本当の家族愛を知りたいあなたへ !『重力ピエロ』の深すぎる名言集

アヒルと鴨のコインロッカー』や『ゴールデンスランバー』など多くの話題作を生み出した人気小説家・伊坂幸太郎さんの作品の一つ、『重力ピエロ』。今作は映像化不可能と言われていた『重力ピエロ』を真っ向から表現した作品です!
不可解な放火事件と落書きの謎を追うミステリー的な要素だけでなく、家族の絆を描いたヒューマンドラマの様な感動もある素晴らしい映画となっております。

今回は、そんな『重力ピエロ』に出てくる意味の深い名言をご紹介いたします!
家族の大切さを教えてくれる言葉や独特な言い回しのセリフなどどれも魅力的な名言ばかりですので、ぜひお気に入りの言葉を見つけて頂きたいです!

あらすじ

映画『重力ピエロ』予告編

大学で遺伝子について研究している兄・奥野泉水(加瀬亮)。泉水は、落書きを消す仕事をしている弟・奥野春(岡田将生)と一緒に、父・奥野正志(小日向文世)のいる実家へ帰る。
そこで何気なく見ていたテレビで、放火事件があったと報道されているのを目にする春と泉水。その放火があった場所は、春が落書きを消していた所のすぐ近くだった。
事件に興味を持った春は、泉水を強引に巻き込んで放火と落書きの関連性を見つけることに。すると、その落書きには遺伝子の配列が関係していると明らかになる。

そして徐々に真実へ近づいていく2人。実は泉水と春の母・奥野梨江子(鈴木京香)が強姦された24年前の事件が放火事件に深く関係していて……

『重力ピエロ』の何度も噛み締めたくなる名言・名セリフ

今作では、何度も悲しい出来事を経験しながらも強く生きていく家族の絆が描かれています。また、原作の小説の良さがそのまま生かされたセリフが多く出てくるのも印象的です!

今回は数々の魅力的な言葉の中から、伊坂幸太郎さんの作品らしいセリフ、そして家族愛を感じられる名言を抜粋しました!ぜひ、映画を彩る温かい言葉達に触れて頂きたいです。

本当の家族愛とは何なのか大切なことを教えてくれる映画重力ピエロの名言集をお楽しみ下さい!

【名言①】「気休めは大事だよ。その場限りの安心感が人を救う事もある」

春は失敗した料理を、「思ったよりも悪くない。」と言いながら食べていました。泉水に「気休め言うなよ。」と笑われ、春が返したのがこのセリフです。事故で亡くなった泉水と春の母の言葉で、泉水はすっかり忘れていたのに春は覚えていました。
確かに……!とつい深く頷いてしまう共感できる言葉ですよね母・梨江子の人柄が分かる、どこかおちゃめで温かい名言です!

【名言②】「春を追いかけてるから夏子さん」

映画『重力ピエロ』
出典:Amazon.co.jp

今作の魅力は一風変わった言い回しやくすっと笑ってしまうセリフ!この言葉も面白いセリフの一つです。
整った容姿から女の子にモテモテだった春。そんな春のストーカーだった少女を、泉水は夏子さん(吉高由里子)と呼んでいました。春を追いかける季節といえば夏、そこから夏子さんと名付けたのです。他の作品では中々出会えない、独特な発想が魅力の名言ではないでしょうか

【名言③】「本当に深刻なことは、陽気に伝えるべきなんだよ」

正志の手術が終わるのを待っていた泉水と春。さらっと癌である事を告白してきた正志を心配していた泉水に、春が言ったセリフです。なかなか深い言葉ですよね。
様々な悲しい出来事を経験していく奥野家ですが、その度に明るく前向きな姿勢で乗り越えていきます。そんな家族の強い絆を表す今作の中でも人気の高い名言です!

【名言④】「悪者退治にはバッドと兄貴が付き物でしょ」

放火魔を捕まえようと泉水を誘う春が言ったセリフです。
映画の冒頭で強姦されそうになっていた同級生を助けるシーンが出てくるのですが、そこでも泉水にバッドを持ってきて貰っていた春。今作は伏線の回収は秀逸で物語が様々な形で繋がっていますそんな小さなネタに注目しながら見て頂けると、また違った楽しみ方ができますよ!

【名言⑤】「春は俺の子、俺の次男で泉水の弟。俺たちは最強の家族だ」

母と強姦した犯人の血を受け継いでいる春。自分が生まれてきて良かったのかずっと悩んでいました。そんな春に、正志が言った言葉です。
いつもは穏やかで陽気な性格ですが、いざという時は力強く頼りがいのある正志。とても魅力的な登場人物ですよね!正志の熱い家族愛を感じる感動的な名言です

【名言⑥】「俺の父親は、癌と戦ってるあの人だけだよ」

自分の本当の父親であり、母を強姦した犯人・葛城由紀夫(渡部篤郎)を昔住んでいた家へ呼び出した春。そこは母が葛城由紀夫に強姦された現場でもありました。過去のことを全く反省していない葛城由紀夫に「俺はお前の父親なんだよ!」と言われた春が返したのがこのセリフ。
たとえ血が繋がっていなくても、春と正志の間には揺るぎない絆がありました。2人の間にある強い親子愛を表した名言となっております!

【名言⑦】「大事な時はいつも兄貴がいたから、いないと不安なんだよ」

映画『重力ピエロ』
出典:Amazon.co.jp

実は放火も落書きも全て一人で行っていた春。わざと遺伝子に関係した落書きを残して、泉水へメッセージを送っていたのでした。泉水に「何で俺を呼んだんだ?」と聞かれた春が言うのがこの言葉です。
春にとって大事な時に側へいてくれる泉水はかけがえのない存在でした兄弟の深い絆が感じられる言葉ですよね。泉水と春のやり取りはとても魅力的なものばかりなので、ぜひじっくりセリフを噛み締めながら観て頂きたいです!

【名言⑧】「春は嘘をつく時、必ず唇を触る。お前は俺に似て嘘が下手だな」

春は、強姦したことさえ正当化しようとする葛城由紀夫に激昂し、泉水の前で葛城由紀夫を殴り殺してしまいます。犯人が春だとばれることはありませんでしたが、正志だけが泉水と春の異変に気づき、話を聞こうとします。そこで正志が言ったのがこのセリフ。
血の繋がっていない春と正志ですが、本当の家族の様に過ごしていたため癖がうつっていました。血の繋がりではなく過ごしてきた時間が家族の絆を生んでいたのです本当の家族愛を教えてくれる、感動的な名言となっております!

【名言⑨】「楽しそうに生きていれば、地球の重力なんて消してしまえるんだよ」

重力ピエロ 名言
出典:Amazon.co.jp

今作の中で、最も印象深いのがこのセリフ。泉水と春が小さい頃、4人でサーカスを見に行った時に正志が言った言葉です。
どんなに苦しくても笑顔を忘れず、前向きでいることの大切さを教えてくれる、とても感動的なセリフとなっております。『重力ピエロというタイトルに隠されたメッセージが分かるこの映画を象徴する名言です!

【名言⑩】「春が2階から落ちてきた」

あえて最後に紹介させて頂くこの言葉。2階から庭へ華麗に飛び降りる春を見た泉水の言葉です。
実は映画の始まりも終わりも同じセリフになっているのです!物語が一つの言葉で繋がっているという、とてもおしゃれでかっこいい展開ですよね。飛び降りる春の姿がまた魅力的で、一度見ると忘れられない名場面となっております。

まとめ

伊坂幸太郎さんの巧みなワードチョイスが光る『重力ピエロ』の名言集をご紹介させて頂きました。

どれも胸に刻まれる意味深い名言ばかりでしたね!血の繋がり以上の絆で結ばれた親子愛、小さい頃から支え合ってきた兄弟愛など、揺るぎない家族の愛の形を感じることができる素晴らしい映画となっております。
また、原作の小説では更に細かく描かれているので、『重力ピエロ』の世界をもっと味わいたい方におすすめです!

ここで紹介しきれなかった小ネタや名言もまだまだ沢山ありますので知る人ぞ知る名作重力ピエロをぜひご覧ください!