映画『君の名前で僕を呼んで』ネタバレ解説 | エモーショナルな一夏の恋愛

スポンサーリンク

誰でも初恋の甘酸っぱさを経験したことがあるのではないでしょうか?映画『君の名前で僕を呼んで』はそんな初恋の甘酸っぱさを繊細に美しく描いた美青年たちのひと夏のラブストーリーです。

主演を務めるのは、この映画で大ブレイクした若手実力派俳優のティモシー・シャラメと、『ソーシャル・ネットワーク』や『白雪姫と鏡の女王』などに出演する人気俳優のアーミー・ハマー

ここでは『君の名前で僕を呼んで』の簡単なあらすじからネタバレ、見どころなどをたっぷりと紹介していきます。この映画をまだ観たことない方もこの映画が大好きな方も、参考にしていただければと思います!

『君の名前で僕を呼んで』を
今すぐ視聴するならこちら!

映画『君の名前で僕を呼んで』について

君の名前で僕を呼んで ネタバレ出典:映画『君の名前で僕を呼んで』公式Twitter

映画『君の名前で僕を呼んで』はアンデレ・アシマンによる同名小説『Call Me By Your Name』を原作に、アカデミー賞の作品賞、脚本賞、主演男優賞(ティモシーシャラメ)へのノミネートをはじめ、受賞92、ノミネート308など、様々な賞レースを賑わせている注目作です!!

メガホンを取ったのは『ミラノ、愛に生きる』や『胸騒ぎのシチリア』を手がけたルカグァダニーノ監督、そして『眺めのいい部屋』や『日の名残り』などで監督を務めたジェームズ・アイヴォリーが脚本を務めました。ジェームズ・アイヴォリーといえば、LGBT映画の最高峰とも言える『モーリス』の監督・脚本でも有名。『モーリス』で魅せた繊細な映像美が、この『君の名前で僕を呼んで』でも存分に活かされています。

古き良きイタリアの街並みと、圧倒的な映像美、映画をさらに華やかにしてくれる音楽の数々息を呑むほど美しすぎる俳優たちの演技が、これでもかと初恋の甘酸っぱさを味わせてくれます。

スポンサーリンク

映画『君の名前で僕を呼んで』ネタバレあらすじ

出典:映画『君の名前で僕を呼んで』予告編

1983年夏の北イタリアの避暑地。毎年この地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授である父の助手としてアメリカからやってきた大学院生のオリヴァーと出会う。夏の間ともに暮らすことになった二人だが、オリヴァーの態度が気に食わないエリオは反発してばかり……。

しかし、ともに時間を過ごしていくうちに次第にオリヴァーに惹かれていくエリオ。そしてオリヴァーもエリオに惹かれ、急速に二人の距離は近づく。激しい恋に落ちていく二人だが、オリヴァーの帰国が近づき……。

この作品には、恋のライバルが現れたり、どちらかが何かの事故に巻き込まれてしまったり…といった大きく揺れ動くような展開はありません。北イタリアの美しい景色と繊細な音楽を背景に、ただひたすら「ひと夏」という限られた時間の中で二人がどのように距離を詰め、どのように愛し合うのかといった日常が映し出されていきます。しっとりとした美しい映画を探している人にはおすすめの作品です。

ここからは、更に詳しいあらすじと結末をネタバレ有で解説していきます!

【あらすじ①】エリオとオリヴァーの出会い


出典:映画『Call Me By Your Name』公式Facebook

1983年の夏北イタリアの避暑地で過ごすエリオの家族は、大学で考古学を教える大学教授の父の助手として、毎年夏の間だけ大学院生を招待しており、今年もアメリカから大学院生、オリヴァーがエリオの家にやってきた。エリオは夏の間だけ自分の部屋をオリヴァーに貸し、自分は隣の、もともと祖父の使っていた小さい部屋で過ごすのだった。オリヴァーは自由奔放で頭もよく、自信家のようだった。「あとで」と言うのが彼の口癖で、エリオは彼のこの口癖が冷たくされているようで、あまり彼のことが好きではなかった。

ある日、オリヴァーと近所の友人たちがバレーボールをしていた時、オリヴァーは突如エリオの上半身裸の身体に触れてくる。突然のことにエリオは困惑した表情を浮かべるが、そんなことなどかまわずオリヴァーは再びどこかへ行ってしまうのだった。

【あらすじ②】急速に近づく二人の距離

出典:映画『Call Me By Your Name』公式Facebook

毎日ともに過ごし、一緒に自転車で街へ行ったり、プールで泳いだりするうちに、エリオは次第にオリヴァーのことが気になって目で追うようになる。ある日、エリオとオリヴァーは一緒に街で行われるパーティーへ向かう。そこでエリオは、キアラと楽しそうに踊ったりキスをするオリヴァーをじっと見つめていた。その後、エリオはマルシアとともに夜の湖へ行き、一緒にはしゃいだ。そして次の夜も湖で会う約束をするのだった。

翌日、キアラがオリヴァーに会いに来た。エリオはやきもちからか、オリヴァーにキアラを薦めるが、オリヴァーからは余計なことはするなと言われ、少し気まずい雰囲気になってしまう。ガルダン湖で遺跡が発見されたと聞き、父とオリヴァーは現場に向かう。エリオも二人に同行することにした。そこには湖の中から発見された遺跡があった。その遺跡で、二人は仲直りをする。夜になってエリオはマルシアと約束した湖へ行くが、そこにマルシアの姿はなかった。

ある雨の日、エリオは母が『エプタメロン』という16世紀のフランス小説をエリオに読み聞かせる。それは若い騎士が王女に恋をしたものの、彼女への愛を口にすることができず、告白すべきか、命を絶つべきかを王女に問う内容だった。数日たったある日、エリオとオリヴァーは一緒に町へ行き、ついでにエリオがよく来るという野原へやってきた。そこで、エリオは自分の気持ちを止められなくなり、オリヴァーに自分の気持ちを伝え、キスをする。しかし、オリヴァーは「自制すべきだ」と言ってエリオを拒むのであった。

そんなオリヴァーに反発するように、自分に好意を寄せてくれているマルシアと体の関係をもつようになるエリオ。快楽を覚えた二人は、その後も何度か体を重ねていく。しかし、オリヴァーへの気持ちが忘れられないエリオはオリヴァーへ置手紙を書く。すると、オリヴァーから「大人になれ、真夜中に会おう」という返事がくるのだった。

【あらすじ③】ついに結ばれた二人。オリヴァーの秘めていた想いとは……

君の名前で僕を呼んで ネタバレ出典:映画『Call Me By Your Name』公式Facebook

約束の夜、バルコニーでお互いの手を握り想いを確かめ合った二人は、激しく求めあう。そして、「君の名前で僕を呼んで、僕の名前で君を呼ぶ」というオリヴァーの提案で、二人の絆はさらに特別なものになっていった。翌日、エリオはオリヴァーが到着した日に来ていた青いシャツをほしいとねだる。その後、一緒に泳ぎに行った二人。オリヴァーは背徳感からか、「後悔していないか」とエリオに尋ねるが、エリオはそんなことなど全然気にしていなかった。

ようやく結ばれた二人だったが、徐々にオリヴァーの出発の日が近づいてくる。エリオはオリヴァーに「何日も無駄にした。合図してくれたら……」と言うと、オリヴァーは出会った当初からエリオに好意を寄せており、バレーボールをしたときにわざとエリオに触れ、エリオが嫌そうな表情をしたので距離を保っていたと真実を話す。

翌朝エリオが目覚めると、ベッドには「オリヴァーへ。エリオから」の手紙とともにエリオがねだった青いシャツが置かれていた。エリオがそれを着て出かけようとすると、マルシアが現れる。「私はあなたの彼女?」と尋ねる彼女は、頷くことのできないエリオを見るとエリオの家を後にするのだった。

【あらすじ④】ついに別れの瞬間が……「何ひとつ忘れない」

君の名前で僕を呼んで ネタバレ

出典:映画『Call Me By Your Name』公式Facebook

オリヴァーは大学の調査のため、数日ベルガモへ行くことになる。エリオとオリヴァーの関係を察した両親の薦めでエリオも一緒に行くことになり、二人きりの旅が始まった。二人だけの特別な名前でお互いを呼びながら、大自然を駆け巡り、お酒を呑み、ダンスを踊り、楽しい時間を過ごすのもつかの間、二人に別れの瞬間が訪れる。お互いに言葉をかけられないまま、オリヴァーは列車に乗って行ってしまった。一人駅のホームに取り残されたエリオは、堪らず母へ駅に迎えに来てほしいと伝える。帰りの車中で泣きじゃくるエリオを母は黙って見守るのだった。町へ戻ってきたエリオに、マルシアは「私は怒っていないわ。一生友達よ」と優しく語りかけるのだった。その後もひどく傷心したエリオに父は優しく深い言葉をかけ、美しく悲しい経験をしたエリオを温かく受け止めた。

季節は巡り、冬になった。すべてが雪に覆われ、エリオお気に入りの湖も凍り、青々と茂っていた木々は枯れてしまった。ハヌカというユダヤ教の祝日のためにエリオ一家が再び別荘を訪れたところへ、オリヴァーからの電話が鳴る。喜ぶエリオだったが、用件はオリヴァーの結婚報告だった。オリヴァーにはアメリカに、何となく続いていた彼女がいたのである。エリオは少し傷ついた様子だったが冷静を装って、「エリオ、エリオ、エリオ……」と二人の特別な呼び方でオリヴァーを呼ぶ。オリヴァーも「オリヴァー」と答え、「何ひとつ忘れない」と言う。電話を切ったエリオは、暖炉の前であふれ出る涙を抑えることができないのだった……。

『君の名前で僕を呼んで』を
今すぐ視聴するならこちら!

映画『君の名前で僕を呼んで』のキャスト紹介

エリオ・パールマン/ティモシー・シャラメ

君の名前で僕を呼んで ネタバレ出典:映画『Call Me By Your Name』公式Facebook

エリオはクラシックの作曲が趣味の17歳。すこし内気な性格ですが、早熟で傲慢、冷静な面もあります。オリヴァーとの出会いをきっかけに、甘酸っぱい初恋を経験します。

エリオを演じるのはハリウッドで大活躍中の若手実力派俳優のティモシー・シャラメ、この映画で大ブレイクしました。セリフは少ないものの、圧倒的な演技力でエリオを演じ、アカデミー賞の主演男優賞にノミネートされたり、数々の賞レースで賞を勝ち取りました。『インターステラー』で注目され、その演技力が評価されて『レディ・バード』や『ビューティフル・ボーイ』などに出演し、2019年秋にはNetflixオリジナル映画の『キング』でも主演を務めるなど、今後の活躍がとても楽しみな俳優です。

オリヴァー / アーミー・ハマー

君の名前で僕を呼んで ネタバレ
出典:映画『君の名前で僕を呼んで』公式Twitter

大学教授であるエリオの父の助手として、夏の間エリオの家で暮らすことになる、24歳のアメリカ人大学院生。彫刻のような完璧な容姿と、頭も良く自信に溢れた性格です。「あとで」というのが彼の口癖です。

オリヴァーを演じるアーミー・ハマーは『ソーシャル・ネットワーク』や『コードネームU.N.C.L.E.』などに出演する、アメリカ出身のイケメン俳優です。彼の曽祖父は世界的な石油王の一人アーマンド・ハマー、父は複数の会社を経営する社長という、正真正銘の御曹司です。プライベートでは、モデルのエリザベス・チェンバースと2010年に結婚、2人の子供がいます。2020年秋には、アガサ・クリスティ原作の『ナイル殺人事件』に出演予定です。ティモシー同様、今後の活躍が楽しみな俳優さんです。

Mr. パールマン / マイケル・スタールバーグ

君の名前で僕を呼んで ネタバレ
出典:映画『君の名前で僕を呼んで』公式Twitter

エリオの父であり、考古学を教える大学教授です。

物静かですが、エリオとオリヴァーを引き寄せるきっかけにもなります。当時、同性愛に対し厳しい目を向けていた世間とは異なり、エリオとオリヴァーの恋に理解を示し、オリヴァーと別れ傷心したエリオを温かく包み込む優しい父親です。

Mr.パールマンを演じるのは、『シェイプ・オブ・ウォーター』や『ドクターストレンジ』などの人気作にも出演するマイケル・スタールバーグです。主演数こそ少ないものの、アカデミー賞受賞作品からマーベル作品など幅広い映画で多種多様な役を演じ、名脇役として知られる素晴らしい俳優さんです。

アネラ・パールマン / アミラ・カサール

君の名前で僕を呼んで ネタバレ
出典:映画『君の名前で僕を呼んで』公式Twitter

ドイツ語が堪能なエリオの母です。Mr.パールマン同様、エリオとオリヴァーの関係を知りつつも深く干渉せず、優しく見守る愛に溢れた人です。

アネラ・パールマンを演じるアミラ・カサールは、『プラネタリウム』や『SAINT LAURENT サンローラン』に出演する女優さんです。

スポンサーリンク

映画『君の名前で僕を呼んで』3つの見どころ

【みどころその①】すべてを記憶していたいほどの映像美

出典:映画『Call Me By Your Name』公式Facebook

この映画の見どころといえば17歳と24歳の青年のひと夏の恋を瑞々しく、鮮やかにえがいたところでしょう。青々と生い茂る木、その木に実る熟れかけのアプリコット、プールや湖などの水の描写、古き良きイタリアの街の風景、そんな街に雪が積もる景色、すべてが美術品のように美しく、すべてのシーンを記憶したくなります

特に、時折登場するアプリコットはまさに初恋の甘酸っぱさを表現している、この映画全体のメタファーとでも言うべきものです。序盤ではまだ青っぽいアプリコットも、時間の経過とともに熟していく様子が映画内でも分かります。それは、まるで大人の階段を駆け上がるエリオと重なる部分もあるのではないでしょうか。

【みどころその②】心揺さぶられる俳優たちの演技力!

君の名前で僕を呼んで ネタバレ出典:映画『Call Me By Your Name』公式サイト

この映画は、どの俳優も決して台詞が多くはありません。むしろ黙っているシーンが多いからこそ、彼らの心情がひしひしと伝わってきて、わたしたちも嬉しくなったりもどかしくなったり、心が揺さぶられるのではないでしょうか。たとえば、エリオ役のティモシーは、オリヴァーが気になるあまり彼の下着を頭からかぶってみたり、彼が踊る様子をじっと見つめたりなど、その激しく、繊細な演技が印象的で、初恋ならではの心の葛藤を鮮やかに見せてくれます。特にラストの3分30秒にも及ぶ暖炉の前でのシーンは、こちらも涙を流さずにはいられないほどです。

また、オリヴァー役のアーミーも繊細な演技力の持ち主です。彫刻のような容姿を持つ反面、自分の内に秘めたる熱い恋心や、エリオと結ばれる喜びや背徳感、本当の自分を隠すからこそ現れる美しさなど、様々な想いが複雑に絡みあう、繊細で知的な演技を見せてくれます。

エリオの両親も忘れてはいけません。エリオとオリヴァーの特別な関係に薄々気づいていても、それを咎めたりはせずそっと見守り、エリオが落ち込んだときにはそっと手を差し伸べる。当時、同性愛は悪いものとみなされ、身内によって矯正施設に入れられる人が多い時代だったからこそ、エリオの両親の優しさが身に沁み、オリヴァーと別れて傷心したエリオに父がかける優しい言葉の数々が、私たちの胸にも深く突き刺さるのです。

【みどころその③】劇中を盛り上げる音楽の数々

君の名前で僕を呼んで ネタバレ出典:映画『Call Me By Your Name』公式Facebook

劇中にはクラシックからポップミュージックまで、様々な音楽が流れます。時にそれは恋するものの喜びや悲しみを代弁してくれるようです。この映画内では、ジョン・アダムス、坂本龍一、バッハ、サティなど現代音楽からクラシック曲まで、エリオがそれらの曲を弾くシーンも印象的です。それと対を為すのが、80年代らしいポップミュージックの数々。野外パーティや、旅先の車から流れるサイケデリック・ファクターズの『ラブ・マイ・ウェイ』やラストの暖炉のシーンで流れるスフィアン・スティーブンスの『ヴィジョンズ・オブ・ギデオン』などが印象的で、登場人物の感情や物語に膨らみを持たせてくれます。

スポンサーリンク

映画『君の名前で僕を呼んで』の続編はあるの?

君の名前で僕を呼んで ネタバレ出典:映画『Call Me By Your Name』公式サイト

『君の名前で僕を呼んで』の原作者アンドレ・アシマンは現在、『君の名前で僕を呼んで』の続編となる小説『Find Me』を執筆中だそうです。この続編では、エリオとオリヴァーの別れから数年後の未来が描かれ、舞台もイタリアではないとのこと。

しかし、小説の続編は決定しているものの、映画の製作や脚本は未定だそうです。今後映画化されるよう期待しましょう!

まとめ

君の名前で僕を呼んで ネタバレ出典:映画『Call Me By Your Name』公式サイト

美青年たちの美しい同性愛を描いたこの物語は、決してハッピーエンドとはいえないものの、それがさらに私たちに恋の甘さや苦さを教えてくれるものになりましたね。かなり官能的な表現がありながら、それすらも美しく繊細に魅せてしまうマジック。すこし疲れたななんて感じるときに観てみると、癒されるのではないでしょうか。

『君の名前で僕を呼んで』を
今すぐ視聴するならこちら!

スポンサーリンク
スポンサーリンク