ただのおとぎ話じゃない! 名言で振り返る『ローマの休日』の魅力解説!

スポンサーリンク

往年の名女優オードリー・ヘップバーンの代表作といえば、やはり『ローマの休日』でしょう。この映画は1953年にアメリカで製作され、当時無名に近かったオードリーを起用し、世界中が彼女の美しさに魅了されました。
そんなオードリーの魅力がたくさん詰まった本作の中でも、特に印象的なセリフを紹介します!

目次

あらすじ

ヨーロッパきっての古い歴史と伝統を持つ某国の王女アン(オードリー・ヘップバーン)は、過密なスケジュールに嫌気がさし、滞在中のローマで密かに城を抜け出してしまう。
抜け出した先でアメリカ人新聞記者ジョー(グレゴリー・ペック)と出会い、たった一日だけのローマの休日を過ごす。

スポンサーリンク

『ローマの休日』の魅力に迫る名言、名台詞

ローマの休日 名言
出典:ローマの休日facebook

王女であるアンと新聞記者のジョーとのシンデレラのような話から、夢物語だという感想を抱く方も多いと思います。しかし、この映画は一人の少女の成長の物語でもあるのです。
ここでは、そんなおとぎ話にとどまらない『ローマの休日』の魅力にせまる名言や名台詞を解説とともにお送りします!

【名言①】「上だけ着て寝るの。何も着ないで寝る人もいるって知ってた?(Just the top part. Did you know that there are people who sleep with absolutely nothing on at all?)」

ヨーロッパの最古の国の王女であるアンは、パリやアムステルダムを歴訪した後、ローマを訪れます。舞踏会を終えたアンは、ナイトガウンに着替えます。「パジャマを着て寝たいの!」と子供のように駄々をこねるアン王女に、伯爵夫人はワガママを許しません。アン王女は過密なスケジュールに癇癪を起こし、鎮静剤を打たれてしまいます。しかし、彼女は皆が寝静まった後に城を飛び出してしまいます。
このシーンでは、外の世界に思いを馳せるアンが、まだあどけなく自分勝手な少女として描かれています。

【名言②】「ここはエレベーターですの?(Is this the elevator?)」

ローマの休日 名言

トレビの泉の側で眠っていたアンは、新聞記者のジョーに助けられます。鎮静剤のせいで意識が朦朧とする中、彼の家に連れてこられたアン王女はその家が小さいので、エレベーターであると勘違いしてしまいます。他にも自分の家はコロッセウムにあると言ったり、王室と庶民の会話の噛み合わなさが微笑ましいシーンです。

【名言③】「では、一夜をともにしたのね?……あなたと。(So I’ve spent the night here – with you?)」

翌朝、目覚めたアンは鎮静剤の効果も切れ、冷静になっていました。自分が置かれている状況が把握しきれていないアンとジョーのやりとりです。彼女の言っていることは確かに間違いありませんが、誤解を招く表現ですね。アンの少女としてのウブさが垣間見えるシーンです。

【名言④】「私はいたって本気ですわ。(I’m quite sure thank you.)」

ローマの休日 名言

街に出たアンは、美容室の前で足を止めます。そこで髪を切ることに決めた彼女は、美容師の男性がたじろぐほどの思い切りのよさで、長い髪をバッサリと切ってしまいます。これはその時のセリフですが、ショートヘアにした彼女は、まるでしがらみから解放されたように、軽やかでよりいっそう魅力的になりました。『ローマの休日』が公開された当時は、女性たちが従来の女性像から脱却し、新しい女性に生まれ変わろうとした時代であり、オードリーのヘアスタイルは大流行したそうです。

【名言⑤】「あなたにはわからないと思うけど。したいことをするの。一日中ね。(Oh, you can’t imagine. I’d like to do whatever I liked, the whole day long.)」

ローマの休日
出典:ローマの休日facebook

髪を切ってスペイン広場でジェラートを食べるアンに、ジョーは偶然を装って声をかけます。ジョーはアン王女を新聞の特ダネにしようと、素性を隠しながら1日つきあうことにします。彼女がしたいこととは、歩道のカフェに座ったり、ウィンドウショッピングをしたり、雨の中を歩いてみたりと、年頃の女性にとってはいたって普通のことです。しかし、王室で箱入りの彼女からすれば、それは冒険でした。かくして彼女の「ローマの休日」がはじまるのです。

【名言⑥】「ひどいわ! 心配したのに! なんともないじゃない!(You beast! it was perfectly all right. You’re not hurt!)」

今や屈指の観光名所となった「真実の口」でのシーンです。嘘をつくと手が切られると言われている真実の口に手を入れるジョー。次の瞬間、彼は口に引き込まれ、手がなくなってしまいます。これはアンを驚かそうとした彼の冗談であり、ホッとした彼女はポカポカとジョーを叩きながら、安堵の表情を浮かべます。ふたりの距離がグッと近くなったとても印象的なシーンなのですが、実はこれ、ジョー役のグレゴリーのアドリブであり、オードリーは本気で手がなくなったと思ったそうです。

【名言⑦】「真夜中になったら、私はガラスの靴を履いて、カボチャの馬車で姿を消すわ。(At midnight, I’ll turn into a pumpkin and drive away in my glass slipper.)」

ローマの休日 名言
出典:ローマの休日facebook

アンとジョーは1日の終わりに、船上ダンスパーティに行くことにします。その後に家(城)に戻らないといけないというアンは、シンデレラの話を引用します。まさに、おとぎ話のような本作は、王女であるアンが庶民のジョーと恋に落ちるという、さしあたり「逆シンデレラ」といったところでしょうか。

【名言⑧】「お別れしなくては。私はあの角を曲がります。あなたは、このまま車で帰って。私が角を曲がったあとは見ないと約束して。そのまま帰ってお別れして。私がそうするように。(I have to leave you now. I’m going to that corner there and turn. You must stay in the car and drive away. Promise not to watch me go beyond the corner. Just drive away and leave me as I leave you.)」

船上での乱闘から、川に落ちて逃げたアンとジョー。川から上がったふたりは、濡れたままキスを交わします。ふたりにはいつしか愛が芽生えていたのです。これは、そんなロマンチックなシーンでのセリフです。しかし、アンには王女としての責任があり、城に戻らなければいけないという大きな決断がありました。

【名言⑨】「私が王族や国家への義務を知らなかったとしたら、私は今夜戻ってはこなかったことでしょう。今夜だけではなく、永遠に。(Your Excellency, I trust you will not find it necessary to use that word again. Were I not completely aware of my duty to my family and to my country, I would not have come back tonight… or indeed ever again!)」

ローマの休日 名言
出典:ローマの休日facebook

城に戻ったアンは侍従たちから事情を聞かれ、王女としての義務を諭されますが、毅然とした態度で、自分が戻ったのは義務を自覚しているからだと話します。そのように主張する彼女の顔には、あのあどけないワガママな少女の面影はなく、一国の王女としてふさわしい立派な威厳が備わっていました。

【名言⑩】「私は国家間の友情を信じています。人と人の友情を信じるように。(I have every faith in it… as I have faith in relations between people.)」

記者会見に出席したアンは、記者の中にジョーの姿を見つけます。国際問題の展望について聞かれたと、アンはこのセリフを言います。事前に準備した原稿とは異なる発言をする彼女に侍従たちは戸惑いますが、それはジョーに向けて投げかけられたものでした。そして、ジョーも遠回しに秘密を守ることを約束するのです。

【名言⑪】「ローマです! なんと申しましてもローマです。私は、ここでの思い出を生涯大切にすることでしょう。(Rome! By all means, Rome. I will cherish my visit here in memory as long as I live.)」

ローマの休日 名言
出典:ローマの休日facebook

記者から最も印象に残った都市を聞かれたアンは、本来ならばすべての都市が気に入ったと当たりさわりのない答えをするはずでしたが、はっきりとローマが気に入ったと言います。異例の発言に記者たちはどよめきます。しかし、ジョーだけが笑顔で彼女を見つめていました。彼女はローマで自由を満喫し、冒険をし、恋に落ちるといった願っていた以上のすべてが実現されたのです。

まとめ

『ローマの休日』の名台詞を、解説を交じえて紹介しました。
アンは、ローマの休日を過ごすことにより、身勝手なあどけない少女から、威厳を備えた王女に生まれ変わりました。この作品は、オードリー・ヘップバーンの魅力もさることながら、一人の女性が成長する過程をひとつのドラマとして、とても魅力的に描いています。
その中のセリフは、人生において大切なことを改めて教えてくれるものばかりです。
みなさんもぜひ『ローマの休日』を観て、その魅力に浸ってみてください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク