家族を描いたおすすめ映画ジャンル別紹介 | 泣いて笑って没頭できる!

「家族」がテーマと言っても形や悩みは多岐にわたります。
今回は「心が温まる物語」「心をえぐられる重い物語」「笑えるコメディ」という3点に分けておススメの作品をご紹介します!
その日の気分にあった「家族」の物語に出会ってください!

2019年公開の最新「家族」映画

まず、家族を題材にした2019年度日本公開の最新の映画をご紹介します。日々アップデートされる「家族」の形。現在の家族の模様をたっぷり堪能しましょう。

1. 家族を想うとき

「毎日、抱きしめて」

家族映画①『家族を想うとき』
出典:配給会社 有限会社ロングライド 公式サイト

あらすじ

映画『家族を想うとき』予告篇

イギリスに住むとある家族。父・リッキー(クリス・ヒッチェンズ)の夢はマイホームを買うこと。夢に向かって、心機一転仕事を独立。母・アビー(デビー・ハニーウッド)も介護福祉士としてて朝から晩まで働き詰めていた。共働きの両親とすれ違う子供たち。家族の幸せのために働いているはずが、家族の時間は奪われていく一方。さらにリッキーはある事件に巻き込まれてしまう。

見逃せない!「家族映画」としての注目ポイント

“貧困”をテーマに世界中の人の心を揺さぶった『わたしは、ダニエル・ブレイクから3年。映画界からの引退を表明していた名匠ケン・ローチ監督が引退宣言を撤回して手掛けた今作。一つの家族にスポットを当て、日本人でも引き離すことができない働き方というテーマを訴えかけてくれます。

家族を失うか、仕事を失うのか。時代の変化に翻弄されながらも、目の前の現実と見えない何かと闘う姿は「家族の幸せ」ヒントを与えてくれるはずです!儚いながらに美しい、家族の絆はお見逃しなく!

こんな人にはおすすめ

  • 自分の悩みと物語の出来事をリンクさせたい方
  • 起伏の激しくない映画を探している方

こんな人には向かないかも

  • 現実問題を取り上げた映画は苦手な方
  • リアルな描写は避けたい方

基本情報

上映時間:100分
監督:ケン・ローチ
出演者:クリス・ヒッチェンズ、デビー・ハニーウッド、リス・ストーン、ケイティ・プロクター
受賞歴:無し
公開日: 2019年5月16日(フランス) 2019年12月13日(日本)

2. 最初の晩餐

「忘れられない味で、僕らはもう一度家族になった」

家族映画②『最初の晩餐』
出典:映画『最初の晩餐』公式Twitter

あらすじ

映画『最初の晩餐』予告

父・日登志(永瀬正敏)の葬儀のために集まった家族。麟太郎(染谷将太)と姉の美也子(戸田恵梨香)が、母・アキコ(斉藤由貴)の手伝いに精を出す最中、母は仕出し屋を突然キャンセルしてしまう。そして母が用意した“通夜ぶるまい”は、なんと⽬⽟焼き。その後も母の手料理が続き、麟太郎たち兄弟の脳裏には家族で過ごした時間が蘇っていく。

見逃せない!「家族映画」としての注目ポイント

「これ、親父が初めて作ってくれた、料理です」このセリフをきっかけに思い出と秘密が交差する新たなお見送りの物語が始まります。
サザンオールスターズのドキュメンタリー映画などを手掛けた常盤司郎監督が構想に7年もの年月をかけて制作した長編デビュー作です。ぜひ、お見逃しなく!

こんな人にはおすすめ

  • 綿密に練られた構想に期待している方
  • 寂しくないお別れが見たい方

こんな人には向かないかも

  • ポップな家族の物語を探している方
  • 出会いの物語が見たい方

基本情報

上映時間:127分
監督:常盤司郎
出演者:染谷将太、戸田恵梨香、窪塚洋介、斉藤由貴、永瀬正敏
受賞歴:無し
公開日:2019年11月1日

3. ライフ・イットセルフ 未来に続く物語

「あの日、あの瞬間人生が交差する」

家族映画③『ライフ・イットセルフ 未来に続く物語』
出典:映画『ライフ・イット・セルフ』公式Twitter

あらすじ

映画『ライフ・イットセルフ 未来に続く物語』予告編

舞台はニューヨーク。学生時代から付き合っていたウィル(オスカー・アイザック)とアビー(オリヴィア・ワイルド)は、卒業し結婚。まもなく産まれてくる第一子を待ちわびながら、幸せの絶頂だった。しかし、運命は残酷で2人は事故に巻き込まれてしまう。そして、偶然旅行でニューヨークを訪れていた幼い少年も同じくして、事故に巻き込まれていた。2つの家族はこの事故を機に運命を交えていく

見逃せない!「家族映画」としての注目ポイント

何十年もの歳月を、大陸を渡り、言葉を超え描きあげられた“二つの家族”。避けることができない胸が張り裂けるほどの悲しみをしっかりと描いた一作です。そんな物語を盛り立てるのは、ボブ・ディランの名曲たち。脚本を読んだボブ・ディランは二つ返事で曲の使用を許可したそうです。音楽も演出の一つとして一緒に楽しめる仕上がりにご注目を。

こんな人にはおすすめ

  • 壮大な物語が好きな方
  • ボブ・ディランの曲が好きな方

こんな人には向かないかも

  • コンパクトにまとまった演出が好きな方
  • 音楽は必要なく感じてしまう方

基本情報

上映時間:117分
監督:ダン・フォーゲルマン
出演者:オスカー・アイザック、オリヴィア・ワイルド、マンディ・パティンキン、オリヴィア・クック 他
受賞歴:なし
公開日: 2018年9月21日(アメリカ) 2019年11月22日(日本)

4. おいしい家族

「フツーとかジョーシキとか会社のデスクに置いてきた」

家族映画④『おいしい家族』
出典:映画『おいしい家族』公式サイト

あらすじ

映画『おいしい家族』予告編

都会で働く橙花(松本穂香)は母の三回忌をきっかけに、実家の離島に帰ることに。何気ない帰省のはずが、母の服を着て生活する父・青治(板尾創路)と対面することに。さらに新たな家族となる居候・和生(浜野謙太)を紹介される始末。受け止めきれない状況の中、島の人との交流を描く。

見逃せない!「家族映画としての」注目ポイント

全編を通して、伊豆諸島の親島にて撮影された今作。豊かな自然と穏やかな島の人たちに存分に癒される95分です。
原案は同監督の短編映画父の結婚』。舞台を離島に変更し、都会で日々闘う主人公が様々な価値観や個性を持った人々と交流する様子は、決して他人事ではないはずです。
縛り付けられた常識から解き放たれる橙花の変化に注目です!

こんな人にはおすすめ

  • 奇想天外な設定が好きな方
  • 笑える家族の話を探している方

こんな人には向かないかも

  • 現実に溢れた設定が好きな方
  • シリアスな再婚劇を見たい方

基本情報

上映時間:95分
監督:ふくだももこ
出演者:松本穂香、板尾創路、浜野謙太 他
受賞歴:無し
公開日:2019年9月20日

心がほっこり温まる家族映画

家族に「安堵感」を求める方も多いのではないでしょうか?ほっと心を癒せるような、気持ちが温かくなる物語を4作ご紹介します!

1. wonder ワンダー 君は太陽

「やさしさの半分は、勇気でできている」

家族映画⑤『wonder ワンダー 君は太陽』
出典:映画『ワンダー』公式Facebook

あらすじ

映画『ワンダー 君は太陽』本予告

10歳のオギー(ジェイコブ・トレンブレイ)は生まれながらに障害を抱え顔の形が変形してしまっている。母のイザベル(ジュリア・ロバーツ)と自宅学習をしてきたオギーだったが、容態が安定してきたタイミングで初めて学校へ通うことになった。人とは少し違う容姿のオギーに対して、クラスメイトはどう接して良いのかわからず、差別やいじめに発展してしまう。ふさぎ込むオギーだったが、家族の支えの元、行動を起こし始める。

見逃せない!「家族映画としての」注目ポイント

前作『ウォールフラワー』では、原作小説も書き上げながら監督も務めているスティーブン・チョボスキー監督。今作は、全世界で800万部以上の売り上げたを記録したR・J・パラシオのベストセラー小説ワンダーを映画化しています。原作ファンの監督ならではの視点で仕上げた一作です。
主演となるジェイコブ・トレンブレイ君を含め、クラスメイト役の子供たちを抜擢するにあたり、「良い家族に恵まれて、両親の愛を受けているかどうか両親との関係を重視してチェックしたそうです。この作品が伝えてくれる”Choose Kind”という心構えを存分に味わってみてください!

こんな人にはおすすめ

  • 主人公の成長を感じたい方
  • 家族全員の視点で物語を見たい方

こんな人には向かないかも

  • 病気と闘う物語を期待している方
  • 主人公だけを追う展開が好きな方

基本情報

上映時間:113分
監督:スティーブン・チョボスキー
出演者:ジェイコブ・トレンブレイ、ジュリア・ロバーツ、オーウェン・ウィルソン 他
受賞歴:無し
公開日:(アメリカ)2017年11月17日 (日本) 2018年6月15日

2. 君が生きた証

「男にはそれが生きるすべてになった」

家族映画⑥『君が生きた証』
出典:映画『君が生きた証』公式Twitter

あらすじ

映画『君が生きた証』予告編

仕事で大口の契約が決まり、息子のジョシュ(マイルズ・ハイザー)と祝杯を上げようと思っていたサム(ビリー・クラダップ)。しかし、愛する息子は現れなかった。なぜなら、
ジョシュは大学で起きた銃乱射事件に巻き込まれていたからだ。
ひとり息子を失ったサムは仕事を辞め、湖のボートハウスですさんだ生活を送る。そこへ元妻のエイミー(フェリシティ・ハフマン)が息子の遺品を渡しに訪れるのだった…。

見逃せない!「家族映画としての」注目ポイント

監督もライブバーの店長として出演している今作。劇中のバンドRudderlessのメンバーは俳優経験のないミュージシャンを本職としている方々も出演しています。ベーシストにはシンガーソングライターのベン・クウェラー。ドラマーには、アントン・イェルチンの音楽活動仲間のライアン・ディーンが出演。音楽がキーポイントになる今作には欠かせない存在です!

こんな人にはおすすめ

  • 音楽が重要なポイントになる映画が好きな方
  • 父と息子の物語を探している方

こんな人には向かないかも

  • 母と娘の物語を探している方
  • 音のない映画が好きな方

基本情報

上映時間:105分
監督:ウィリアム・H・メイシー
出演者: ビリー・クラダップ、マイルズ・ハイザー、アントン・イェルチン 他
受賞歴:無し
公開日:(アメリカ)2014年10月17日 (日本) 2015年2月21日

3. 海よりもまだ深く

「夢見た未来とちがう今を生きる、元家族の物語」

家族映画⑥『海よりもまだ深く』
出典:映画『海よりもまだ深く』公式サイト

あらすじ

映画『海よりもまだ深く』本予告

過去受賞の経験はありながら、その後15年間鳴かず飛ばずの作家・篠田良多(阿部寛)。純文学作家というプライドを捨てられず、ギリギリの生活だというのにギャンブルから手を引けず、母親の淑子(樹木希林)や姉の千奈津(小林聡美)にお金を借りる始末。妻の響子(真木よう子)には愛想をつかされ離婚。月に一度息子の真吾(吉沢太陽)と会うのを生きがいにしていたがその日は台風が接近していた

見逃せない!「家族映画としての」注目ポイント

カンヌ国際映画祭ある視点部門へ出品された今作。様々な家族の形を描いてきた是枝監督はこの物語では、ダメ夫でありダメ息子を中心に3世代を描きます。
収録は実際の団地で行われ、大変狭い撮影場所とエレベーターがない5階という厳しい環境で挑んでいます。スタッフも含め、とても近い距離感で過ごした撮影期間は逆に新鮮で、本当に生活をしているような感覚になったそうです。人間味溢れる家族のやり取りは、セットではなくリアリティある環境で撮影した賜物ですね!

こんな人にはおすすめ

  • ハプニングを機に深まる絆を見守りたい方
  • ダメ夫な阿部寛を見たい方

こんな人には向かないかも

  • しっかりした大黒柱の旦那さんが好きな方
  • 緩急のない物語が好きな方

基本情報

上映時間:108分
監督:是枝裕和
出演者::阿部寛、真木よう子、小林聡美、リリー・フランキー、池松壮亮 他
受賞歴:第26回フィルムズ・フロム・ザ・サウス映画祭 シルバー・ミラー賞
公開日:2016年5月21日

心をえぐられる切ない家族映画

家族の物語、と一言に表しても、結末は「幸せ」の一つとは限りません。関係や環境が異なるように、出来事の種類もそれぞれ。家族の在り方を見つめなおすきっかけになるような、ぎゅっと心を締め付けられるような4作を紹介します。

1. いつか家族に

「11年間育てた息子が、他人の子だったら。」

家族映画⑦『いつか家族に』
出典:映画『いつか家族に』公式Facebook

あらすじ

映画『いつか家族に』予告編

朝鮮戦争の終戦間もない頃、ポップコーンの売り子をする美女オンナン(ハ・ジウォン)に一目ぼれしてしまったサムグァン(ハ・ジョンウ)。オンナンには恋人がいることを知りながら、アプローチを続け結婚することに。二人の間には3人の子供が誕生し、サムグァンは家族を養うために大工仕事のかたわら血を売っていたのだった。そんな中、町では11歳の息子がサムグァンの子供ではないという噂が流れ始めた

見逃せない!「家族映画」としての注目ポイント

原作は中国人作家・余華の「血を売る男」。2009年公開の『チェイサー』などを筆頭に俳優として活躍するハ・ジョンウが監督と主演を兼任しています。
今作はハ・ジョンウ監督のこれまでの経歴が十分に活かされ、豪華出演者がいたるところに隠れています。重要な役割から、たった1シーンの出演者まで、物語と併せて気付きの多い今作をお見逃しなく!

こんな人にはおすすめ

  • あらすじでは結末が予測しきれない物語が見たい方
  • 血のつながりに注目した家族の物語を探している方

こんな人には向かないかも

  • 登場人物の少ない物語を探している方
  • 命を削る姿を見るのが苦手な方

基本情報

上映時間:124分
監督:ハ・ジョンウ
出演者:ハ・ジョンウ、ハ・ジウォン 他
受賞歴:無し
公開日:(韓国)2015年1月12日 (日本)2018年12月22日

2. アニマル・キングダム

「犯罪がつなぐ、家族の絆」

家族映画⑧『アニマル・キングダム』
出典:Amazon.co.jp

あらすじ

母を薬物の過剰摂取で亡くした17歳のジョシュア・コディ(ジェームズ・フレッシュヴィル)。ジョシュアが身を寄せる母方の祖母の家は様々な犯罪に手を染めている危険な一家であった。ある日、仲間が警察に射殺される。復讐のために奇襲をかけることに成功するが…。

見逃せない!「家族映画」としての注目ポイント

家族の形はそれぞれ。今作は血縁の家族でありながら、「仲間でもある関係性が物語の肝となります。母方の祖母であるスマーフを中心に築き上げられた関係の中へ、途中加入となるジョシュアですが、他に頼れる存在はありません。あなたなら、許しがたい犯罪一家に仲間として忠誠を誓えますか?

こんな人にはおすすめ

  • ハラハラとする展開が好きな方
  • 血縁以外の家族の形を見たい方

こんな人には向かないかも

  • アットホームな物語を探している方
  • 犯罪がらみの映画は苦手な方

基本情報

上映時間:112分
監督:デヴィッド・ミショッド
出演者:ジェームズ・フレッシュヴィル、ジャッキー・ウィーヴァー、 ベン・メンデルソーン、ジョエル・エドガートン 他
受賞歴:
・サンダンス映画祭 ドラマ映画世界グランプリ
・インサイド映画賞 監督賞、男優賞
・ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 女優男優賞
・ロサンゼルス映画批評家協会賞 助演女優賞
・クロトルディス賞 助演女優賞
公開日:(オーストラリア)2010年6月3日 (日本)2012年1月21日

3. 灼熱の魂

「お母さん、あなたが生き続けた理由を教えてください。」

家族映画⑨『灼熱の魂』
出典:映画『incendies』公式Facebook

あらすじ

亡くなった母親・ナワル(ルブナ・アザバル)から遺言を受けた双子の姉弟・ジャンヌ(メリッサ・デゾルモー=プーラン)とシモン(マクシム・ゴーデット)。それは、会ったこともない父親と兄の存在を知らせる内容であった。さらに、ジャンヌは父親への手紙を、シモンは兄への手紙を託され、それぞれに母親の故郷へ初めて足を踏み入れることになった。

見逃せない!「家族映画」としての注目ポイント

今作は中心となる双子以外に多くの出演者が登場します。その多くは現地でオーディションを行い出演を決めたイラクの難民の人達だというのです。物語の臨場感に合点がいきますね。ヨルダン政府が国をあげて全面的にバックアップした元で撮影された今作。2つの時間軸が交差する親子の物語に注目を!

こんな人にはおすすめ

  • シリアスな空気感が好きな方
  • 母と子供の時間軸を行き来する展開に抵抗がない方

こんな人には向かないかも

  • 時間を行き来する物語が苦手な方
  • ぞっとする事実を受け止めるのが怖い方

基本情報

上映時間:131分
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
出演者:ルブナ・アザバル、メリッサ・デゾルモー=プーラン、マクシム・ゴーデット 他
受賞歴:無し
公開日:(カナダ) 2010年9月17日 (日本)2011年12月17日

4. チェンジリング

「どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの?」

家族映画⑩『チェンジリング』
出典:Amazon.co.jp

あらすじ

9歳の息子と二人で暮らすシングルマザーのクリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)。クリスティンの生きがいである息子がある日突然姿を消した。警察を頼るも時間だけが過ぎていき、5か月。彼女の元に息子が発見されたという朗報が届いた。しかし、クリスティンの前に現れた少年は彼女の知っている宝物の息子ウォルター(ガトリン・グリフィス)ではなかった

見逃せない!「家族映画」としての注目ポイント

1920年代に実際に起こったゴードン・ノースコット事件を元に悲劇を描いている今作。タイトルの『Changeling』は、子供が取り換えられてしまうという同じ題材を描かれたヨーロッパの伝承を引用しています。
主演のアンジェリーナ・ジョリーはこの難しい役どころを演じるにあたり、裁判の記録や新聞を資料にしたそうです。そして、物静かながら子供のために力強さを発揮する自身の母親も参考にしていたとのこと。撮影中はお守り代わりに母親の写真をバックに忍ばせていたそうです。アンジェリーナ・ジョリーが魅せる、強い母親像に注目です!

こんな人にはおすすめ

  • 実際の事件を元にした物語が見たい方
  • 強い女性が中心になる展開が好きな方

こんな人には向かないかも

  • 悲しい家族の物語が苦手な方
  • 男性が中心となる展開を期待している方

基本情報

上映時間:142分
監督:クリント・イーストウッド
出演者:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ 他
受賞歴:無し
公開日:(アメリカ)2008年10月24日 (日本) 2009年2月20日

明るく笑えるコメディな家族映画

家族といえど、人と人。秘密はつきものです。それぞれに抱えた悩みや秘密がきっかけで事件が起こることもしばしば…そんな一大事をコミカルに取り上げた4作をご紹介します!

1. インスタント・ファミリー~本当の家族みつけました~

「即席で作った家族がひとつになるまでの、笑いあり涙ありの大騒動!」

家族映画⑪『インスタント・ファミリー~本当の家族みつけました~』
出典:映画『InstantFamily』公式Facebook

あらすじ

仲睦まじい夫婦のピート(マーク・ウォールバーグ)とエリー(ローズ・バーン)。仕事も順風満帆な日常の中で、何か物足りなさを感じていた。エリーはピートを説得し、「子供」を授かることで生活に変化を求める。そして二人がたどり着いたのは「養子縁組」。思春期真っただ中なリジー、天然なフアン、末っ子のリタの三人兄弟を迎え入れることになる。一から家族を構築するため、二人の親と三人の子供の奮闘を描く。

見逃せない!「家族映画」としての注目ポイント

子育て経験0の夫婦が突然3人の子供のに変わる血縁関係は無くとも「家族」は成立します。それは今作がきっちりと証明してくれました。また、養子縁組という特殊な出会い方をすることの現実も描いている『インスタント・ファミリー』。ここまで聞くとシリアスな物語では…と思われがちですが、今作は実にコメディライクに物語が展開します。
思いっきり笑って家族っていいなと思える一作にご注目を!

こんな人にはおすすめ

  • ライトな仕上がりの展開が好きな方
  • 現実問題も組み込んだ物語を探している方

こんな人には向かないかも

  • シリアスで暗い物語を探している方
  • ファンタスティックな映画が好きな方

基本情報

上映時間:119分
監督:ショーン・アンダース
出演者:マーク・ウォールバーグ、ローズ・バーン 他
受賞歴:無し
公開日:(アメリカ)2018年11月16日 (日本)劇場未公開

2. 団地

「【DANCHI】なんでもありえる昭和の集合住宅。ウワサ広がる小宇宙。」

家族映画⑫『団地』家族
出典:映画『団地』公式Twitter

あらすじ

映画『団地』予告篇

家業の漢方薬局を廃業し、古びた団地に引っ越して来た山下ヒナ子(藤山直美)・清治(岸部一徳)夫婦。ひっそりと暮らしたい二人だが、団地の住人達は好奇心を隠せない。とある日、団地内で起きた小さな事件を機に清治はへそを曲げてしまい床下収納に潜り込んでしまう。清治が2か月もの間隠れているので、団地内で失踪説が流れ始め…。

見逃せない!「家族映画」としての注目ポイント

数多くの映画賞を総ナメした『以来のタッグとなる阪本順治監督と主演の藤山直美コンビ!舞台を主に活動していた藤山さんですが、監督が藤山さんの為に書き下ろした脚本を機に、スクリーンへの復帰を決意したそうです。
至って平凡な夫婦のやり取りながら、漫才顔負けのユーモアが溢れる会話劇。
人間関係を汲み取ろうとするほど見えてくる可笑しさは、まさに大人のおしゃべくり劇です。逃げ場のない団地空間では、些細な行動が着火剤になりえません。加速する妄想合戦にご注目を!

こんな人にはおすすめ

  • 会話劇が好きな方
  • 昭和の情景が好きな方

こんな人には向かないかも

  • 旬で若い俳優目当てに映画を見たい方
  • 勢いある展開の物語を探している方

基本情報

上映時間:103分
監督:阪本順治
出演者:藤山直美、岸部一徳、斎藤工 他
受賞歴:
・第19回上海国際映画祭 金爵賞最優秀女優賞
・第8回TAMA映画賞 最優秀作品賞
・第31回高崎映画祭 最優秀助演男優賞
公開日:2016年6月4日

3. なんちゃって家族

『M:i:Ⅲ』『ダイハード4.0』の記録を超えた全米ヒットコメディ ついに日本上陸!

家族映画⑬『なんちゃって家族』
出典:映画『We’re the Millers』公式Facebook

あらすじ

映画『なんちゃって家族』予告編

自由気ままな独身男性のデヴィッド(ジェイソン・サダイキス)。とある日、ホームレスの少女を助けようと揉め事の仲裁に入ると、逆にギャングたちに商売道具のドラッグとお金を奪われてしまった。そのヘマを知ったボスは大量のマリファナをメキシコから密輸しろ、という無茶な命令を下したのだった。追い込まれたデヴィッドは疑似家族を集い観光を装って越境しようと試みることに。貧乏ストリッパーを妻とし夢見がちな童貞ボーイホームレス少女を巻き込み”なんちゃって家族“を結成したが…。

見逃せない!「家族映画」としての注目ポイント

R指定作品史上全米で歴史に残るヒットを記録した今作おバカさが光る4人の偽装家族が向かう先に待ち構えるのは…というロードムービー感も楽しみつつ、道中4人のテンポ良い掛け合いが存分に笑わせてくれる一作です。陽の目をあびず生きてきた4人が、突如仲良し家族を演じきることはできるのか!?そして、撮影当時44歳のジェニファー・アニストンが体当たりに挑戦した、清々しいストリップシーンにご注目を!

こんな人にはおすすめ

  • とにかく笑える展開に身を任せたい方
  • ブラックな笑いも好きな方

こんな人には向かないかも

  • 下ネタが苦手な方
  • 血のつながりがある家族の物語が見たい方

基本情報

上映時間:109分
監督:ローソン・マーシャル・サーバー
出演者:ジェニファー・アニストン、ジェイソン・サダイキス、エマ・ロバーツ、ウィル・ポールター  他
受賞歴:無し
公開日:(アメリカ)2013年8月7日 (日本) 2014年1月25日

4. リトル・ミス・サンシャイン

「夢と希望を乗せて、黄色いバスは行く」

家族映画⑭『リトル・ミス・サンシャイン』
出典:映画『LittleMissSunshine』公式Facebook

あらすじ

映画『リトル・ミス・サンシャイン』予告

仕事に追い込まれた父、夫に愛層を尽かした母と全く言葉を発しない兄。さらに自殺未遂直後の伯父とヘロイン中毒の祖父。そんな家族と生活する9歳のオリーヴ(アビゲイル・ブレスリン)の夢は、小太りの眼鏡っ子ながら美少女コンテストで優勝すること。
なんと奇跡的に繰り上げ出場で夢の舞台に立つことになったオリーヴのために、ミニバスを借り家族総出で1,000km以上離れた会場のロサンゼルスを目指す

見逃せない!「家族映画」としての注目ポイント

人には言い難いコンプレックスを誰もが抱えているものです。今作ではそんなマイナスな部分が大げさに描かれながら、「負け犬の美学を伝授してくれます。わかりやすくポップなキャラクター設定と、変化する家族の関係。オンボロな黄色いミニバスが幸せの象徴のようにも見えてくる、不思議なパワーをくれる一作です。下を向きそうになった時にはぜひ、『リトル・ミス・サンシャイン』を!

こんな人にはおすすめ

  • 愛せるキャラクターが登場する物語が見たい方
  • 家族の絆が深まる過程を見たい方

こんな人には向かないかも

  • シリアスな物語を探している方
  • リアリティある登場人物が好みの方

基本情報

上映時間:103分
監督:ジョナサン・デイトン、ヴァレリー・ファリス
出演者:アビゲイル・ブレスリン、グレッグ・キニア、ポール・ダノ、アラン・アーキン、トニ・コレット 他
受賞歴:
・アカデミー賞 脚本賞、助演男優賞
・英国アカデミー賞 オリジナル脚本賞、助演男優賞
・セザール賞 外国映画賞
・全米映画俳優組合賞 キャスト賞
・全米脚本家組合賞 オリジナル脚本賞
公開日:2006年7月26日(アメリカ)  2006年12月23日(日本)

まとめ

映画というフィクションの中でも現実の家族観と重なる部分はあるはず。笑いあり、涙あり、一番長く人生を共にする存在の「家族」を見つめ直せる作品の出会いになれば幸いです。