実写映画『いぬやしき』のネタバレとキャストを詳しく紹介|原作漫画との違いも

 

『GANTZ』で一世を風靡した奥浩哉先生の人気作『いぬやしき』が2018年に実写化を果たしました。主人公の冴えないオジサンが機械人間になるという個性的な設定が人気を博し、話題となりました。映画版は普段あまり漫画を読まない人でも楽しめる、スピード感満載の作品となっています。

今回は、映画版『いぬやしき』についてネタバレを含めてご紹介致します。原作ファンもまだ実写をみたことがない方も、必見です!

『いぬやしき』について

東宝MOVIEチャンネル

かつて本作は青年誌「イブニング」にて2014年から2017年まで連載されていた漫画です。見事にアニメ化も果たし、実写化が公開されたのは連載が終わってからのことでした。主人公にあえてカッコいいキャラクターを置かず、平凡すぎるオジサンが活躍するというとっても斬新な設定に、多くの人々が関心を寄せました。家に居場所もない、特に仕事ができるわけでもない……どこにでもいそうな中年男性という“身近な感じ”も、人気が出た要素の一つなのかもしれません。

映画版は2018年の春に公開され、監督を務めたのは佐藤信介さん。映画のみならずアニメ監督や脚本家など幅広く活動しており、原作者・奥浩哉先生の代表作『GANTZ』シリーズも手掛けているんですよ!他にも『アイアムアヒーロー』や『キングダム』など、実写化には定評のある監督です。本作はブリュッセル国際ファンタスティック映画祭のグランプリ、ゴールデン・レイヴン賞を受賞。日本のみならず、世界からも注目される映画となりました。

『いぬやしき』の登場人物

原作もそうなのですが、あまり登場人物は多くありません。なのでキャラクターが多すぎて分からない!といった混乱を招くことはないでしょう。

ですが本当にそれぞれが個性的で、魅力がたっぷり。ストーリーだけでなく、登場人物にもぜひ注目してみて下さいね。

犬屋敷 壱郎(いぬやしきいちろう):木梨憲武

いぬやしき 壱郎
映画『いぬやしき』公式Twitter

58歳の中年サラリーマンの壱郎ですが、とても60歳手前には見えないくらい老け込んでいます……!実写よりも、漫画の方がよりおじいさんらしい見た目をしていますね。そんな彼は家族からも爪弾きにされ、会社でもそう必要なポジションでもない。唯一の味方は犬だけと、孤独な生活を送っています。どこの家庭にもありそうなこの悲壮感がまた、色々な意味でたまりません(笑)

不運にも医者から余命宣告をされてしまい、残りの時間は3か月。酷く絶望する壱郎ですが、そんな時に”ある事故”へ巻き込まれ、機械人間としての人生を歩むこととなるのです。最初は見るからにダメそうな、負のオーラを纏うオジサンでしかありません。しかし機械人間となってから、次第に顔つきや人間性に変化が訪れます。成長し、変化していく彼の物語です。

主演はとんねるずの木梨憲武さん。実写版では壱郎がやや若めに描かれていますが、なかなかのハマり役!バラエティ出演のイメージが強い木梨さんは、映画やドラマに度々出演しています。あの『仮面ライダージオウ』の映画版に出ていたことをご存じですか?過去にはドラマで主演を務めていた過去もあるのです。

獅子神 皓(ししがみ ひろ):佐藤健

いぬやしき 佐藤健
映画『いぬやしき』公式Twitter

壱郎と同様の事故に巻き込まれ、同じ機械人間となってしまった少年、皓。最初は親友の直行を助けるために能力を発揮するのですが、それが徐々にエスカレートしていき……壱郎と対立することとなるのです。

ただの冷酷な人物ではなく、直行など心を許した人間にはものすごく”いい奴”で、母親想い。ですがそうでない相手に対しての態度は、もう雲泥の差ですね。原作でも彼なしでは本作は語れない、重要な人物となっています。

クールな獅子神を演じるのは、イケメン人気俳優の佐藤健さん。YouTubeチャンネルを開設し、YouTuberとしても活躍されていますね。『仮面ライダー電王』で一躍話題となり、その後も『メイちゃんの執事』や『るろうに剣心』など、多数の有名作品に出演しています。

2012年には初舞台で主演を務め、俳優、YouTuber、バラエティ出演と活躍の幅をどんどん広げている佐藤さん。アニメや漫画の実写化作品が本当によく似合う俳優さんですよね!

高学歴アクション俳優佐藤健出演おすすめ映画7選!!

安堂 直行(あんどうなおゆき):本郷奏多

いぬやしき 本郷奏多
映画『いぬやしき』公式Twitter

獅子神の親友であり、超フツーの高校生。いじめられて引きこもっていたところを獅子神に救われ、後に機械人間としての能力に興味を持ち始めます。しかし親友の暴走はエスカレートしていく一方で、次第に彼の行動へ疑問を抱き……絶交へと至ってしまうのです。ひょんなことから壱郎の存在を知り、獅子神を救うべく二人で奮闘します。のちに二人は友人と呼ぶべき間柄になりました。

直行を演じるのは俳優の本郷奏多さん。実はアニメ版『いぬやしき』の声優も担当しています。『GANTZ』や『ラブホの上野さん』、『キングダム』など実写化に多く出演することでも知られていますね。ちょっぴりサブカルな雰囲気を持っていますが、演技力は抜群!2.5次元がとっても似合う俳優さんです。

犬屋敷 麻理(いぬやしきまり):三吉彩花

いぬやしき 三吉彩花
映画『いぬやしき』公式Twitter

壱郎の娘で、美人な麻里。見事に父のルックスは受け継がず、親子とは分からないほどの美貌を持っています。直行と獅子神のクラスメイトですが、あまり接点はありません。

性格はなかなかのワガママ&今時女子で、父親のことは大嫌い!(笑)せっかく引っ越した戸建ての家にも文句を言い、親子関係は冷え切っていました。しかしある時に機械人間となった壱郎の秘密を知ってしまい……段々と家族に対する目が変わっていくのです。

そんな麻里を演じるのは女優・モデルの三吉彩花さん。モデルになる前は「さくら学院」のメンバーとしてアイドルを活動をしていたのだそう!『犬鳴村』や『エンジェルハート』などにも出演していましたね。制服姿が良く似合う、まさに”美少女”です。

渡辺しおん(わたなべ):二階堂ふみ

いぬやしき 二階堂ふみ
映画『いぬやしき』公式Twitter

獅子神、直行、そして麻里のクラスメイトであるしおんは、獅子神に想いを寄せています。その理由は、いじめられていた直行を助けたから。彼の優しい部分に惹かれてしまったのですね。

ちょっぴり内向的で大人しいしおんですが、とても優しい性格。ですが優しさが仇となり、命を落とす犠牲者となってしまうのでした……。

しおんを演じるのは女優の二階堂ふみさん。二階堂さんも佐藤さんや本郷さん同様、2.5次元作品への出演が多いことで有名ですよね!最近は吹き替え声優に挑戦したりと、活動の幅はどんどん広がっているようです。

『いぬやしき』のネタバレあらすじ

映画版『いぬやしき』のネタバレあらすじです。未鑑賞の方はご注意くださいね!

【起】58歳、既婚。家に居場所なし。犬屋敷壱郎の悲しき運命・・・

いぬやしき 木梨憲武
映画『いぬやしき』公式Twitter

犬屋敷壱郎(木梨憲武)は58歳、定年まであとわずかなごく普通のサラリーマン。見た目はもう60歳をとうに超えたおじいさんのようで、とにかくオーラも覇気もないのだ。そんな壱郎は遂に一軒家を購入。新居へ家族もタクシーで駆け付け、周囲の豪邸に感動するも……自分たちの家はその奥の小さな戸建て。大きな家たちのせいで、せっかくの新居は日当たりが悪く暗かった

これから新たな生活が始まろうとしているのに、家族は誰も感動せず、むしろ壱郎へ文句を言うばかり。父だけを残し、三人は食事へ行ってしまった。

家族の輪にも入れない壱郎は、特に娘の麻里(三吉彩花)にも嫌われている。あるおやじ狩りの現場を目にした彼は、見ないふりをしてそそくさと通り過ぎた。それを麻里に発見されており、更に幻滅されていたのだ。

拾ってきた犬は家族から「可愛くない」と批判され、とことん居場所のない壱郎。挙句の果てには健康診断で引っ掛かり、「再検査」の三文字が……。致し方なく病院へ向かうと、まさかの胃ガンが発覚!すでに全身に転移しているから、すぐさま家族を呼ぶようにとのことだった。

家族に電話するも運悪く繋がらず、彼の孤独や絶望はますます深まるばかり。結局ガンのことは言い出せないまま、はな子の散歩へ向かう。

【承】平凡から非凡へ、機械人間誕生!

いぬやしき 機械人間
映画『いぬやしき』公式Twitter

ガンを言い出せなかったこと、言えば誰かが悲しんでくれるのか……そんな思いを抱えながら、壱郎ははな子と夜の公園にいた。その瞬間空が光り、その光は自分と、その隣のベンチに座っていた青年・獅子神皓(佐藤健)目掛けて爆発。

壱郎は目を覚ましても生きていたが、獅子神の姿はない。眼鏡をかけなくても視力が回復しており違和感を覚えるが、その後何事もなく帰宅。しかし朝食の味噌汁を飲んだ時、味を感じないことに気づいた。やたらと喉が渇くのでガンの症状だと思い込むのだが、手からは蒸気が出ている。そして体に硬いものを感じ、体内から機械が登場!

どうやらあの夜で、彼は機械人間となってしまったらしい。この機械はレントゲンには映らないもので、更にはガンが消え失せているという嬉しいハプニングも。しかし体が変わったことを誰にも言えず、壱郎は一人で悶々と悩むことに。

一方で同時に光を浴びた獅子神も、機械人間と化していた。いじめられて引きこもっていた直行(本郷奏多)の元へ行き、自分の持つ能力を披露。驚く直行は手品かと疑ってしまうも、「オレはスーパーヒーローだ」と、楽しそうな獅子神。直行はその能力に、もう興味深々なのだ。

【転】58歳のヒーローと若き犯罪者

いぬやしき 犬屋敷壱郎
映画『いぬやしき』公式Twitter

壱郎は道端で瀕死の鳥を見つけ、手をかざす。すると鳥はみるみるうちに元気になり、傷が回復していったのだ!どうやら彼の能力は、人を助けることらしい。嬉しくなった壱郎は難病の少年を病院で助け、一人で満足感を味わう。人助けによって、今まで感じていた孤独を拭い去ることができたからだ。

一方で獅子神は直行を連れて、学校でいじめていた奴らに仕返しを図る。そんな獅子神の姿をみてしおん(二階堂ふみ)は遂に告白。しかし彼はハッキリと返事をすることはなかった。

実は獅子神の両親は離婚しており、父は別の女性とすでに暮らしていた。母を捨てたことに強い怒りを抱き、殺害しようと考えるもそれができないでいた。その思いが強まり、怒りは全く関係のない家族へ向けられてしまう。

指鉄砲で無関係の家族を殺した獅子神、その悲鳴をたまたま聞きつけた壱郎は、その家へ足を踏み入れた。指鉄砲を食らい倒れる壱郎だが、機械人間のため死ぬことはない。だが、一家は全員死亡。助けられなかったことを彼は激しく悔やんだ。気づけば獅子神の姿はなく、この事件は「一家殺害事件」として大きくニュースに取り上げられてしまう。

獅子神の怒りは思わぬ方向へ向かい、能力をエスカレートさせて犯罪者となってしまった。この事件が彼のせいだとすぐに気づいた直行は、親友の変化に絶望を味わうことに……。そんな中「人を救える」壱郎の存在を知り、二人は合流。親友を救うべく、力を合わせて獅子神を止めることを決意した。

【結】機械人間VS機械人間

いぬやしき 殺害予告
映画『いぬやしき』公式Twitter

獅子神の母もガンを患っており、彼もまた傷を癒す能力を持っていた。しかしそんなひと時も一瞬のことで、一家惨殺事件の事情聴取をされてしまう。真実を隠すために獅子神は警官を撃ち、母とは離れて暮らすこととなる。しかし母はマスコミに追われ、耐え切れず自殺。その間しおんにかくまってもらい気持ちが落ち着いていた獅子神も、世に怒りを覚え、暴走を止められなくなってしまう。

機械人間であることを知ったしおんは「それでもいい」と側にい続けるのだが、獅子神を止める特殊部隊に祖母もろとも命を落とすのだった……。怒りはよりヒートアップし、新宿のモニターで殺害予告を流し、次々と殺人を犯す。その頃麻里は学校の行事でクラスメイトと都庁にいたのだが、彼の攻撃に遭い、危険にさらされてしまう。

暴走を止めるべく獅子神VS壱郎となり、バトルを始める二人。苦戦する壱郎だが、機械は塩分に弱い――そのことをみそ汁の件で知っていたため、飲み物を水ではなくスポーツドリンクにすり替えていたのだ。それを口にした獅子神は動きが弱まり、そこを狙って壱郎はトドメを刺す。麻里の傷を治癒し、しぶとく復活してくる獅子神にどうにか耐え抜き、戦いは終わった。

後日テレビでは獅子神の死を知らせるニュースが流れ、壱郎は気まずそうに肩をすくめる。だが、麻里はあの日のことを覚えており、今までとは違う眼差しで父を見ていた。そして直行の元には獅子神の姿が。「死んだ」というのは表向きの話だったのである。彼はまた直行に「テレビゲームしようぜ」と誘うのだった。

漫画版『いぬやしき』との違いとは?

いぬやしき はな子
映画『いぬやしき』公式Twitter

映画と原作では設定にところどころ変更が見られます。映画しか観ていない方も、原作のみ閲覧済みの方も、これを機にどっちもチェックしてみてはいかがでしょうか?ラストのオチまで違うので、見比べてみると新鮮味が生まれるかもしれません。

相違点①ローン嫌い→ローンを組むへ変更

元々犬屋敷家は団地に住んでおり、子供が大きくなってきたのを理由に一軒家へ引っ越します。どうやら壱郎はローンを組みたくなかったらしく、今まで団地住まいを続けていたのだとか。けれども映画版でもシッカリとローンを組んでいるので、大きな変更点と言えますね。

映画ではハッキリとは明かされていませんが、致し方なく家を探したのでしょうか?あんな日当たりの悪い家をわざわざ選ぶなんて、先が思いやられるような気もしますが……(笑)もしかすると奥さんや家族にせかされて、しぶしぶローンを組んだのかも?

相違点②獅子神と壱郎の描き方

原作では壱郎と獅子神は主人公とサブキャラ、としての扱いではなく、「二人の主人公」として扱われています。映画版では壱郎がメインとなっているので、描き方にちょっぴり違いが見られますね。また「映画版は獅子神のバックグランドの描き方が薄い!」といった指摘も。いかにも悪人らしく映し出されていますが、本当は家庭の崩壊によって世間や人に怒りを覚えた、ある意味“最も人情深い人物”なんですよね。

正義・悪をわかりやすく表すために、このような描き方になったのでしょう。獅子神は悪いだけでなく、憎めないキャラとして人気も高いのです!

相違点③オチが実は悲しい・・・

『いぬやしき』原作のラスト、実はバッドエンド……!二人の戦いが終了した後、“地球を守るために自分たちを犠牲にする”という究極のラストを迎えるのです。映画版ではハッピーエンドで終わるのですが、漫画版は何とも悲しい結末。涙なしでは読めないものとなっています。

 

映画『いぬやしき』まとめ

アクションシーンやCGにも定評がある『いぬやしき』。ストーリー構成やテンポも良く、実写化の中でも成功をおさめた作品ではないでしょうか?

原作ファンも、そうでない方も見ごたえのある映画となっています。木梨憲武さんの壱郎役も味があって必見ですよ!ドキドキハラハラしっぱなしの約130分をぜひお楽しみください。

高学歴アクション俳優佐藤健出演おすすめ映画7選!!