【2020最新】洋画好きにおすすめの動画見放題サービスランキングTOP5!

スポンサーリンク

動画配信サイトで洋画をたくさん観たいけど、どれがいいのかわからないという方が多いのではないでしょうか?

しかも映画の作品数だけでなく、ラインナップや月額、字幕の有無など…考慮するべき点が多くあるのにも悩まされます。

この記事では、国内のサービスを全て網羅している編集部がメリット・デメリットを解説し、特に洋画が充実している動画配信サービス(VOD)を徹底比較していきます!

見放題サービスランキング
  1. U-NEXT
  2. hulu
  3. Amazon Prime
  4. Netflix
  5. dTV

今すぐランキング詳細を見たい方はこちら

動画見放題配信サービス選ぶ時のポイント5選

トビくまくん

動画配信サービスってどれも似通ってて、結局どれに入るべきなのかわからないんだよね。
特に最近はサービスが拡大しているから迷っちゃうよね。でも個々のサービスによって作品数やお試し期間などかなり違ってくるんだよ!

編集長

トビくまくん

そうなんだ!僕みたいに洋画しか観ないって人はどうすればいいのかな?
トビクマくんは海外の映画が大好きだもんね。洋画目的でVODを選ぶ人が知っておきたいポイントは全部で5つあるよ!

編集長

①洋画の作品数とラインナップのバランス

洋画配信数に注目するのはもちろんのこと、洋画のラインナップにも各社で特徴があります。作品数が多くても観たい洋画がないと意味がないため、バランスが大事です。

②料金パターンと新作の有無

動画見放題サービスには主に

⑴完全見放題
⑵見放題+レンタル

の2種類があります。⑵のタイプのU-NEXTdTVは新作のレンタルも可能です◉

③字幕/吹き替えのバリエーション

字幕か吹替どちらが多いのか、視聴中に切り替えられるタイプか事前に選ぶタイプかなど…意外と各社で様々です。

加えてNetflixでは多言語に対応している映画があるのもポイントが高いですね!

④画質の良さ

画質は主に

⑴SD画質
⑵HD画質
⑶フルHD画質
⑷4K画質

に分かれています。テレビで視聴する場合は⑵HD画質以上が望ましいと言われています。

⑤ダウンロード機能の有無

作品を事前にダウンロードしておば、移動中の時間も有効活用できます。

この記事で紹介する5社は全てダウンロード機能がありますよ!

スポンサーリンク


洋画見放題サイト5社を比較

それじゃあこの5つのポイントを中心に、人気動画見放題サイト5社を詳しく紹介していくよ。

編集長

国内で人気の5サイト「U-NEXT、Hulu、Netflix、dTV、Amazonプライムビデオ」を、スペックにメリットデメリットも加えて比較してみました。

【比較表】見放題サイト5社

U-NEXT hulu Netflix
月額料金(税抜) 1,990円
(1,200pt還元)
933円 800円(ベーシック)
1,200円(スタンダード)

1,800(プレミアム)
料金形態 見放題+レンタル 見放題 見放題
新作映画(レンタル) × ×
洋画作品数(見放題) 約4,800作品 約380作品 非公開
無料体験 31日間 2週間 ×
オリジナルコンテンツ × ◯(洋画が特に充実!)
画質 SD〜フルHD,(一部4K) SD〜フルHD SD(ベーシック)
HD(スタンダード)
フルHD, 4K(プレミアム)
ダウンロード
字幕・吹替の選択 視聴中に切替可 視聴前に選択 視聴中に切替可

 

dTV Amazonプライムビデオ
月額料金 500円(税抜) 500円(4,900 /年)(税込)
料金形態 見放題+レンタル 見放題+レンタル
新作映画(レンタル) ×
洋画作品数(見放題) 約860作品 約1,000作品
無料体験 31日間 30日間
オリジナルコンテンツ
画質 SD, HD SD〜フルHD
ダウンロード
字幕・吹替の選択 視聴中に切替可 視聴前に選択

【ランキング】動画見放題サイトで洋画を観るなら?

トビくまくん

見放題サイトそれぞれの特徴は掴めたけど、結局どれが一番いいのかな?

映画見放題のサイトに登録する前に、メリットデメリットしっかり把握しておくことが大事です。

最終的に、一番洋画に強い見放題サイトはどこなのでしょうか?ランキング形式で解説していきます!

【1位】U-NEXT

U-NEXTは邦画と洋画合計でなんと9,500作品と、とにかく作品数が豊富です!しかも、名作含む古い映画や劇場公開からまもない新作映画まで、バリエーションが豊富なのも素晴らしい。

料金は見放題+レンタルパターンで月額1,990円と他者に比べると少々お高めですが、毎月必ず1,200ポイントが付いてくるので実質1,000円以下で利用できます。

新作は基本440円~550円のものが多いので、新作が毎月2〜3本観られるということになりますね。無料お試し期間には600円分のポイントが付いてくるので、新作を1本視聴することができます!

しかも、見放題作品には『アニー・ホール』や『裏窓』『タイタニック』『ライフ・イズ・ビューティフル』など”王道”といわれる名作の数々も含まれているのが最高ですよ!洋画好きにはたまりません♪

私も利用しているけど、毎月のポイントで新作映画が観られるからもうDVDをレンタルしに行く必要がなくてとっても楽なんだ。しかも見放題の映画もとっても充実しているから、一日中映画を観ていられるよ!

編集長

メリット デメリット
・洋画の作品数が約4,800作品と非常に充実している
・毎月のポイントで新作映画を視聴できる
・無料お試し期間でも600円分のポイントがもらえる
・1つのアカウントにつき最大4台まで共有できる

・洋画以外に邦画,ドラマ,バラエティ,雑誌,漫画なども楽しめる
・フルHDで画質が綺麗
・月額料金が他社よりも高い(1,990円税抜→実質1,000以下)
もっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご参照ください。
U-NEXT(ユーネクスト)の料金プランや決済方法・請求日まとめ

【2位】hulu

洋画 見放題

huluは全てのコンテンツが追加料金なしの見放題で、月額990円(税抜)以上かかることはありません。「課金対象作品だと知らずにいつの間にかポイントが消費されていた…」なんてことがないので安心できますね♪

メジャーで万人受けする洋画を網羅しているのが特徴的で、シリーズものを一挙配信しているのも洋画好きにとっては嬉しいポイント。今現在(2020年1月)は、『ワイルド・スピード』シリーズ『ターミネーター』シリーズ『ミッション・インポッシブル』シリーズなどの王道シリーズ系映画を配信中です!

また、huluは特徴として「一つのコンテンツを長い間配信する」ことを掲げているので、時間がない方でも「観たい映画がいつの間にか配信終了していた」という心配が減るなんてことも♪♪

劇場公開映画に合わせて過去作品を一挙公開してくれるからお得感があるね。月額料金が安いから、VODを掛け持ちで登録するのもアリかも!

編集長

メリット デメリット
・月額料金が安い
・全ての映画を見放題で観られる
・シリーズものが一挙配信される
・有名でメジャーな作品が多い
・配信期間が長い
・邦画に比べて洋画が少ない
・新作映画は配信されない
・トライアル期間が他者に比べて短い(2週間)
・字幕と吹替の切り替えが視聴中にできない

【3位】Amzonプライムビデオ

洋画 見放題

Amazonプライムビデオは月額500円、年間4900円(どちらも税込)でプライム会員対象作品が見放題のサービスです。

Amazonプライム会員としてVOD以外の機能も利用ができます。お急ぎ便や日付指定などの配送サービスや、100万曲以上の音楽が聴き放題のサービスやKindleの本や雑誌読み放題のサービスなどなど、書ききれないほど本当に色々な特典がついてくるのが特徴です!

メジャーな映画が中心で、他社では意外と配信されていない洋画が見放題で観られたりします。上記のサービスだけでもお得なのに、準新作映画が多かったり、オリジナルコンテンツや独占配信の作品が充実していたりとお得感が半端ないんです!

また、ユーザーによる映画のレビューも読むことができて、全ての映画が☆の数で評価されているのも、プライム会員だけの嬉しいポイント。観る前にいちいち評価を調べる必要がなくなりますね♪

さらに、日本国内の大学、大学院、短期大学、専門学校、高等専門学校に通っている学生限定で、月額250円、年間2,450円(ともに税込)で利用できるんだ!しかも今なら無料お試し期間が6ヶ月と、大変お得なキャンペーンをやっているみたいだよ。

編集長

メリット デメリット
・月額料金が安い
・独占配信やオリジナルコンテンツが充実している
・作品のレビューが読めて評価が分かる
・VOD以外のサービスが非常に充実している
・学生は格安で利用できる
・見放題対象の映画数が少ない
・字幕と吹替の切り替えが視聴中にできない
・新作映画の配信がない

【4位】Netflix

 

洋画 見放題

 

Netflixは料金が800円〜1,800円で、映画とドラマが完全見放題。画質と同時視聴が可能な台数によって値段が異なります。

洋画の作品数が多く、特にホラー映画の幅が広いのが特徴です。また、Netflixにしかないオリジナルコンテンツのクオリティが非常に高く、劇場公開の映画では言及できないような社会問題を取り扱ったりしているんです。

そのほかにもオリジナルのアニメーションやドキュメンタリーにも力を入れているので、オリジナルコンテンツのためだけでも加入する価値あるといえるでしょう。数々のショーレースにノミネートされている『アイリッシュマン』や『ROMA/ローマ』が観られるのもNetflixだけです!

その他のラインナップはややクセが強いものが多いので、有名な洋画を観たい人にはあまり向かないかもしれません。

クレカが無くてもOK!Netflix(ネットフリックス)3つの料金プランを比較

メリット デメリット
・オリジナルコンテンツのクオリティが高い
・予算に合わせてサービスを選べる
・完全見放題で課金する必要がない
・海外に行くと現地のコンテンツを楽しめる
・多言語の字幕/吹替が充実している
・お試し期間がない(2020年1月現在)
・ラインナップにクセがある

【5位】dTV

洋画 見放題

dTVは月額500円で見放題作品+レンタル可能、docomoユーザー以外も登録できます!

洋画は約860作品と少なめで、マニアックな80~90年代の映画が多いのでこの月額料金にしては、洋画ファンなら損はないかもしれません。新作映画もレンタルができるのですが、それをメインで考えるならU-NEXTの方がダントツお得という印象がありますね。

向き不向きで分かれるサイトですので、一度31日無料お試し体験をしてみることをオススメします!

dTV無料トライアル登録の手順や注意点 | 本当に完全無料で楽しめる?

メリット デメリット
・マニアックな洋画が多い
・月額料金が安い
・倍速再生ができる
・新作がレンタルできる
・作品数が他社より少なめ
・最高画質がHDまで
スポンサーリンク

まとめ

洋画 見放題

 

洋画好きにオススメしたいVOD(動画見放題サービス)は、ダントツでU-NEXTです!作品数、ラインアップ、その他サービスも含めて一番充実&お得だと言えるでしょう。

また、「解約するのが面倒…」という方が多いですが実はとっても簡単に解約ができるんです!下記のページで詳しく説明しています。

【図解】U-NEXTを完全無料で利用する方法 | 登録は月初がおすすめ!

Netflix以外全てのサービスで無料お試し期間が設けられているので、一度試してみるのをオススメします♪

\U-NEXTを31日間無料で楽しむ!/

【図解】U-NEXTを完全無料で利用する方法 | 登録は月初がおすすめ!

U-NEXT(ユーネクスト)の料金プランや決済方法・請求日まとめ

映画見放題動画配信サービスTOP5はこれだ!一番おすすめな配信サービス診断

スポンサーリンク
スポンサーリンク