『きみに読む物語』あらすじ•ネタバレ徹底解説!キャストの撮影秘話もご紹介

 

「一番好きな恋愛映画」として『きみに読む物語』をあげる人は少なくありません。主人公ノアの生涯かけた愛情表現に、ラストは拍手を贈りたくなる壮大なラブロマンス。’’実在したふたりの物語’’を『シーズ・ソー・ラヴリー』の監督ニック・カサヴェデスが色鮮やかに表現しています。

今回は、興行的にも大成功をおさめた『きみに読む物語』のあらすじや制作秘話をご紹介します!愛あふれる人生に、今日は酔いしれてみませんか?

実話を基にした大ヒット小説を映画化!『きみに読む物語』について

1996年に大ヒットした同名小説を『シーズ・ソー・ラヴリー』、『ダメ男に復讐する方法』のニック・カサヴェデスが映画化した『きみに読む物語』

2005年に公開され、全米興行収入は81億、本監督史上最高の記録となりました。甘くて切ない’生涯かけた大恋愛’の主人公を演じたのは『ラ・ラ・ランド』のライアン・ゴスリングと、カナダ出身の人気女優・レイチェル・マクアダムス作中でも印象的に描かれるキスシーンは多くの観客を魅了し、ふたりはその年のMTVムービー・アワードにて「ベストキス賞」を受賞しています!

原作者であるニコラス・スパークスは、発表した18作品のうち、『メッセージ・イン・ア・ボトル』など11作品が映画化されている人気作家。そして本作は実話がベースで、モデルとなったのはニコラス・スパークスの妻の祖父母でした。「こんなふたりが現実にいる」ということが、映画をよりロマンチックに仕立てあげています!

10秒でわかる『きみに読む物語』の簡単なあらすじ 

映画『きみに読む物語』予告編

ざっくりあらすじとある介護施設。アルツハイマーを患った老女に、ひとつの’物語’を聞かせる男がいた。

’物語’の舞台は1940年代のアメリカ。ワガママで気の強い17才のアリー・ハミルトン(レイチェル・マクアダムス)はバカンスに訪れた田舎町で、ノア・カルフーン(ライアン・ゴズリング)と出会い恋に落ちる。

しかしアリ―は裕福な家庭の令嬢、ノアは材木置き場で働く貧乏な青年だった。アリ―の両親に引き裂かれたふたり。やがてノアは戦争へ出向き、その間にアリ―は新たな恋を知り、婚約するが、ノアの姿が心から離れない。そして運命の糸は、もう一度ふたりをつないだ。「すてきな話ね」と’物語’の続きをせかす老女。翌日には忘れてしまう彼女に、なぜ男は何度も、ていねいに語りつづけるのか――。

『きみに読む物語』は冒頭からラストまで、心をスクリーンのなかに奪われてしまう美しいい映画です。色鮮やかでポップに描かれた恋におちていくふたりのチャーミングさに、思わず笑顔がこぼれます。全編とおして散りばめられた「ノアのまっすぐで情熱的な愛情表現」も見どころ。

そして本作最大の特徴は、’何度も繰り返して観たくなる’ということ!ラストを知っているからこそ切なさが増し、ふたりの温かい人生に心を打たれるのです。映画史に残る名セリフと名場面を数多く生み出した一作!

『きみに読む物語』のネタバレあらすじ 

ここからは、ネタバレ全開で『きみに読む物語』のあらすじを詳しく解説していきます!

【あらすじ①】物語はノアのひとめぼれから始まった

きみに読む物語 あらすじ
出典:映画『きみに読む物語』公式Facebook

とある老人介護施設。アルツハイマー型認知症を患った老女のもとに、ひとりの男が現れる。彼の名はデューク(ジェームズ・ガーナ―)。デュークは毎日、老女にある’物語’を聞かせていた。老女は彼のことも、’物語’のことも日々忘れてしまう。それでもデュークはていねいに’物語’をくりかえすのだった――

場面は1940年6月、フェスティバルの夜へと切り替わる。材木置き場で働く貧乏な青年・ノアは、ひとりの少女に出会った。彼女の名はアリー。天真爛漫でキュートな笑顔を持つアリーに、ノアはひとめぼれした。アリーは資産家の令嬢で、夏のバカンスとしてノアの住む町・シーブルックを訪れていたのだった。

そしてアリ―もまた、ノアの自由でやわらかい人柄に徐々に惹かれ、ふたりは恋仲に。ノアが案内した農場でアリーは’理想の家’について語る。いつかアリ―の理想の家を建てることを約束するノア。ふたりは夏の清々しさのなかで、はしゃぐように恋を楽しんでいた。そしてその恋は永遠のものだと、お互いに感じていた。

しかしそんなふたりの仲をアリ―の両親は許さない。ノアの貧しさや学歴の無さを見下す両親とアリーは、激しくぶつかった。アリーの必死の抵抗もむなしく、両親は強引にバカンスを切り上げ、シーブルックを離れる。

――「それで、ふたりはどうなったの?」続きをせがむように、老女は’物語’に夢中だった。

【あらすじ②】365日出し続けたラブレターと離れるふたり

きみに読む物語 あらすじ
出典:映画『きみに読む物語』公式Facebook

遠く距離の離れてしまったノアとアリー。ノアは1日1通、アリ―へと手紙を出し続けた。しかしアリーの母親によって、その手紙がアリ―に届くことは無かった。手紙を出し続けてちょうど1年、ノアは自分の気持ちに区切りをつけるため、’最後の手紙’を出した。

そのすぐあと、アメリカはドイツとの戦争を開始。ノアは軍隊に入り、戦地へと向かった。いっぽう、アリーは大学に通いながら、ボランティアとして軍人施設で看護活動にあたっていた。

そんななか、ひとりの軍人がアリーをデートに誘った。彼の名はロン(ジェームス・マースデン)。ノアとの恋から時が経っていたこともあり、アリーはロンを受け入れる。ハンサムでスマートなロンは、大富豪の孫でもあった。当然のごとく、アリーの両親もロンを気に入った。そして、プロポーズ。アリーは’YES’と答えたのだった。

戦争から帰還したノアはシーブルックに戻り、かつてアリーを連れて行った農園を買った。そして農園にあった古い家を自力で改築し、アリーが語ったとおりの家を造りあげた前向きに生きていたノアだったが、アリーがロンと一緒にいるところを目撃してしまう。さらに追い打ちをかけるように愛していた父が死亡。ノアは心を打ちひしがれる思いだった。

新しい人生を生きようとするアリー。対してノアは、「愛するように努力はしているけど、できないんだ……」と、未亡人と身体だけの関係をつづけた。

【あらすじ③】7年の時を越えて再会したふたり

きみに読む物語 あらすじ
出典:映画『きみに読む物語』公式Facebook

アリーは結婚式の準備に忙しくしていた。アリーの母も、周りも、すべての人がアリーとロンを祝福し、婚約を喜んだ。しかし、ちょうどウェディングドレスを選んでいるとき、手にした新聞にノアが掲載されていた。ノアの写真を目にしたアリーは大きく動揺し、居ても立ってもいられずシーブルックへと向かった。

じつに7年ぶりの再会を果たしたアリーとノアは、燃え上がる愛情を抑えきれない。「早く結末が知りたいわ」と’物語’の続きをせがむ老女。そこへデュークの子どもたち家族が訪れた。デュークは老女を紹介し、「はじめまして」と挨拶をかわす。

昼寝のために老女が席を離れると、子どもたちは「ママは何も思い出さないわ。パパがここに住むなんて馬鹿げてる。おねがい、帰ってきて」と語りかける。そう、デュークと老女は夫婦だった。「ママは最愛の人だ。離れるつもりはない」デュークは老女のためだけに、施設で暮らしていたのだった。

【あらすじ④】永遠の愛へ、奇跡を起こすふたりのラスト

きみに読む物語 あらすじ
出典:映画『きみに読む物語』公式Facebook

ノアが出し続けた手紙をアリーの母親が隠していたことにも気づき、ふたりは7年分の時間を取り戻すかのように過ごしていた。しかし当然、平和な時間はそう長く続かず、アリーの母とロンがふたりのもとに現れる。

アリーに、ノアと別れるように諭すロン。揺れ動くアリーの心。優柔不断なアリーに、ノアは強い口調で決断をせまる。ノートを閉じたデュークは「アリーはロンのもとへ戻って、めでたしめでたしだよ」とその日の’物語’を終えようとした。

そのとき、すぐに老女は「ちがう」と、アリーがノアを選んだことに気づいた。そして、アリーという女性は自分の事で、ノアは目の前で’物語’を語るデュークなのだということにも……。「それは、わたしたちよね。わたしたちの’物語’だわ」ふたりは記憶の再会を喜び、ダンスを踊る。しかし、アルツハイマーを患っているアリー。思い出した記憶さえもまたすぐに忘れてしまった。

デュークはベッドで’物語’が書かれているノートをめくる。そこにはこう書かれていた。’’愛の物語 アリー・カルフーン著 最愛のノアへ これを読んでくれたら、わたしはあなたの元へ’’

翌日、デュークは心臓発作を起こした。一命は取りとめたデュークだったが、自分の死期を悟ったかのようにアリーのもとへと向かう。眠っているアリーをそっと起こすと、「ノア」とアリーが言う。アリーは記憶を取り戻していた。

「わたしたちの愛が、奇跡を起こすと思う?」
「ああ、思うよ」
「わたしたち一緒に死ねるかしら……?」
「ぼくらの愛に不可能はないからね」

ふたりは愛を語り、「おやすみ」と眠りにつくアリー。デュークは「また会おう」と返した。アリーとデュークは手をしっかりとつないだまま、ともに深い眠りについたのだった。

『きみに読む物語』のキャスト

ノア/ライアン・ゴスリング

きみに読む物語 あらすじ
出典:映画『きみに読む物語』公式サイト

本作で一途な愛を全身で表現したのは、ライアン・ゴスリングです。子役から活躍し12才のころにはディズニーチャンネルにも出演していますが、ブレイクのきっかけとなったのは本作。

さて、そんなキャリアの長いライアン・ゴスリングですが、出演する映画にはハズレなし!ドラッグ中毒の教師を演じた『ハーフネルソン』や、言わずと知れた彼の代表作『ラ・ラ・ランド』など、出演作のチョイスセンスが抜群です。2019年には『ラ・ラ・ランド』の監督とふたたびタッグを組んだ映画『ファースト・マン』が注目をあつめました。

アリー/レイチェル・マクアダムス

きみに読む物語 あらすじ
出典:映画『きみに読む物語』公式Facebook

アリーの持つ奔放な魅力、わがままでチャーミングな可愛さをみごとに演じたのは、レイチェル・マクアダムス。

ライアン・ゴスリング同様に、本作でブレイクを果たした女優です。出身地であるカナダの大学で演技を学び、カナダを拠点に活躍後、2002年に公開された『ホットチック』にてハリウッドデビュー。2018年には第1子を出産し、雑誌『ガールズ・ガールズ・ガールズマガジン』にて授乳ショットを公開したことが話題になりました。

『きみに読む物語』は制作秘話もロマンチック! 

きみに読む物語 あらすじ
出典:映画『きみに読む物語』公式Facebook

主演ふたりのラブロマンスが報じられるなど、『きみに読む物語』の周りにはロマン溢れるできごとが多く起こりました。今回はロマンチックな制作秘話をピックアップして紹介します!

主演ふたりの不思議な偶然

アリーを演じたレイチェル・マクアダムスと、ノアを演じたライアン・ゴスリング。じつはこのふたり、同じカナダ出身です。そして驚くべきは、なんと生まれた病院まで一緒!さらにその後育った町も同じふたりですが、『きみに読む物語』の出演で初めて知り合います。ロマン溢れる映画に、ロマン溢れる偶然、なんとも素敵な話です。

体当たりで役作りに挑んだライアン・ゴスリング

ノア役にライアン・ゴスリングが抜擢された理由に、「ほかのハリウッド俳優と違ってハンサムじゃなく、ちょっとおかしな普通の人っていう感じがするから」とニック・カサヴェデス監督は語っています。彼がハンサムかどうかは好みによりますが、本作のなかでは間違いなく魅力たっぷりな男性。

ライアン・ゴスリングはノアを演じるため、実際に家具職人のもとへ弟子入りしたり、撮影中の数週間で10数キロの減量を成功させたり。まさに体当たりで役作りに挑みました。ディナーシーンで使用されているテーブルは、実際にライアン・ゴスリングが作ったものだそう!それだけ真摯に役と向き合うライアン・ゴスリングだからこそ、ノアを演じきれたのかもしれませんね。

名シーンの白鳥は卵から育てていた!

きみに読む物語 あらすじ
出典:映画『きみに読む物語』公式Facebook

『きみに読む物語』にはたくさんの名シーンがありますが、なかでも「湖でのボートがお気に入り!」という人は多いのではないでしょうか?あのシーンは、主人公ふたりに近づく白鳥たちが印象的で、場面の美しさを高めてくれていますよね。

じつはあの白鳥、野生ではありません!なんとスタッフが卵を購入して孵化させ、さらにボートを追いかけるようにしつけまでしていたんです。「美しい映画を撮る」という監督のこだわりが感じられるエピソードですよね。

レイティングのために濃厚ラブシーンをカット!

大人になり再会したアリーとノアが燃え上がるラブシーン。じつはあのシーン、映画以上に濃厚なものが撮影されていたそう。しかしレイティングをできる限り下げるために思い切ってカット。『きみに読む物語』はPG-13で公開され、多くのティーンにも届けることができました。

その結果、本作はアメリカのティーンがWEB上で投票する「ティーン・チョイス・アワード」で数々の賞を受賞!

『きみに読む物語』ちょっと気になる噂話の疑問解消

きみに読む物語 あらすじ
出典:映画『きみに読む物語』公式Facebook

ドラマ化はどうなったの?

2015年、『きみに読む物語』がドラマ化というニュースが入ってきました。米CWテレビジョン・ネットワークがドラマ化の企画を立ち上げ、日本のファンのあいだでも話題に。しかしいつまで経っても「ドラマ放送開始」のニュースが入って来ない……。じつは脚本家が見つからず、保留になってしまっていました。すでに4年も経っていますから、企画自体流れたのかもしれませんね。

どこまでが実話?

冒頭でも解説したとおり、『きみに読む物語』は実話がベースです。実際のふたりは63年間も連れ添ったそう。あまりにもドラマチックなストーリーから、「実話がベースとはいえ、脚色のほうがだいぶ多いのでは……?」と感じてしまいますが、映画のなかに出てきたエピソードはほとんどが実際にあったこと!

主演のライアン・ゴスリングもインタビューのなかで言っていましたが、「誰にでも起きる話ではないけど、確実に存在する愛」ということです。ノアのように一途に愛してくれる相手に出会えることは、最高の贈り物ですね。

『きみに読む物語』あの名セリフはアドリブだった!

きみに読む物語 あらすじ
出典:映画『きみに読む物語』公式Facebook

大ヒットした小説が原作とだけあり、『きみに読む物語』にはたくさんの名セリフがあります。なかでもファンの間で話題となったのは、せっかく再会を果たしたのに、再び去ろうとするアリ―をノアが引き留めるシーンでした。

’’Will you do something for me,please? Just picture your life for me? 30 years from now,40 years from now,What’s it look like? If it’s with him,go.GO!!!! I lost you once,I think I can do it again if I thought that’s what you really wanted….but don’t you take the easy way out!!!’’
「お願いだ、ちょっと想像してみてくれ。30年後、40年後はどうなってる?もし奴といたいなら今すぐ行け。行くんだ。おれは一度きみを失ってる、本当にきみの望むことだと思えばまたきっと耐えられるさ。でも無難に選ぶな!」

優柔不断なアリーに情熱的に語りかけるノア。さかのぼると、序盤でふたりが出会ったころからノアは、「きみは自由だ」「自分をおさえるな」という言葉で、アリーの’素の部分’を引き出していたこともありました。
籠の中の鳥のように生きてきたアリーにとって、ノアは唯一自我を取り戻してくれる存在でもあったんですね。

そしてこのセリフのあと、ノアはさらに強い言葉をアリーにかけます。

’’Would you stop thinking what everyone wants? Stop thinking about what I want,what he wants,what parents wants……What do you want? What do YOU want?’’
「まわりが何を求めてるかなんて考えるのやめろよ。おれが何を求めてるかも、奴のことも、親のことも考えるな。’’きみは’’どうしたいんだよ?」

じつはこの部分は、ライアン・ゴスリングのアドリブだったんです!役に入り込んだライアン・ゴスリングが発したナチュラルなこの言葉に、いっそう強い魂を感じざるを得ません。
ほかにも『きみに読む物語』からは、多くの名セリフが誕生しています。ぜひお気に入りのセリフを見つけてくださいね。

まとめ

若き日のアリーとノアが魅せる、チャーミングで情熱的な恋。そして年老いたふたりが魅せる、穏やかで温かい愛。言葉どおり’永遠の愛’を手にしたふたりの最期は、人生の儚さと美しさを見せてくれます。何度観ても、心が愛であふれる名作恋愛映画です!

きみに読む物語  【英語有り】一途で真っ直ぐな愛にときめく『きみに読む物語』の名言集 胸キュン映画 【洋画編】海外の胸キュン映画おすすめ25本 | 大人な恋愛に憧れるあなたに