『借りぐらしのアリエッティ』のネタバレあらすじ!キャラクター紹介から主題歌まで一挙紹介!

米林宏昌監督の初監督作品『借りぐらしのアリエッティ』。100億円に迫る大ヒットとなった本作がいったいどんな作品なのか、あらすじからキャスト、主題歌に到るまで徹底解説していきます。

『借りぐらしのアリエッティ』について

借りぐらしのアリエッティ ネタバレ
出典:Amazon.com

『借りぐらしのアリエッティ』は2010年7月17日に公開されたスタジオジブリ制作の長編アニメーション映画です。

監督を務めたのは、米林宏昌監督。本作が初監督作品となりました!米林監督は本作の公開後に『思い出のマーニー』や『メアリと魔女の花』といった作品を監督として世に送り出しています。

原作として挙がっているのが、メアリー・ノートンの「小人の冒険」シリーズの第1作目である『床下の小人たち』です。映画『借りぐらしのアリエッティ』は、この原作をベースに、脚色などを加えて一本の映画にした物語だと明かされています。

公開間も無く大ヒットとなり、興行収入は92.6億円を記録しました!なんと本作、2010年の邦画の興行成績としては1位を獲得しているのです。(洋画では『アバター』、『アリス・イン・ワンダーランド』、『トイ・ストーリー3』に次ぐ第4位)

さらに日本だけでなく2012年には全米公開も果たし、1920万ドルの興行成績を収めました。この記録は、全米公開を果たした『千と千尋の神隠し』や『崖の上のポニョ』よりも高く、スタジオジブリ作品としてはなんと1番の成績です!

これだけの大ヒットを記録した理由は何なのでしょうか?この記事で明らかにしていきます!

10秒で分かる『借りぐらしのアリエッティ』のあらすじ

借りぐらしのアリエッティ ネタバレ
出典:金曜ロードSHOW!公式Twitter

小人のアリエッティは両親と共に、人間のものを少しずつ借りながら、ある屋敷の床下で“借りぐらし”をしていました。成長して初めて人間の物を“借り”にでかける約束をしていた日、屋敷に一人の少年・翔が療養の為にやって来ます。

その夜、父とともに借りに出かけたアリエッティは、そこでうっかり翔にその姿を見られてしまいます。アリエッティは慌てて、獲得した角砂糖を逃げる時に落としてしまうのでした。

見つかっていないだろうと様子を見ることにした小人の一家でしたが、次の日、翔は“わすれもの”と書かれた手紙とともに角砂糖を置いていくのでした。

見つかったことが明白になったアリエッティは酷く落ち込み、思い切って、翔との交流を試みるのですーー。

『借りぐらしのアリエッティ』のネタバレあらすじ

【あらすじ①】アリエッティの初めての“借り”

借りぐらしのアリエッティ ネタバレ
出典:金曜ロードSHOW!公式Twitter

人里離れた屋敷に、療養のために少年・翔がやって来た。その屋敷の床下には、実は3人の小人の家族が住んでいた。彼らは屋敷の人間の日用品や食料を少しずつ借りて生活する“借りぐらし”をしていたのだ。

一人娘のアリエッティはその夜、父のポッドと初めての“借り”に出かける約束をしていた。突然住人が増えたことを心配する母だったが、相手が子供ということもあり、予定通り借りを決行する。

最初は、初めての借りに高揚するアリエッティだったが、翔の部屋まで来たところで、うっかり翔にその姿を見られてしまう。慌てて身を隠すアリエッティだったが、咄嗟の出来事に獲得した角砂糖を翔の部屋に落としてしまうのだった。

見つかったかもしれないと慌てる母・ホミリーと落ち込むアリエッティ。そんな2人にポッドは、しばらく様子を見ようと声をかける。

借りの翌日、アリエッティは、自分たちの家と屋外をつなぐ排水口の付近で人影を見つける。借りの時に落とした角砂糖を翔が届けに来たのだ。罠かもしれないからと、警戒を促されるアリエッティ。しかし、アリエッティは蟻が群がる角砂糖をついに手に取ってしまう。

【あらすじ②】接近してくる翔

借りぐらしのアリエッティ ネタバレ
出典:金曜ロードSHOW!公式Twitter

家族の安全のためにも、今後は小人に関わらないようにと、アリエッティは翔にお願いをしに行く。網戸越しに翔と会話をすることに成功したアリエッティだったが、突如そこへカラスが飛んで来てしまう。カラスの羽ばたきに煽られるアリエッティ。家政婦のハルによってカラスは追い払われ、翔の機転でアリエッティはハルに見つからずに救われるのだった。

その頃、ポッドは新居を探す途中で、同じ小人のスピラーに遭遇する。彼にも仲間が居て、引越しのあてがあるというのだ。同種族の生存に喜ぶアリエッティたち。

そんな矢先、突如として家が急に揺れだした。急にキッチンが剥がされ、ホミリーが憧れていたドールハウスのキッチンがはめ込まれたのだ。実は、小人のために作られたドールハウスの存在を知った翔が、好意でアリエッティにプレゼントしてくれていた。しかしこの事件によって、一家の引越しは決定的なものとなってしまう。

【あらすじ③】捕まってしまう母

借りぐらしのアリエッティ ネタバレ
出典:金曜ロードSHOW!公式Twitter

庭で休んでいる翔。そこへ、アリエッティは別れを告げるためにやってくる。

翔の行動で引っ越すことになってしまったことを話すアリエッティ。翔は憎まれ口を叩きながらも、自分の行いを詫び、次第に自身が心臓が弱く手術を受ける境遇にあることを語るのだった。こうして二人は心を通わせていく。

しかしその時、翔の動向に不信を抱いていたハルが、小人の住処を見つけてしまうのだった。ちょうどそこにいたホミリーは、ハルに捕まってしまい、瓶の中に閉じ込められてしまう。

ホミリーが捕まってしまったことに気づき嘆くアリエッティ。それを見た翔は、ホミリーの救出を提案する。2人は連携しながら見事、台所に隠されているホミリーを発見。小人の住処も元の場所から隠し、小人の存在する証拠をハルの手から奪い取ることに成功するのだった。

【あらすじ④】翔との別れ

借りぐらしのアリエッティ ネタバレ
出典:金曜ロードSHOW!公式Twitter

その夜、アリエッティと両親は荷物をまとめてスピラーの待つ川へ向かう。引越しをするのだ。道中でアリエッティはたまたま翔の飼い猫であるニーヤに遭遇する。そのニーヤに連れられ、翔は急いで川までやってくる。

船代わりとなるやかんに荷物を積める一家たち、なんとか出発に間に合った翔は、アリエッティに別れの挨拶と、アリエッティとの出会いで生きる勇気が湧いてきたことへのお礼を告げる。アリエッティも守ってくれたことへの感謝を告げる。

そして朝日が上り、小人たちはやかんに揺られながら新天地へと向かっていくのだった。

『借りぐらしのアリエッティ』のキャスト

『借りぐらしのアリエッティ』では、ジブリ作品おなじみのキャストから新たなキャストまで登場します!

アリエッティ / 志田未来

借りぐらしのアリエッティ ネタバレ
出典:金曜ロードSHOW!公式Twitter

『借りぐらしのアリエッティ』のタイトルにもなっている、本作の主人公がアリエッティです。年齢は14歳の小人の女の子。好奇心は旺盛で、まだまだ借りをしたことがないうちにも、借りを非常に楽しみにしている素ぶりを見せます。虫や猫、人間にも物怖じせず交流する度胸も持っているところがたくましいです!

そんなアリエッティを演じるのは、子役から活躍する女優の志田未来。ドラマ『女王の教室』でメインキャラクターを演じて以来、『14才の母』や『誰も守ってくれない』、『泣き虫ピエロの結婚式』など若くして多数のドラマ・映画に出演してきました。

そんな志田さんの声優初挑戦作こそこの『借りぐらしのアリエッティ』。いきなり主役を務めるところも驚きなのですが、初めてとは思えない自然な演技が見事ですよね!その実力が評価されてか、本作以降も『風立ちぬ』、『僕のヒーローアカデミアTHEMOVIE〜2人の英雄〜』、『泣きたい私は猫をかぶる』など多くのアニメーション映画で声優を務めています。

翔 / 神木隆之介

借りぐらしのアリエッティ ネタバレ
出典:金曜ロードSHOW!公式Twitter

『借りぐらしのアリエッティ』で、人間側の重要人物として登場するのが翔です。実は両親は離婚していて、父親とは別居、母親は海外赴任中ということで、大叔母に面倒を見てもらう為にアリエッティの住む屋敷へやってきます。生まれつき心臓が弱く、まもなく手術を控えているという状況もあってか、悲観的な言動が見られます。小人に対して好奇心も持っており、アリエッティを見たことをきっかけに意外な行動に出るようになります。

そんな翔役を演じているのが、現在も映画にCMにと大活躍中の神木隆之介。『フォルトゥナの瞳』や『屍人荘の殺人』、『いだてん〜東京オリンピック噺〜』など現在も多くの作品に参加していますが、声優としての活躍も顕著!『千と千尋の神隠し』や『サマーウォーズ』、『君の名は。』など邦画の記録的大ヒット映画の数々に参加している実力者です。

ポッド / 三浦友和

借りぐらしのアリエッティ ネタバレ
出典:金曜ロードSHOW!公式Twitter

男性の小人であり、アリエッティの父親でもあるのがポッドです。がっしりした肉体と落ち着いた雰囲気が、一家の大黒柱らしい貫禄があります。

人間に見つかってしまったアリエッティのことも強く責めることなく優しく諭すこともあれば、迂闊に人間に近づこうとする際にはしっかりと叱ったりと、劇中でもその芯の強い人間性が見えてきます。

そんなポッド役を演じているのがベテラン俳優の三浦友和。『葛城事件』や『アウトレイジ』など、ポッドと同じく落ち着いた雰囲気の演技が印象的ですよね。声優としては、実は本作以外にも『Mr.インクレディブル』シリーズで一家の父であるボブ役を担当。こちらではもっと熱く、ちょっと抜けたお父さん役を演じています。

ホミリー / 大竹しのぶ

借りぐらしのアリエッティ ネタバレ
出典:金曜ロードSHOW!公式Twitter

女性の小人で、アリエッティの母親がホミリーです。寡黙な夫とは対照的に表情豊かで、言動は少々大げさ。心配性な一面もあり、人間たちに見つかったかもしれないと知った時の慌てっぷりは、家族でも一番でした。一方で、現在の住処を気に入っており、いざ引越しを考えると、住みやすい現在の家を手放すのは惜しいと考えているようです。

そんなホミリー役を演じたのは、こちらもベテラン女優である大竹しのぶ。『海街diary』や『後妻業の女』など、現在も多くの映画やドラマで重要なキャラクターを演じています。ボブ役の三浦友和さん同様、大竹しのぶさんもディズニー・ピクサー作品にて声の出演経験者。『インサイド・ヘッド』でキーキャラクターとなるカナシミ役を演じました。

ハル / 樹木希林

借りぐらしのアリエッティ ネタバレ
出典:金曜ロードSHOW!

翔がやってきた屋敷の住み込みの家政婦として働いているのがハル。基本的には翔に優しい態度を取る一方で、小人を捕まえる為に姑息な手を使ったり、鼠捕り業者に連絡をしたりと嫌らしい一面ももった人物です。ある意味、この映画の悪役のような立ち回りを勤めるのがこのキャラクターです。

そんなハル役を演じるのは、2018年にこの世を去った樹木希林。『東京タワー〜オカンとボクと、時々、オトン〜』や『あん』、『万引き家族』など、亡くなる直前まで多くの作品に出演してきました。とはいえ、半世紀以上の活躍の中でも、アニメーション映画の吹き替えはわずか。樹木さんの貴重な吹き替え出演作品となりました。

スピラー / 藤原竜也

借りぐらしのアリエッティ ネタバレ
出典:金曜ロードSHOW!公式Twitter

ボブが引越し先を探している最中に遭遇した小人の少年がスピラー。アリエッティたちとは異なる生活を歩んできたのか、蓑を纏い、赤い弓矢を持ち歩いています。携帯食としてコオロギの脚を差し出してアリエッティたちを驚かせたりと、小人たちの文化も様々なことが分かりますね。性格は落ち着いており、アリエッティたちにも協力的な態度を見せます。アリエッティに気があるような描写もあったりと、実は2人の仲の今後も気になるキャラクターだったりします。

そんなスピラーを演じているのは、現在も多くの作品で主演を演じている藤原竜也。『カイジ』シリーズや『22年目の告白 -私が殺人犯です-』などで活躍しています。『ラマになった王様』のクスコ役や、『ルパン三世THE FIRST』のゲラルト役など、アニメーションの吹き替え経験も豊富です。

『借りぐらしのアリエッティ』の注目ポイント!

すでに述べた通り、『借りぐらしのアリエッティ』が大ヒットした裏側にはきちんと理由があります。

そんな注目のポイントを解説しました!

小人らしいアイテムが随所に見つかる世界!

『借りぐらしのアリエッティ』は小人を描いた物語ということで、様々な小人ならではの小道具が随所に登場しています。待ち針を使って布を登ったり、豆電球を懐中電灯代わりに使っていたり、アリエッティの髪留めに使っているものも洗濯バサミだったりするのです!

これらのアイテムはサイズが分かる小物を意識して用意された設定だそうですが、髪留めとなる洗濯バサミは、実は構想段階では首にかけていたり、髪留めは普通のリボンのデザインだった時があったようです。

アリエッティたちの暮らす家も植物などが溢れて鮮やか。実はそれだけでなく、壁紙などには人間の包装紙などが使われているという設定があったようですよ!

よく見ると見慣れたアイテムがたくさん隠されているので探してみても面白いかもしれません。

日本最高峰のスタジオジブリの美術!

借りぐらしのアリエッティ ネタバレ
出典:金曜ロードSHOW!公式Twitter

スタジオジブリ作品と言えば忘れてはいけないのが、見事な美術。『借りぐらしのアリエッティ』は背景美術の緻密さも圧倒的です。

それも納得というべきか、米林監督はまず本作を“美術”の作品にしようと決めたと語っています。カラフルな色彩で、庭の緑とアリエッティのイメージカラーである赤が印象に残る……そんな作品を目指していたようです。

夜の屋内のシーンが青一色のイメージで描かれていたり、庭のシーンは緑一色のイメージで描かれていたりするのも、米林監督の狙いがあったとか。映画『ラストエンペラー』でシーンごとに画面の色を染める演出に影響を受けて、『借りぐらしのアリエッティ』でも挑戦してみたそうですよ!

ジブリ初の海外アーティスト主題歌『Arrietty’s Song』!

そしてもう一つ注目して欲しいポイントが『借りぐらしのアリエッティ』の主題歌です。その名も『Arrietty’s Song』。タイトルの通り、書き下ろしソングとなっています。

作詞・作曲に名を連ねるのがフランス生まれのセシル・コルベルさん。彼女はジブリ作品のファンということで、スタジオジブリに自身のCDと手紙を送り、それが鈴木敏夫プロデューサーの目にとまったことがきっかけで起用されました。

複数の言語を使える彼女は、この曲で日本語にも挑戦。歌手であり、ハープ奏者でもある彼女は、本作でハープの演奏までも務めています。作品の神秘的な雰囲気にも一役買っていますよね。本作のリリース以降も日本のアーティストとの共作や、ライブ活動を行っており、現在進行形で活動中です。

ちなみに海外の音楽家を主題歌に起用するのは、ジブリ作品では『借りぐらしのアリエッティ』が実は初めてだったりします。

まとめ

以上、『借りぐらしのアリエッティ』に関するストーリーから細かな裏話までを一挙に紹介しました!『借りぐらしのアリエッティ』は、このようにどこか儚さを感じるストーリーを、鮮やかな色彩が包み込むような優しい映画でした。

多くの人の記憶に残る秀作ではないでしょうか?

『借りぐらしのアリエッティ』名言集!物語に隠されたメッセージとは ジブリ ヒロイン 母性と知性と逞しさを兼ね備えたジブリの歴代ヒロイン特集!