人間の光と影を描く天才!映画監督“吉田恵輔”おすすめ厳選7選!

スポンサーリンク

さんかく』や『ばしゃ馬さんとビッグマウス』といった実在する人物をモデルにした作品から、『ヒメアノ~ル』や『愛しのアイリーン』など漫画が原作となっているバイオレンスな作品まで幅広く手がけている映画監督”吉田恵輔”。
人間の光と闇を映し出すリアルな作風が、日本だけでなく海外からも高く評価されています。一度観たら忘れられない、心に迫ってくるような作品を観たいという方に、吉田監督の作品はぴったりです!

吉田恵輔さんは1975年5月5日生まれ、埼玉県出身。デビュー作『なま夏』が「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」でグランプリを獲得し、期待の新人監督として注目されるように。その後も話題作を次々と世に生み出し、人気監督として幅広く認知されるようになりました!
吉田監督の作品の魅力は、リアリティのある人物設定と演出です!物語を美化することなく、あくまで人間の本来の姿を描き出しています。人の優しさを素直に表現した映画、強い愛から生まれる狂気を映し出した映画など、作品によって全く違う味を出してくれるのも魅力の1つです!

そんな吉田恵輔さんの監督した作品7選をご紹介します。心が温かくなる感動作から、思わず息を呑むバイオレンスシーンが魅力の作品まで、かなり幅広いラインナップとなっております。また、吉田監督のこだわりを感じられる撮影秘話にも、ぜひ注目して頂きたいです!
あなたの心を掴んで離さない、魅力的な映画ばかりですよ!

目次

1. 机のなかみ

映画 机のなかみ
出典元:Amazon.co.jp

あらすじ

お調子者のフリーター・馬場元(あべこうじ)は、女子高生・望月望(鈴木美生)の家庭教師をすることに。父親・望月栄一郎(内藤トモヤ)から「変な気を起こさないように。」と釘を差されていた元だったが、可憐で勉強に熱心な望と接していくうちにうっかり恋をしてしまう。
そして元は、同棲中の彼女・棚橋美沙(踊り子あり)がいるにも関わらず、望へ猛アタックをしかけるように。そんな元を軽くあしらいながら勉強を頑張る望には、人に言えないある秘密があって……

映画へのこだわりが明らかに!「机のなかみ」吉田恵輔撮影秘話

・かなり個性的なキャラクターが登場する今作。吉田監督はエキストラの方にもこだわったそうで、町中で探し回って見つけたのだとか!一人一人を丁寧に描く吉田監督のらしいエピソードですね。
・あべこうじさんの演技がとても面白かったという吉田監督。撮影中に笑いを堪えるのが大変だったとか。とても雰囲気の良い撮影現場だったそうですよ!

魅力的な登場人物達から目が離せない!今作の注目ポイント

今作は、吉田監督の長編映画のデビュー作です。前半と後半で視点が変わる、斬新な演出がなされています!
注目ポイントは、可憐な女子高生・望月望を巡って起こる複雑な人間模様!望に恋をしてしまう元、娘を溺愛する父親、そして周りの友達。どの登場人物も、吉田監督の手によって個性的、かつ魅力的に描かれています。
また先の見えない展開も、今作の注目ポイントとなっております。物語の結末を想像しながら観て頂けると、更にこの映画を楽しめるはずです!

基本情報

上映時間:104分
監督:吉田恵輔
出演者:馬場元(あべこうじ)/望月望(鈴木美生)/藤巻凛(坂本爽)/多恵(清浦夏実)/棚橋美沙(踊り子あり)/望月栄一郎(内藤トモヤ)他
受賞歴:なし
公開日:2007年4月21日
スポンサーリンク

2. 純喫茶磯辺

映画 純喫茶磯辺
出典元:Amazon.co.jp

あらすじ

無職でバツイチの父親・磯辺裕次郎(宮迫博之)は働こうともせず、娘の磯辺咲子(仲里依紗)から心配される始末。そんな裕次郎は、勢いだけで「純喫茶磯辺」を開店させることに。父の無謀な挑戦に呆れていた咲子だったが、渋々手伝ってあげるようになる。
やっと店が上手く回ってきた頃、アルバイトとして働いていた容姿端麗な女性・菅原素子(麻生久美子)に恋をする裕次郎。咲子は父親の恋を複雑な気持ちで見ていた。そしてついに耐えきれなくなった咲子は、素子に対して「お父さんといい関係にならないで。」と言ってしまうが……。

映画へのこだわりが明らかに!「純喫茶磯辺」吉田恵輔撮影秘話

・吉田監督は「宝くじを当てた夫婦が喫茶店を開いたのにすぐ店が潰れてしまった話」を聞いて、今作のアイデアが浮かんだそうです!たとえ無謀だとしても挑戦するその勇気に感動したのだとか。
・今作はかなり細部まで作り込まれているそうで、吉田監督は「カメラのピントが合っていないような細かい所にも注目してもらいたい。」とコメントしていたとか。ぜひ作中に出てくる小物や衣装にも注目してみてください!

魅力的な登場人物達から目が離せない!今作の注目ポイント

父と娘の絆をコミカルに描いた今作。人気お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之さんが主演を務めるということで話題になりましたよね!
今作の注目ポイントは、不器用ながらもお互いを思い合う磯辺親子です!2人の軽快なやり取りはまるで本当の親子のようなリアリティがあります。なんとも言えない親子の空気感は観ていて癒やされること間違いなし!
鑑賞後には、ついつい自分の家族のことを思い出してしまう、そんな温かい作品です。登場人物を細やかに表現する吉田監督の作風が最大限に活かされていますので、ぜひご覧ください!

基本情報

上映時間:113分
監督:吉田恵輔
出演者:磯辺裕次郎(宮迫博之)/磯辺咲子(仲里依紗)/菅原素子(麻生久美子)/麦子(濱田マリ)/江頭(近藤春菜)他
受賞歴:なし
公開日:2008年7月5日

3. さんかく

映画 さんかく
出典元:Amazon.co.jp

あらすじ

同棲して2年が経ったカップルの百瀬(高岡蒼甫)と佳代(田畑智子)。2人は倦怠期を迎えていて、喧嘩ばかりの日々を過ごしていた。そんな中、佳代の妹・桃(小野恵令奈)が夏休みの間だけ一緒に暮らすことに。佳代とは違って、器用で人懐っこい桃へ徐々に特別な感情を持ち始めていた百瀬。そんな百瀬の様子を見て佳代は不安を募らせる。
3人の不思議な共同生活は刻一刻と過ぎていき、夏休みも残りわずかとなった時、百瀬は思わず桃を抱きしめてしまう。そしてその夜、2人は唇を重ねてしまい……

映画へのこだわりが明らかに!「さんかく」吉田恵輔撮影秘話

・ちょっぴりダメ男な主人公・百瀬、実は吉田監督がモデルになっているのだとか!ちなみに愛が重い佳代の人間性は、吉田監督の昔の彼女がモデルになっているそうです。まさか監督自身の体験が元になっているとは、驚きですね!
・百瀬を翻弄する桃を演じた小野恵令奈さんのファンだったという吉田監督。桃役は小野さんをモデルにアテ書きされたそうです!小野さんの可愛らしさが存分に活かされた、魅力的なキャラクターとなっております。

魅力的な登場人物達から目が離せない!今作の注目ポイント

多くの賞を受賞し、高く評価された今作。人を愛し続ける難しさを丁寧に描いた作品です。
今作の注目ポイントは、百瀬佳代桃の織りなす複雑な恋愛模様!吉田監督の演出一つ一つに登場人物達の人柄が表れていて、まるで実在している人達の生活を観ているかのような気分になります!
人間の良い部分だけではなく、弱い部分にもスポットを当てた映画となっております。リアリティのある恋愛映画を観たいという方におすすめした作品です!

基本情報

上映時間:99分
監督:吉田恵輔
出演者:百瀬(高岡蒼甫)/佳代(田畑智子)/桃(小野恵令奈)他
受賞歴:
・第2回TAMA映画賞 最優秀作品賞
・第25回高崎映画祭 若手監督グランプリ 吉田恵輔
・新藤兼人賞 2010年度銀賞(吉田恵輔)
・第20回日本映画プロフェッショナル大賞 主演男優賞(高岡蒼甫)
公開日:2010年6月26日
スポンサーリンク

4. ばしゃ馬さんとビッグマウス

映画 ばしゃ馬さんとビッグマウス
出典元:映画「ばしゃ馬さんとビッグマウス」公式Facebook

あらすじ

脚本家になるという夢を叶えるため、学生時代からシナリオを書き続ける馬淵みち代(麻生久美子)。中々結果が出ずに落ち込んでいたみち代が出会ったのは、口だけは達者な男・天童義美(安田章大)だった。一度も作品を書いたことがない義美は、なぜか自信だけはありいつも大口をたたいている。そんな態度が気に食わないみち代は義美と衝突を繰り返す。
そんな中、あまりに厳しい現実を突きつけられボロボロに傷つけられてしまったみち代。自分に才能がないことに薄々気づいていたみち代は夢を諦めようとするものの……

映画へのこだわりが明らかに!「ばしゃ馬さんとビッグマウス」吉田恵輔撮影秘話

・今作について、「映画監督を目指して頑張っていた自分に送りたい映画。」と話していた吉田監督。主人公の馬淵みち代は、当時の監督自身を描いているそうです!
・大口をたたいてばかりの天童義美という人物は、吉田監督が若かった頃にムカついた相手がモデルになっているのだとか!「安田章大さんが可愛らしいキャラクターとして演じてくれて、今では好きになりました。」と話していたそうですよ。

魅力的な登場人物達から目が離せない!今作の注目ポイント

諦めきれない夢を追う男女の姿を描いた今作。そんな2人の姿から元気をもらえるエネルギッシュな作品です!
今作の注目ポイントは、全く性格の違うみち代と義美の絶妙な関係性!ライバルでもあり戦友でもある2人が、最後はどのような関係になるのか注目して頂きたいです。
吉田監督の演出によって、どの登場人物もつい応援したくなってしまうような魅力的なキャラクターになっております。鑑賞後には気持ちがスカッとする爽快な映画なので、「やる気が欲しい!」という方にぜひ観て頂きたいです!

基本情報

上映時間:119分
監督:吉田恵輔
出演者:馬淵みち代(麻生久美子)/天童義美(安田章大)/松尾健志(岡田義徳)/マツモトキヨコ(山田真歩)/亀田大輔(清水優)他
受賞歴:第23回日本映画批評家大賞 監督賞(吉田恵輔)/主演女優賞( 麻生久美子)
公開日:2013年11月2日
スポンサーリンク

5. 麦子さんと

映画 麦子さんと
出典元:映画「麦子さんと」公式Facebook

映画「麦子さんと」コメント付き予告編

あらすじ

声優を目指す小岩麦子(堀北真希)は、何かと無責任な兄・小岩憲男(松田龍平)と2人で暮らしている。ある日、2人の元に消息不明だった母・小岩彩子(余貴美子)が突然現れ、3人で暮らし始めることに。自由奔放な彩子と反りが合わず、不満を募らせていく麦子。そんな中、実は病に冒されていた彩子が他界してしまう。
麦子は納骨をするために彩子の故郷へ。彩子の若い頃と顔がそっくりだった麦子は道行く人々に声をかけられ、とても歓迎されていた。そこで彩子の昔の話を聞き、麦子は母の素顔を知っていく……

映画へのこだわりが明らかに!「麦子さんと」吉田恵輔撮影秘話

・吉田監督は、今作の構想を長年温め続けていたのだとか!監督のお母さんをイメージしながら制作した、とても思い入れのある映画となっているそうです。
・パチンコ店で働く小岩憲男を演じた松田龍平さんは、全くパチンコについて知識が無かったそう。作中に出てくるパチンコ店内でのマイクパフォーマンスは、吉田監督から伝授されたものなのだとか!ぜひ、巧みなパフォーマンスに注目して頂きたいです!

魅力的な登場人物達から目が離せない!今作の注目ポイント

今作は亡くなった母の故郷を娘が巡る物語。心にそっと寄り添ってくれるような、優しくて温かい映画です!
注目ポイントは、堀北真希さん演じる麦子の成長!自分を捨てた母親を受け入れられなかった麦子の心情の変化が細やかに描かれています。登場人物を魅力的に見せる吉田監督の演出が、今作の最大の魅力でしょう!
家族の大切さや過去との向き合い方など、大切なことを教えてもらえる作品となっております。性別を問わず幅広い世代で楽しめる映画ですので、ぜひ大切な方と一緒にご覧ください!

基本情報

上映時間:95分
監督:吉田恵輔
出演者:小岩麦子(堀北真希)/小岩憲男(松田龍平)/赤池彩子(余貴美子)/ミチル(麻生祐未)/麻生春男(ガダルカナル・タカ)他
受賞歴:なし
公開日:2013年12月21日

6. ヒメアノ~ル

映画 ヒメアノ~ル
出典元:映画「ヒメアノ~ル」公式Twitter

あらすじ

平凡な毎日を送るお人好しな男・岡田進(濱田岳)は代わり映えしない日々に焦りを感じていた。そんな中、バイト先の先輩・安藤勇次(ムロツヨシ)から片想い中の女の子と接近できるよう協力を頼まれる岡田。その女の子とは、可愛らしくて人気者のカフェ店員・阿部ユカ(佐津川愛美)だった。
カフェに通うようになった岡田だが、そこで高校の時の同級生・森田正一(森田剛)と再会する。しかし、ユカから「森田にストーキングされている。」と相談された岡田は、森田に対して疑念を募らせていく……

映画へのこだわりが明らかに!「ヒメアノ~ル」吉田恵輔撮影秘話

・今作は古谷実さんの漫画が原作となっているのですが、吉田監督は古谷さんの作品の大ファンだったとか!ずっと古谷さんの作品を映画化できるチャンスを伺っていたそうです。
・吉田監督は現場で「俺、ノッてる!」と連呼してたそうです。元気でおちゃめな吉田監督の人柄が分かるエピソードですね!

魅力的な登場人物達から目が離せない!今作の注目ポイント

ユカを巡って起きる恋愛模様と並行して、サイコキラーとの戦いを描くという斬新な構成がなされている今作。海外の映画祭で上映されるなど広く評価されたことに加え、V6の森田剛さんが初単独主演を務めることでも話題になりましたよね!
今作の注目ポイントは、サイコキラーの森田正一というキャラクターです!森田はただの殺人鬼というわけではなく、そこに至るまでに物語があります。吉田監督の緻密な演出によって、恐ろしいのになぜか目が離せないそんな魅力的なキャラクターになっております
スピード感のある展開や激しい暴力シーンなど、とにかく刺激的な作品となっております。今までにない斬新な作品を観たいという方におすすめです!

基本情報

上映時間:99分
監督:吉田恵輔
出演者:森田正一(森田剛)/岡田進(濱田岳)/阿部ユカ(佐津川愛美)/安藤勇次(ムロツヨシ)他
受賞歴:第7回ビデオ屋さん大賞 1位
公開日:2016年5月28日

7. 愛しのアイリーン

映画 愛しのアイリーン

出典元:映画「愛しのアイリーン」公式Twitter

映画『愛しのアイリーン』予告篇

あらすじ

閉鎖的な田舎で暮らしているため、まともに恋愛をしたことがない42歳独身の男・宍戸岩男(安田顕)。そんな岩男は、300万円を支払って18歳のフィリピン人・アイリーン・ゴンザレス(ナッツ・シトイ)を嫁に迎え入れることに。
岩男はアイリーンを連れて実家に帰るが、母・宍戸ツル(木野花)に猛反対を受ける。険悪なムードのまま生活が始まるが、そこへフィリピンパブの人材を探していたヤクザ・塩崎裕次郎(伊勢谷友介)が現れ、アイリーンを誘拐しようとする……

映画へのこだわりが明らかに!「愛しのアイリーン」吉田恵輔撮影秘話

・新井英樹さんの漫画が原作となっている今作。吉田監督は、監督としてデビューした頃から今作の企画練っていたとか!衝撃的な内容のため中々映画化することができず、今作でやっと夢が叶ったそうです。吉田監督の熱い思いがこもった、素晴らしい映画となっております!
・アイリーン役にぴったりな人が見つかるか不安だったという吉田監督。オーディションでナッツ・シトイさんを見つけた時に「俺、勝った!」と思ったそうです!無邪気でとても可愛らしい女性に描かれていますので、ぜひ注目してください!

魅力的な登場人物達から目が離せない!今作の注目ポイント

結婚相手をお金で買うという衝撃的な設定の今作。バイオレンスシーンを交えて、人間の愛を新しい目線で描いた作品です!
今作の注目ポイントは、容赦なく映し出された人間の狂気!愛に溺れていく様子を生々しいほどリアルに描いております。かなりショッキングな内容なので、一度観ると忘れられません!
人間の光と影を描く吉田監督の手腕が発揮された、新しい恋愛映画です。驚きと感動が詰まった衝撃作、ぜひご覧ください!

基本情報

上映時間:137分
監督:吉田恵輔
出演者:宍戸岩男(安田顕)/アイリーン・ゴンザレス(ナッツ・シトイ)/吉岡愛子(河井青葉)/正宗(福士誠治)/塩崎裕次郎(伊勢谷友介)/宍戸ツル(木野花)他
受賞歴:なし
公開日:2018年9月14日

まとめ

吉田恵輔監督のおすすめ映画7選をご紹介しました。
どの作品のキャラクターも個性的でしたね!登場人物の良い面も悪い面も描きつつ、その人のありのままを映し出すのが、吉田監督の演出の魅力ではないでしょうか!
また撮影秘話では、映画に対するこだわりも明らかになりました。キャスティングからセットの小物まで作り込むストイックさ、さすがです!また、身近な人がモデルとなっている作品が多いのも印象的でしたね。

数々の名作を生み出してきた吉田監督。これからも人間の光と影を映し出す独自の作風で、観ている人に驚きと感動を与え続けてくれることでしょう!
この記事が、皆さんと素敵な映画の出会いの場になったら幸いです

スポンサーリンク
スポンサーリンク