華やかで時に切ないサーカス映画おすすめ10選 | 異世界の魅力に浸ろう

サーカスと聞くとどんなイメージが湧くでしょうか。楽しい、ドキドキハラハラ、でもちょっと切なくて悲しい話もある…まさにサーカスは映画の世界そのもの!

その空間に入ったとたん独特の雰囲気に包まれます。大人も子供も魔法にかけられる、あの世界が大好きな人のためのサーカスを舞台にした映画を10選集めてみました。

サーカスが舞台のおすすめ映画10選

楽しい話、悲しい話、そしてアニメまで、サーカスの世界は何でもありです!映画もそれぞれバラエティに富んだ物語が揃っています。

早速サーカスを舞台とするおすすめ映画をご紹介していきます!

1.  グレイテスト・ショーマン

「サーカスはここから始まった!」

サーカスが舞台の映画
出典:映画『グレイテスト・ショーマン』公式サイト

映画『グレイテスト・ショーマン』予告編

あらすじ

19世紀半ばのアメリカ、暖かい家庭に恵まれたP.T.バーナム(ヒュー・ジャックマン)だが、仕事がうまくいかない。しかしある日ふとしたきっかけからショービジネスの世界に飛び込んだ。そこでバーナムは、小人症や結合双生児など世間から隠れて生きてきた人達を集めて、サーカスを始め大成功を収める

その一方で非難の目も多く“恥さらし”と抗議の声もあがる。バーナムは劇作家のフィリップ(ザック・エフロン)を演出家に迎え、彼の協力によりヴィクトリア女王に謁見する名誉を得た。そこでオペラ歌手ジェニー(ローレン・アレッド)と出会うが、そのことによってバーナムとサーカスの運命が変っていく。

グレイテストショーマン あらすじ 賛否両論で話題を呼んだ『グレイテスト・ショーマン』ネタバレあらすじ | P・Tバーナムはサイコパスなのか !?

サーカスが舞台の映画『グレイテスト・ショーマン』の見どころ

実在したアメリカのサーカスの生みの親と言われる興行主の、伝記を描いたミュージカル映画です。この映画のサーカスの個性的な部分は、見世物小屋と紙一重であること。映画の中でも非難を受けていますが、同じように映画自体も非難を浴びました。

しかし受け入れたのは一般大衆の映画ファン。『ラ・ラ・ランド』で評価を受けた音楽家による素晴らしい音楽と、楽しく鮮やかな映像と、差別と偏見に真向から対峙した内容は感動を呼び、世界的なヒットになりました。

このサーカス映画はこんな人におすすめ

  • ミュージカル映画が好きな人
  • 世界に愛される「サーカス」文化の生みの親の歴史を知っておきたい!という人

このサーカス映画はこんな人には向かないかも

  • ミュージカル映画が苦手な人
  • ピエロやジャグリング、マジックと言った本格的なサーカス描写を求めている人

基本情報

上映時間:105分
監督:マイケル・グレイシー
出演者:ヒュー・ジャックマン、ザック・エフロン、ミシェル・ウィリアムズ
受賞歴:第75回ゴールデングローブ賞 主題歌賞
公開日:2017年12月20日(アメリカ合衆国)、2018年2月16日(日本)

2. サーカス

「チャップリンそのものがピエロ」

サーカスが舞台の映画
出典:チャーリーチャップリン公式サイト

あらすじ

サーカスを見物中だった放浪者(チャ―ルズ・チャップリン)は、泥棒の疑いで警察に追いかけられ、サーカス小屋に逃げ込む。そのまま大道具係としてサーカス団の一員となった彼は、団長の娘(マーナ・ケネディ)に恋をする。しかし彼女は綱渡りの青年に夢中であることを知った放浪者は彼女を振り向かせようと、自分も綱渡りの練習を始めるが…。

サーカスが舞台の映画『サーカス』の見どころ

まさにコメディにぴったり!チャップリンにぴったり!サーカス団員の彼の役回りはまさにピエロ。公開当時はまったくのサイレント映画でしたが、後にBGMをつけて再公開されたそうです。監督から脚本、演出、音楽まで自身でこなしたチャップリンですが、綱渡りもスタントを使わずに、自分で全部チャレンジしたとか。これぞコメディ映画の神様!

このサーカス映画はこんな人におすすめ

  • チャップリン映画が好きな人
  • 動物が出てくるサーカスが好きな人

このサーカス映画はこんな人には向かないかも

  • サイレント映画が苦手な人
  • 複雑なストーリーの映画が好きな人

基本情報

上映時間:72分
監督:チャールズ・チャップリン
出演者:チャールズ・チャップリン、マーナ・ケネディ、ハリー・クロッカー
受賞歴:第1回アカデミー賞 名誉賞
公開日:1928年1月6日(アメリカ合衆国) 、1928年3月(日本)

3. シルク・ドゥ・ソレイユ3D 彼方からの物語

「本物のサーカスを映画で!」

サーカスが舞台の映画
出典:『シルク・ドゥ・ソレイユ3D 彼方からの物語』公式facebook

あらすじ

『シルク・ドゥ・ソレイユ3D 彼方からの物語予告編』

町にやって来たサーカスを一人で見ていたミア(エリカ・リンツ)は、空中ブランコを演じていた青年とふと目が合う。その直後、青年は手をすべらせ落下してしまう。駆け寄ったミアの目の前で、青年はそのまま地面に吸い込まれていく。ミアも咄嗟に後を追い地面に吸い込まれてしまうが、目を覚ました場所はまったく知らない世界だった。青年を探すミアは、そこにあった大きなテントに入っていく。

サーカスが舞台の映画『シルク・ドゥ・ソレイユ3D 彼方からの物語』の見どころ

本物のサーカス「シルクドソレイユ」をファンタジーを絡めて映画で見ることができます。実際の公演の場面を映画用に撮影したものですから、まさに本物の迫力。ストーリーは童話のような単純なお話ですが、この映画はサーカスを楽しむ映画。とにかく思う存分エンターテインメントの世界にのめり込みましょう。

このサーカス映画はこんな人におすすめ

  • シルクドソレイユが好きな人
  • 衣装や演出にこだわった映画を探している人
  • シルクドソレイユを見たことのない人

このサーカス映画はこんな人には向かないかも

  • シルクドソレイユにまったく興味の無い人
  • シルクドソレイユは映画でなく舞台で見るというポリシーの人

基本情報

上映時間:97分
監督:アンドリュー・アダムソン
出演者:エリカ・リンツ、イゴール・ザリポフルッツ・ハルフブナー
受賞歴:無
公開日:2012年12月21日(アメリカ合衆国) 、2012年11月9日(日本)

4. 恋人たちのパレード

「サーカスといえば動物たち!」

サーカスが舞台の映画
出典:『恋人たちのパレード』公式facebook

あらすじ

獣医を目指していたジェイコブ(ロバート・パティンソン)は、両親の突然の死により無一文になってしまう。悲観にくれた彼は偶然通りかかった列車に発作的に飛び乗ってしまったが、それはサーカス団の移動列車だった。

彼はサーカスの馬の故障を見抜いたことから、曲馬師のマーリーナ(リース・ウィザースプーン)と心を通わせあうようになる。横暴で残忍な団長から仲間たちを解放し、サーカス団を成功に導くためにジェイコブは一匹のゾウをサーカスに招き寄せた。そのゾウは予想以上に利口で、ジェイコブたちを救う力に。

サーカスが舞台の映画『恋人たちのパレード』の見どころ

サーカスといえば動物は付きものです。この映画にも動物がたくさん出てきますが、ひと昔前の話であることと、団長がひどいヤツということもあって、かなり劣悪な状態で生きています。

現在では動物愛護の観点から、サーカスに動物を利用するのは辞めようという方向に向いていますが、この映画を見ていると確かにサーカスの動物たちが幸せだったとは言えない気もします。しかし過去のサーカスではそんなこともあったのでしょう。いろいろと複雑な思いにとらわれてしまう映画かもしれません。

このサーカス映画はこんな人におすすめ

  • 動物が出てくるサーカスが好きな人
  • バンパイア以外のロバート・パティンソンが見たい人

このサーカス映画はこんな人には向かないかも

  • 動物たちがいじめられる場面を見るのがツライ人
  • サーカス映画には明るくて前向きになれる展開を求めている人

基本情報

上映時間:122分
監督:フランシス・ローレンス
出演者:リース・ウィザースプーン、ロバート・パティンソン、クリストフ・ヴァルツ
受賞歴:無
公開日:2011年4月22日(アメリカ合衆国)、2012年2月25日(日本)

5. ダンボ

「もっとも有名なサーカスのゾウ!」

サーカスが舞台の映画
出典:映画『ダンボ』公式サイト

映画『ダンボ』予告編

あらすじ

サーカスで生まれたダンボは、大きすぎる耳を持っていたためみんなの笑い者。しかしある日世話係のホルト(コリン・ファレル)は、ダンボがその大きな耳で飛べることを発見する。「空飛ぶ小ゾウ」として瞬く間に人気者になったダンボだが、金儲けの企みに巻き込まれ母ゾウと引き離されてしまう。ホルトと子供たち、そしてサーカスの仲間たちが協力し、母ゾウを救い出すために動き始める。

サーカスが舞台の映画『ダンボ』の見どころ

ディズニー映画の中で、サーカスが出てくる話はいくつもありますが、やはりもっとも有名な作品として浮かぶのは、この『ダンボ』ではないでしょうか。2019年、ティム・バートン監督によって実写として新たに登場しました。

ほのぼのストーリーではありますが、『恋人たちのパレード』同様、人間の横暴な意思一つでツライ目に合うサーカスの動物たちです。しかし方法は違っても、必ず窮地を救ってくれる味方や仲間がいるところは共通していて安心できます。

このサーカス映画はこんな人におすすめ

  • アニメの『ダンボ』が好きで実写ダンボもぜひ見たい人
  • 家族といっしょに見たい人

このサーカス映画はこんな人には向かないかも

  • ディズニーに興味のない人
  • アニメのままの『ダンボ』の方が好きな人

基本情報

上映時間:130分
監督:ティム・バートン
出演者:コリン・ファレル、マイケル・キートン、ダニー・デヴィート
受賞歴:無
公開日:2019年3月29日(アメリカ合衆国、日本)

6. 道

「切なすぎるフェリーニ監督が描く名作」

サーカスが舞台の映画
出典:Amazon.co.jp

あらすじ

粗野で乱暴な旅芸人のザンパノ(アンソニー・クイン)は、助手としてジェルソミーナ(ジュリエッタ・マシーナ)を連れて旅をしている。ジェルソミーナは頭は弱いが心の綺麗な娘だった。

ある日ザンパノの元を逃げ出したジェルソミーナは、明るい綱渡り芸人のイル・マット(リチャード・ベイスハート)と出会う。すぐにザンパノに連れ戻されるが、二人はイル・マットのいるサーカス団と合流することになった。そのことがとんでもない騒動へと発展していくことになる。

サーカスが舞台の映画『』の見どころ

数々の映画監督やその後に続く著名人に、多大な影響を与えたフェリーニの名作です。ストーリーはもちろんのこと、あまりにも切なく美しい音楽。フィギュアスケートの高橋大輔選手がこの曲で銅メダルをとって、一段と有名になりましたね。

ザンパノの徹底的な悪と、ジェルソミーナの底しれない優しさがあまりにも対照的です。一人の人間が同時に持っている二つの部分のように見えなくもない気がします。道化師好きで有名なフェリーニですが、ジェルソミーナも道化師の姿で旅をしていました。表の顔と陰に潜む顔を持っている道化師が妙にしっくり合っている映画です。

このサーカス映画はこんな人におすすめ

  • ハリウッド以外の海外映画も見る人
  • フェリーニの世界観が好きな人
  • 哀愁漂う雰囲気の映画が好きな人

このサーカス映画はこんな人には向かないかも

  • イタリア映画が苦手な人
  • 重い映画が苦手な人

基本情報

上映時間:104分
監督:フェデリコ・フェリーニ
出演者:アンソニー・クイン、ジュリエッタ・マシーナ、リチャード・ベイスハート
受賞歴:第29回アカデミー賞 外国映画賞
公開日:1954年9月22日(イタリア)、1957年5月25日(日本)

7. パンダコパンダ雨ふりサーカスの巻

「ジブリのかわいいサーカス!」

サーカスが舞台の映画
出典:映画『パンダコパンダ』公式サイト

あらすじ

ミミ子(杉山佳寿子)とパンダ親子の家に、一匹のトラの子供が迷い込んでくる。その小トラは、巡業中のサーカスから抜け出してきたようだった。それがきっかけでサーカスの動物たちとも親しくなるが、その晩降り出した大雨で町が洪水に襲われる。取り残された動物たちを救うために、ミミ子たちは家の中の物で船を作り救出に向かう。

サーカスが舞台の映画『パンダコパンダ雨ふりサーカスの巻』の見どころポイント

若き日の高畑勲&宮崎駿ゴールデンコンビが制作した『パンダコパンダ』シリーズの第二弾。1970年代の作品ですが、その後に登場する数々のアニメのキャラクターを彷彿とさせる雰囲気が漂っていて、見ていると嬉しくなってきます。パパンダの表情がトトロっぽいとか。子供たちにとっては、やっぱり動物はサーカスの魅力の一つなのでしょうか。

このサーカス映画はこんな人におすすめ

  • ジブリやパンダが好きな人
  • 子供といっしょに見たい人

このサーカス映画はこんな人には向かないかも

  • ジブリをよく知らない人
  • 子供向けアニメに興味のない人

基本情報

上映時間:38分
監督:高畑勲
出演:杉山佳寿子、熊倉一雄、丸山裕子
受賞歴:無
公開日:1973年3月17日

8. ショコラ君がいて僕がいる

「サーカスは彼らの舞台!」

サーカスが舞台の映画
出典:Amazon.co.jp

あらすじ

20世紀直前のフランス。落ち目の芸人フティット(ジェームス・ティエレ)がサーカス団に雇ってもらいにやって来た。そこで彼は黒人芸人で人喰い人種を演じているいるカナンガ(オマール・シー)に関心を向ける。

そしてカナンガは名をショコラと改め、二人はフランスで初めての黒人と白人の道化師コンビとして登場する。彼らは一世を風靡し、名門サーカスのスターに上り詰めるが、世間の目はそう甘くはなかった。ショコラに人種差別という敵が襲い掛かってくる。

サーカスが舞台の映画『ショコラ君がいて僕がいる』の見どころ

フランスに実在した芸人の伝記映画です。サーカスという舞台で笑いをとる道化師は、まさに芸人そのもの。お互い考えの違いや性格の違いやいろいろあって、揉めることもあるのでしょうが、それでもコンビというのは良いバディではないかと思います。

しかしこの二人の場合は前に立ちふさがるのが人種差別という壁。いったい誰が悪いのか、どうしたらいいのか、つくづく考えさせられてしまう映画です。ちなみにフティット役のジェームス・ティエレは、チャップリンの孫だそうです。

このサーカス映画はこんな人におすすめ

  • 笑って泣ける映画が好きな人
  • フランス映画の雰囲気が好きな人

このサーカス映画はこんな人には向かないかも

  • フランス映画が苦手な人
  • 感動系の映画が苦手な人

基本情報

上映時間:119分
監督:ロシュディ・ゼム
出演者:オマール・シー、ジェームス・ティエレ、マリー・グリマルディ
受賞歴:無
公開日:2016年2月3日(フランス)、2017年1月21日(日本)

9. 翔べイカロスの翼

「知る人ぞ知る幻のピエロ!」

サーカスが舞台の映画
出典:「さだまさし」オフィシャルサイト

あらすじ

カメラマンを目指して旅をしていた栗山徹(さだまさし)は、被写体としてサーカスを訪れる。しかしそれが彼の運命を変えることになった。サーカスとそこで生きる人たちの魅力にとりつかれた彼は、そのままサーカスの世界で生きるをことを決意。芸を覚え、舞台に立ち、“ピエロのクリちゃん”として人気者になり始めた。

サーカスが舞台の映画『翔べイカロスの翼』の見どころ

知る人ぞ知る幻の映画。さだまさし唯一の主演映画作品。劇場公開されましたが、独立系だったらしく大々的な宣伝も大ヒットという声も聞かれなかったものの、隠れた名作映画として、定期的に舞台化もされてきました。さだまさしの名曲「道化師のソネット」はこの映画のために作られたものです。

昭和の時代にピエロとして活躍した栗山徹という実在の人物の物語です。時代的に高度経済成長の真ッただ中、その流れに背を向けた一人の青年がサーカスの世界に生きがいを見出す姿は、生き方や働き方に選択肢があることが当たり前のようになった今の時代からすれば、もうそれは一つの歴史物語。社会に飲み込まれなかった生き様の中に、昭和という時代を感じることができるかもしれません。

このサーカス映画はこんな人におすすめ

  • ピエロが好きな人
  • 「道化師のソネット」と共に泣きたい人

このサーカス映画はこんな人には向かないかも

  • 邦画はほとんど見ない人
  • 感動系は苦手な人

基本情報

上映時間:112分
監督:森川時久
出演者:さだまさし、奈良岡朋子、ハナ肇
受賞歴:無
公開日:1980年1月26日

10. 地上最大のショウ

「これぞ地上最大のサーカス映画!」

サーカス 映画

出典:Amazon.co.jp

あらすじ

巨大サーカスの座長であるブラッド(チャールトン・ヘストン)は、空中ブランコ乗りのスターセバスチャン(コーネル・ワイルド)を仲間に迎える。
この一人の人物が加わることにより、サーカスの中の人間関係がとたんにややこしくなっていく。恋愛、競争心、嫉妬、様々な人物がそれぞれの問題を抱え、警察沙汰にまで発展する始末。サーカスは数々のトラブルを乗り越えられるか…。

サーカスが舞台の映画『地上最大のショウ』の見どころ

『グレイテスト・ショーマン』の主役であったP.T.バーナムが宣伝文句として使い始めた言葉が、この映画のタイトル。
巡業に専用列車を所有していたことでも知られる、アメリカの巨大サーカス団が舞台になっています。この映画の見どころはまさにそのスケールの大きさ。映画でないと見ることができない華やかさと規模の大きさは、50年以上たった今でも色あせることなく、まさに地上最大のショウ!です。

このサーカス映画はこんな人におすすめ

  • 見て楽しむ華やかな映画が好きな人
  • 昔のハリウッド映画が好きな人

この差₀カス映画はこんな人には向かないかも

  • 映画は雰囲気よりストーリー性重視という人
  • 昔のハリウッド映画はあまり見ない人

基本情報

上映時間:152分
監督:セシル・B・デミル
出演者:チャールトン・ヘストン、ベティ・ハットン、コーネル・ワイルド
受賞歴:
・第25回アカデミー賞 作品賞、原案賞
・第10回ゴールデングローブ賞 監督賞、撮影賞
公開日: 1952年1月10日(アメリカ)1953年4月25日(日本)

まとめ

サーカス映画を見ていくと、サーカスという独自の世界には、その時代ならではの様々な問題が取り込まれていたのだと感じます。

しかしそれを吹き飛ばすエネルギーを、確かに彼らは持っていたのでしょう。だからこそ、見ている観客はパワーをもらうことができ、こんなにも楽しくて、こんなにもサーカスが好きなのです。

イチオシ ! ミュージカル映画25選|最高の音楽体験をアナタに…