映画『昼顔』結末ネタバレ | 究極のバッドエンドに残る救済とは

スポンサーリンク

「昼顔妻」そんな言葉を世に広めたドラマ『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』。

その3年後を描いた映画版は、衝撃のラストを迎えます。神様は2人を結び付けたいのか?それとも引き離したいのか? わからなくなるほど、切ない展開が待っています。
清純派な役の多かった上戸彩とこの『昼顔』で注目を浴びることとなった斎藤工。2人の間に流れる空気間はドラマの時そのままに、ストーリーは展開していきます。

それでは、映画『昼顔』のあらすじ~ロケ地まで一気にご紹介いたします。

『昼顔』を今すぐ
無料視聴
するならこちら!

ドラマ『昼顔』をおさらい

昼顔

出典:映画『昼顔』公式Facebook

2014年にフジテレビで放送されたドラマ『昼顔』。
その年の新語・流行語大賞にもノミネートされるほどの社会現象を巻き起こしました。
妻たちの「不倫」をテーマにした作品。これまでも「不倫」を題材にしたドラマ作品は数多くありましたが、まるで初恋のような純粋さと不器用を感じられるドラマでした。

「不倫など自分とは無縁」そう思っていた平凡な主婦・笹本紗和(上戸彩)が、高校教師・北野裕一郎(斎藤工)と出会い、恋に落ちていくストーリーです。お互いに家庭を持つ身でありながら、ダメだと思えば思うほど惹かれあってしまうーー。

スーパーで働く紗和は、たまたまスーパーに訪れた裕一郎の妻・乃里子(伊藤歩)と出会ってしまい、これが引き金となって、2人の関係が徐々に周りを巻き込み、ドロ沼化していくのです。
お互いのパートナーを追いつめ、お互いの家族を巻き込むほどの修羅場を訪れるも、紗和と裕一郎の想いは強くなっていくばかりーー。展開はドロドロしているにも関わらず、2人の間には爽やかで清らかな空気すら漂います。しかし、2人の想いとは裏腹に、最後は「もう二度と会わない」と約束をすることになるのです。

出演は、上戸彩、斎藤工の他、紗和の友人であり不倫を楽しむ滝川利佳子に吉瀬美智子、利佳子の愛人・加藤修に北村一輝、紗和の夫に鈴木浩介、紗和の義母に高畑淳子など、豪華で実力ある俳優陣が脇を固めています。映画『昼顔』は、ドラマで演出を行った西谷弘氏が監督を務めています。

スポンサーリンク

映画『昼顔』あらすじネタバレ

映画は、ドラマの3年後の設定で始まります。3年前の約束から一度も会っていない2人が偶然出会ってしまうのです。

再会、燃え上がる二人

「もう逢わない」と誓約書を交わした二人。紗和は夫と別れ、仕事も辞め、誰も知り合いのいない町でひっそりと暮らしている。自宅近くにある海辺のカフェ「ショアブレイク」で働き始めます。自宅で1人、夕食を食べていた紗和は、ふと机の上のチラシに目がいく。そこには『北野裕一郎』という文字が。もう会わないと心に決めていた紗和はクシャクシャに丸めて捨てるが、すぐに拾い上げ、ある日紗和はある場所へ。そこは、裕一郎が講演を行う会場でした。後ろの席に座り、裕一郎を見つめます。講演が進み、質問タイムへと移ったその時、紗和の前に座っていた少女が手を上げ、質問を。裕一郎が視線を少女に向けたその瞬間、3年ぶりにお互いの姿を認識し壇上で同様を隠せない裕一郎。

昼顔

出典:映画『昼顔』公式Facebook

バスに乗り、帰路に着く紗和。ふと外を見ると、そこには裕一郎の姿が。裕一郎も紗和に気がつきは必死に追いかけますが、バスとの距離は広がるばかり。紗和も急いで次のバス停でおりますが、裕一郎の姿は見えない。会えないまま終わってしまう。

その翌日、裕一郎に会いたい一心で三浜自然の森まで来た紗和。まるで引き寄せられたかのように裕一郎の姿があった。

「会話をしてはいけない」という誓約書を交わしていた2人は、言葉を交わさず、曇ったバスに指で文字を書いて、次の逢瀬の約束をし、その後も逢い続ける。

湧き上がる疑念

講演会で紗和との再会を果たした日、自宅に返った裕一郎を見て、妻・乃里子(伊藤歩)は敏感に裕一郎の微妙な変化を感じる。
そんなことを知らず、逢瀬を続けた2人。しかし「やはりもう逢うのはやめよう」とバス停のベンチで話し合う。そしてバスに乗り、一緒にバスを降りたその瞬間!けたたましく響き渡るクラクションの音が。

そこには、裕一郎を車で迎えに来た乃里子の姿があった。乃里子は近くのビジネスホテルに2人を連れていき、2人に詰め寄る。「ただ2人でホタルを見ていただけ」。そう言う紗和に「それだけで私たちは十分幸せ、だと自慢したいの?」と激高。
「そんなに結ばれたいなら、今私の前で結ばれなさい。」そんな乃里子の言葉に、紗和が部屋を飛び出し、裕一郎はその後を追いかけていく。
そして、裕一郎は「今度こそちゃんとする。信じてほしい。」を紗和に告げる。

妻・乃里子の狂気が生む悲劇

一緒に住み始めた紗和と裕一郎。大学に行くと言って家を出ていく裕一郎だったが、ある日大学からのFAXで裕一郎が休暇を取っていることを知る紗和。
不思議に思った紗和は、いつものように出ていく裕一郎の後をこっそり追いかける。

するとそこには、乃里子と逢う、笑顔の裕一郎の姿が。そして、その夜2人は口論に。
紗和は事実を確かめようと乃里子に会いにいくと、車いすに乗る乃里子の姿があった。裕一郎が乃里子に会いに行っていたのは、離婚届を受け取るためだった。しかし、乃里子のケガを知った裕一郎が、その優しい性格から放っておけず会いに行っているだけだったのだ。

離婚に向け話し合いを進めていた裕一郎のもとに乃里子から「離婚届」の準備が出来たと電話が入る。そして、裕一郎は紗和に「明日籍をいれよう」と告げ、明日2人でホタルを見に行く約束をする。裕一郎は、紗和を驚かせようとひそかに指輪を購入し、三浜自然の森にある百葉箱の中に隠しておくのだった。
離婚届を受け取るため、乃里子の元を訪れた裕一郎。「駅まで送るわ」という乃里子の車に同乗すると、徐々に乃里子の様子に変化が訪れる。車はどんどん加速していき、そのままガードレールに衝突。裕一郎は即死してしまうのだった。

紗和に宿る希望と指輪の行方

あまりに突然訪れた裕一郎の「死」。その事実を到底受け入れることのできない紗和。
裕一郎が「今度こそちゃんとする。信じてほしい。」を紗和に告げた駅で、線路にヒールが挟まり、紗和は倒れこむ。そして、吸い込まれるように線路へと歩みを進め、そのまま仰向けに。
裕一郎への想いと失った悲しみでおかしくなりそうな感情を夜空に馳せ、手を空に伸ばす。
すると、1匹のホタルが紗和の左手薬指にとまり、まるで結婚指輪のように光るのだった。

昼顔
出典:映画『昼顔』公式Facebook

そこで現実に引き戻された紗和。自暴自棄になりそうな紗和だったが、そこから数か月、紗和のお腹には新しい命が宿っていることが判明する。それはまぎれもなく裕一郎との間に生まれた命。その新しい命に突き動かされるように紗和は生きていくのだった。
そして、百葉箱の中に眠ったままの指輪は遊んでいた男の子が偶然見つけ、一緒に遊んでいた女の子の指にはめてあげるのだった。

『昼顔』を今すぐ
無料視聴
するならこちら!

映画『昼顔』の見どころ

出典:映画『昼顔』公式Facebook

引き込まれるサスペンスでメロドラマな演出

不倫であるにも関わらず、初恋のようなウブさが感じられる『昼顔』。言葉を交わしてはいけない2人は「ひとり言」としてつぶやくように会話を重ねるのです。バスの中では曇ったガラスに指文字を描き、会話を。そしてその時の2人の間には、なんとも微妙な距離感があるのです。

この甘酸っぱくもどかしい空気を一変させるのが、裕一郎の妻・乃里子。
紗和と裕一郎が今後会わないことを約束した後、一緒にバスを降りる場面。裕一郎を迎えに来た乃里子がクラクションを鳴らし続けるシーン、2人に向けて「ここでSEXしたら裕一郎と別れてあげる」とヒステリックに罵る姿は、一気に恐怖感を高めます。

脇を固める「不倫される側」の名演技

ドラマでも際立っていた乃里子の鬼気迫る演技。夫を思う気持ちと夫から愛されていないという自覚が、乃里子を暴走させます。
その演技は、見ている側が恐怖心を抱いてしまうほど、凶器に満ちています。本来不倫をされた側である妻は被害者であるにも関わらず、まるで加害者に感じられるほど強烈な印象を残しています。

また、紗和が働くカフェのオーナー杉崎(平山浩行)にも裏があります。過去に、妻の不倫が原因で離婚した経験があったのです。紗和はそうとは知らず、裕一郎とのことを杉崎に相談するのですが、不倫の事実を街中に広めたのも杉崎だったです。

スポンサーリンク

映画『昼顔』の印象に残るロケ地たち

ホタルを探していた場所【観音の滝/埼玉県】


出典:映画『昼顔』公式Facebook

再会した2人の秘密の場所。初めて会ったのもこの場所でした。
劇中では「三浜自然の森」と書かれていましたが、ここは埼玉県にある観音の滝。劇中にあった百葉箱や川床は、映画のセットだったので実際にはありません。

住所は、埼玉県飯能市上名栗3010-3

三浜自然の森の前のバス停【神奈川県】

言葉を交わしてはいけない2人が、曇ったバスの窓に指で文字を書き、次に会う約束をしていたシーン。そして、何度かの逢瀬を重ねが2人が「もう会うのはよそう」と会話をするのがこのバス停のベンチでした。
このベンチには、今も上戸彩さん、斎藤工さんのサインがあります。

住所は、神奈川県足柄下郡真鶴町真鶴1175-1

自転車で走った海沿い【野比海岸/神奈川県】

紗和と裕一郎がよく自転車で走ったり、オーナーがサーフィンをしたり、と劇中で何度も登場した海沿いのシーン。

紗和が線路に横たわる駅【伊豆大川駅/静岡県】

劇中のラストシーンで使用された駅。裕一郎を失った紗和が自暴自棄になり、吸い込まれるように線路に寝転ぶのがこの駅です。
裕一郎から「今度こそちゃんとする、信じてほしい」と紗和が言われたのもこの駅でした。

住所:静岡県賀茂郡東伊豆町大川270

スポンサーリンク

『昼顔』小説版はハッピーエンドに!

出典:映画『昼顔』公式Facebook

ドラマ放送終了後に発売されたノベライズ本では、ドラマとは異なる結末が描かれています。

ドラマの最終回から3年後の姿が描かれているのですが、映画とも異なる結末。紗和は夫と離婚後、お腹に新しい命が宿っていることに気づきます。そう、裕一郎との間の子を身ごもっていたのです。1人で産むと決め、育てる日々を送る紗和。
一方、妻とやり直したはずの裕一郎でしたが、結局離婚へと至ります。
ある日紗和が子ども歩いていると、靴ひもがほどけ…。結びなおしてふと目線を上にあげるとそこには裕一郎の姿がありました。

ドラマの第1話を思い出させるような2人の再会は、まるでこれからの明るい未来を暗示しているかのようでした。今度こそ幸せに結ばれて欲しい、そう願わずにはいられませんね。

まとめ

ラストシーンで男の子が女の子に渡した指輪。この女の子が紗和の娘なのでは…? そんなセカンドストーリーがファンの中で広がるほど、人気を博した『昼顔』。ドラマ版の続きを映画版、ノベライズ版で楽しむことができ、不倫がテーマではありますが、「誰かをただ想う」そんなまっすぐな気持ちを思い出させてくれる作品ですね。

『昼顔』を今すぐ
無料視聴
するならこちら!

スポンサーリンク
スポンサーリンク