大人をハッとさせる『プーと大人になった僕』の名言特集「それは風船より大切なもの?」

2018年に公開された映画『プーと大人になった僕』。あの「くまのプーさん」のまさかの実写化に、本作品は大きな話題を呼びました。

そしてなによりも注目されたのは、登場キャラクター達の名言・名台詞。プーとその仲間たちの”純粋無垢”な言葉の数々は、大人たちの心に深く突き刺さりました。

「なんだか頑張りすぎて疲れてしまった」「好きだったはずのことが楽しめなくなった」そんな”大人たち”へ。「プーと大人になった僕」から、疲れたあなたの心を癒す名言・名台詞をご紹介します。

『プーと大人になった僕』を
今すぐamazonプライムで
視聴
したい方はこちら!

あらすじ

出典:「プーと大人になった僕」MovieNEX 予告編 – YouTube

少年時代を100エーカーの森で過ごしたクリストファー・ロビン(ユアン・マクレガー)。彼がくまのプーとその仲間たちと別れてから数年が経過していた。

大人になったクリストファーはロンドンの旅行カバン会社に勤めるサラリーマン。所帯ももっていた彼は、週末に家族旅行を計画。しかし急に大きなプロジェクトを任されてしまい、自分だけは残って仕事をすることに。

妻は納得してくれたものの、旅行を楽しみにしていた娘からは猛反発。疲れた表情で公園のベンチで休んでいたクリストファーだったが、そこで偶然にもくまのプーと再会する。
100エーカーの森で起こったある”異変”に困り果てたプーは、クリストファーに助けを求めに来たのだった。

「プーと大人になった僕」の心に響く名言・名台詞

プーと大人になった僕 名言
出典:ディズニー公式twitteer

100エーカーの森での楽しい日々から時は経ち、すっかり大人になったクリストファー・ロビン。そこへひょっこりと現れたくまのプーが、クリストファーに様々な言葉を語り掛けます。

それは大人になったクリストファーにとって、ハッとするようなものばかり。子供の頃は何とも思わなかったプーの純粋な言葉が、重くのしかかってきます。

「本当に大切なものは何か」を思い出させてくれる、プーやその仲間たち、そしてクリストファーの名セリフを紹介していきます。

【名言①】「行ったことのないところへ進まなきゃ。いたことのある場所に戻るんじゃなくて。」

プーと大人になった僕
出典:ディズニー公式twitteer

100エーカーの森が突如霧に覆われて、仲間を見失ってしまったプー。このまま自分の家で待っているか、仲間を探すため先に進むか迷ったときの彼のセリフです。

のんびり屋に見えるプーから出た思わぬ言葉に心を打たれます。
決断を迫られたとき、なかなか一歩が踏み出せずつい安全な道を選んでしまうことも多いですよね。そんなときに私たちの背中をそっと押してくれる、プーの勇気をくれる言葉です。

【名言②】「どこかへ行きたいと決まっていると、どこかのほうが来てくれる。」

1つ前に紹介したものと逆説的な言葉ですが、こちらはプーがクリストファーに向けた言葉です。何かを成し遂げたいという”強い意志”を持っていれば、焦らなくても”結果”はやってくるということですね。

自分には「前に進まなきゃ」と厳しい言葉で鼓舞し、クリストファーには「焦らなくていいよ」と優しい言葉をかける、プーの優しさに泣けます。

【名言③】「風船は持っているだけで幸せになれるよ。」

駅の売店で風船を見つけたプーは、クリストファーに風船が欲しいとねだります。必要ないだろう、とクリストファーに断られてしまいますが、「必要ないけど、欲しいんだ。」「持っているだけで幸せになれるよ。」とプーは続けます。駄々っ子のようなプーのかわいらしい姿ですが、理屈ではない彼のシンプルな言葉がとても魅力的に感じられます。

物事の価値は、自分の心を幸せにするということだけで十分なのかもしれません。”必要ない”という理由で、本当に大切なものまで遠ざけていないか?そんなことを考えさせられる言葉です。

【名言④】「それは風船より大切なもの?」

100エーカーの森を再び訪れたクリストファーが、「仕事があるから戻らなきゃ。」と言って去ろうとします。そこへプーが投げかけたのがこの言葉。

ここでいう”風船”とは、人それぞれにある”大切なもの”を指しています。「仕事っていうのは本当に大切なものを犠牲にしてまで優先することなの?」というプーの純粋な疑問。
ついつい働き過ぎてしまう私たちにとって、グサリと胸に刺さる言葉です。

【名言⑤】「僕は、僕でいちゃいけないの?」

プーと大人になった僕 名言
出典:ディズニー公式twitteer

列車に乗っていたクリストファーとプー。他の乗客に話しかけようとするプーに、クリストファーは「人は自分と違うものが好きじゃない。今は黙っていてくれ。」と言います。その時にプーが返したのがこの言葉。

プーからすれば今の自分の姿は、自分そのもの。それを否定することは自らを殺すことに他なりません。当たり前のようでつい忘れてしまいがちな、「自分でいること」の大切さを思い出させてくれる言葉です。

【名言⑥】「じゃあ、なぜ一緒にいないの?」

クリストファーはプーに、自分の娘のことを「僕の全てだ。」と話します。しかし肝心の娘とは離れ離れで自分は仕事中。そんなクリストファーにプーが投げかけた言葉です。

クリストファーが仕事に励むのも、すべては家族のため。それなのにいつの間にか、その頑張りが必ずしも家族の幸せには繋がっていなかったのです。
大切な人と一緒にいる。プーにとっては当たり前のことですが、それこそが今の私たちには必要なことなのかもしれません。

【名言⑦】「そこに友達はいる?」

大人になったクリストファーに興味津々のプー。今やっていることを聞かれたクリストファーは、自分が務めている会社のことを話します。それに対して出たプーの質問が、この言葉。

仕事のため会社に行くクリストファーにとって、同僚達に”友達”という感覚はありません。しかしプーからすれば、会社とか同僚とかの前に、友達であるかどうかを考えているのです。

仕事となるとついつい他人との距離を置いてしまいがちですよね。でも本当の良い関係は、”友達”として接した先に生まれるのかもしれません。

【名言⑧】「だって、クリストファー・ロビンだもん!」

大人になった自分に自信を失っていたクリストファーは、「そんなことはできない」と弱音を吐きます。そんな彼に、森の仲間たちはこう言いました。「できるよ!」「だって、クリストファー・ロビンだもん!」
どういう根拠だっ!と思わずツッコんでしまいたくなりますね(笑)。しかし仲間たちにとっては、子供とか大人とかは関係なく、クリストファーはクリストファーのままということなのでしょう。

一歩を踏み出す勇気が出ないとき、「自分は自分だ!」という根拠のない自信を持つことも大切なことですね。

【名言⑨】「お前はヒイタチだ!人に仕事を押し付けるし、大切なことを忘れさせる!」

上司の顔ばかり伺っていたクリストファーが、ついに奮起!会社に向かったクリストファーは、上司にこの言葉を言い放ちました。プーとその仲間たちとの再会によって、彼は本当に大切なものを思い出したのです。

”ヒイタチ”とは100エーカーの森に棲む魔物。仕事ばかりさせて大切な家族のことを忘れさせる上司は、まさに魔物のような存在ということです。観ている私たちもスカッとする、彼の名セリフです。

【名言⑩】「何にもしないって最高の何かにつながることなんだ」

忙しくて焦ってばかりのクリストファーに、プーが送った言葉です。実はこのセリフは、幼少期のクリストファーがプーに送った言葉でもあります。大人になった今、子供の頃の自分の言葉がそのまま返ってきたのです。

頑張りすぎてなんだか疲れてしまったとき、”何もしないをする”ということは一番必要なことかもしれません。忙しい毎日に、ほっと一息を付かせてくれる言葉ですね。

まとめ

以上、「プーと大人になった僕」に登場する名言・名台詞を紹介しました。大人になった今だからこそ心に響く、名台詞ばかりでしたね。

自分もクリストファーのように変わりたい、そう思った方も多いのではないでしょうか。でも焦る必要はありません。時にはひと休みすることも大切です。”何もしない”はきっと最高の何かに繋がっているのです。

映画 プーと大人になった僕 疲れきった大人の心に染み入る『プーと大人になった僕』ネタバレあらすじ | 窮屈な人生を生きやすくするヒント