「生まれたことを謝ります」映画『グリーンマイル』の心に刺さる名言特集

スポンサーリンク

『グリーンマイル』は、刑務所の中という独特なシチュエーションを舞台に、そこに関わる人物らの人間ドラマが描かれた感動作です。本作品ではスティーヴン・キングの同名小説を原作に、あの『ショーシャンクの空に』の監督、フランク・ダラボンがメガホンを取りました。劇中にはシビアな環境の中生きる登場人物らの、感動的な名言やセリフが埋め尽くされています。

生きるとは?冤罪とは?さまざまな問いかけについてのヒントが、この作品の中にあるかも知れません。ここではそんな『グリーンマイル』の名セリフを、ご紹介します。

あらすじ

映画『グリーンマイル』予告編

老人ホームに入居中のポール(ダブス・グリア)は、皆で映画「トップ・ハット」を観ている際、過去のつらい出来事を思い出し、泣き出してしまう。そこで「何があったのか?」と彼を気遣う女友達のエレイン(イヴ・ブレント)に、ポールは初めてつらい過去の打ち明け話をした。ポールは大恐慌の頃、コールド・マウンテン刑務所で看守長を勤めていたのだ。

また彼は死刑囚棟の看守主任であり、死刑の指揮もとっていたと話す。
その死刑囚棟の床は緑色であった事から、グリーンマイルと呼ばれていたポールは1935年の出来事について語る。主人公ポール・エッジコム(トム・ハンクス)は、激しい尿路感染症に悩まされていた。ある日彼の職場である刑務所に、ジョン・コーフィ(マイケル・クラーク・ダンカン)という名の死刑囚が移送されてきた。

最初の内は双子の少女殺害という残虐な犯行と、彼のルックスに皆怯えた。しかししばらくすると、看守らはジョンの持つ不思議な力に気付き始める。

「グリーンマイル」の心に残る名言・名セリフ

『グリーンマイル』では、不思議な治癒力を持つ囚人ジョン・コーフィや刑務所の看守、極悪な犯罪者らの獄中での交流が描かれています。作品はそんなポールのセリフに加え、奇跡を経験した人の感謝の言葉や、思いやりのある囚人の発言などが飛び交う感動作となりました。ジョンの無罪が証明できず、死刑を執行してしまったポールの名言は感嘆深く、なかなか忘れる事が出来ません。

【名言①】「飲むコーヒーと似ていますが、スペルは少し違います」

双子の少女の強姦及び殺害者として刑務所に移送されたジョン・コーフィは、身長が2mもある大男で、看守らも警戒していました。その上口の悪い看守が囚人を挑発するような言葉を叫び続け、その場の空気は凍て付きます。

しかし「君の名前はジョン・コーフィ?」とポールから尋ねられた時、最初に出た彼の自己紹介の言葉がこれです。彼は殺人者とは思えない程物腰が柔らかく、子供のように純粋な一面を持っているのでした。

【名言②】「パーシーは残忍で不注意でバカ、3拍子揃っています。こういう場では、最悪の組み合わせだ。」

映画グリーンマイル 名言

出典:映画『グリーンマイル』公式Facebook
原文は「The man is mean, careless, and stupid. Bad combination in a place like this.」。

本作品にはパーシー(ダグ・ハッチソン)という若者看守が登場します。彼は親類のおかげでコネがあり、自分は何をやっても許されると過信しているような人物でした。
このセリフは主人公ポールのセリフですが、パーシジーの今後の行動が思いやられる事を、示唆している言葉とも言えるでしょう。これを聞いた所長のハル(ジェームズ・クロムウェル)は、「彼は他への、勤務移動の希望を出している」から、もう少しの辛抱だと言いました。

【名言③】「ビターバックは罪を償った。もう誰にも借りはない。彼に手を触れるな!」

映画グリーンマイル 名言

出典:映画『グリーンマイル』公式Facebook
原文は「He’s paid what he’s owed; he’s square with the house again, so keep your goddamn hands off him!」

大男で正義感が強く、思いやりのある看守ブルータス(デヴィッド・モース)の名言です。
彼はポールの良き同僚でもありました。この言葉はビターバック(グラハム・グリーン)の死刑執行後、囚人の遺体に気安く触る無神経なパーシーに向けられたものですが、この名言より
この刑務所の看守らが、死刑に対してどのような受け止め方をしているのか知ることができるでしょう。

対してパーシーは極めて不真面目であり、囚人たちにも八つ当たりで暴力をふるうような人物です。
また彼は自分が看守という立場であるのをいいことに、好き放題をやり、この後も次々と深刻な問題を起こしていきます。

【名言④】「1晩に4回もなんて、19歳の時以来よ」

原文は「But we haven’t gone four times in one night since we were 19.」

ジョンから股間を握られ病を吸い取ってもらったポールは、悩みの種であった尿路感染症がすっかり治っている事に気が付きます。その後ポールが夫婦の営みに励んだ時、妻ジャン(ボニー・ハント)の口から出たのがこの言葉です。

この出来事を境にポールはジョンの不思議な治癒能力に気付き、実は彼は無罪なのではないかと考え始めました。

【名言⑤】「サーカスはお前にぴったりだ、フロリダのネズミの町に住むのだよ」

映画グリーンマイル 名言

出典:映画『グリーンマイル』公式Facebook

死刑が目前に迫ったデル(マイケル・ジェッター)は、大切に飼育していたネズミ「ミスター・ジングルス」の行先を看守らと考えます。彼はこのネズミをたいそう可愛がっており、自分の死後このネズミがどうやって生きていくのかを、心配しているのでした。

その後ミスター・ジングルスはジョンの不思議な力を授かり、108歳のポールと共に生きることになりました。飼い主のデルの心配する思いが、反映された結果かも知れません。

【名言⑥】「グリーンマイルで起こったことは何事も外に出ない」

映画グリーンマイル 名言

出典:映画『グリーンマイル』公式Facebook
原題は「What happens on the Mile stays on the Mile.Always has.」

パーシーは凶悪な囚人、ウィリアム(サム・ロックウェル)の悪ふざけにより脅かされ、皆の前で失禁してしまいました。
彼は悔し涙を流し、ポールらに「このことを口外したらタダでは済まさない」と、脅します。これはその時にポールが、パーシーに返した名言です。事実ここで起こった事件が、外部で話されることは無いに等しいのでした。
ポールはこの後60年間も、グリーンマイルで起こった出来事について、口外していません。

【名言⑦】「あなたの夢を見たわ。あなたが暗闇でさまよっている夢。わたしもそうだったわ。そして、私たちはお互いを見つけた。暗闇の中で、お互いを見つけた」

原文は「I dreamed of you. I dreamed you were wandering in the dark, and so was I. We found each other. We found each other in the dark.」

所長の妻であるメリンダ(パトリシア・クラークソン)は、重い脳腫瘍に悩まされていました。そこでポールらの計らいにより、ジョンを所長宅まで獄中から連れ出し、彼に治癒を任せてみます。
所長はメリンダの病状がコロッと良くなった事で、嬉しさのあまり泣き崩れてしまいますが、ジョンは疲れ果て呆然と突っ立っているのでした。

これはその直後にメリンダが自らジョンに歩み寄り、言ったお礼のセリフです。
またメリンダは自らが首から下げていた、お守りのネックレスを彼に渡しました。

【名言⑧】「オレは今までに幾つか恥ずべきことをした。だが地獄をこれほど身近に感じるのは初めてだ」

映画グリーンマイル 名言

出典:映画『グリーンマイル』公式Facebook

原文は「I’ve done some things in my life I’m not proud of, but this is the first time I’ve ever felt in real danger of hell.」

ポールは皆の病気を不思議な力で治癒してくれたジョンを、死刑にしなければならない事を思い悩んでいました。
ポールがジョンの手を握った時、双子の殺害者はウィリアム・ウォートンであり、彼ではないと悟ったからです。しかしあらゆる方法を考えてもジョンの処刑をやめさせることは不可能で、その事はポールを絶望の淵へと追いやります。
これを聞いた妻のジャンは、ジョンと直接話をして、彼の望みを聞いてみたらと助言するのでした。

【名言⑨】「生まれたことを謝ります」

映画グリーンマイル 名言

出典:映画『グリーンマイル』公式Facebook

原文は「I’m sorry for what I am.」

元に戻そうとした」囚人ジョンは劇中で、たびたびこの言葉を使います。
おそらく彼は自分に授けられた力を上手く生かし、多くの人々を治癒し生命を与え続けてきたはずです。そんな彼が濡れ衣を着せられ、遂には電気椅子に座らされることになりました。

その時に彼から発せられたのが、この言葉でした。このシーンでは無罪である上そんな謙虚な発言をする彼が、なぜ死刑なのか考えずにいられません。
周囲の看守たちは皆、悲しみと悔恨の念から涙を流しました。非常に短いですが、インパクトのあるセリフです。

【名言⑩】「死は必ずやってくる。それに例外はない。だが、神よ。時に私のグリーンマイルは、あまりにも長く感じられるのです」

原文は「We each owe a death – there are no exceptions – but, oh God, sometimes the Green Mile seems so long.」

ポールはジョンから持病を治癒してもらった際に、特殊な生命力を授かり108歳まで生き延びています。しかし老人になったポールは「親しい友人や愛する人々の死を、たくさん見てきた」と言いました。
ポールはそれらの死に立ち会わなければならない事が、自分がジョンを電気椅子に追いやってしまったことに対しての、罰であり贖いなのだと考えているようです。彼は108歳になっても、未だジョンの死を悔やみ続けているのでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

以上刑務所を舞台にした感動作『グリーンマイル』の、名言をまとめてご紹介しました。
劇中にはこれ以外にも、原石のような美しい言葉が埋もれているかも知れません。ここではその中の、ほんの1部の名言をご紹介しています。

未見の方はもちろん、既に本作品をご鑑賞済みの方も、ぜひ自分だけに響く素晴らしい言葉を探してみて下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク