これを知れば『アス』がもっと面白くなる!ネタバレありのあらすじと伏線を解説

たかなし亜妖

 

前作『ゲット・アウト』で高い評価を得たジョーダン・ピール監督の最新作『Us』。印象強いポスターと前回の評判により、楽しみに待っていたファンも多いのではないでしょうか。

自分に瓜二つの“ドッペルゲンガー”に襲われる物語ですが、ただの惨劇ではありません。メッセージ性の強いホラーで、ラストのネタ明しには誰しもがハッとさせられるはず!

今回は高い人気を誇る『Us』について解説をしていきます。ネタバレを含みますので、未鑑賞の方は要注意ですよ!

\22万以上の作品が31日間無料で見放題/

 

 

映画『アス』について

Us ネタバレ
映画『Us』公式サイト

『ゲット・アウト』で知名度を上げたジョーダン・ピール監督。前作が初の監督・脚本を務める作品となり、それまではコメディアンや俳優として活動していたのです。低予算ながらきめ細やかなストーリー性は多くの観客を虜にしました。

アカデミー賞では脚本賞を受賞、以来彼の新作映画を待ち遠しく思うファンが大勢いたのです。

そして遂に2019年3月、米国にて『Us』が公開。初公開の週末にはランキング1位であり、この時点で興行収入は7000万ドル(日本円=約77億4000万)を超えていたとか……!どのくらいの期待値だったのかは、この数字を見れば説明をせずとも分かることでしょう。当時の予想は5100万~ドルだったため、その金額を大きく上回る結果となりました。

多くの映画監督が「一発目で跳ねると二作目はコケる」ケースが多いものの、ピールはそのジンクスを見事に打破したのです。そういった部分なども評価され、映画批評家からは賞賛の声が上がっています。

映画『ゲットアウト』の謎をネタバレ解説!フラッシュや紅茶が意味するものとは?
\22万以上の作品が31日間無料で見放題/

 

10秒で分かる映画『アス』の簡単なあらすじ

ユニバーサル・ピクチャーズ公式YouTubeチャンネル

幼き頃、アデレード(ルピタ・ニョンゴ)は家族でサンタクルーズにある遊園地へ来ていた。ビーチ付近にあるミラーハウスへ迷い込んでしまった彼女は、アトラクション内で自分と瓜二つの少女と出くわす。そのショックからトラウマを抱え、失語症を患ってしまったのだ。

成人し、家庭を築いたアデレードは病気を克服している。しかし家族旅行で“例の地”へ行くことになってしまい、現地で浮かない顔をしていた。夫に過去のトラウマを話していると、外には妙な不審者が……。追い払っても無理矢理家の中に上がり込んでくる奴ら、家族4人と全く同じ姿形をしている――。その正体は、ドッペルゲンガーなのであった。

\22万以上の作品が31日間無料で見放題/

 

映画『アス』のネタバレあらすじ

【あらすじ①】ミラーハウスのトラウマ

Us ネタバレ
映画『Us』公式サイト

アデレード(ルピタ・ニョンゴ)は両親とサンタクルーズの遊園地へ遊びに来ていた。父の目を盗んで勝手に海辺へ走り出してしまい、『ビジョン・クエスト』という館が目に留まる。中へ入ると全面鏡張りの部屋であり、まるで迷路のような作りになっていた。そこで彼女は自分と瓜二つの少女を発見。鏡に映った自分かと思いきや、それは違かったようだ……。あまりのショックと驚きで失語症を発症してしまう。

現在のアデレードは成人し2児の母となっていた。失語症は克服し、家族4人で平和に暮らしている。とある夏、一家で例のサンタクルーズへのビーチへ出かけるが、過去のトラウマからアデレードは浮かない顔。仲の良いタイラー一家と落ち合うも、心から楽しめない自分がいた。

一方で次男のジェイソン(エヴァン・アレックス)はビーチにて、コートを羽織った不審な男を目の当たりにする。男の手からは血がぽたぽたと落ちているのだ。

その夜、ビーチハウスにて夫のガブリエル(ウィンストン・デューク)へ幼き頃のトラウマを打ち明けることに。だがあまりマトモに取り合ってもらえず、その場をなだめるだけであった。だがその矢先に停電が発生、ジェイソン曰く「外に不審者がいる」とのこと……。

4人組の男女が手を繋いでこちらを見ているが、その姿はウィルソン一家とそっくりなのだ。

【あらすじ②】瓜二つの私たちに襲われる……

Us ネタバレ
映画『Us』公式サイト

部屋に押し入ってきたドッペルゲンガーの男女4人組。アデレードそっくりの女性は“レッド”と名乗り、彼女へ「手錠を自分自身で繋げ」と命令した。彼らは手に植木バサミを持っているため下手に抵抗が出来ない。

アデレードは長女のゾーラ(シャハディ・ライト・ジョセフ)へ逃げるよう指示するも、レッドはゾーラ瓜二つの“アンブラ”へ後を追うように命令。そしてガブリエルにはにはアブラハムが、ジェイソンにはプルートーが……と、一家は自分のドッペルゲンガーに襲われることとなってしまった。

アンブラに追われるゾーラ。ドッペルゲンガーは容赦なく人間を殺害し、理由も分からず一家を追い続ける。ガブリエルはアブラハムに攻撃され、見事に気を失ってしまった。一方でジェイソンはプルート―と共に戸棚の中へ。緊張が走る中、間一髪のところで奴を閉じ込めて逃げることに成功した。

そんな中アデレードがレッドに殺されそうになる中、逃げるジェイソンの姿を発見。どうにか危機から逃れ、命を奪われずに済むのであった。

\22万以上の作品が31日間無料で見放題/

 

【あらすじ③】全土に現れたドッペルゲンガーたち


映画『Us』公式サイト

気を失ったガブリエルはアブラハムの手により、ボートに乗せられていた。ビニール袋に入れられ海に沈められそうになるも、戦場で気を取り戻し大格闘。結果的にアブラハムをエンジンスクリューに巻き込み殺害。彼もまた危機を逃れたのだ。運よくアデレードとジェイソンと合流し、ボートで逃亡を図る。

だがその頃にも友人宅のタイラー一家の元にもドッペルゲンガーが現れ、家族が惨殺される事件が発生。ウィルソン一家が到着した頃にはドッペルゲンガーとも鉢合わせとなってしまい、全面対決が行われる。家族の協力の元、タイラー家の“影”を全滅させることができたのである。

しかし安心も束の間、この現象は何も自分たちの周りだけでなくアメリカ全土で発生していたのだ!あちこちでドッペルゲンガーが現れ、殺害を行っていることが報道される。“影”は赤い服を着て海辺からお互いの手を取り合い、「人間の輪」のようなものを作り上げていた。

タイラー一家の車を借りて逃げ出すウィルソン家だがまだドッペルゲンガーは生き残っている。アンブラが家族の行く手を阻むもゾーラが対抗、自分の“影”を殺害するのだった。

【あらすじ④】アデレードの正体


映画『Us』公式サイト

今度はプルートーが一家の邪魔をするが、なんとか危機を逃れることに成功。だがそこへレッドが現れジェイソンを連れて行ってしまった。焦ったアデレードはその後を追い、例のミラーハウスへと入って行く。あの建物には地下が存在しており、長い階段を降りると人々とウサギが行き交う不思議な空間と化していた。

レッドと最終対決をするアデレード。このドッペルゲンガーの正体は政府が創り上げたクローン人間であり、地上にいる「ホンモノ」とは行動などが同調してしまうというもの。ずっとこの地下での生活を強制されていた彼らは、ずっと反逆のタイミングを狙っていたのだ。アデレードは自分の影を殺害し、ジェイソンを救出。地上へと戻っていくのだった。

しかし幼き日の出来事にはこんなことがあった。ミラーハウスに入った時、レッドは地上に出ようとしていたのである。そして少女のアデレードを気絶させ、レッドが地上に出ていたのだった……。つまりアデレードそのものがクローン人間で、レッドが地上の人間だったということ。

車の中で母親の顔をじっと見つめるジェイソン。それに気づいたアデレードは微笑み返した。外では大勢のクローン人間達が手を繋ぎ、輪を作っているのだった。

\22万以上の作品が31日間無料で見放題/

 

映画『アス』のキャスト

アデレード(レッド)/ルピタ・ニョンゴ

Us ルピタ・ニョンゴ
映画『Us』公式Facebook

ミラーハウスにてトラウマを残した女性、アデレード。幼い頃ショッキングな出来事に遭遇すれば、再度あの場所へ向かうことにも抵抗がありますよね。

しかし彼女には重大な秘密が隠されており、それが最後の最後で明らかになるのです……!大きなどんでん返しには私たちも驚いてしまいましたね。まさか作中にずっと登場していた方がクローンとはだれも思わなかったことでしょう。

この謎が解明されるとともに全ての伏線が回収されます。果たして本物のアデレードが地上に出てからは、どうなってしまうのでしょうか……。

アデレードを演じるのはアメリカを拠点に活動するルピタ・ニョンゴ。ケニア人の有名な女優であり、『それでも夜は明ける』で多数の賞を受賞しました。高い演技力が買われ、『ブラックパンサー』や『リトルモンスターズ』など知名度の高い作品に出演しています。

ガブリエル(アブラハム)/ウィンストン・デューク


映画『Us』公式Facebook

アデレードの夫であるガブリエルですが、よくあるホラー・スリラー映画に出てくるキャラクターといった感じ(笑)トラウマの話を真面目に取り合わなかったり、一番最初に攻撃されるなどなかなか王道的なルートを歩んでいたと思います……。しかしドッペルゲンガーと対峙した時は男らしい一面を見せるなど、活躍シーンも多数見られました。

ガブリエルを演じるのはウィンストン・デューク。アデレードの役のルピタ・ニョンゴとは友人同士であり、『ブラックパンサー』でも共演を果たしています。俳優デビューが2014年、彼が27歳の時だったそう。まだまだ経歴は浅いながらも『アベンジャーズ/エンドゲーム』といった有名作品も出演しているんですよ。

ゾーラ(アンブラ)/シャハディ・ライト・ジョセフ

Us ゾーラ
映画『Us』公式Facebook

今どきの女の子であるゾーラ。ただ家族でバカンスを楽しみに来ただけなのに、恐ろしきドッペルゲンガーに追われてしまいます。勇敢な性格であり、めげずに最後まで生き抜く姿には力強さを感じましたね。

ゾーラを演じるのは子役のシャハディ・ライト・ジョセフ。10歳の頃にデビューして以来ドラマや映画、テレビに次々と出演しています。現在は15歳、まだまだこれからが楽しみな女優さんです。

ジェイソン(プルートー)/エヴァン・アレックス

Us ジェイソン
映画『Us』公式Facebook

不気味なお面をしたプルートーに追われるジェイソン。二人で戸棚の中に入るシーンはかなり緊張させられるものがありました。遊ぶふりして相手を閉じ込めるなど、知恵はかなり回る様子。そして最後の何とも言えぬあのシーン、ジェイソンはアデレードの違和感に気づいていた気もするのですが……。

ジェイソンを演じるのは12歳の子役、エヴァン・アレックス。まだ出演作品は多くありませんが、今後は続々と増えていくことが期待されています。もしかすると色々なところで見かけるかもしれませんよ!

\22万以上の作品が31日間無料で見放題/

 

映画『Us』(アス)のネタバレを分かりやすく解説!

Us ネタバレ
映画『Us』公式サイト

非常に細やかに練り上げられた設定、物語ですが、中には「よくわからなかった」との声も。一度観て理解ができなかった方はぜひこちらの解説を参考にしてみてくださいね。

その①アデレードがレッド?地上と地下の人間って?

最後の最後に明らかになる秘密、それはアデレードがクローン人間だったという真実です。これには驚いた人も多いのですが、同時に「どういうこと?」となる人もいます。

簡単に言えばアデレードの幼き頃の記憶は間違っており、元々彼女は地下の人間(=クローン)。ミラーハウスに入ったあの日、地下から本物のアデレードと出会いました。その時殴って気絶をさせ、自分があたかも本物であるかのように成り替わったのです。つまりレッドが本来地上にいるのが正しく、作中にずっと出演していた方はニセモノだった……ということなんですね。

その②失語症を患ったワケ

その①の解説を読めば鋭い人は分かると思いますが、ミラーハウスから出てきたアデレードはすでにクローン人間に入れ替わっています。ずっと地下での生活をしていたことから、単純に喋れないのでしょう。しかしクローンということは周りの誰も気づいていませんから、結果的に「失語症」と診断されただけです。

成人後に「病気を克服した」ことになっているのは、ニセモノがただ言葉を覚えたからに過ぎません。元々はトラウマでも病気でもなんでもなく、成り替わったことが全ての現況なのです。

その③ジェイソンは母親の変化に気づいていたのか

注目してほしいのはジェイソンという息子の存在。①と②のことを知った上で解説すると、要するに本物のアデレードに彼は連れていかれたのです。取り返しに行こうとしたのはニセモノのアデレード。ゾーラやガブリエルとは違って、肝心な一部始終を目の当たりにしてしまったのです。

ラストシーンでは納得のいかない目で母親を見つめていました。もしかすると地下室で全てのことを聞いてしまった可能性も……。もしくは血のつながりから「何か変だな?」と感じる部分があったのかもしれませんね。いずれにせよ妙な違和感を抱いていることは事実でしょう。

ちなみに「ジェイソンそのものも入れ替わっているのでは?」と巷では囁かれていますが、その可能性は低いでしょう。確かにコミュニケーションが苦手で怪し気な部分もあるのですが、プルートーは顔に大きなヤケドの跡が。流石に入れ替わったら分かるはずなので、最後までジェイソンはジェイソンのままであると思われます。

\22万以上の作品が31日間無料で見放題/

 

知れば『US』(アス)がもっと面白くなる!散りばめられた伏線について

Us ネタバレ
映画『Us』公式サイト

本作には作中にあちこちの伏線が散りばめられています。これが分かればも~っと『Us』への理解が深まり、観るのが楽しくなってしまうはず。伏線をしっかりとおさえ、2回目、3回目の鑑賞をするのもオススメですよ。

「11」の数字は何を意味するのか

度々登場吸う「11」という数字。冒頭部分でも「エレミヤ書11章11節」と書かれていましたよね。クローンが襲ってきた時刻も11時11分……果たしてこの数字には何の意味があるのでしょうか?

これは旧約聖書の「エレミヤ書11章11節」のに意味があり、人々が神の言うことを聞かなかったことから災いがもたらされたという内容。この場合の災いを『Us』で例えるなら、ドッペルゲンガーの襲来でしょうか。

聖書の一部には「災いが起きて助けを求めても、あなたたちの言葉に耳をかさない」とあります。クローンたちが助けを求めても、地上の人間達はそのことに耳も傾けないという意味も込められているはず。この伏線の深さ、知れば知るほど脱帽してしまいます。

なぜ大量のウサギがいるのか

地下室、そしてかごの中に大量発生しているうさぎ。地下の人間は食料としているようですが、なぜ豚や鳥ではないのでしょうか。あくまで推測となってしまうのですが、ウサギは代表的な実験動物。もしかするとクローン人間も実験を重ねて作られたことから、その表現として使われているのかもしれません。

またウサギと言えばイースター、すなわち「復活祭」の象徴とされています。クローンが地上への反逆を復活と捉えることもできるでしょう。アメリカではウサギと「無数に増えていく」といった意味で使うこともありますから、地下の人間がどんどん増えていくことを示唆している可能性も……。

「ハンズ・アクロス・アメリカ」とは

冒頭のテレビCMにて流れる「ハンズ・アクロス・アメリカ」、これは1986年に飢餓に苦しむ人々を救うための運動のこと。参加者は10ドルを支払って手を繋ぎ、人間の輪を15分間作り上げたのです。

実際に寄付金は集まったそうですが、参加者の自己満足や直接的な問題解決に繋がっていないことから批判が殺到。結果的に運動は失敗に終わりました。

クローンが手を繋いでいくのは「ハンズ・アクロス・アメリカ」への批判、皮肉の意味が込められています。参加者の多くが中流~上流階級の国民であり、自己満足のみならず売名のために10ドルを支払った人もいたとか。地下の人間を貧困層と見立て、その反逆を現わしているシーンなのです。

「エレミヤ書11章11節」の紙を持った男

一家がビーチへ行く前、「エレミヤ書11章11節」の紙を持った男が救急車で輸送されているのを覚えていますか?そして後にジェイソンが、海辺で血を滴らせる男を目撃してしまうのです。思い返せばこのシーンは立派な伏線であり、クローンに男性が攻撃されてしまったことが想像できますね。

彼らがビーチを訪れた瞬間から反逆は始まっていたのです。きっと全て観終わってから「あっ……」と気づく場面かもしれませんね。気になる方はぜひもう一度繰り返し視聴してほしいものです。

\22万以上の作品が31日間無料で見放題/

 

映画『US』(アス)が伝えたいこと

Us ネタバレ
映画『Us』公式Facebook

細かい伏線が張られている『Us』ですが、本来のテーマは「ハンズ・アクロス・アメリカ」が大きなルーツになっていると言っても良いでしょう。地下の人間は人目に触れず、閉じ込められながら暗闇の生活を強いられているのです。政府の政策により、そのことに誰も気づきはしない。しかし今か今かと反逆の時を狙っており、それを実行に移す時が訪れました。

要するに今、日の目を浴びていない人々が反乱を起こしてしまう日も近いのではないか……。そうならないためにも貧困や差別をなくさねばらない、そんなメッセージが込められているはずです。ラストシーンの手を繋いでいるクローンの姿、あれには何とも言えない力強さを感じました。世界の背景や貧困問題などを考慮した上で観ると、また違った感想が生まれるかもしれません。

『アス』のまとめ

世の中への訴えをホラーテイストに描いた『Us』。そのメッセージは決して押しつけがましいものではなく、我々の心に強く響くことでしょう。ドキドキハラハラさせられるシーンも多いですが、ホラーが苦手な方でも観やすい作品です。見せ方がとにかく上手く、怖い描写でなくとも怖く描くのはもはや天才級!ジョーダン・ピール監督の世界とたっぷりとお楽しみください。

『ゲット・アウト』がお好みならきっと満足できる映画です。“私たち”に襲われる恐怖を味わいながら鑑賞してみてはいかがでしょうか?

\22万以上の作品が31日間無料で見放題/

 

映画『ゲットアウト』の謎をネタバレ解説!フラッシュや紅茶が意味するものとは? ジェーン・ドゥの解剖 ネタバレ 【2021年最新】ホラーの宝庫!アマゾンプライムのおすすめホラー映画15選!
関連するタグ
この記事を書いた人
たかなし亜妖
たかなし亜妖

フリーライター&シナリオライターの映画好きサブカル女子。ライター歴は一年半くらいでまだまだひよっこ。 「感動よりも恐怖を、お涙よりもスリルを!」を基準に映画を選ぶ人。ホラー、スリラーサスペンス、鬱になりそうな作品が特に好き。でもハッピーな気分になれる海外ドラマも好き。キャラクターものもアニメも好き。要するにかなりの雑食です。