映画『アベンジャーズ』ネタバレ | MCUヒーロー大集結!

2008年『アイアンマン』から始まり、世界的な人気を博するアベンジャーズシリーズをMCU(マーベルシネマティックユニバース)といいます。2019年に公開されたMCUの集大成『アベンジャーズ エンドゲーム』は、世界累計興行収入歴代1位を更新しました。

その人気の秘密は、人並外れた能力を持つヒーローながら、妙に親近感の持てるキャラクターたちだといえるでしょう!

個性豊かなヒーローたちが初めて大集合した、記念すべき一作『アベンジャーズ』のあらすじをネタバレ全開で解説していきます。

『アベンジャーズ』を今すぐ
無料視聴
するならこちら!

映画『アベンジャーズ』ネタバレあらすじ

出典:映画『アベンジャーズ』予告編

宇宙にいる最強の敵サノスの差し金により、ソーの義弟ロキと宇宙種族チタウリが地球に襲来する。四次元キューブを手に入れるために無慈悲に地球人を襲うロキを止めるべく、国際平和維持組織シールドの長官フューリーは地球最強ヒーローチームを結成する。

招集されたのは、アイアンマン、キャプテンアメリカ、ソー、ハルク。そしてシールドのエージェントのブラックウィドウ、ホークアイ。それぞれの個性と正義感がぶつかり合う中、彼らは地球を守るため「アベンジャーズ」として手を取り、脅威に立ち向かう——!

以下、さらに詳しく映画『アベンジャーズ』のあらすじをネタバレ有で解説していきます!

【あらすじ①】ロキがシールドの基地から四次元キューブを盗む

アベンジャーズ
出典:映画『アベンジャーズ』公式Twitter

『マイティソー』(2011)で異空間に飛ばされたソーの義弟ロキは、宇宙種族のチタウリと取引をして地球襲撃にやってくる。

ロキは、四次元キューブ(テッセラクト)を奪い、シールドの基地とみられる施設を破壊した。ホークアイと、物理学者のエリック・セルヴィグを杖の力で操り、服従させる。

ホークアイの旧友であるナターシャ・ロマノフ(ブラックウィドウ)は、シールドのフィル・コールソンから知らせを受けて、駆けつける。

不遇の事態に、シールド長官は70年の氷漬けから目覚めたスティーブ・ロジャース(キャプテンアメリカ)をスカウトに向かい、ブラックウィドウはブルース・バナー(ハルク)に協力を求める。コールソンはトニー・スターク(アイアンマン)に出動依頼する。

そうしてシールドの拠点の船であるヘリキャリアでキャプテン、バナーは出会う。

【あらすじ②】アイアンマン、キャプテンアメリカ、ソーの3トップの初対面。

アベンジャーズ
出典:映画『アベンジャーズ』公式Twitter

ロキが地球で無慈悲な殺戮をしているのを止めるために、ナターシャとキャプテンが向かう。そこへ現れたトニーと、義弟ロキを母国アスガルドに連れ戻すために現れたソーが衝突する。ソーは雷神の力でハンマーを駆使して闘い、トニーもアーマーの最大限のパワーを使って応戦する。

そこへ仲裁に現れたキャプテンの、「ハンマーを置け」という発言に怒ったソーがキャプテンの盾にハンマーを振り下ろす。すると辺り一帯の木々が爆風と共に吹き飛び、トニー、キャプテン、ソーは我に返る。

ロキをヘリキャリアに連れ帰ったトニーらだったが、トニーの軽口に嫌気がさすキャプテン、キャプテンとそりが合わないトニー、自分の力を利用されたくないバナー、などそれぞれがいがみ合いを始める。

大喧嘩の最中、ホークアイがヘリキャリアを攻撃し船内に侵入してくる。

アイアンマンとキャプテンは力を併せて損傷部分を補修することで和解しはじめる。

【あらすじ③】超人ハルク覚醒

アベンジャーズ
出典:映画『アベンジャーズ』公式Twitter

混乱の中、バナーは超人ハルクに変身してしまう。ナターシャはどうにか逃げ切り、必死に止めようとするソーの力も及ばず、ハルクは戦闘機を奪いヘリキャリアを飛び出してしまった。

ホークアイと旧知の仲であったナターシャは熾烈な格闘を繰り広げ、ホークアイのロキによる洗脳を解くことができた。

ロキの術にかかったソーを助けようとしたコールソンが、ロキに殺されてしまう。ソーは地球に投げ出され、ハルクも姿を消す。

アイアンマンとキャプテンの尽力で墜落を免れたヘリキャリアで、残ったメンバーはロキの陰謀に気づき闘いの準備を始める。

【あらすじ④】NY大決戦

アイアンマンの「地球を滅ぼされたら必ず復讐(アベンジ)する」というセリフを封切に、チタウリの軍隊がNYにやってくる。ソーとハルクも街に戻り、アベンジャーズ全員が力を合わせて戦う。米軍が発射した核ミサイルを抱えたアイアンマンは、四次元キューブによって作られた宇宙との繋がる穴に果敢に飛び込む。ナターシャが穴を塞ぐと同時に、アイアンマンはどうにか脱出する。

アベンジャーズ
出典:映画『アベンジャーズ』公式Twitter

【あらすじ⑤】戦いを終えて

チタウリを追い出し、ロキと四次元キューブを確保したアベンジャーズはそれぞれ散り散りになる。ロキを連れてソーはアスガルドストーンを持ち帰る。世間では、驚異的なパワーを持ったヒーローたちを野放しにすることへの疑念の声も上がるが、長官フューリーは新たな世界の敵に備えてアベンジャーズの活躍を期待する。

「奴らに手を出せば死を招くことになる」と言いながら、最強の敵サノスが不敵に笑うのだった。

『アベンジャーズ』のキャスト

トニー・スターク(アイアンマン)/ローバート・ダウニー・jr

アベンジャーズ出典:映画『アベンジャーズ』公式Twitter

1965年アメリカ、マンハッタン出身。5歳の時子役デビューし、1992年『チャーリー』で英国アカデミー賞主演男優賞を受賞。2001年ドラマ『アリーマイラブ』でゴールデングローブ助演男優賞、2009年『シャーロックホームズ』でゴールデングローブ賞主演男優賞を受賞。しかし、幼少期から父親の影響で始めたドラッグとアルコールに溺れ、1994年から2001年まで幾度となく逮捕されます。その間も高い演技力から、オファーは絶えず、リハビリに励み2003年に克服。

2008年『アイアンマン』のオーディションで圧巻の役作りを披露し、見事役を獲得。ジョン・ファブロー監督が「波乱万丈なキャリアがキャラクターに深みを加える」として推したのが大成功し、MCUのリーダー的存在として活躍しています。

スティーブ・ロジャース(キャプテンアメリカ)/クリス・エヴァンス

アベンジャーズ出典:映画『アベンジャーズ』公式Twitter

1981年アメリカ、マサチューセッツ州出身。2000年ごろから映画やテレビドラマに出演。2005年マーベルの『ファンタスティックフォー』でヒューマン・トーチ役で注目を集めた後、2011年『キャプテンアメリカ/ファーストアベンジャーズ』で人気を確立しました。大の愛犬家として知られ、2015年『Gifted』の撮影時に動物保護施設から犬を保護して飼っています。2019年Netflix配信映画『紅海リゾート/奇跡の救出計画』に出演。ライアン・ジョンソン監督の公開予定作品『Knive Out』にダニエル・クレイグ、ジェイミー・リー・カ―ティスらと共演しています。

ナターシャ・ロマノフ(ブラックウィドウ)/スカーレット・ヨハンソン

アベンジャーズ出典:映画『アベンジャーズ』公式Twitter

1984年アメリカニューヨーク出身。

幼少期から演劇学校で演技を学び、1994年『ノース 小さな旅人』で映画デビュー。

2001年『ゴーストワールド』でトロント映画評論家協会助演女優賞を受賞し注目を集めました。2003年『ロストイントランスレーション』『真珠の耳飾りの少女』で演技力を評価されてベネチア国際映画祭ブレイク女優賞受賞。英国アカデミー賞では両作とも主演女優賞にノミネートされました。『シェフ三ツ星フードトラックはじめました』ではジョン・ファブローと再共演。『her』『SING』『犬が島』では声の主演もこなす。セクシーな魅力のみならず、アクションもこなす実力派として人気女優のひとりです。

マイティソー/クリス・ヘムズワース

アベンジャーズ出典:映画『アベンジャーズ』公式Twitter

1984年オーストラリア、メルボルン出身。オーストラリアのテレビドラマで俳優デビュー。2009年『スタートレック』の主人公カーク船長の父親役で注目を集めた後、2011年『マイティ・ソー』で人気を確立しました。リメイク版『ゴーストバスターズ』では抜群のコメディセンスを発揮。2019年『メンインブラック』では『マイティ・ソー/バトルロイヤル(ラグナロク)』で共演したテッサ・トンプソンと共に出演しています。兄弟のルーク・ヘムズワース、リアム・ヘムズワースも俳優として活躍中です。

クリント・バートン(ホークアイ)/ジェレミー・レナー

アベンジャーズ出典:映画『アベンジャーズ』公式Twitter

1971年アメリカ、カリフォルニア州出身。2002年『ジェフリー・ダーマ―』でインディペンデントスピリット賞主演男優賞にノミネート。『S.W.A.T 』『28週後……』『プリズナーズ』に出演。2009年アカデミー作品賞を受賞したキャスリン・ビグロー監督の『ハートロッカー』では主演男優賞ノミネート。ほかの映画賞でも数々の賞にノミネートされました。2010年『ザ・タウン』でもその演技力を評価されアカデミー助演男優賞にノミネート。ゴールデングローブ賞にも初めてノミネートされました。人気シリーズの『ボーンレガシー』にも出演。歌手としても活動しており、テレビ番組でホークアイをいじる歌を歌うなど、おちゃめな一面もあります。

ブルース・バナー(ハルク)/マーク・ラファロ

アベンジャーズ出典:映画『アベンジャーズ』公式Twitter

1967年アメリカ、ウィスコンシン州出身。バーテンダーをしながら舞台俳優として活動をしていましたが、2000年の『ユー・キャン・カウント・オン・ミー』で注目され、モントリオール世界映画祭男優賞とロサンゼルス映画批評家協会賞ニュージェネレーション賞を受賞。2010年映画『キッズ・オールライト』でニューヨーク映画批評家協会賞助演男優賞受賞。初めてアカデミー助演男優賞にもノミネートされました。出演作は『コラテラル』『ゾディアック』『シャッターアイランド』など多数あります。『フォックスキャッチャー』『スポットライト』でもアカデミー助演男優賞にノミネートされた実力派俳優のひとりです。

まとめ

『アベンジャーズ/エンドゲーム』で一区切りを迎えたMCUですが、鑑賞後には『アベンジャーズ』を再び観たくなるはずです。そこには、観た人にだけわかる興奮と感動が待っています。約10年かけて作り上げられた、ヒーローたちの軌跡。その始まりは『アベンジャーズ』にあります。

まだ鑑賞していない方は、是非ご覧になってみてくださいね。