車内で映画鑑賞「ドライブインシアター2020」クラウドファンディング開始|「三密」防ぐ娯楽として注目

スポンサーリンク

 

新型コロナウイルスの影響で活動自粛が強く求められている現在、多くの映画館は休業、そしてミニシアターのような小規模な映画館に関しては、閉館にまで追い込まれている。

そんな中脚光を浴びているのは、60年代頃からアメリカで流行り出し、90年代に日本でも流行した「ドライブインシアター」。野外に設置された大型スクリーンの前に車を止め、カーステレオで音声を聴きながら映画を楽しむという仕組みである。不特定多数との接触を避けられ、安全に映画鑑賞ができる方法として現在、欧米を中心に注目を集めている。

ドライブインシアター

感染リスクが低い娯楽スタイルとして復活させようと動き出したのは、シアター体験を提供するプロデュースチーム「Do it Thater」(株式会社ハッチ)。今回の「ドライブインシアター2020」では、新型コロナウイルス感染予防啓発と、映画を中心としたエンタメカルチャーの活性化を軸として発展予定である。

4月10日から「MOTION GALLERY」でクラウドファンディングを始めており、集まった資金はドライブインシアターの中長期的な運営等に充てられる他、世界保健機関(WHO)を中心とした「COVID-19連帯対応基金(COVID-19 Response Fund)」や、ミニシアターの支援資金にも活用する予定だ。

クラウドファンディングに支援した人にはオリジナルグッズや支援者の名前掲載などのサービスが提供されるなど、支援金額によって異なる。コメディアンの爆笑問題や、俳優の仲野大河、映画監督の上田慎一郎(『カメラを止めるな!』)をはじめとした名だたる著名人たちも支援を表明しているようだ。

詳細はクラウドファンディング公式ページ

アメリカの外出禁止要請が発動されていない州では毎週末開催されていたり、韓国の仁川では、市が1億ウォンを投じてクルーズ船ターミナルにドライブインシアター専用の施設を作るといった大掛かりな動きにまで発展している。

「ドライブインシアター2020」の目標金額は、8月までに250万円。「三密」を避けられる娯楽スタイルとして、ドライブインシアターの復活に注目が集まる。

 

【開催概要】

タイトル:Do it Theater presents Drive in Theater 2020

開催日時:2020年5月以降開催予定

会場 : 大磯ロングビーチ第一駐車場

参加方法:4月下旬に開催情報とともに「MOTION GALLERY」にて更新発表

主催 : Do it Theater(株式会社ハッチ) 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク