松岡茉優が出演するおすすめ映画ランキングTOP5!幼少期から活躍中のベテラン女優

ネジムラ89

 

かつては注目の若手として名前が上がることも多かった女優である松岡茉優さん。今や出演作品も多くなり、その若さですっかり実力派女優として地位を築き上げています。

そんな松岡茉優さんはこれまでどんな経歴を経て、どうブレイクしていったのかはご存知ですか?

今回はそんな松岡茉優さんの活躍の歴史をたどり、今一度その演技の数々を振り返っていきます。どんな女優なのか知りたいという人にもオススメの出演映画も厳選して紹介していきますよ!

松岡茉優について

松岡茉優
出典:松岡茉優公式サイト

松岡茉優のプロフィール

松岡茉優さんは、1995年2月16日の東京都出身の女優。2021年時点ではヒラタインターナショナルに所属しています。

かつては将来を心配する両親からも大学を行くように言われながらも、自身は女優になること以外は考えたことがなかったというほどの志を持っていたことはインタビューなどでも語られており、それを有言実行するように、ドラマ・舞台・映画さらにはCMやバラエティ番組に至るまで幅広い活躍を果たしています。

ちなみに、高校1年生の頃に芸能人を多く輩出する日出高校へ転入し、ももいろクローバーZのリーダー百田夏菜子さんや、シンガーソングライターの家入レオさんらとは同級生です。

アイドル好きでもあり、熱烈なモーニング娘。ファンであることも有名。特に、9期メンバーである鞘師里保さんのことが好きであることから、バラエティ番組のドッキリ企画で対面したり、ラジオ番組でも共演を果たしました。

松岡茉優の活躍

幼い頃から芸能活動を行なっており、芸能界入りはなんと8歳の時!その後、2008年には多くの女優を輩出しているテレビ東京の朝の子供向け番組『おはスタ』に出演し、番組内ユニットのおはガールとして活躍していました。

おはガールを卒業した2010年以降は、度々テレビドラマへの出演を経て、2012年にはヒット作『桐島、部活やめるってよ』にて、周囲を見下すような性格が目立つ野崎沙奈役を演じたり、2013年には『連続テレビ小説あまちゃん』にて入間しおり役を演じたことなどで知名度をぐんと上げていきます。

実は大人向け?映画『桐島、部活やめるってよ』ネタバレ解説

2014年にはドラマだけでなく、『うつけもん』から連なるフジテレビ系列のバラエティ番組“もん”シリーズでおぎやはぎのお二人と番組MCを担当。バラエティ番組でもそのキャラクターを発揮し、またたく間に多くの人が知る女優となっていきます。

2016年には初主演連続ドラマ、『その「おこだわり」、私にもくれよ!!』が放送され、翌2017年には初単独主演映画『勝手にふるえてろ』が公開。以降も『万引き家族』『蜜蜂と遠雷』『劇場』『騙し絵の牙』と次々にヒット作に出演を果たし、今や邦画界を支える女優の一人として誰もが知る人物となっています。

松岡茉優出演ドラマ一覧

まずは松岡茉優さんが出演してきたTVドラマシリーズを一覧で紹介していきます。

※太字の役名は主演/ヒロイン作品です。

放送年 タイトル 役名
2010年 桂千鶴診察日録 お道
2011年 鈴木先生 掘の内七海
2011年 新・警視庁捜査一課9係season3:9話 三原結衣
2013年 人生は“サイテーおやじ”から教わった〜漫画家・西原理恵子〜 西原理恵子
2013年 あまちゃん第2部東京編 入間しおり
2013年 35歳の高校生 馬場亜矢子(回想)
2013年 斎藤さん2 前園冴
2013年 刑事のまなざし:8話 仲村有香
2014年 ウレロ☆未体験少女3:2話 松岡まゆ
2014年 銀二貫 真帆
2014年 GTO 志条あゆな
2015年 問題のあるレストラン 雨木千佳
2015年 限界集落株式会社 大内美穂
2015年 She 西澤涼子
2015年 経世済民の男 高橋是清 後編 ケイコ
2015年 磁石男2015 北島あゆみ
2015年・2017年 コウノドリ 下屋加江
2016年 恋の三陸列車コンで行こう! 支倉桃子
2016年 その「おこだわり」、私にもくれよ!! 松岡茉優
2016年 水族館ガール 嶋由香
2016年 大河ドラマ:真田丸 竹林院
2017年 やすらぎの郷 財前ゆかり
2017年 ウチの夫は仕事ができない 小林沙也加
2018年 黒井戸殺し 黒井戸花子
2019年 磯野家の人々〜20年後のサザエさん〜 ワカメ
2020年 おカネの切れ目が恋のはじまり 九鬼玲子
2021年 生きるとか死ぬとか父親とか 浦原トキコ
2021年 頑張れ!TEAM NACS:7話 松岡茉優(本人役)

松岡茉優出演映画一覧

続いて、松岡茉優さんが出演した映画を一覧で紹介していきます。
※太字の役名は主演/ヒロイン作です。

公開年 タイトル 役名
2009年 愛のむきだし 百合
2010年 少女戦士伝シオン カリン
2011年 RAFT 桐田聖
2012年 ポテチ ミユ
2012年 桐島、部活やめるってよ 野崎沙奈
2012年 悪の教典 白井さとみ
2013年 映画 鈴木先生 堀の内七海
2013年 はじまりのみち やゑ子
2013年 絶叫学級 香取絵莉花
2014年 放課後ロスト 橋本リカ
2014年・2015年 リトル・フォレスト キッコ
2015年 サムライフ ユミ
2015年 ストレイヤーズ・クロニクル モモ
2015年 ジュラシック・ワールド グレイ・ミッチェル(声)
2016年 猫なんか読んでもこない。 ウメさん
2016年・2018年 ちはやふる 若宮詩暢
2016年 ポケモン・ザ・ムービーXY&Z ボルケニオンと機巧のマギアナ キミア王女(声)
2016年 映画聲の形 石田将也(小学生時代)(声)
2017年 カーズ・クロスロード クルーズ・ラミレス(声)
2017年 勝手にふるえてろ 江藤良香
2018年 blank13 西田サオリ
2018年 万引き家族 柴田亜紀
2019年 バースデー・ワンダーランド 上杉アカネ(声)
2019年 蜜蜂と遠雷 栄伝亜夜
2019年 ひとよ 稲村園子
2020年 デジモンアドベンチャーLAST EVOLUTION 絆 メノア・ベルッチ(声)
2020年 劇場 早希
2021年 騙し絵の牙 高野恵
2021年 劇場版がんばれ!TEAM NACS 松岡茉優(本人役)

松岡茉優主演のおすすめ映画ランキングTOP5

多くの映像作品に出演しているだけにどれを観たらいいかわからない、という人の為にも、彼女の活躍を体験するのであればこれがオススメ!という映画を厳選して5作品紹介します。松岡茉優さんの演じる役の幅広さにも驚きが感じられるのではないでしょうか。

1.勝手にふるえてろ

勝手にふるえてろ
出典:映画『勝手にふるえてろ』公式Twitter

中学時代の同級生“イチ”(北村匠海)への思いを引きずり続けるOLのヨシカは、同期の“ニ”(渡辺大知)から突然の好意を打ち明けられ大興奮!脳内のかつての片思いの同級生と、現実の変わり者の同僚との間で揺れるヨシカは、ある事件をきっかけに同窓会を開いて“イチ”との再会に臨みます。ちょっとこじらせたヨシカの変わった恋愛物語を時にコミカルに、そして時にはミュージカルのように描きます。

芥川賞作家である綿矢りささんの同名小説を、『私をくいとめて』などの大九明子さんが監督と脚本を担当する体制にて映画化!大九明子さんは、かつて3名の監督がそれぞれオムニバス形式で中編を監督する映画『放課後ロスト』で松岡茉優さんを主人公に据えて製作した過去があり、松岡茉優さんは再びタッグを組んだ今作で待望の初単独主演を果たすことになります。

癖のあるヨシカの人間性は面白おかしくも切実。高い評価を獲得した今作で、初めての主演映画でありながらも、第42回日本アカデミー賞では主演女優賞へのノミネートや、第27回日本映画プロフェッショナル大賞の主演女優賞を受賞しました。

勝手にふるえてろ ネタバレ『勝手にふるえてろ』ネタバレ解説 | こじらせ女子の金字塔ムービー!
公開日時 2017年12月23日
上映時間 117分
キャスト 渡辺大知、北村匠海、石橋杏奈、片桐はいり
監督 大九明子
\22万以上の作品が見放題/

2.蜜蜂と遠雷

蜜蜂と遠雷
出典:Amazon.com

母が亡くなったことをきっかけに、ピアノを弾くことができなくなった天才少女の栄伝亜夜は、7年ぶりにコンクールへの出場を決意。しかし、そのコンクールでは、年齢制限ギリギリで臨む高島明石(松坂桃李)、名門音楽院在籍のマサル・カルロス・レヴィ=アナトール(森崎ウィン)、世界最高峰のピアニストの推薦状を持つ風間塵(鈴鹿央士)などのライバルもそれぞれのドラマを抱えてコンクールに挑んでいます。

4人のピアニストが互いに影響しあい、葛藤、そして成長する中でついにコンクールも大詰めを迎えていきます。

本作で松岡茉優さんは主人公でもある栄伝亜夜役を担当。演奏に対するトラウマを抱えながらもピアノに対する思いも捨てきれない、という複雑な心情を抱えており、その中で懸命に前へ進んでいこうとする難しいキャラクターを見事に演じきっています。

『勝手にふるえてろ』に続き本作でも日本アカデミー賞の最優秀主演女優賞にノミネートされ、映画自体も作品賞にノミネートを果たしました。

公開日時 2019年10月4日
上映時間 119分
キャスト 松坂桃李、森崎ウィン、臼田あさ美、ブルゾンちえみ
監督 石川慶

3.劇場

劇場
出典:映画『劇場』公式サイト

劇団の脚本家兼演出家を目指しながらも自堕落な生活を送る青年・永田と、そんな永田と恋仲となり彼のことを容認して自身の家に住まわせてあげながらも女優を目指す沙希の二人の出会いから、夢が叶わない中でお互いに依存しあう関係となっていく切ない関係性の行方が描かれます。

理想と現実の間を埋めあう二人の関係は徐々にその不安定さが露わになっていくのですが、その切ないながらも驚きの着地を見せるラストには驚きが待っています。

原作はお笑い芸人としても活躍する又吉直樹さんの同名小説。主人公の永田役を山崎賢人さんが務め、ヒロインの沙希役を松岡茉優さんが演じています。

本作は2020年に大規模公開をする予定でしたが、新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、方針を転換し、ミニシアターを中心とした劇場公開に加え、公開当日にPrime Videoでの同時配信を実施したことでも話題となりました。

公開日時 2020年7月17日
上映時間 136分
キャスト 山崎賢人、寛一郎、伊藤沙莉
監督 行定勲
\22万以上の作品が見放題/

4.ちはやふるシリーズ

ちはやふる
出典:Amazon.com

幼馴染の綾瀬千早(広瀬すず)と真島太一(野村周平)、綿谷新(真剣佑)の3人はかつて競技かるたでいつも一緒に遊んでいた仲だったものの、そのきっかけとなった新たが引っ越して離ればなれになってしまいます。高校生となった千早、かつての友だった新に会いたい一心で、「競技かるた部」の創設に奔走し、全国大会を目指す大ヒット青春部活物映画です。

主人公の千早役には広瀬すずさん、新役には真剣佑さんら当時の若手実力派が名を連ね、松岡茉優さんはその中でもクイーンと称される凄腕のライバル若宮詩暢役として出演しています。

本作は全3作が制作されており、2016年3月に『ちはやふる 上の句』、翌月2016年4月に『ちはやふる下の句』が公開され、それらの大ヒットから2018年にさらなる続編『ちはやふる 結び』が公開されることとなります。いずれの作品にも松岡茉優さんは出演しているのですが、その中でも2作目に当たる『ちはやふる下の句』では主人公の千早とライバルの詩暢の激突が描かれるので注目です。

公開日時 2016年3月19日(上の句)、2016年4月29日(下の句)、2018年3月17日(結び)
上映時間 111分(上の句)、103分(下の句)、128分(結び)
キャスト 広瀬すず、野村周平、真剣佑、上白石萌音
監督 小泉徳宏(全作)
\22万以上の作品が見放題/

5.カーズクロスロード

カーズクロスロード
出典:Pixar公式Twitter

松岡茉優さんの活躍で忘れてはいけないのが、“声”のお仕事。声優として売り出している訳ではないながら、すでに多数の洋画やアニメーションでかなりのセリフ量のあるキャラクターの吹き替えを担当し、少年役や主役を務めることもあります。

そんな中でもオススメがディズニーピクサー映画の『カーズクロスロード』『カーズ』シリーズの3作目にして完結作。すでにベテランとなって古い世代となってしまったマックィーンが、次世代のレーシングカーとの戦いで大怪我を負ってしまったことをきっかけに、トレーナーであるクルーズ・ラミレスと共に再起を図る物語です。

今作で松岡茉優さんはトレーナーを務める新キャラクターのクルーズ・ラミレスの日本語吹き替えを担当しました。トレーナーなので一見脇役かと思いきや、一緒に冒険を経る相棒のような役割も担い、旧世代のマックィーンが新世代との歩み寄りのきっかけとなっていく今作でも非常に重要な役どころを担っています。

公開日時 2017年7月15日(日本公開日)
上映時間 102分
日本語吹き替え版キャスト 土田大、藤森慎吾、戸田恵子、パンツェッタ・ジローラモ
監督 ブライアン・フィー
\22万以上の作品が見放題/

まとめ

松岡茉優
出典:松岡茉優公式サイト

以上、松岡茉優さんの活躍と中でもオススメの映画を厳選して紹介しました。

これらの作品を観るだけでも、その演技の幅の広さに驚かされること間違いなし。主演作だけでなく、名脇役としての活躍も目覚ましいだけに、ポジションに関わらず出演作を負ってみることをオススメします!

果たして今後はどんなドラマや映画に出演し、どんな一面を見せてくれるのか。以降の活躍もぜひ気にして追ってみてくださいね。

OVER DRIVE 新田真剣佑のおすすめ映画10選|圧倒的なルックスと演技力が人気! 【2021年】キュンキュンするおすすめの恋愛映画(邦画)50本を厳選! 純平、考え直せ 【2021年最新】野村周平好きならこれを観よ!主演映画おすすめBEST5!
この記事を書いた人
ネジムラ89
ネジムラ89

缶バッジ販売専門店「カンバーバッチ」のオーナー兼アニメ映画ライター。アニメ映画情報マガジン「読むと アニメ映画 知識が結構増えるラブレター」をnoteにて配信中。その他いろんなとこでアニメ映画話を執筆中。古今東西関係なくアニメ映画を中心とした有益な情報を多くの人に提供できるようにやっていきます。