ディズニープラスを始めたい方へ、料金内容から注意点などを徹底解説!

 

2020年6月、日本でもついにディズニープラスのサービスがスタートしました!海外に比べると遅れての展開でしたので、サービス開始を心待ちにしていた人も多いのではないでしょうか?

今回は、ディズニー公式の配信サービスであるディズニープラスがいったいどんなサービスなのか、どうやって利用すればいいのか、注意すべきことはあるのか、などを一挙に紹介します!

ぜひ、ディズニープラスをはじめるための手引きとしてご参考ください。

\おためし31日間無料!ディズニー作品が見放題/

ディズニープラスのサービス内容

Disney+
出典:ディズニープラス公式Twitterアカウント

ディズニープラスは、ディズニーによる公式のVOD(ビデオ・オン・デマンド)サービスです。もともとアメリカなどで先行してサービスを開始していました。日本ではNTTドコモとウォルト・ディズニー・ジャパンの提携により、2020年6月11日より満を持して日本でも正式にサービスがスタートしました!

U-NEXTやHuluなどでは課金することでしか見られないディズニー作品が多数ありますが、このディズニープラスでは、そういったディズニーの映像作品を見放題で楽しむことができます。

現在ディズニー作品の傘下としているチームとして、ピクサーやスター・ウォーズ、マーベルなどがありますがいずれの作品もディズニープラスの視聴対象となっています。MCUシリーズが好きな人やスターウォーズ好きな人にこそオススメのサービスと言えるでしょう。
またディズニープラスのオリジナル作品も現在進行形で続々と追加されています。今後もより充実したラインナップが期待できそうですね!

ちなみに、音声と字幕については、日本語と英語の切り替えのみが可能となっています。

\おためし31日間無料!1台あたり175円

ディズニーデラックスとの違いは?

すでに日本では、Disney DELUXE(ディズニーデラックス)というディズニー作品のVODサービスがスタートしていました。こちらもディズニージャパンとドコモが提携し、運営していた日本独自のサービスでしたが、今回改めて統合するような形で再始動するわけです。

いままでのディズニーデラックス同様、ディズニー作品が見放題なことには変わりがありませんが、新たにナショナルジオグラフィック作品が、公式コンテンツとして追加されていることもこれまでとの違いといえます。

また、ディズニーデラックスは日本の独自サービスということで、『名探偵コナン』や『ドラゴンボール』、『プリキュア』といったディズニーとは関係のない作品の配信も行なっていたのですが、ディズニープラスの導入に伴い、配信対象作品から外れた作品もいくつかあります。

 

日本のディズニープラスと海外の違いは?

基本的には日本と海外のディズニープラスに大きな違いはないのですが、いくつかサービス内容に細かな違いが存在します。アメリカでは先行で配信していることもあり、配信内容もより充実しているのですが、設定面でも以下のような違いがあります。

米国 日本
支払い方法 クレジットカード・デビットカード・Paypal クレジットカード・ドコモ払い
画質 4K、HDR Full HD (1920×1080)
音声・サラウンド 5.1ch、Dolby Atmos 2ch
PS4などのゲーム機 対応 未対応

もしかすると今後のアップデートで変化する可能性もあるので、こうなって欲しいという要望があれば声を上げていくのも手かもしれませんね。

 

ディズニープラスの料金について

月額700円(税抜き)でディズニー作品が見放題!

ディズニープラスの料金プランは1つのみ。

月額700円(税抜き)でディズニープラスとディズニーデラックスの内容を楽しむことができます。前述の通り、この月額費用からさらに追加でお金がかかることなく、いずれの作品も見放題となっています。VODサービスによっては、一部の配信作品は別料金がかかることもあるのですが、ディズニープラスに関しては770円以上かかることがないと考えると、存分に楽しむことができますね。

後ほど詳しく説明しますが、1つの契約あたり同時視聴が4台まで可能なのもディズニープラス の魅力の一つ。なんと実質175円で利用できるんです!

 

初回31日間は無料でお試しできる

とりあえず登録してみるという人に注目して欲しいのは、ディズニープラスでは31日間の無料お試し期間が用意されているということ。

ディズニープラスがどんなサービスなのか使ってみないとわからない、もしくは使ってみても満足できるサービスかわからないので手が出しにくい、なんて人も居るでしょう。

そういう人も、初めての登録であれば、契約日当日から31日間は無料となっています。

一点注意が必要なのは、ディズニーデラックスの無料お試しを利用したことがある人は、ディズニープラスの無料お試し対象からは外されるということです。別のサービスになったとはいえ、もう一度お試し期間が追加されるという訳ではないので注意しましょう。

 

ドコモ会員なら最大1年分無料に!

ドコモ会員であれば、ディズニープラスをお得に利用する方法があります。

「5Gギガホ」、「5Gギガライト」、「ギガホ」、「ギガライト」といったドコモのギガプランと、ディズニープラスの両方を契約すると、ディズニープラスの月額費用である700円が最大1年間割引されるというセット割が用意されているんです!

ディズニープラスの初回契約の場合、初月無料特典が優先で適用されます。無料特典が終了次第セット割が適用開始となるので、その点は留意しておきましょう。

セット割を適用するにはWEB上でのエントリーが必要です。自動で適用される訳ではないので、忘れずにエントリーしておきましょう。対象期間はエントリーの翌月からとなっています。

 

ディズニープラスの支払い方法

ディズニープラスの支払い方法は2通り

お支払い方法は

  • クレジットカード支払い
  • キャリア決済(docomoのみ)

の2通り!

ディズニープラスの料金の支払い方法は2通りあります。「クレジットカード支払い」と「キャリア決済」を利用する方法です。ただし、キャリア決済を利用できるのはドコモユーザーを対象としたドコモ払いのみです!

auやsoftbankユーザーは残念ながらキャリア決済を利用することができないので、クレジットカード決済のみとなりますので、ご注意ください!

利用可能なクレジットカードはVISA、MASTER、AMEX、JCB。
カード支払いといっても、デビットカードやプリペイドカードなどは対象となっていないので、クレジットカードを持っていないドコモユーザー以外は、クレジットカードの契約を改めてする必要があります。

請求日は毎月1日

ディズニープラスの請求日は基本的には毎月1日が請求日となっています。

ただし、初回の請求のみ無料お試し期間が終了した翌日に、新たな請求が発生します。例えば6月29日に無料お試し期間が終了した場合、6月30日に6月分の利用費用が発生し、さらに7月1日に7月分の利用費用が発生してしまいます。

たった1日の為に月額費用が発生し得るので、月初まで登録するのを待つか、無料期間中に一度退会して、月初を迎えてから再入会しましょう。月初の登録がお得であることを覚えておいてください!

ちなみに1日というのはあくまで請求日。引き落としがされるのは、各クレジットカード会社との契約によるので、引き落とし日は各人によって様々なので、混同しないように注意しましょう。

支払い方法を確認・変更するには

自分の現在の支払い方法を確認したり、変更したいという場合は、ドコモのオンラインサービス「Mydocomo」にアクセスする必要があります。手順は以下の通り。

  1. Mydocomoの「契約内容の確認・変更」を選択する
  2. 「dアカウント」でログインする
  3. 「ドコモオンライン手続き」を選択する
  4. 「クレジットカード番号」内の「変更」を選択する
  5. 「クレジットカード番号の変更」で支払い方法の確認・変更をする

docomoユーザーではない人も、先にdアカウントへログインして、同様の手順で支払い方法の確認・変更をすることになります。

ディズニープラスの特徴

大人気ディズニー作品が見放題!

ディズニープラスの魅力はなんといっても、ディズニー系列の作品が見放題なところ。一言にディズニーといっても、抱えているブランドは様々。

ウォルト・ディズニー・アニメーションスタジオの往年のアニメーション作品はもちろん。3DCG作品でおなじみのPIXAR作品や、スター・ウォーズシリーズ、そして『アベンジャーズ』を始めとしたマーベル映画たちも見放題です。

しかも映画だけでなくテレビシリーズやディズニーが展開する海外ドラマなども配信しています。よく知っている作品から、自分の知らなかった作品との新たな出会いにも期待できるのではないでしょうか。

オリジナル作品が充実

さらに注目なポイントが、ディズニープラス限定のオリジナル作品も続々と増えている点です。すでにディズニー・デラックスでも配信をスタートしていた、スター・ウォーズシリーズのスピンオフドラマシリーズ『マンダロリアン』を始め、名クラシックアニメを、実際の犬も撮影に用いた実写版としてリメイクした『わんわん物語』、『トイ・ストーリー4』以降の新作トイ・ストーリーシリーズ『フォーキーのコレって何?』や『ボー・ピープはどこに?』などが配信されています。

さらに、マーベルヒーローたちの新作ドラマシリーズとして、バッキーとファルコンのコンビを描いた『ファルコン&ウィンターソルジャー』や、マイティ・ソーの弟であるロキを主人公にした『ロキ』が配信されることもすでに発表されています。今後もよりオリジナル作品は充実していくことでしょう!

最大5台まで共有可能!

なんとディズニープラスでは、1つのカウントにつき5台まで共有可能なんです!

同一アカウントでのログイン上限数は5台までで、複数の端末を使用している人も臨機応変に楽しむことができます。しかも同時視聴数は、ストリーミング再生なら4台、ダウンロード再生であれば2台まで可能です。

月額700円で同時再生が4台までだと考えると、1台あたり実質175円!お友達や家族などと共有するのがオススメですよ♪

 

ディズニーデラックスで映画以外のコンテンツも楽しめる

ディズニープラスに登録していると、ディズニーデラックスで提供しているコンテンツも利用することができます。

ディズニーデラックスでは、ディズニーやマーベルのメイキング映像や挿入歌のカラオケ映像といった毎月更新される特別映像などが更新されます。

その他にもデザインが365日自動で変わるウィジェットパネルや、毎日更新の壁紙、ロックスクリーン用のライブ壁紙などが配信されており、自分のスマホをディズニーナイズすることもできます!

さらに会員継続月数が伸びるごとに解禁される会員特典も存在します。長く利用していればいるほど、壁紙やカメラフレームなどの限定特典を多くダウンロードすることができるようになりますよ!

ディズニープラスの注意点

ディズニープラスを利用する上で注意しなければいけないことを解説していきます!

月末に登録しても日割りはされない

まずは、ディズニープラスは月末に登録した場合でも、日割りはされず、月ごとに決済が発生します。

どういうことかというと、月末に登録した支払い方法のところでも書いてあるように、ディズニープラスの請求日が1日になっていることに伴い、もし無料視聴期間が月末に切れた場合には、その月の残り日数が1日でもあれば、その月の料金が発生してしまうのです。

初回登録日 無料期間終了日 初回支払い発生日 二回目の支払い発生日
7月1日 7月31日 8月1日 9月1日
7月15日 8月14日 8月15日 9月1日
7月31日 8月30日 8月31日 9月1日

こちらの図のように無料視聴期間は31日になっているのですが、無料期間終了の翌日が月末になってしまうと、すぐに2回目の支払い日が来てしまいます。そのため、登録をする際は月末よりも月初にすることがおすすめです!

これは、再登録の方やディズニーデラックスを利用していた方も同様です。月末よりも月初に登録した方がお得に利用できます!

登録にはdアカウントが必要

日本ではディズニーデラックス同様、NTTドコモが、ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社と協業しています。そのため、ドコモが提供する共通ID、dアカウントへの登録が必要になります!

ドコモの端末を持っていなかったり、ドコモの回線を使っていないという人も、アカウントの登録自体は可能です。登録は無料でできるので、別途料金がかかったりといったことはありません。

dアカウントにはお得にポイントがたまるサービスがたくさん用意されていますので、詳しくはこちらの公式サイトをご覧ください!

画質はフルHDのみ

海外のディズニープラスとの大きな違いとして画質の違いも、顕著なポイントです。

アメリカでは画質が4KもしくはHDRで選択ができたのですが、日本では1920×1080のFullHDのみの対応となっています。

将来的には米国同様の4KやHDR画質での配信も検討はしているそうなのですが、現状具体的な時期なども明らかになっておりません。できるだけ早く展開して欲しいですね!

 

まとめ

以上、ざっとディズニープラスに関する情報を一挙に紹介しました!実際にディズニープラスを使ってみると、他の映像配信サービスで課金対象だったコンテンツが、どれも手軽に鑑賞できるのが嬉しいポイントです。

ディズニーが好き、スター・ウォーズが好き、マーベルが好きという人には、間違いなくオススメの配信サービスなので、まずは体験してみてください♪

ディズニーの感動映画 大人にこそ観て欲しい!ディズニーの感動映画ランキング ディズニーが誇るとっておきの名言・名セリフまとめ15選!夢を信じ続けよう! 映画 マレフィセント 真実の愛を描いた異端なディズニー映画『マレフィセント』のあらすじネタバレ