映画の街・京都が舞台のおすすめ映画15選 | はんなり気分に浸りたいあなたに!

スポンサーリンク

京都は映画発祥の地、「日本のハリウッド」とも呼ばれます。長い歴史がありながら、大胆な挑戦にも寛容なお土柄。京都を舞台にした作品には、新しいものを創りたい!というキャストや監督の想いが溢れています。そんなおすすめの京都映画15選をご紹介します。

【2019年公開】最新イチオシ京都映画5選

2019年公開の京都映画は、まさにフルラインナップ状態!泣かせるラブストーリーから伝統の青春時代劇、話題満載のコラボ作品からアニメの感動大作までが揃います。

京都のエネルギーがキャストや監督にも伝わって、ハイテンションな作品が目白押し。キャストのお導きで、京都からパワーをもらっちゃいましょう!

1.嵐電(らんでん)

「この電車に乗ればどこまでだって行けますよ」

京都 舞台 映画
出典:映画『嵐電』公式Facebook

あらすじ

出典:映画『嵐電』予告編

嵐電は京都市内と嵐山を結んで、100年も前から走り続けている歴史ある路面電車。沿線にある太秦(うずまさ)は日本映画発祥の地と呼ばれ、創生期から映画の撮影が続いているお土柄。

そんな嵐電が走る街に、3人の男女が集まる。鎌倉から来たノンフィクション作家・衛星(井浦新)、修学旅行で来た青森の女子高校生・南天(窪田環)、沿線の太秦(うずまさ)のカフェで働く嘉子(大西礼芳)。3人は嵐電が縁になって、不思議な恋に出会う。

京都が舞台!心が震える映画の必見ポイントはここだ!

嵐電は太秦(うずまさ)の撮影所に通う映画関係者が、100年も前から利用してきた電車です。そんな嵐電沿線で起きる3つの恋物語は、『嵐電』という映画の中でさらに3つの映画が演じられているような、不思議な感覚を観るものに与えてくれます。

「みんなが映画の登場人物なんだよ」と言っているような作品『嵐電』。映画を観た後は、ロケ地マップを片手に映画の登場人物になってみるのもおすすめです。

こんな人にはおすすめ

  • 路面電車が育む「ご縁」を追体験して心を癒されたい人
  • 京都+映画+路面電車というゴールデン・トライアングル体験をしてみたい人
  • 太秦という京都の映画文化を身近かに感じたい人
  • 鉄道を愛してしまっている鉄ちゃん!(決して鉄道だけの映画じゃないですが)

こんな人には向かないかも

  • あっと驚くようなドラマチックな展開を期待している人
  • 路面電車・嵐電のことだけををひたすら知りたい人

基本情報

上映時間:114分
監督:鈴木卓爾(すずきたくじ)
出演者:平岡衛星(井浦新)、平岡斗麻子(阿部聡子)、小倉嘉子(大西礼芳)、吉田譜雨(金井浩人)、北門南天(窪瀬環)、有村子午線(石田健太)
受賞歴:第11回TAMA映画祭 最優秀男優賞(井浦新)、最優秀作品賞
公開日:2019年5月24日

2.多十郎殉愛記(たじゅうろうじゅんあいき)

「なんで俺はここにいる」

京都 舞台 映画
出典:映画『多十郎殉愛記』公式サイト

あらすじ

映画『多十郎殉愛記』予告編

清川多十郎(高良健吾)は長州を脱藩した凄腕の浪人。幕末の京都で、居酒屋の用心棒に身を落としている。居酒屋のおとよ(多部未華子)は多十郎に想いを寄せている。

多十郎が無為に日々を過ごすうち、故郷の長州から弟の一馬(木村了)が上洛。自堕落な多十郎を諫めている時も時、京都を取り締まる見廻組が急襲、一馬は負傷してしまう。

おとよを一馬に託した多十郎は、二人を逃すための囮(おとり)になり、見廻組との凄惨(せいさん)な斬り合いに向かう。

京都が舞台!心が震える映画の必見ポイントはここだ!

京都が誇る時代劇の伝統を、今に甦(よみが)えらせる作品。京都がいちばんテンションが高かった時代を再現するために、キャストや監督(巨匠・中島貞夫20年ぶりの監督作品)はもとより、殺陣・美術・道具など京都映画の伝統を総動員して創り上げた作品です。

そんな気合いに、多十郎を演じる高良健吾が応えます。ラスト30分の壮絶な斬り合いのシーンに心が震えます。

こんな人にはおすすめ

  • 時代劇と正面から取っ組み合う高良健吾の役者魂に触れたい人
  • 京都の伝統、正統派の時代劇を観たい人
  • 本格的な殺陣(たて)のシーンを観たい人

こんな人には向かないかも

  • 時代劇やちゃんばらに抵抗感がある人
  • 残酷なシーンに抵抗感がある人

基本情報

上映時間:93分
監督:中島貞夫
出演者:清川多十郎(高良健吾)、おとよ(多部未華子)、清川一馬(木村了)、溝口蔵人(寺島進)
受賞歴:-
公開日:2019年4月12日

\おためし31日間無料!映画取扱数NO1のU-NEXTでみる!/

3.刀剣乱舞

「<守るべきもの>を守る戦い」

京都 舞台 映画
出典:映画『刀剣乱舞』公式サイト

あらすじ

映画『刀剣乱舞』本予告

日本の名刀を男子に擬人化したシミュレーション・ゲームがオリジナル。「刀剣男子」と呼ばれる切れ味鋭い名刀を集めて、合戦場で敵と戦い抜く。

実写版「刀剣乱舞」の時代は西暦2025年。舞台は京都・本能寺。過去に遡り(さかのぼり)、暗殺された織田信長を助け出すことで、歴史を変えてしまおうとする軍団・時間遡行軍。これに対し、かつての名刀を目覚めさせた「刀剣男子」のチームが結成され、過去に派遣される。ミッションは「歴史を守れ!」。

しかし本当に守るべきなのは「歴史」なのか、「織田信長」なのか!?

京都が舞台!心が震える映画の必見ポイントはここだ!

単なるアニメーションの実写化ではありません!実在のイケメンたちが「刀剣男子」を演じています。名刀として擬人化された「刀剣男子」たちの殺陣(たて)が、美しい舞いのようです。

京都には、名刀を創った名匠が祀(まつ)られていたり、名刀が奉納された神社が数多くあります。聖地巡礼はゆかりの神社がおすすめ!

こんな人にはおすすめ

  • 美しいイケメンの美しい舞いや殺陣が観たい人
  • 京都が誇る刀剣文化に触れてみたい人
  • ゲームやアニメの『刀剣乱舞』ファン(もうひとつの『刀剣乱舞』の世界を体験できます)

こんな人には向かないかも

  • 日本刀などの刀剣文化にまったく興味がない人
  • ゲームやアニメの実写化に抵抗感がある人

基本情報

上映時間:102分
監督:耶雲哉治(やくもさいじ)
出演者:三日月宗近(鈴木拡樹)、山姥切国広(荒牧慶彦)、薬研藤四郎(北村諒)、へし切長谷部(和田雅成)、日本号(岩永洋昭)、骨喰藤四郎(定本楓馬)、不動行光(椎名鯛造)、倶利伽羅江(土屋神葉)
受賞歴:-
公開日:2019年1月18日

\おためし31日間無料!映画取扱数NO1のU-NEXTでみる!/

4.劇場版響け!ユーフォ二アム〜誓いのフィナーレ〜

「もっと、もっと 強くなれる」

京都 舞台 映画
出典:映画『劇場版響け!ユーフォニアム〜誓いのフィナーレ〜』公式Twitter

あらすじ

映画『劇場版響け!ユーフォニアム〜誓いのフィナーレ〜』予告編

物語の舞台は京都・北宇治高校吹奏楽部(ユーフォニアムとはヒロイン久美子が担当する楽器のこと:画像参照)。昨年、全国大会に出場した北宇治は、春になって新入部員を迎え、今年こそは全国優勝を合言葉に練習に励む久美子たちに、次々問題が降りかかる。果たしてコンテストの行方は。

京都が舞台!心が震える映画の必見ポイントはここだ!

北宇治高校があるのは京都の宇治市。この街で久美子たち吹奏楽部の物語が始まります。この映画の魅力は、個性的な登場人物たち、吹奏楽シーンのリアルさ、物語の背景である京都・宇治市の風景です。

互いにぶつかり、悩み、それでも前を向く久美子たちの高校生活を、ゆっくりと流れる宇治川が包みます。制作は作品の品質の高さで定評のある京都アニメーション。

こんな人にはおすすめ

  • 作り込まれた映像と音楽、驚愕(きょうがく)の演奏シーンに感動したい人
  • 傷つき、悩み、それでも楽しかった高校生時代の気分に浸りたい人
  • 京都が好き。映画を思い出しながら聖地巡礼したい人

こんな人には向かないかも

  • アニメーション映画にはどうしても感情移入が難しい人
  • 吹奏楽に関心を持てない人

基本情報

上映時間:100分
監督:石原立也
出演者:黄前久美子(黒沢ともよ)、加藤葉月(朝井彩加)、川島緑輝(豊田萌絵)、高坂麗奈(安済知佳)、久石奏(雨宮天)、月永求(土屋神葉)、鈴木美玲(七瀬彩夏)、鈴木さつき(久野美咲)、吉川優子(山岡ゆり)、中川夏紀(藤村鼓乃美)、塚本秀一(石谷春貴)
受賞歴:-
公開日:2019年4月19日

5.HELLO WORLD(ハローワールド)

「たとえ世界が壊れても、もう一度、君に会いたい」

京都 舞台 映画
出典:映画『HELLO WORLD』公式Twitter

あらすじ

映画『HELLO WORLD』予告編

2027年の京都に住む高校生・堅書直美(北村拓海)は、ある日、10年後から来た自分自身(松坂桃李)の訪問を受ける。未来の自分に告げられたのは、これから恋人同士になる一行瑠璃(浜辺美波)と、初めてのデートの時に天災で死別する運命。

頼まれたのは、瑠璃の運命を変える手助け。平凡な高校生だった直美は、死の運命を回避するために、未来の自分から特訓を受けることになる。

京都が舞台!心が震える映画の必見ポイントはここだ!

10年後の自分がセンセイ。誰もが一度は夢見るそんな関係の中で、平凡な高校生だった直美が成長していく物語。直美を見つめる10年後のナオミの、優しいまなざしに心が震えます。

舞台となる2027年の京都が、変わる姿・変わらない姿の両面から、美しく描かれます。喜撰橋・朝霧橋・京都タワー・伏見稲荷神社・鴨川デルタ・東寺など、京都を代表するスポットが見どころ。

こんな人にはおすすめ

  • SFが好き。いつもこんなことがあったらなぁと妄想気味な人
  • ゲームが好き。自分で運命を切り開いていくゲームにはまる人
  • 京都の美しい風景が好きな人

こんな人には向かないかも

  • アニメーション映画にはどうしても感情移入が難しい人
  • 荒唐無稽(こうとうむけい)な物語にはついていけないと感じる人

基本情報

上映時間:98分
監督:伊藤智彦
出演者:堅書直美(北村拓海)、未来のカタガキナオミ(松坂桃李)、一行瑠璃(浜辺美波)、カラス(釘宮理恵)
受賞歴:-
公開日:2019年9月20日

京都が舞台の恋愛映画

京都は若い人たちの街です。多くの大学があり、美大の数も東京に次いで多い街・京都。そんな京都には、まっすぐなラブ・ストーリーが似合います。心が震えます。京都を舞台にした、目の覚めるようなラブ・ストーリーをご紹介します。

6.ぼくは明日、昨日のきみとデートする

「たった30日恋するためにぼくたちは出会った」

京都 舞台 映画
出典:映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』公式Twitter

あらすじ

小説家・七月隆文原作(第三回京都本大賞受賞作)。

京都の美大に通う大学生・南山高寿(福士蒼汰)は、ある日、通学電車でどこか不思議なところのある愛美(小松菜奈)に出会う。一目で恋に落ちた高寿は「あなたにひと目惚れしました」と告白し、愛美は「あなたの未来がわかるって言ったらどうする?」と応えた。それが二人の始まりだった。

京都が舞台!心が震える映画の必見ポイントはここだ!

住む世界と時間が違う恋人同士。そんな二人が、懸命に二人で過ごす時間を大切にしようとする姿に心が震えます。二人が過ごす街は京都。京都精華大学・京都市動物園・三条大橋・伏見稲荷神社・鴨川デルタにたたずむ二人の姿が、目に焼き付いて離れません。

こんな人にはおすすめ

  • 美しい京都を背景に、不思議な物語に浸りたい人
  • どうしようもなく純粋なラブ・ストーリーを観て、思い切り泣きたい人
  • 恋人と一緒に京都を旅してみたい人

こんな人には向かないかも

  • SFのような荒唐無稽(こうとうむけい)な物語には感情移入できない人
  • うっかりだとしても人前では涙を流したくない人

基本情報

上映時間:111分
監督:三木孝浩
出演者:南山高寿(福士蒼汰)、福寿愛美(小松菜奈)、上山正一(東出昌大)、林(山田裕貴)、南山たかもり(大鷹明良)、南山えいこ(宮崎美子)
受賞歴:無
公開日:2016年12月17日

\おためし31日間無料!映画取扱数NO1のU-NEXTでみる!/

7.逆光の頃

「まぶしいけど、耐えてじっと見つめます」

京都 舞台 映画
出典:映画『逆光の頃』公式Twitter

あらすじ

映画『逆光の頃』予告編

孝豊(高杉真宙)は、京都で暮らす17歳の高校生。夢みがちな孝豊が、同じクラスの公平(清水尋也)との友情、幼なじみのみこと(葵わかな)との初恋、伝承工芸士の父(田中壮太郎)との確執などを通じて、ゆらめきながら成長していく物語。

現実と格闘してぼろぼろになった時、見えなかった明日に少しだけ光が射してくる。

京都が舞台!心が震える映画の必見ポイントここだ!

屋根から眺める大文字の送り火、街角のライブハウスの熱気、明るい満月が照らす夢のような夜、雨の音や虫の声が聞こえてくるような静かな街並み。孝豊の心を映し出すかのように、美しい京都のワンシーンがゆらめきます。

宝物のような時間を体験できるでしょう。

こんな人にはおすすめ

  • きらめくような思春期の時間を思い出したい人
  • 小さな物音まで聞こえてきそうな京都の静けさを体験したい人
  • 京都で生まれたとしたらどんな高校時代を送るか妄想してみたい人

こんな人には向かないかも

  • ドラマチックなストーリー展開を期待している人
  • あんまり静かだと眠くなってしまう人

基本情報

上映時間:66分
監督:小林啓一
出演者:赤田孝豊(高杉真宙)、みこと(葵わかな)、公平(清水尋也)、小島(金子大地)、みことの父(桃月庵白酒)、五月(佐津川愛美)、孝豊の父(田中壮太郎)
受賞歴:第9回TAMA映画賞 最優秀新進男優賞(高杉真宙)
公開日:2017年7月8日

\おためし31日間無料!映画取扱数NO1のU-NEXTでみる!/

8.初恋の雪〜ヴァージン・スノー〜

「京都とソウルをつなぐラブ・ストーリー」

京都 舞台 映画
出典:宮崎あおい公式サイト

あらすじ

陶芸家の父の都合で京都に来た韓国の高校生・ミン(イ・ジュンギ)。初めての京都をみて回るうちに、神社で巫女をしている少女・七重(宮崎あおい)と出会う。二人は偶然、同じ高校に通うことになる。

日本語と韓国語を教え合ううちに打ち解けていく二人。絵が趣味の七重は、いつの日か、ミンが作った陶器に絵付けすることを約束する。月日が経ち、いつの間にか別れの日がやって来る。でも、またきっと会える。今度はソウルで!

京都が舞台!心震える映画の必見ポイントここ!

ミンと七重が待ち合わせする京都のスポット。二人で歩く風情のある京都の街。日韓合作のこの映画には、清水寺・平安神宮・知恩院など京都の名所が数多く登場します。

自由で明るいミンを、物静かでしっとりとした七重が案内する。私たちは映画を観ながら、その道行(みちゆき)に同行しているかのような体験をします。ある意味、理想的なツアーではないでしょうか。

こんな人にはおすすめ

  • 宮崎あおいさんの案内で、京都を巡ってみたいなぁと思う人
  • 京都が初めてのイ・ジュンギと一緒に、いまさら聞けない京都を知りたい人
  • 異国の人から見た京都がどう見えるか、体験してみたい人

こんな人には向かないかも

  • 京都は名所よりも、知る人ぞ知るマル秘スポットを知りたい人
  • 物語の中でちゃんとした理由(例えば二人が別れた理由)が明示されないと、納得できない人

基本情報

上映時間:101分
監督:ハン・サンヒ
出演者:キム・ミン(イ・ジュンギ)、佐々木七重(宮崎あおい)、小島(塩谷瞬)、厚佐香織(森田彩華)、佐々木百合(柳生みゆ)
受賞歴:無
公開日:2007年5月12日
スポンサーリンク

京都が舞台のファンタジー映画

京都の街には、なにが起きても不思議ではない雰囲気が漂っています。どんな場所にも長い歴史があり、非日常的な風景があり、伝承が息づいている街・京都。映画の世界にも、そんな京都の「異世界」を描いた作品が数多くあります。

9.夜は短し歩けよ乙女

「こうして出会ったのもなにかのご縁」

京都 舞台 映画
出典:映画『夜は短し歩けよ乙女」公式Twitter

あらすじ

映画『夜は短し歩けよ乙女』予告編

小説家・森見登美彦原作(第20回山本周五郎賞)のアニメーション。森見作品の代表作らしく、きちんと「京都」と「大学生活」が抑えてある。京都の大学生・先輩(星野源)と大学の後輩の少女(花澤香菜)の恋愛ファンタジー。二人が京都ならではの不思議な人物や事件に巻き込まれつつ、お互いの想いを深めていく。

電気ブランの卸(おろし)をしている富豪の老人、いつも浴衣の大学八回生、大酒飲みの歯科衛生士、錦鯉センターの経営者、京料理の若旦那、古本市の神様の面々が、京都の街を舞台に大乱舞!

京都が舞台!心震える映画の必見ポイントここ!

京都を感じる登場人物がいっぱい!この作品の必見ポイントです。京都ならではのキャラが、京都らしいゆる〜い不思議な雰囲気の中で次々と登場。京都のシーンも、鴨川デルタ、先斗町、叡山電車など雰囲気満点です。

こんな人にはおすすめ

  • 京都にしかいないだろう不思議な登場人物に笑い転げたい人
  • まったりとした京都の大学生活に浸りたい人
  • ホントは教えたくない京都のナイショのスポットを知りたい人

こんな人には向かないかも

  • アニメーションには感情移入が難しい人
  • 静かな雰囲気の京都が好きな人

基本情報

上映時間:93分
監督:湯浅正明
出演者:先輩(星野源)、黒髪の乙女(花澤香菜)、学園祭事務局長(神谷浩史)、パンツ総番長(秋山竜次)、樋口師匠(中井和哉)、羽貫さん(甲斐田裕子)
受賞歴:第41回オタワアニメーションフェスティバル 長編部門グランプリ
公開日:2017年4月7日

\おためし31日間無料!映画取扱数NO1のU-NEXTでみる!/

10.本能寺ホテル

「その日、本能寺ホテルで運命が変わった」

京都 舞台 映画
出典:フジテレビムービー公式Twitter

あらすじ

恋人のプロポーズをOKした元・会社員の繭子(綾瀬はるか)。婚約者の両親の金婚式の下見にと一足先に京都を訪れる。ところが予約したホテルに手違いで泊まることができず、迷い込んだのが路地裏の「本能寺ホテル」。

一息つこうと、京都の街で買った金平糖を口に入れたとたん、想定外のタイム・トリップに巻き込まれ、戦国時代の京都にチェック・インしてしまう。そこで出会ったのは本物の織田信長(堤真一)だった!

京都が舞台!心震える映画の必見ポイントはここだ!

想定外続きの繭子が魅力的!タイムスリップ先の本能寺も、じっくりと見学できます。繭子が歩く京都の街、先斗町、鴨川の河原などの観光名所だけでなく、雰囲気のあるカフェがたくさん出てきます。

喫茶店めぐりも京都らしい体験ですね。綾瀬はるかさん演じる繭子に思いを馳せながら、一息つくのもおすすめです!

こんな人にはおすすめ

  • いつも「想定外」の綾瀬はるかさんが大好きな人
  • 京都の喫茶店めぐりを体験してみたい人
  • 教科書での本能寺しか知らなかった人

こんな人には向かないかも

  • しっとりした京都めぐりを期待している人
  • 時代劇にはどうも抵抗感を感じてしまう人

基本情報

上映時間:119分
監督:鈴木雅之
出演者:倉本繭子(綾瀬はるか)、織田信長(堤真一)、森蘭丸(濱田岳)、吉岡恭一(平山浩行)、本能寺ホテル支配人(風間杜夫)
受賞歴:無
公開日:2017年1月14日

\おためし31日間無料!映画取扱数NO1のU-NEXTでみる!/

11.京都メロウ〜金魚の恋人〜

「一生に一度だけ人間になれる」

京都 舞台 映画
出典:映画『京都メロウ〜金魚の恋人〜』公式Facebook

あらすじ

映画『京都メロウ〜金魚の恋人〜』予告編

京都の魅力を届けたい!そんな京都在住の一人のシンガー・ソングライターの想いが映画になった。京都で歩き始めたばかりの一本の映画がここにある。

28歳の会社員・楓(門谷正理)は金魚と暮らしている。金魚が趣味で、友人からもらった金魚に毎日話しかける生活だ。彼女はまだいない。誰かが言った。「この街では、どういうわけか誰かに飼われている動物が強く願うと、一生にたった一度だけ人間になれるらしい」。楓とモミジの物語が始まる。

京都が舞台!心震える映画の必見ポイントはここだ!

ガイドブック代わりの恋物語、それが『京都メロウ〜きんぎょの恋人』です。楓とモミジがめぐる美しい京都の風景の数々に、京都の息づかいを感じて心が震えます。

こんな人にはおすすめ

  • 楓とモミジ、二人の物語をたどりながら京都の美しさを感じたい人
  • 京都に暮らす人たちの息づかいを感じたい人
  • 歩き始めたばかりの一本の映画を応援したい人

こんな人には向かないかも

  • 京都の見どころだけを、パッパッと教えて欲しい人
  • スピーディな物語の展開を求める人

基本情報

上映時間:76分
監督:土山久美子
出演者:行平楓(門谷正理)、モミジ(澤井里依)、西陣織職人の先輩(海道力也)、先輩の息子・綾太郎(本村采大朗)、謎の女(南光愛美)、ラジオパーソナリティ(對馬京子)、面接官(徳丸新作)
受賞歴:無
公開日:2018年11月9日

京都が舞台の文化・歴史映画

京都ならではといえば、茶道や華道、舞妓さんなどの文化。刀剣や京侍(きょうざむらい)の世界も、江戸とは違った趣(おもむき)があります。京都が舞台の映画が魅力的なのは、そんな京都の文化や歴史に魅かれるからかもしれません。

12.花戦さ(はないくさ)

「<花>に勝てる刃なし」

京都 舞台 映画
出典:映画『花戦さ』公式サイト

あらすじ

映画『花戦さ』予告編 

池坊専好(野村萬斎)は実在の華道家。戦国時代の京都で、時の権力者・織田信長(中井貴一)のために花を生けている。ある日、専好は高名な茶道化・千利休(佐藤浩一)と知り合い、心を通じ合う。

時代は移り、豊臣秀吉(市川猿之助)の時代。我が子を失い乱心した秀吉のために、利休は切腹を命じられる。悲嘆に暮れる専好は、秀吉の暴虐(ぼうぎゃく)を諫めるために、生け花で一矢報いようとする。

京都が舞台!心震える映画の必見ポイントはここだ!

生け花発祥の地・六角堂がある京都。『花戦さ』でも絢爛豪華(けんらんごうか)な生け花の作品が200以上登場します。撮影現場に池坊中央研修学院の講師陣が出向いて監修。生け花の粋(すい)を観賞できます。大覚寺、南禅寺、仁和寺、妙心寺、鹿王院など、格式の高い京都の寺社も数多く登場します!

こんな人にはおすすめ

  • 京都が育んできた日本の文化、生け花の魅力を味ってみたい人
  • 生け花の作品をまとめて観賞したい人
  • 京都で茶道や華道ゆかりの場所を訪ねてみたい人

こんな人には向かないかも

  • 生け花やお茶に興味がない人
  • 戦国時代の京都には興味がない人

基本情報

上映時間:127分
監督:篠原哲雄
出演者:池坊専好(野村萬斎)、豊臣秀吉(市川猿之助)、織田信長(中井貴一)、前田利家(佐々木蔵之介)、千利休(佐藤浩一)
受賞歴:第41回日本アカデミー賞 優秀作品賞、優秀監督賞(篠原哲雄)、優秀脚本賞、優秀撮影賞、優秀撮影賞、他
公開日:2017年6月3日

\おためし31日間無料!映画取扱数NO1のU-NEXTでみる!/

13.舞妓はレディ

「あたし、舞妓さんになる!」

京都 舞台 映画
出典:映画『舞妓はレディ』公式Twitter

あらすじ

京都の舞妓さんのブログを見て、憧れて花街にやってきた少女・西郷春子(上白石萌音)。想定外の後見人・京野の後ろだてに恵まれて、舞妓になるための修行をスタートさせる。

強い訛り(なまり)を直すのに苦闘する春子、京野が指導する京言葉も上達が遅い。それでも置屋の女将や、先輩の芸妓たちの励ましで、春子のデビューは近いのだった。

京都が舞台!心震える映画の必見ポイントはここだ!

京都の花、舞妓さんたちが歌って踊る舞妓ミュージカル。往年の名作『マイ・フェア・レディ』の京都版。ゆかりの北野天満宮、平安神宮、知恩院、清水寺、銀閣寺を背景に、美しい舞妓さんたちが華やかに舞い、踊ります。

春子を演じる新人・上白石萌音さんが、美しい舞妓として成長していく姿も必見です!

こんな人にはおすすめ

  • 一人の少女の成長物語を観て、しみじみ感動したい人
  • 美しい舞妓さんの群舞をじっくり観賞したい人
  • 京都の舞妓さん文化に関心がある人

こんな人には向かないかも

  • 歌って踊るミュージカル仕立てに感情移入が難しい人
  • 花街をめぐる男女の恋愛物語を期待している人

基本情報

上映時間:135分
監督:周防正行
出演者:西郷春子(上白石萌音)、小島千春(富司純子)、百春(田畑智子)、里春(草刈民代)、豆春(渡辺えり)、言語学者・京野(長谷川博己)
受賞歴:
・第38回日本アカデミー賞 最優秀音楽賞、優秀助演女優賞(富司純子)、新人俳優賞(上白石萌音)
・第38回山路ふみ子映画賞 文化賞(周防正行)、映画功労賞(富司純子)、新人女優賞(上白石萌音)
・第69回毎日映画コンクール 音楽賞
・第10回おおさかシネマフェスティバル 音楽賞
公開日:2014年9月13日

\おためし31日間無料!映画取扱数NO1のU-NEXTでみる!/

14.るろうに剣心〜伝説の最後篇〜

「戦いの先に、何を見たのか」

京都 舞台 映画
出典:映画『るろうに剣心〜伝説の最後篇〜』公式サイト

あらすじ

映画『るろうに剣心〜伝説の最後編〜』予告編

緋村剣心、人呼んで「人斬り抜刀斎(ばっとうさい)」。人斬りに明け暮れていた時代も過ぎ、平和な時代に暮らしている。そんなある日、かつての仲間が明治政府に復讐を果たそうとしていると知らされ、時の政府に討伐を依頼される。

再び戦いの日々に明け暮れる剣心。そしてついに最終決戦の日を迎える。激闘が続く、そして「お前が勝ったのではない。時代がお前を選んだだけだ」という叫びが響く。

京都が舞台!心震える映画の必見ポイントはここだ!

若者が戦いに明け暮れた、江戸時代から明治維新に続く時代。歴史に翻弄(ほんろう)される一人の剣士・緋村剣心を描く大人気アニメ『るろうに剣心』の実写版です。

この物語では、明治政府の重要な施設、明治政府と江戸幕府の戦いの場所、剣心が一人の青年に戻る京都の街なみが見どころ。平和に暮らしたい気持ちに反して、戦いに巻き込まれていく剣心の姿に心が震えます!

こんな人にはおすすめ

  • 時代に翻弄(ほんろう)される一人の青年に重ねて、心を震わせたい人
  • 京都を舞台に繰り広げられるアクションシーンを観たい人
  • 明治維新という新しい日本のスタートについて知りたい人

こんな人には向かないかも

  • 戦いのシーンが苦手な人
  • 明治時代にはあまり関心が持てない人

基本情報

上映時間:135分
監督:大友啓史
出演者:緋村剣心(佐藤健)、神谷薫(武井咲)、四乃森蒼紫(伊勢谷友介)、相良左之助(青木崇高)、高荷恵(蒼井優)
受賞歴:
・第38回日本アカデミー賞 話題賞
・第18回ファンタジア国際映画祭 観客賞
・第27回日刊スポーツ映画大賞 石原裕次郎賞
・第69回毎日映画コンクール TSUTAYA映画ファン賞
公開日:2014年9月13日

\おためし31日間無料!映画取扱数NO1のU-NEXTでみる!/

15.太秦(うずまさ)ライムライト

「どこかで誰かが見ていてくれる」

京都 舞台 映画
出典:映画『太秦ライムライト』公式サイト

あらすじ

映画『太秦ライムライト』予告編

京都が映画発祥の地といわれるのは、1950年代、太秦(うずまさ)という街に多くの映画会社が撮影所を置いていたから。京都は日本映画の記憶が刻まれた町でもある。『太秦ライムライト』は太秦の大部屋俳優たちに焦点を当て、彼らがいかに京都の映画づくりを支えてきたかを教えてくれる。

映画を愛し、ライムライトに憧れた「日本のハリウッド」太秦の、一人の大部屋俳優の物語。主人公は斬られ役のベテラン俳優・香美山清一(福本清三)。主演の福本清三さんは実際の大部屋俳優で「5万回斬られた男」の異名を持っている。

京都が舞台!心震える映画の必見ポイントはここだ!

時代劇に憧れて静画の世界に身を投じた香美山清一。時代劇のピークを迎えた50年代の太秦、やがて時代劇が衰退し役にもあぶれるようになった時代、それでも一筋に美しい殺陣(たて)を追い求めた斬られ役の姿に心が震えます。

映画はいろいろな人が力を合わせて創りだすもの。時代劇という領域を越えて、映画づくりの本質に気づかせてくれる作品です。

こんな人にはおすすめ

  • 京都の映画人、日本の映画人の聖地を訪ねてみたい人
  • 京都の映画づくりの歴史に関心がある人
  • 映画俳優の世界のことをもっと知りたい人

こんな人には向かないかも

  • 京都の観光名所のシーンを期待している人(多くが撮影所界隈です)
  • 大物スターが演じる華やかな時代劇を期待している人(大部屋俳優・福本清三さんの自伝的な作品です)

基本情報

上映時間:104分
監督:落合賢
出演者:香美山清一(福本清三)、伊賀さつき(山本千尋)、田村美鶴(萬田久子)、先代尾上清十郎(小林稔侍)、尾上清十郎(松方弘樹)
受賞歴:2014年ファンタジア国際映画祭 最優秀作品賞、最優秀主演男優賞(福本清三)
公開日:2014年6月14日
スポンサーリンク

まとめ

京都を舞台にした映画は、どの作品からも強いエネルギーを感じます。まっすぐな想いをとどけたい、ここからなにか新しいことを始めたい。そんな気持ちがダイレクトに伝わってくる作品が揃っています。京都の息づかいを感じながら、京都を体験する。それが京都映画の魅力ではないでしょうか。

※本ページの情報は2019年11月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

\おためし31日間無料!映画取扱数NO1のU-NEXTで!/

スポンサーリンク
スポンサーリンク