼女本人も不安定になっていたのである。彼氏のクリスチャン(ジャック・レイナー)に電話をして気持ちを落ち着かせるものの、なかなか安定はせず、抗不安薬にさえ手を出している状態。

電話口で彼女をなだめるクリスチャンですが、本心は相当うんざりしているご様子。周りの友達にも別れを促されるほどで、付き合いをやめるか悩んでいる雰囲気が流れている。

電話がやっと切れたと思ったら、再び繰り返されるダニーからの着信。半分呆れた様子で電話に出ると、ダニーの妹が両親を巻き添えに一家心中してしまった事実が耳に飛び込んできたのだった。

ダニーにうんざりしていたクリスチャンでにも、この件には動揺を隠せない。そして彼は踏みとどまってしまい、遂に別れを切り出すことは出来なかった。

【あらすじ②】90年に一度の夏至祭へ

ミッドサマー ネタバレ
映画『ミッドサマー』公式インスタグラム

クリスチャンはダニーを気遣って、パーティーへ誘い出す。彼の気遣いは嬉しかったものの、そこでクリスチャン達がスウェーデンのホルガ村へ行く計画を立てていたことを知ってしまう。友人のペレによる誘いで、その地では90年に一度の夏至祭が行われるとのことだった。

教えてくれなかったことにダニーは大激怒!結局隠し事をしていたクリスチャンは罪悪感に苛まれ、ダニーを誘ってご機嫌をとることに。

夏至祭へと誘ったペレはスウェーデンからの留学生で、夏至祭には兄弟や親戚などが集まっているのだとか。

ダニー、クリスチャン、マーク(ウィル・ポールター)、ペレ(ヴィルヘルム・ブロングレン)、ジョシュ(ウィリアム・ジャクソン・ハーパー)はウキウキでスウェーデンへ。

ホルガは雲一つない青空に、広がる大自然。白装束を着た男女の集団が踊り、色どりの鮮やかな花冠が美しい。素晴らしき情景が辺り一面に広がっていた。

そして村人は彼らを優しく受け入れ、辺り一面には穏やかな柔らかな空気感に包まれていた。。現地にはサイモン(アーチー・マデクウィ)とコニー(エローラ・トルキア)という男女もいて、二人もまた夏至祭に招待された人物だそう。

【あらすじ③】笑顔と青空の下で繰り広げられる恐怖

ミッドサマー ネタバレ
映画『ミッドサマー』公式インスタグラム

夏至祭は9日間にわたって開催される予定で、食事は全員でとるのが基本中の基本。食事も初老の男女が上座に座り、この二人が食べなければ始まらない……という特殊な風景が繰り広げられている。ダニーらは少々動揺するものの、村人に合わせて食べ進めることにした。

食事が終わると、村人は一斉に崖のある場所へ。よく分らないまま、一同も後を追うことに。すると崖の上には先ほど上座に座っていた初老の女性が立ち尽くしていた。

崖の下から人々が見守る中、なんと女性は崖から身を投げてしまったのだ!驚きのあまり動揺を隠せないダニー達。すると続いて初老の男性も飛び降り、床へ叩きつけられる鈍い音が響く……。

女性は即死だったが、男性はまだ息を引き取っていない。すると村人は男性の顔めがけて、鈍器を振り下ろすのだった。

潰れる男性の顔、あまりの急な事態にパニックになるダニー。仲間も衝撃的な光景にどうしていいか分からず、嫌な雰囲気になってしまう。だが村長は「この儀式は村の伝統。歳を取り続けて死んでいくよりもこれが彼らにとっての幸せだと主張。

なかなか理解できない理論で、スウェーデンに訪れた若者たちの空気は徐々に悪化していくのだった。

声を荒らげて抗議するサイモンとコニー。翌日コニーが荷物をまとめて出ていこうとすると、サイモンの姿はどこにも見当たらない。村人曰く、サイモンはすでに先に駅へと向かっていったとのこと。不思議に思う一同ですが、その時は何の疑いも持っていなかったのだ。

 

【あらすじ④】次々と起こる異変

ミッドサマー ネタバレ
映画『ミッドサマー』公式インスタグラム

元々この夏至祭を論文にしようと思っていたのは、友達のジョシュ。しかし先程の老人の死を見て、クリスチャンは動揺しながらも「この儀式を論文にする」と言い出し、二人は口論になってしまった。

村の儀式は秘密で行われているもののため、村長が許可を下さないと論文には書いてはならないとのこと。ジョシュはペレにお願いして、村長に聞いてもらうことに。

結果的に写真撮影や人名や地名をだすことはNGという条件付きではあるものの、許可が下りた。だがジョシュは条件を守らず、村の古い本が納められている地に入り込みスマホでシャッターを切ってしまう。すると後ろから頭を酷く殴られ……彼は血を流しながら倒れてしまった。

食事の時間になっても現れないジョシュ。それおろか朝方枯れ木をトイレ替わりにし、老人に激昂されていたマークの姿も見当たらないのだった。しかし夏至祭は顔色一つ変えず続いており、困惑しているのはダニー達だけである。

ダニーは村の女性達に誘われて、踊りの競争へ参加させられることになった。皆で同じ服を着て、花の冠をつけ、最後の一人まで踊り続けるという村独特の競争だ。

一方である女性から呼び出しを受けたクリスチャン。実は数日前からある少女から求愛行動を受けており、その子との性行為を促されているのだった……。

クリスチャンは薬を使われ、全裸の女性たちが取り囲む中少女とセックスに勤しんでしまう。歌を歌いながら二人の行為を取り囲む女性達、異様な光景だが、彼にはもう考える能力さえ残っていない。

そんなこともダニーはつゆ知らず踊り続け、なんと最後の一人「メイ・クイーン」へと昇り詰めていた。村人は祝福し、ダニーは色とりどりの花で飾られたテーブルの上座へ着席。ここから村の方策を願う儀式が行われ、畑へと向かうことに。

しかし“ある歌”が気になって、ダニーはその歌の方向へ向かってしまった!すると中には、少女とセックスをするクリスチャンの姿が……。ダニーは自分の愛する恋人が、見知らぬ村人とのセックスをする場面を目の当たりにしてしまったのである。

泣き崩れるダニー。そして彼女に同調して喚く村人たち。

クリスチャンは我に返り、裸のまま部屋を飛び出して納屋へ入って行った。気が動転したまま納屋を見回すと、見るに堪えないサイモンの死体が目に飛び込んでくる。慌てて引き返そうとすると、彼の背後には村人がいた。粉状の薬を吹きかけられ、意識を失ってしまったのだった……。

【あらすじ⑤】夏至祭の本当の目的とは……


映画『ミッドサマー』公式インスタグラム

遂に村では生贄を捧げる儀式が始まった。生贄は9人が必要だとされていて、すでに初老の2人は崖の上から飛び降りて亡くなっている。そしてサイモン、コニー、マーク、ジョシュも殺されているので、生贄に必要な人数は残りは3人。

村人からは生贄を志願する2人が現れ、残りは1人。すると肝心の9人目を、「メイ・クイーン」となったダニーへ選ばせるという流れに。

村人の一人か、クリスチャンどちらを選ぶ?という問いに、ダニー迷わずクリスチャンを選んでしまう。夏至祭に誘ったペレは、生贄を捧げるために彼らをスウェーデンへ連れてきたのだ。

9人の生贄は小屋に運ばれ、クリスチャンは薬で身動きが取れない状態に。そのまま小屋は点火され、激しい炎が空へと勢いよく舞い上がった。

泣きながら悔しそうに燃え上がる炎を見つめていたダニー。しかし彼女の顔には、うっすらとした笑顔と、大粒の涙が浮かんでいた。

映画『ミッドサマー』のキャスト紹介

それでは、映画『ミッドサマー』に出演したキャストを紹介していきます。

ダニー役:フローレンス・ピュー

ミッドサマー ネタバレ
ミッドサマー公式HP

精神不安定で恋人とうまくいかないダニー。悲劇のヒロインと現わしても間違っていないのかもしれません。最終的には「メイ・クイーン」へと昇り詰め、ホルガ村の一員となったように思えますが……とても「幸福になった」とは言い難いキャラクターです。

そんな難しい役どころを演じるのは、フローレンス・ピュー。24歳と若くしてアカデミー賞・助演女優賞にノーミネートされた実力派女優です。まだ出演作品は少ないものの評価は高く、今後も期待度が高まりますね!

クリスチャン役:ジャック・レイナー

ミッドサマー ネタバレ
ミッドサマー公式HP

ダニーと別れたいけれど言い出せない、見ていてやきもきさせられるキャラクターのクリスチャン。男らしくないと言ってしまえばそれまでなのですが、彼の気持ちが分かる!という男性も多いのでは?最後には生贄にされてしまい、ダニーに「復讐」をされてしまった哀れな男性です。

煮え切らないクリスチャンを演じるのはアイルランドの俳優、ジャックレイナー。2010年にプロの俳優としてデビューしてから様々な作品に出演されています。第10回アイルランド映画&テレビ賞の主演男優賞を受賞している、期待の若手俳優さんです。

マーク役:ウィル・ポールター

ミッドサマー ネタバレ
ミッドサマー公式サイト

クリスチャンの友人であるマーク。序盤にクリスチャンがダニーからの電話でうんざりしている時、真っ先に別れを促していた人物ですね。ちょっとチャラい感じの、「今時の男の子」といった印象が強いでしょう。ホルガ村にさえ足を踏み入れなければ、今頃普通の生活が過ごせていただろうに……とさえ思ってしまいます。

そんなマークを演じるのは10代から俳優を続けるウィル・ポールター。『ナルニア国物語』や『メイズ・ランナー』にも出演していたため、見かけたことのある人は多いはず。2014年にはイギリスでのアカデミー賞で「ライジングスター」賞を受賞しました。

ペレ役:ヴィルヘルム・ブロングレン

ミッドサマー ネタバレ
ミッドサマー公式サイト

全ての悪の元凶……といっても過言ではないペレ。彼らの友人でありながら、甘いマスクでホルガ村へと誘い出した人物です。家族を亡くしたダニーに「僕も両親をなくしているから……」と寄り添う姿は、鑑賞後に思い出すとゾッとしてしまうかも。

物語の重要なポジションであるペレを演じるのはヴィルヘルム・ブロングレン。彼自身もスウェーデン出身だそうで、俳優やミュージシャンとして活躍しているそうです。まだ出演作は少ないですが、素晴らしい演技力の持ち主で観る者を魅了します。

ジョシュ役:ウィリアム・ジャクソン・ハーパー

ミッドサマー ネタバレ
ミッドサマー公式サイト

ジョシュがホルガ村へ行った理由は、論文を書くためです。それをクリスチャンが途中から「オレも儀式のことを論文にする」と言い出したのを怒っていましたが、無理のない話ですよね。好奇心や探求心が勝ってしまったがために命を落とした、可哀想な青年でもあります。

ジョシュを演じるのはウィリアム・ジャクソン・ハーパー。ミッドサマーのメインキャストは皆20代で非常に若いのですが、ウィリアムは40歳のベテラン俳優!登場人物の中でも全く浮かずに、大学生を最後まで演じ切っているのが素晴らしいですね。「遅咲きの俳優」として有名であり、現在も様々な作品に出演中です。

 

『ミッドサマー』のココが怖い!

アリ・アスター監督が創り出した新ジャンルのホラーである本作がなぜこんなに怖いのか?話題作(問題作⁉️)となった理由を解剖していきます!

村人の笑顔や統一感の恐怖

村人は皆同じ白装束を着て、常に笑顔が絶えません。ホルガ村へ到着したダニーらを嫌な顔一つせず受け入れ、一見朗らかな印象を受けます。

ですが毎日踊り、歌い、食事も睡眠も同じタイミングで行われるのです。物語の序盤は柔らかい雰囲気に包まれているのですが、観続けているとこちらまでおかしくなりそうな、宗教染みた空間が滲み出ています。

笑顔の裏には何があるか分からない……という気分にさえなってくるので、ジワジワと心理的に追い詰められてくる感覚がします。

終始明るく美しい村に鑑賞サイドも困惑

 

ホラー映画だからといって、何も恐ろしき現象が必ずしも夜に起こるわけではありません。むしろ本作は夜に悲劇が降り注ぐことはなく、「常に昼間に何か起きている」というパターン。

太陽が降り注ぐ青空の下で、初老の男女が飛び降り、血を流す様は誰もが動揺することでしょう。周りが明るいので基本的に全て丸見えなのも怖いところ。くれぐれもグロ耐性がない方は、お気をつけ下さいますよう……。

物語の序盤から不穏な空気

主人公のダニーは精神的に不安定。のっけから家族をなくし、恋人にも煙たがられ、挙句ご機嫌取りをされてホルガ村へ向かう……。こんな不穏な始まり方をする物語、あなたは観たことがありますか?

よくある物語の流れだと幸せな日常が奪われたり、絶体絶命に陥っても必ず救われる、というものが多いですよね。『ミッドサマー』は最初からマイナスの始まりで、最後までマイナス度が酷くなっていくというある意味救いようのない物語。

見方を変えればホルガ村に染まってしまったダニーは、ある意味幸せなのかもしれません。でもそれは偽りの幸福であり、決して本物ではないのでしょう。

 

『ミッドサマー』のネタバレまとめ

青空の下で異様な宴が行われる、異色のホラー映画『ミッドサマー』。今までのホラー映画の概念を壊してくれる、新感覚の作品と言えるでしょう。心霊やモンスターが登場するホラーではなく、どこかサスペンス要素も含んでいるので飽きずに最後まで鑑賞できるはず。

くれぐれも、恋人や家族と観るのはご注意くださいませ!一人でじっくりと鑑賞し、作中に散りばめられた伏線を回収するのも面白いですよ。

これを知っていれば映画マニア!!カルト・ミッドナイト映画30選 【閲覧注意】 実話を基にした戦慄のホラー映画特集|サイコキラーや呪いの館は実在した! 【洋画25選】絶叫ホラー映画名作特集「観て後悔」「めちゃくちゃ怖い…」