朝鮮戦争が元ネタ?『新感染 ファイナル・エクスプレス』のあらすじネタバレ

 

韓国では珍しいゾンビ映画で話題となった『新感染 ファイナル・エクスプレス』。ただ襲われるだけではなく、登場人物それぞれの人間模様がしっかりと描かれているため、とても見ごたえのある作品となっています。

ゾンビによるパンデミック、無事に人々は助かるのでしょうか?ネタバレを含めて解説していきますので、ご覧下さい。

興行収入が絶好調!『新感染 ファイナル・エクスプレス』について

韓国ではあまり見られないゾンビ映画ですが、2016年に公開後瞬く間に人気を博し、興行収入は日本円で換算すると約86億円!カンヌ国際映画祭のミッドナイト・スクリーニング部門では特別招待作品として扱われ、他にもファンタジア国際映画祭、シッチェス・カタロニア国際映画祭で賞を獲得するなど、素晴らしい成績をおさめました。

ただし韓国での公開当時は「自国であまりゾンビ映画はウケないだろう」と推測されていたとのこと。そのため作中で”ゾンビ”という言葉が一切出てこないのも、ウケが悪そうだと思ったから……といった理由があるからなんです(笑)“ゾンビ”という単語は使用NGとし、徹底していたようですよ。

監督のヨン・サンホは映画やアニメ監督で知られ、本作の前日譚を描く『ソウル・ステーション/パンデミック』も担当しています。ジャンルにとらわれず様々な作品を手掛けており、細やかなストーリー作りに定評があるのだとか。実は続編の『新感染半島 ファイナル・ステージ』も制作済みで、日本公開予定は2021年だそうですよ!

 

10秒で分かる『新感染 ファイナル・エクスプレス』の簡単なあらすじ

株式会社ツイン公式YouTubeチャンネル

仕事人間のソグは愛娘のスアンとの時間さえ取れない状態。彼女が別居している母親に会いたがったのを最初は先延ばしにしたのですが、そんな自分に罪悪感を覚え、二人でプサンへ行くことになりました。

プサン行きの列車は部活の遠征をする学生、老姉妹、サラリーマン、夫婦など様々な人で賑わっています。楽しい旅になるはずでしたが、列車には何者かに足を噛まれて負傷した女性が乗り込むことに……。更には発車後のホームでは、駅員がバケモノに襲われているではありませんか!

負傷した女性は駆けつけた乗務員を襲い、ゾンビへと豹変。列車内は瞬く間に地獄絵図と化していくのです……。

 

新感染 ファイナル・エクスプレスのネタバレあらすじ

恐ろしき旅の幕開け

新感染 ファイナル・エクスプレス 乗務員
新感染 ファイナル・エクスプレス公式サイト

ファンドマネージャーをしているソグ(コン・ユ)は仕事ばかりで、一緒に住んでいる娘のスアン(キム・スアン)まで手が回っていない。妻とは別居しており、自身の母親に娘を任せきりだった。スアンの誕生日がやってくると、ソグは彼女へプレゼントのゲーム機を渡す。しかしそれは子供の日にすでにあげた物と同じで、二人の間には気まずい空気が流れてしまう。

「欲しいものはある?」と尋ねると、スアンは「ママに会いたい」と一言。前々から妻より電話がきていて「スアンはプサンに来たがっている」という話は聞いていた。本来なら別日にする予定だったものの、授業参観にも行けていない。胸を痛めたソグは急遽、一緒にプサンへ行くことを決める。

翌朝プサン行きのKTXへと乗り込み、高速列車は走り出す。早々にソグは寝てしまい、スアンは一人で車内のトイレを探し始めた。だが車内の別車両では、発車間際に駆け込んだ女性の体に異変が起きていた。女性は何者かに足を噛まれており、引きずるような状態で乗車してきたが容体はさらに悪化。けいれんが始まってしまう。そしてソグや他の乗客らは気づいていないのだが、駅のホームにて、駅員が襲われていたのだ!

異変を起こした女性は息絶えてしまい、助けに来た女性乗務員は焦り始める。だが間もなくしてゾンビとなって息を吹き返し、彼女へ襲い掛かってしまった。慌てた乗務員は車両の中に入ると、乗客を含めた大パニックに!次から次へと襲われ、人々はゾンビ化していく。その場に居合わせたヨングク(チェ・ウシク)とジニ(アン・ソヒ)など一部は逃げ切れたものの、仲間たちは見事に感染。KTXはあっという間に阿鼻叫喚の地獄絵図となった。

 

感染は車内だけでなく……

新感染 ファイナル・エクスプレス KTX
新感染 ファイナル・エクスプレス公式Twitter

ソグはいなくなったスアンを探していたが、サンファ(マ・ドンソク)に助けられる。だがゾンビの大群は一気に押し寄せ、彼とソンギョン(チョン・ユミ)は絶体絶命のピンチに。サンファの格闘スキルでなんとか奴らを蹴散らし、生存者が非難する車両へ無事に辿りついた。感染すると知能が衰えるのか、目に入ってきた人間のみを襲うことが発覚。奴らの視界を塞いでしまえば、なんとかその場は逃れられるとのことだ。

列車を降りれば安全、そう思った矢先に車内アナウンスが。どうやら町全体が感染者に溢れてしまい。あちこちで暴動が起きているという。テレビやネットでも大きなニュースとなっており、「事態は沈静化に向かっている」そうだが、とてもそうは思えない状況だった。ソグもプサンにいる妻へ連絡を取ってみるが、いつまでも繋がらない。そのことが気がかりである。

次のテジョン駅で乗客を保護してくれるらしく、列車は走り続けた。ソグはこっそりと裏で手をまわし、自分と娘だけが助かるように軍隊の知り合いへ頼み込む。そしてテジョン駅へ着いた際に、乗客とは違う方向へと歩き始めた。そんな父親の行動を見て、スアンは納得がいかず「パパは自分勝手。だからママは家を出ていったのよ」と彼を一括する。

裏で手を回したけれど、軍隊の人間は現れない。見事に嫌な予感は的中してしまい、軍隊はまるごと感染、駅で一気に襲い掛かられるハメに。なんとか一同はゾンビを振り払って生き延びたものの、以前よりも感染者の数は圧倒的に増えていた。

 

ゾンビVS人間の真っ向勝負

新感染 ファイナル・エクスプレス 15号車
新感染 ファイナル・エクスプレス公式Facebook

無事である人々は一気にKTXへ乗り込み、運転手は再び列車を走らせた。乗り遅れたヨングク、サンファ、ソグだが、なんとかゾンビを振り払い乗車に成功。それぞれの大切な相手へ連絡を取るが、ソンギョンとスアンは13号車のトイレにてゾンビに襲われていた。そしてジニは多くの乗客と共に、15号車にいると言う。

大切な人の元へは、彼らがいる9号車から感染者を潜り抜けていく必要がある。覚悟を決めた男たちはゾンビを次々となぎ倒し、目的地へ向かった。トンネルに入ると奴らは視界が塞がれるため、うまく性質を利用しながら突破していく。やっと13号車のトイレにつくと、二人だけではなくホームレスの男性と老婆もいた。一気に15号車へ向かいたいところだが、13号車内にはさらに多くのゾンビがうごめいている……。

一方で15号車ではジニが「もうすぐヨングクたちが着くわ!」と喜びの声を上げた。しかしヨンソク(キム・ウィソン)は「奴らは感染しているんじゃないか」と疑心暗鬼に。他の乗客も彼の意見に賛成し、車両をまたいできた一同を15号にいれまいと扉をキツく施錠してしまった。

一同は最後の難関をクリアし、やってきたものの15号車の扉は開かない。ジニは口をふさがれて叫べず、他の乗客は皆ヨンソクの意見に右ならえをしていたからだ。そうこうしているうちに倒したはずのゾンビも物音に気付いてしまい、彼らを再び襲い始める。なんとかサンファが抑えるものの、数が多すぎて一人では限界。15号車の扉があかないまま、彼は感染者に噛まれてしまった――。

。最期にサンファンは娘の名前を告げ、ソグに妻を頼みながら全員の犠牲となることを決めた。そして共にきていた老婆もこの逃亡劇に疲れ果て、自ら餌食になることを選ぶ。結局一同は扉を壊して15号車に辿り着くものの、ヨンソクらは彼らを受け入れようとしない。彼らは車両の連結部へ追いやられてしまう。

元々15号車にいた人々は安息の時間を取り戻したが、先ほどの老婆の姉妹は、自分の身内が感染する瞬間を目の当たりにしていた。ヨンソクらの言動に疑問を抱いた彼女は自ら扉を開け、15号車の乗客たちはほぼ全員、命を落とすことに……。

 

列車から列車へ、最後の救い

新感染 ファイナル・エクスプレス オチ
新感染 ファイナル・エクスプレス公式Twitter

ソグは部下から思わぬ事実を聞かされる。自分たちの行った仕事によって、このウイルスが蔓延したのではないか?ということだ。予想外の事態に混乱、そして罪の意識を感じた彼は涙を流さずにいられなかった。そんな中、東テグ駅の手前で貨物列車が倒れていることに気づく。これ以上は進めないため、別の列車に乗り換えるとの車内アナウンスが。運転手はプサンへ行ける列車を探し出し、乗客を助けるべく奮闘する。

15号車で生き残ったヨンソクと駅員は外に飛び出そうとするも、15号車はゾンビでいっぱい。ヨンソクは彼を犠牲にし、一人へ外に出るが、列車の扉は開けっ放し……ゾンビが外へ漏れ出す原因を見事に作ってしまう。そしてジニとヨングクは感染してしまい、命を落とした。運転手は列車を走らせていたが、襲われるヨンソクを見かねて運転席から飛び出してしまう。呆気なく感染者に噛まれ、ヨンソクも重傷を負った。

ソグらも外に出たはいいが、暴走列車の事故が発生し大ピンチに陥る。ホームレスの男が最後の力で助けてくれたため、ソグ、ソンギョン、スアンは幸いにも助かり、ゾンビに追いかけられながらも走る列車へと乗り込んだ。

だが運転席には襲われたばかりのヨンソクの姿があり、ソグと揉み合いになる。ゾンビへと変化したヨンソクはしぶとかったものの、なんとか列車から振り落とすことに成功した。だがしかし、彼の手にはくっきりと歯型の跡が……。スアンはそれを見ながら大号泣。感染してしまったソグはソンギョンに列車の操縦を教え、愛する娘との別れを告げた。スアンが生まれたばかりの時を思い出しながら、走る列車より身を投げる。

プサンへは無事到着し、トンネルが封鎖されていたために二人は歩いてトンネルへ進む。途中軍隊が構えており「あいつらは感染していないか」「射殺しろ」という命令が下されるも、スアンの歌声が聞こえたため射殺は回避。生存者二人は無事に保護されるのだった。

 

 

新感染 ファイナル・エクスプレスの登場キャラクター

ソ・ソグ役:コン・ユ

新感染 ファイナル・エクスプレス コン・ユ
コン・ユ公式ファンクラブサイト

妻と別居後は母親と娘のスアンと暮らすソグ。しかしファンドマネージャーで仕事が忙しく、家庭を顧みる余裕がありません。「ママに会いたい」という娘の願いを叶えるべく、共にプサン行きの列車へと乗り込みます。自分のことばかり考えていてやや自己中心的な行動が目立ちますが、スアンの一言により目が覚めます。

ソグを演じるのは『コーヒープリンス一号店』で瞬く間に話題となったコン・ユ。主演作品も多く、高い演技力で評判の高い人気俳優さんです。184センチの長身に抜群のスタイル、スーツ姿に惚れ惚れしてしまった女性も多いのでは?数々の賞を受賞しており、今後の活躍も楽しみですね!

 

キム・スアン役:キム・スアン

新感染 ファイナル・エクスプレス スアン
新感染 ファイナル・エクスプレス公式サイト

ソグの娘のスアンは、別れてしまった母親を思っては寂しい気持ちを抱えています。もちろんパパのことは大好きなのですが、どうしても母親に会いたくなってしまいプサンへ行くことに。騒動の中お年寄りに席を譲るなど、非常に優しい一面も。自己中心的なソグに「パパは自分のことばかり!」と一喝する真っすぐな女の子で、彼もその言葉にハッとさせられます。

彼女を演じるのはキム・スアン。役者名と女優さんの名前が実は一緒なんです(笑)2006年生まれの子役で、笑顔が子供らしくて可愛いですよね!演技力も申し分なく、学業と両立しながら芸能活動を続けています。

 

ソンギョン役:チョン・ユミ

新感染 ファイナル・エクスプレス ソンギョン
チョン・ユミ公式Instagram

列車内で登場する妊婦のソンギョン。夫のサンファとはかなりラブラブなようで、二人でいると幸せそうな雰囲気でいっぱい。しかしパンデミックに巻き込まれてしまい、身重の体で感染者から逃げ回る状態に。更には目の前でサンファを亡くしてしまい、絶望的な状況に陥ってしまいます。

ソンギョンを演じるのは女優のチョン・ユミ。2003年から活動を続けており、思わず見とれてしまうほどの美貌ですよね。韓国国内では多くの賞にノーミネート・受賞しており、「共演したい女優」で高い評判を得ているそうです。

 

サンファ役:マ・ドンソク

新感染 ファイナル・エクスプレス マ・ドンソク
マ・ドンソク公式Twitter

ソンギョンを心から愛しており、どんな時でも気遣う姿勢を見せるサンファ。ガタイが良く、力もパワフル。ゾンビと真っ向から立ち向かい、腕っぷしの良い頼れる男性です。

序盤ではソグと一食触発でしたが、後に協力し合うことに。最終的には「ソンギョンを頼む」と列車内で命を落としてしまいました。皆を守るべく、犠牲となった悲しきキャラクターでもあります。

サンファを演じるのは韓国系アメリカ人のマ・ドンソク。映画やドラマに多数出演し、あちこちから引っ張りだこ!名脇役としても知られていますね。

 

ヨンソク役:キム・ウィソン

新感染 ファイナル・エクスプレス ヨンソク 
新感染 ファイナル・エクスプレス公式サイト

パニック映画には必ず「生存者をかき乱すキャラ」が登場するのですが、その役割に該当するのがヨンソクです(笑)ソグが自己中心的と書きましたが、更にその上の上を行く自分勝手さ!ゾンビと戦い抜いたメンバーを感染者扱いしたり、自分だけ助かろうとする最低なキャラクターと言えますね。ただ死ぬだけならまだしも、ソグを感染させてから死ぬという最悪っぷり……!ラストまで爪痕を残す、非常に印象的な人物です。

難しい役どころを演じるのは悪役が似合うキム・ウィソン。本作以外にも悪役が本当に多いんです!抜群の演技力で鑑賞者をイライラさせる姿に、もう拍手喝采モノ。今後はどんな悪役を演じてくれるのでしょうか?

 

ミン・ヨングク役:チェ・ウシク

新感染 ファイナル・エクスプレス チェ・ウシク
チェ・ウシクInstagram

野球部のヨングクは遠征のために、メンバーと共に列車へ乗り込みました。しかし早々に感染者が車両へ到達、仲間たちがやられていく中ジニとどうにか生き延びていきます。181センチの長身、野球少年自慢の体力を活かしてゾンビを撃退。しかしジニが感染してしまい……彼も最終的に、命を落としてしまうのでした。

ヨングクを演じるのは俳優のチェ・ウシク。『パラサイト 半地下の家族』で知った人も多いのではないでしょうか?制服がよく似合うため、若者の役がぴったりな印象です。カナダに住んでいた経験があることから、英語も堪能なんだとか。爽やかなルックスについ目を奪われてしまいますよね!

キム・ジニ役:アン・ソヒ

新感染 ファイナル・エクスプレス アン・ソヒ
アン・ソヒ公式サイト

ちょっぴり積極的な女の子、ジニ。ミンは彼女の勢いに最初は押されていますが、はつらつとした可愛らしさがこれまた魅力的なのです。感染者が現れてからはなかなかの行動力を見せますが、ヨンソクの意見により肩身の狭い思いをすることに……。いたたまれなくなった彼女や、隔離されるメンバーが見ていて辛くなってしまうシーンでもありますね。

ジニを演じるのは女優のアン・ソヒ。元々はアイドルをしていましたが、現在は女優に転身。まだまだ出演作は多くないのですが、今後が非常に楽しみです。

『新感染 ファイナル・エクスプレス』の元ネタは朝鮮戦争だった?

新感染 ファイナル・エクスプレス ポスター
新感染 ファイナル・エクスプレス公式Facebook

朝鮮戦争とは韓国と朝鮮の間で発生した戦争で、朝鮮半島の主権を巡る争いです。「終戦」はしておらず「休戦」が延々と続いている状態であり、両国には未だ緊張が走り続けるばかりです。現在も朝鮮半島は北緯38度線を境に分断されたまま。これが作品のヒントとなっているでしょう。

戦争時は北から南へ逃げる“逃走列車”なるものが存在していたようで、KTXはそれをイメージにしているのだそう。確かにゾンビに襲われて逃げるために走り続けているため、影響を受けていると言えます。

そして肝心の朝鮮半島は「隔離される人々」や「離れ離れになる人々」を重ねることができますね!愛する人が違う号車にいる、15号車での合流を拒否されるなどなど、朝鮮戦争を彷彿させるシーンが多数あります。

社会に訴えかける姿勢、そして隠された意味の深さには考えさせられるものがありますね。ただのホラー、ゾンビ映画ではないため、韓国の社会背景に注目して鑑賞するのも面白いでしょう!

 

新感染 ファイナル・エクスプレスのココが面白い!

新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ
新感染 ファイナル・エクスプレス公式サイト

面白ポイントその①人間ドラマが楽しめる丁寧な作り

「ただのゾンビ映画でしょう?」と侮ってはいけません!ジャンルはパニックホラーではありますが、ありがちなゾンビ映画とは一味違うのです。ただ感染者に襲われて逃げ回るだけの作品ではなく、ソグが改心する場面、愛する娘のために奮闘する姿など、一人の人間が変わっていく様を目にすることができます。

また主人公だけではなく、登場人物の細やかな部分にまでスポットを当てているのも◎老姉妹もチョイ役ではありますが、15号車ではターニングポイントとなる人物です。全体的な作りが丁寧であるため、観ていてストンと腑に落ちること間違いなしですよ!鑑賞後の「モヤモヤ」がないのもおすすめできるポイントです。

 

面白ポイントその②ありがちな要素もいれつつ……キャラクターが良い!

パニック映画には欠かせない

  • 仲間割れ
  • 問題児キャラ
  • 絶体絶命のピンチが何度もある

このありがちな設定・要素をうまく盛り込みながらストーリーが進んでいくのも特徴です。やっぱりパニックホラーにはある程度の“お約束”が欲しいですからね!特に問題児キャラのヨンソクはぜひ注目してもらいたいところ。「これでもか!」というくらいイライラさせてくるので、監督のウデを感じてしまいました……(笑)

面白ポイントその③動きが速い!ゾンビの概念を超える設定

ゾンビと言えば動きはゆっくり、走らない、などなど従来の概念がありますが、本作はそれを見事にひっくり返しています。ゾンビは走るし凶暴だし、超がつくほどパワフル(笑)全力疾走で追いかけてくるので恐怖が倍増します。

視界を塞がれると攻撃してこない、立ち往生するというオリジナルの設定を加えているのも、個性が出ている部分と言えるでしょう。感染者が大量発生し、登場人物を追いかけ回すシーンは圧巻です。ぜひご覧下さいね!

『新感染 ファイナル・エクスプレス』のまとめ

“新感覚のゾンビ映画”として注目を浴びた『新感染 ファイナル・エクスプレス』。ゾンビ映画好きはもちろんのこと、感動満載のヒューマンドラマとしても観られるため、ホラーが苦手な方にもおすすめしたい作品です。前日譚の『ソウルステーションパンデミック』も併せて観ると、面白さが倍増しますよ。

続編の公開も2021年1月を予定しているので、今からとっても楽しみですね。ぜひ今のうちに予習をしておき、新作に備えてみてはいかがでしょうか?

シリアスからコメディまで ! 韓国映画のおすすめ作品15選 映画『パラサイト』あらすじネタバレ&徹底解説!伏線/メタファーが表すものとは?