男らしい魅力あふれるスーパースター「木村拓哉」のおすすめ映画7選!

スポンサーリンク

演技派俳優でどこから見ても“かっこいい”!!今なおも女性ファンが急上昇している『キムタク』こと木村拓哉さん。ジャニーズ事務所のアイドルグループ「SMAP」で活躍されていましたが、2016年12月31日をもってグループが解散し、その後はソロとなり俳優業に力を入れていますね!

映画にCM、テレビドラマとあらゆる方面で大活躍のキムタクですが、今回はそんな彼が出演する映画のおすすめを7本ご紹介させて頂きます!

木村拓哉ってどんな人?

1972年11月13日生まれのO型。東京都に生まれ、本名「木村拓哉」さん、そのまま芸名にも起用しています。意外にも、ジャニーズ事務所には自分から応募したわけではないんですね。木村さんが中学3年生の頃、叔母さんが知らないうちにジャニーズ事務所に履歴書を送り、なんとそのまま書類審査を通過面接までこぎつけたのですが、木村さんの夢は獣医になることでした。

ところが面接でダンスが全く踊れなかった木村さん。そこで火がついちゃったんですねぇ……彼の持ち前の負けず嫌い精神に!
そして1988年にSMAP結成。それ以来、どんなところでも輝いてきたキムタクの素晴らしい映画作品を紹介していきますので、ぜひ見てみてくださいね!

1、武士の一分

出典:amazon.co.jp

あらすじ

幕末の時代、幕府の毒見役として仕事をしていた三村新之丞(木村拓哉)は妻・加世(檀れい)と静かに暮らしていた。新之丞は将来は隠居して剣術道場を開き子供たちに稽古をすることを夢見ていた。しかしある日、新之丞は毒にあたり3日の間昏睡状態となり、盲目の体になってしまう。

盲目では道場で子どもたちを教えることも叶わない……新之丞は半ば自暴自棄になり、その苛立ちを加世にぶつけるようになる。そんな時、加世が海坂藩の番頭・島田(坂東三津五郎)と密通していることを知ってしまう。すべては、「家名を守りたい」という加世の弱みにつけこんだ卑劣な姦通であったが、新之丞は真実を知らぬまま加世と離縁する。その後、本当の事を知った新之丞は、「武士の一分」を懸けて果し合いを申し込むー。盲目でありながら、武士のプライドを懸けた戦いが始まる。

ここがポイント!木村拓哉「武士の一分」撮影裏話!

*実は少年時代に剣道を経験していた木村さん!

盲目役を演じるのに、目隠しをして稽古を積んだようで、「こんなにも安全な剣道がこんなに怖くなるんだ」と驚いていたそうです。

*妻役の壇さんにも、中間役の笹野さんにもカメラが回っていない時でも常に「旦那様」と呼ばれていた!

編集部イチオシ!演技派キムタクのみどころポイント!

この作品は山田洋次監督の時代劇3部作の第3作目。木村さんも時代劇には初挑戦ということでとても緊張していたそうです。

見どころといえばやはり、盲目になってからの剣術を使うシーン。

少年時代に剣道経験者の木村さんは、目隠しをしながらの稽古に励み、盲目の新之丞を見事演じ切りました!普通では考えつかないような稽古を積み、新之丞になりきる、そんなストイックな木村さんはどこからどう見てもいい男!

また、不甲斐ない自分のために加世がしていたことを知ったときの男の表情といったら、たまらないですね。愛していた人への後悔を表すシーンもとても素敵なので、ぜひ一度観てみてください。

上映時間:121分

監督:山田洋次

出演者:木村拓哉、壇れい、笹野高史、他

受賞歴:第30回日本アカデミー賞(12部門受賞)、第25回ゴールデングロス賞(日本映画部門優秀銀賞)

公開日:2006年10月20日

スポンサーリンク

2、HERO(2007年)

映画hero
出典:amazon.co.jp

 

あらすじ

久利生公平(木村拓哉)は6年ぶりに東京地検・城西支部へ異動となり、昔の仲間とともに仕事をすることになる。異動早々担当することになったのは、チンピラが起こした傷害致死事件。被疑者が自供していることから当初は早期解決が見込まれていたが、事件を細かく追っていくうちに矛盾点が広がっていく。真相に近づくにつれ、代議士・花岡練三郎(森田一義)がこの事件に関わっていることが判明し、調査は急展開を迎えることになる…!!久利生公平、最大の危機…!!

ここがポイント!木村拓哉「HERO」撮影裏話!

*台本は完璧に覚えてから撮影に挑む木村さん!周りが驚くほどミスが無いらしいです。

*キャストの方だけではなく、裏方のスタッフさんの名前も全員分覚えているんだそう!

*この役は事件を解決するために仲間と協力していく役なことから、キャストさんとも全力でコミュニケーションを取りにいっていた木村さんでした。

編集部イチオシ!演技派キムタクのみどころポイント!

HEROは、2001年からテレビドラマとして放送されていて、当時から高視聴率でした!それは、「主演がキムタクだから」というだけではなく、久利生公平」という役柄とその周りにいる個性あふれる仲間たちが繰り広げるストーリーに惹かれる人が多いからですね。

また、初代相棒の事務官である雨宮との関係も、気になるところですよね‼テレビドラマ時代から見ている方にはたまらない内容となっています!なかなか進まない二人の関係、今回の映画で進展があるようです!!ぜひ、チェックしてみてください!

上映時間:130分

監督: 鈴木雅之

出演者:木村拓哉、松たか子、大塚寧々、阿部寛、勝村政信、小日向文世、八嶋智人、 角野卓造、児玉清、他

受賞歴:第25回ゴールデングロス賞 日本映画部門 最優秀金賞

公開日:2007年9月8日

3、I Come with the Rainアイ・カム・ウィズ・ザ・レイン

アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン(通常版) [DVD]

出典:Amazon.co.jp

あらすじ

ある猟奇殺人事件を追っていたクライン(ジョシュ・ハートネット)は、「殺人犯に“同化”することで事件の真相にたどり着く」という特異な能力を持っていた。しかしクラインはあることがきっかけで精神的に傷つき、トラウマを抱え、刑事を退職し探偵としてひっそりと生きていた。そんなクラインはある日、「とある企業の創設者から息子のシタオ(木村拓哉)が行方不明になっているので探してほしい」と依頼を受ける。刑事時代の相棒のメンジー(ショーン・ユー)とシタオが最後に目撃されたフィリピンへ向かうが、シタオはすでに死んでいた。手がかりを失いかけたクラインだったが、死んだはずのシタオが香港で生きていているという情報を手に入れる。一方、香港マフィアのボス:ス・ドンポ(イ・ビョンホン)もシタオの行方を追っていた…

シタオは確かに一度死んでいたが、この世のものでもない力によって再度“生”を受け、『キリストを体現する存在』として他人の傷を自分に同化し浄化していく運命を背負っていたのだった。

ここがポイント!木村拓哉「I Come with the Rain」撮影裏話!

  • シタオ役は「人であって人ではない存在」だったため、演じるのが難しかったそうです!
  • 映画自体がグロいシーンが多いため、傷のメイクを増やす提案をしていた木村さん
  • フィリピンでの撮影は、危険な地域だったため軍隊に警備されながらの撮影…!

編集部イチオシ!演技派キムタクのみどころポイント!

今回の映画は、キリストをテーマとした映画になっているため、考え深いシーンがとても多いと感じました。宗教って人それぞれですよね。でもそんなキリストに生かされたシタオ役を演じきるのが、我らがキムタクですね!!少し血や傷が多いため、苦手な方もいらっしゃるかと思いますが、この映画を見終わったあと、きっと感じるものがあるはずです。

また、映画の中では男性のセミヌードシーンがたくさん出てきます!もちろんキムタクもガンガン脱いでます!!!キリストのメタファーなのですが、小難しいテーマなんて必要ありません!とにかくイケメンたちの肉体美をぜひ、堪能してください!

上映時間:114分

監督:トラン・アン・ユン

出演者:クライン(ョシュ・ハートネット)、シタオ(木村拓哉)、ス・ドンポ(イ・ビョンホン)、他

受賞歴:なし

公開日:2009年6月6日

スポンサーリンク

4、SPACE BATTLESHIP ヤマト

映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」 │TBSテレビ

SPACE BATTLESHIP ヤマト 予告1 【宇宙戦艦ヤマト】実写版

あらすじ

惑星イスカンダルに存在する異星人「ガミラス」によって、地球は滅亡の危機にさらされていた。人類は大幅に減少し、大切な家族、愛する者を多く失った人類は、地下都市で暮らしていたが、地下にまで侵略してきた放射能によって、人類の余命も1年余りとなる。そんなある日、地上に謎のメッセージカプセルが落下する。カプセルの中には、波動エンジンの設計図と惑星イスカンダルの座標が示されていた…人類は、これをもとに「宇宙戦艦ヤマト」を完成させる!

放射能の脅威と異星人ガミラスの攻撃によりもたらされた人類最大の危機を回避すべく、古代進(木村拓哉)たちは、イスカンダルへ向かい、「守るべきものたち」のため命を賭して戦うのだった…!

ここがポイント!木村拓哉「SPACE BATTLESHIP ヤマト」撮影裏話!

*小さい頃から「宇宙戦艦ヤマト」の大ファンだった木村さん。自身が出演するSMAP×SMAPの番組でもパロディを演じるほど!

*大人気アニメの実写化のため、木村さんをはじめとするキャスト全員が気を引き締めながらの撮影だったそうですよ!

編集部イチオシ!演技派キムタクのみどころポイント!

アニメを見ていない方でもお楽しみいただける内容になっていることには間違いありません!キャラ設定もしっかりしていて、なにより木村さんの演技力がすごすぎます。SFエンターテイメントになっており、今まで演じたことない『アニメのキャラ』という中で、見事主人公をやりきりました!

また豪華キャスト陣にも注目してください!どの配役も原作のキャラクターに忠実に決められており、マンガからのファンもきっと興奮できるはずです。

上映時間:138分

監督:山崎貴

出演者:古代進(木村拓哉)、森雪(黒木メイサ)、真田志郎(柳葉敏郎)、古代守(堤真一)、徳川彦左衛門(西田敏行)、沖田十三(山崎努)、他

受賞歴:

・第29回ゴールデングロス賞 日本映画部門 最優秀金賞

・HIHOはくさいアワード(2010年度)第1位

公開日:2010年12月1日

 

5、無限の住人

映画『無限の住人』公式Twitter

映画『無限の住人』本予告【HD】2017年4月29日公開

あらすじ

万次(木村拓哉)は、秘術・血仙蟲を埋め込まれ不老不死の体となってしまう。やがてたった一人の妹を失い、死ぬこともできず半世紀をただただ生きていた。そんな時、浅野凜(

杉咲花)が現れ、両親の敵を討ちたいから用心棒になってほしいと依頼を受ける。決して臆することなく敵討ちの信念を語る凛に妹の面影を重ねた万次は、凛の用心棒を引き受けることに。敵討ちの剣客集団のトップ、天津影(福士蒼汰)と戦うことになるが、天津を追っていた幕府軍とも戦うことになり……。

不老不死の体を持つ万次に立ちはだかる、剣客集団と幕府軍。果たして1人vs300人の状況を乗り越えることができるのだろうか…!?

ここがポイント!木村拓哉「無限の住人」撮影裏話!

*凛に人を殺すところを見せないように着物の袖で視界を隠すシーンはアドリブだそうです!さすが木村さん!そんなアドリブがさらっとできてしまうなんて素晴らしすぎます!”万次”として役に入り込んだからこそなんですね。

*監督の「今から命の奪い合いを撮影します」という一言により、一瞬でその空気に包まれたのだとか…!

*木村さんは、撮影時市原さん演じる尸良の役の入り方にとても感銘を受けたそうです。

編集部イチオシ!演技派キムタクのみどころポイント!

木村さんにとっては、「武士の一分」以来の時代劇となりましたね。その時の役柄とは全く違うものですが、見事「万次」になりきっています‼ただの用心棒だったはずなのに凛を妹と重ねて愛おしそうにみる姿には、ときめきすら感じました。

万次だけではなく、他の剣客たちにもひとりひとりに正義があり、ドラマがあり、己の信義のために命を懸けて戦う姿は、見ていて熱くなれるシーン間違いなし!アニメを忠実に再現しているところもあり、実写映画を見た後は、アニメを見たくなりますよ!!

上映時間:141分

監督: 三池崇史

出演者:万次(木村拓哉)、浅野凛(杉咲花)、天津影久(福士蒼汰)、尸良(市原隼人)、乙橘槇絵(戸田恵梨香)、百琳(栗山千明)、他

受賞歴:なし

公開日:2017年4月29日

6、検察側の罪人

出典: 映画『検察側の罪人』Twitter

映画『検察側の罪人』予告

あらすじ

東京地検のエリート検事、最上毅(木村拓哉)と新たに配属されてきた駆け出し検事、沖野啓一郎(二宮和也)。沖野は配属早々、ある老夫婦刺殺事件の担当検事となる。容疑者の松倉重生(酒向芳)は、最上が過去に担当していた未解決事件の重要参考人だった。その事件は結局未解決のまま時効をむかえ、最上は松倉が殺人犯であると確信しながらも、決定的な証拠を突きつけることができず、罪に問うことができなかった。

最上と松倉の因縁を知らない沖野は、最上の松倉に対する異常な執着に違和感を覚え、次第に対立を深めていく。果たして松倉は真犯人なのか?そして、過去の未解決事件との関連性は……?

ここがポイント!木村拓哉「検察側の罪人」撮影裏話!

*木村さんはモノマネが得意!他のキャラになりきり「○○ならこうやる!」というモノマネをして、監督もそこからヒントを得たこともあるそう!

*最上役として被害者家族に会いに行くシーン。撮影場所は埼玉県熊谷市の使われていないボーリング場。猛暑の真夏だったので、覚悟して行ったらなんと、冷房が効いていてびっくりしたのだとか。

*「検察側の罪人」というタイトルに矛盾を感じたという木村さん。小説を読んでいくうちに、最上の正義に賛成はできないが、理解はできると思ったそうですよ。

編集部イチオシ!演技派キムタクのみどころポイント!

木村さんはこういう事件ものはハマっていると思います!シリアスな雰囲気がとっても似合っていて、まさに演技力の出しどころ!嵐の二宮さんとの共演もみどころですよね!二宮さんも演技派俳優なので、お互いに真剣を抜き合うような息詰まるふたりの演技は、見ているだけで唾をのむのを忘れるくらいです。

それぞれの信じる正義にしたがい、真実を突き止めようとする最上と沖野。ふたりの対立もさることながら、松倉役の酒向芳さんとの緊迫した舌戦も見どころです

上映時間:123分

監督:原田眞人

出演者:最上毅(木村拓哉)、沖野啓一郎(二宮和也)、橘沙穂(吉高由里子)、丹野和樹(平岳大)、弓岡嗣郎(大倉孝二)、小田島誠司(八嶋智人)、他

受賞歴:

・第43回 報知映画賞 助演男優賞(二宮和也)

・第42回日本アカデミー賞 優秀助演男優賞(二宮和也)

公開日:2018年8月24日

7、マスカレード・ホテル

出典:ホテル コルテシア東京【公式】Twitter

映画「マスカレード・ホテル」公式サイト

あらすじ

東京都で3件の連続予告殺人が起き、警視庁は事件解明を急いでいた。現場に残された謎の暗号を解読した結果、次の殺人が都内の高級ホテル「ホテル・コルテシア東京」で引き起こされる可能性が高いことが導き出される。一連の事件を解決するため、そして、4件目の殺人を未然に防ぐため、捜査一課の警部補・新田浩介(木村拓哉)率いる数名の刑事が、ホテルに潜入捜査として配属される。帰国子女であるというだけでフロントでの潜入捜査をまかされる新田。しかし、「お客様に手出しはさせない」と目を光らせる指導係の山岸尚美(長澤まさみ)の前では、敏腕刑事の新田も思うようにプロとしての嗅覚を発揮できない。

そして、これといった手がかりをつかめないまま、ホテルでは4件目の殺人の予兆が――。

ここがポイント!木村拓哉「マスカレード・ホテル」撮影裏話!

*今作のキャスト陣は、以前「HERO」で共演している方々が多く揃っていて、撮影の場も和やかだったのだそうです!

高級ホテル“ホテル・コルテシア東京”の舞台セットに感激。あんなに大きな規模のセットにただならぬものを感じました。と木村さん。

*撮影中に、東野圭吾さんが見に来たときは「デート中に彼女の親が見に来た」ような感覚になったそうです。

木村さんにとっては、初の刑事役・初の東野作品・初の長澤まさみさんとの共演ということで、初めてが多い現場だったようですが、初めてを経験することはとても面白いと楽しんで撮影されていたのがわかりますね!

編集部イチオシ!演技派キムタクのみどころポイント!

木村さんにとっては、初の刑事役となりましたね。過去に検事役はされてましたが、今回は職業も違い、視点も違う。同じ系統でも大きく違う役を演じられました。そして木村さん演じる新田の周りを取り巻く怪しげなホテルスタッフやホテル客。今回の作品には、友情出演として、明石家さんまさんも登場します!

ちなみに、タイトルの「マスカレード・ホテル」は仮面舞踏会を意味していて、ホテルにいる人は皆仮面をかぶっているという意味が隠されています。見ているこっち側も推理をしたくなる作品となっていますので、ぜひチェックしてみてください!

上映時間:133分

監督: 鈴木雅之

出演者:新田浩介(木村拓哉)、山岸尚美(長澤まさみ)、能勢(小日向文世)、他

受賞歴:なし

公開日:2019年1月18日

まとめ

木村拓哉さんのおすすめ映画作品をご紹介させていただきました。「高視聴率男」と呼ばれているだけあって、その影響は映画にも及び、どの作品も大ヒットしています!どんな役柄を演じるにしても、その人を理解してから演じる、当たり前のようで難しいことですよね。木村さんのストイックさが観られるものばかりなので、ぜひチェックしてみてくださいね‼

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク