心ときめく可愛い映画おすすめ12選!おしゃれなファッションやインテリアを楽しもう

mogu

 

新しい服が欲しくなったり、わんちゃんの癒し動画を見たくなったり……。可愛いものは、特に女性にとって、疲れた時や落ち込んだ時の味方ですよね!可愛い映画も、一瞬でキラキラな世界へ連れて行ってくれて元気をくれる存在だと思います。時には素敵なメッセージがもらえることも。

そこでこの記事では、乙女心をくすぐるような可愛い映画を集めました。おしゃれなフランス映画や、メルヘンな北欧映画を中心に、幅広い年代の作品が登場します。

カラフルな世界や美しい映像、ガーリーなファッション&ヘアメイク、おしゃれな街並みとインテリア、そして心ときめく可愛い恋!ぜひ、好みの可愛い映画を見つけてエネルギーをチャージしてくださいね!

【2021年公開】最新の可愛い映画4本を紹介!

まずは、2021年に日本公開された最新の可愛い映画を紹介していきます。まだ映画館で見られる作品もあるかもしれません!お近くのシアターの上映作品をチェックしてみてくださいね。

映画 プラダを着た悪魔「センス良い!」ってホメられたい女子におすすめのオシャレな映画15選!

1.マーメイド・イン・パリ

「夢のような恋におちるー」

マーメイド・イン・パリ
出典:映画『マーメイド・イン・パリ』公式Twitter

出典:マーメイド・イン・パリ映画公式YouTube

あらすじ

記録的な大雨で浸水したパリ。老舗のバーでウクレレを歌うパフォーマーとして働くガスパール(ニコラ・デュヴォシェル)はある夜、傷を負って倒れている人魚を見つけて保護した。彼女の名前はルラ(マリリン・リマ)。男たちを美しい歌声で魅了しては命を奪って来たルラは、ガスパールの命も奪おうとする。

しかし、失恋によって恋の感情を失ったガスパールにはルラの歌声の力が効かなくて……。

ここが可愛い!見どころポイント

マーメイド・イン・パリ
出典:映画『マーメイド・イン・パリ』公式Twitter

細部までこだわり抜かれた衣装とセット、ポップで幻想的な映像、そして音楽やダンスが魅力的なフランス映画です。そして何と言っても、人魚姫のルラ(マリリン・リマ)が美しい。ルラが流す、ポロポロと溢れる真珠の涙まで可愛いのです!

ストーリーは、甘くてロマンチックだけどちょっぴりビターなおとぎ話。「恋を知らない人魚」と「恋を捨てた男」の恋の行方に心がときめきます。2021年2月に日本公開されましたが、すでにVODでの配信もスタートしていますよ。

こんな人にはおすすめ

  • ファンタジックでちょっとシニカルな映画が好きな方
  • 「これぞパリ!」な、おしゃれ&可愛い映画を見たい方

こんな人には向かないかも…

  • メルヘンな世界観が苦手な方
  • 『シェイプ・オブ・ウォーター』のような、人間と人間でないものの恋愛映画が苦手な方
\22万以上の作品が見放題/

2.5月の花嫁学校

「カラフル&キュートな人生賛歌!!」

五月の花嫁学校
出典:映画『5月の花嫁学校』公式Twitter

出典:アルバトロス・フィルムa公式YouTube

あらすじ

1967年。フランスのアルザス地方の小さな村にあるヴァン・デル・ベック家政学校に、18人の少女が入学した。校長は経営者の妻で、ピンクのスーツを着こなすポーレット(ジュリエット・ビノシュ)。2年間で立派な主婦に育て上げる授業は、少女たちにとって時代遅れだった。

彼女たちはそれぞれ夢を抱きながらも、仕方なく学校へ通っていたのだ。そんなある日、経営者であるポーレットの夫ロベール(フランソワ・ベルレアン)が急死して……。

ここが可愛い!見どころポイント

1968年にフランス・パリで起きた5月革命を背景に、パリから離れた小さな村を舞台として描くフランスのコメディ・ドラマ映画。カラフルな衣装に身を包んだ生徒たちの花嫁授業の様子も可愛らしいのですが、自由を求める女性たちの“革命”がパワフルに描かれているのが魅力です。美しい村の風景も見どころ。

アカデミー賞や世界三大映画祭の女優賞を制覇している名優ジュリエット・ビノシュ扮するポーレットを中心に、キャラクターたちもユニークで素敵。コメディタッチで見やすいフェミニズム映画です。

こんな人にはおすすめ

  • 女性の解放を描くパワフルなコメディを見たい方
  • ちょっと唐突な展開も笑って許せる方

こんな人には向かないかも…

  • フェミニズム映画が苦手な方
  • ドタバタコメディを見る気分ではない方
\30日間無料トライアル実施中!/

3.ビルド・ア・ガール

「わたしはわたし がむしゃらに輝け!」

ビルド・ア・ガール
出典:映画『ビルド・ア・ガール』公式Twitter


出典:株式会社フラッグ公式YouTube

あらすじ

1993年、イギリス郊外。想像力と文才に恵まれた16歳の女子高生ジョアンナ(ビーニー・フェルドスタイン)は、学校では冴えない女の子。そんな環境を変えたい彼女は、音楽マニアの兄の勧めで大手音楽情報誌「D&ME」のライターに応募し、大都会ロンドンで仕事を手に入れた。

そこでジョアンナは、心機一転髪を赤く染めて奇抜なファッションに身を包み、ロックの世界へ入り込んでいく。そうして音楽ライターとしての才能を発揮し、人気者になっていくけれど……。

ビルド・ア・ガール『ビルド・ア・ガール』原作者、キャリトン・モランにインタビュー

ここが可愛い!見どころポイント

キャトリン・モランの小説『How to Build a Girl』を原作とし、作者が脚本を手がけた、アメリカ&イギリス合作の青春コメディ。冴えない女の子が才能を開花させ、辛口音楽ライターの「ドリー・ワイルド」という新しい自分に変身する姿を描きます。

チェーリーレッドの髪、セクシーでロックなファッション、ロンドンの小さな部屋とUKロックの世界!輝く自分になろうと奮闘する主人公が可愛い映画です。主演は『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』や『レディ・バード』のビーニー・フェルドスタイン!

こんな人にはおすすめ

  • 新星ビーニー・フェルドスタインに注目している方
  • ロンドンのロック&ガーリーなファッションが好きな方

こんな人には向かないかも…

  • ふんわり甘い系の可愛い映画を求めている方
  • “冴えないティーン女子のサクセスストーリー”が苦手な方

4.TOVE/トーベ

「大切なのは、自分のしたいことがなにかを、わかってるってこと」

TOVE/トーベ
出典:映画『TOVE/トーベ』公式Twitter

出典:クロックワークス公式YouTube

あらすじ

第二次世界大戦下のフィンランド、ヘルシンキ。画家トーベ・ヤンソン(アルマ・ポウスティ)は、自分を慰めるようにムーミンの物語を描き始めた。やがて戦争が終わると、彼女はほとんど廃墟のようなアトリエを借りて絵画制作に打ち込むが、厳格な父との関係や美術界と自分の表現のズレに葛藤していた。

そんな生活の中、トーベの自由を求める思いとムーミンの物語は膨らんでいく。そして、舞台演出家のヴィヴィカ・バンドラー(クリスタ・コソネン)と出会って恋に落ちた時、ムーミンの物語とトーベの運命が大きく動き始める。

ここが可愛い!見どころポイント

TOVE/トーベ
出典:映画『TOVE/トーベ』公式Twitter

フィンランドの作家トーベ・ヤンソンの半生を描いた伝記映画。トーベは誰もが知るキャラクター、ムーミンの作家です。とはいえムーミンのほんわかした雰囲気とは違い、トーベの芸術家として女性としての葛藤を乗り越える姿にフォーカスを当てたドラマになっています。

北欧のファッションやインテリアがセンス良く登場するのが見どころです。アーティスティックな雰囲気も素敵!ワンシーンごと、丁寧に撮られているのがよくわかる作品です。

こんな人にはおすすめ

  • ムーミンファンの方
  • 可愛い北欧雑貨やインテリアが好きな方

こんな人には向かないかも…

  • エンタメ性の高い映画を見たい方
  • ムーミンの世界のような、ほんわか映画を見たい方

幸せな気分になれる!可愛いが弾ける映画

続いては過去の名作映画から。幸せな気分と前向きになれる力をくれる、エンパワメントな英語をご紹介します。

フランス 映画 ファッションフランス映画のパリジェンヌ達に学ぶファッション | 着こなしポイントも解説!

1.アメリ(2001年)

「幸せになる」

アメリ
出典:Amazon

あらすじ

神経質な両親の元、孤独に育ったアメリ(オドレイ・トトゥ)は、空想の中で遊ぶのが得意でコミュニケーションが苦手なまま22歳になった。カフェで働きながら空想にふける毎日の中、ひょんな出来事から、小さなイタズラで人を幸せにすることに喜びを感じるようになる。

やがて青年ニノ(マチュー・カソヴィッツ)に出会ってときめくけれど……。

ここが可愛い!見どころポイント

パリジェンヌの日常をおしゃれに切り取ったフランス映画です。アカデミー賞では美術賞をはじめとする5部門にノミネート。国際的なヒットにより、主人公アメリのおかっぱヘアや、インテリア、スイーツなどが流行し、真似する女性が続出しました。

不思議な女性を主人公としたストーリーも可愛らしく、幸せな気分になります。コメディタッチで楽しく見られるのも嬉しいポイント。「フランス映画は難しいから…」と手を出せないでいる方にもおすすめです!とはいえ、『天才スピヴェット』でも知られるジャン=ピエール・ジュネ監督らしく、ちょっと歪んだ世界観やブラック・ユーモアも含まれています。

こんな人にはおすすめ

  • 社会現象を巻き起こした可愛い映画を見たい方
  • レトロでおしゃれなフランス映画を見たい方

こんな人には向かないかも…

  • クセの強い映画が苦手な方
  • 皮肉たっぷりな独特の映画は好きじゃない方
\2週間無料トライアル実施中/

2.キューティー・ブロンド(2001年)

「キラキラなブロンド美女が、弁護士を目指す!?」

キューティー・ブロンド
出典:映画『キューティー・ブロンド』公式Facebook

あらすじ

ブランド・ファッションで身を固めた女子大生エル・ウッズ(リース・ウィザースプーン)は、上院議員を目指す彼氏ワーナー(マシュー・デイビス)に「ブロンド女は議員の妻にふさわしくない」と振られてしまう。そこで彼女は、彼と同じハーバード大学のロー・スクールに行くことを決意。周囲の協力のもと猛勉強をして、見事難関を突破して合格を果たす。

しかし、ロー・スクールに通い始めると、ワーナーにはすでに優等生の婚約者がいて……。

ここが可愛い!見どころポイント

アマンダ・ブラウンの同名小説を原作としたアメリカのロマンス・コメディ映画です。この作品の見どころは、何と言っても全身ブランド物&ピンクファッションでキラキラ主人公の“超ポジティブ”!見た目は派手だけど、嫌味な女の子ではなく、ファッションと美容が好きなだけなのです。振られてもバカにされても、とにかく前向き。落ち込んだらネイルサロンで愚痴を聞いてもらいながらネイルをして気分転換する彼女がもはや愛おしいです。

映画は大ヒットし、続編『キューティ・ブロンド/ハッピーMAX』も公開されています。見るだけでポジティブになり、美容のモチベーションも上がるはず!

キューティブロンド偏見なんかに負けるな!自信を与えてくれる『キューティー・ブロンド』の名言20選!

こんな人にはおすすめ

  • 最高のエンパワメント映画を見たい方
  • キラキラ女子のサクセスストーリーが好きな方

こんな人には向かないかも…

  • ド派手ピンクではなくパステル系の可愛い映画を見たい方
  • 出来過ぎ感のあるストーリーが苦手な方
\22万以上の作品が見放題/

3.タイピスト!(2013年)

「目指すはタイプ早打ち世界一!」

タイピスト!
出典:Amazon

出典:ギャガ公式YouTube

あらすじ

1958年、フランス北部。ローズ・パンフィル(デボラ・フランソワ)は、田舎から離れ、ルイ・エシャール(ロマン・デュリス)が経営する保険代理店の秘書の面接を受ける。

得意のタイプライター早打ちと花柄のワンピース姿で目を引いたローズは、採用が決定。しかし他に取り柄のないローズは、ルイに「仕事を続けたいならタイプライター早打ち大会に出ろ」と言われてしまう。そこで、ルイの家に下宿してタイピングの特訓を受けることになり……。

ここが可愛い!見どころポイント

1950年代フランスを舞台に、ファッションやインテリア、音楽など、当時のカルチャーをたっぷり取り入れて描かれたレトロ可愛いフランス映画です。洋服やパリの街並みなど、細部までキラキラと可愛さで溢れています。

「タイプライターの早打ちなんて興味ない…」と見ないのは勿体無い!“スポ根映画”とも称される、情熱とエネルギーを感じる映画です。コーチはセクシーな上司で、そんな彼に惹かれていく…というのもときめくポイント。また、アルフレッド・ヒッチコックをはじめ、ジャン=リュック・ゴダール、小津安二郎まで、50〜60年代の名作映画へのオマージュも満載なので、映画好きなあなたも楽しめること間違いありません。

こんな人にはおすすめ

  • 「明日からも頑張ろう!」と思えるような、背中を押してくれる映画を見たい方
  • 王道サクセスストーリーを描いたフランス映画を見たい方

こんな人には向かないかも…

  • ベタなラブコメを見る気分ではない方
  • 手に汗を握るスポ根映画は苦手な方
\22万以上の作品が見放題/

4.マリー・アントワネット(2006年)

「マリー・アントワネットを1人の女性として描いたドラマ映画」

マリー・アントワネット
出典:Amazon

あらすじ

1769年、14歳のオーストリアの皇女マリー・アントワネット(キルスティン・ダンスト)は、仏豪の関係強化のためにフランス王室に嫁ぐことになった。フランス製の洋服に身を包み、翌年にはルイ16世と式を挙げたマリーだったが、夫との生活はうまく行かず、周囲からはよそ者扱いされるなどストレスを抱えていく。やがて彼女は、パーティーやギャンブル、ショッピングなどの浪費にハマっていき……。

ここが可愛い!見どころポイント

ドレスやアクセサリー、スイーツまで、キュートでおしゃれで豪華な美術が見どころの映画です。ロックやポップスも加えた大胆なBGMも魅力。さらに、特別にヴェルサイユ宮殿を借りて撮影されているのも見逃せないポイントです。

アメリカ合衆国・フランス合作による本作は、『ヴァージン・スーサイズ』など、淡い色使いのガーリーな世界観を得意とするソフィア・コッポラが監督を手がけています。また、主演は初代「スパイダーマン」シリーズのヒロイン役で知られるキルスティン・ダンスト。マリー・アントワネットの伝記映画ではなく、あくまでも彼女を主人公とした青春映画です!

こんな人にはおすすめ

  • 豪華なフランスの雰囲気を画面いっぱいに味わいたい方
  • 史実関係なく、フランス王妃を主役とした青春映画を見たい方

こんな人には向かないかも…

  • マリー・アントワネットにまつわる歴史について学びたい方
  • ソフィア・コッポラ映画が苦手な方
\30日間無料トライアル実施中!/

思わずうっとり。雰囲気バッチリな可愛い映画

ここからは、美しい映像美や雰囲気にうっとりするような、芸術性の高い可愛い映画をご紹介します。

1.キャロル(2015年)

「あなたが私を変えた」

キャロル
出典:映画『キャロル』公式Facebook

あらすじ

1950年代のニューヨーク。ジャーナリストを夢見るテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートでアルバイトをしていた。ある日、おもちゃ売り場で娘へのプレゼントを探す女性キャロル(ケイト・ブランシェット)に出会う。美しく気品があり、ミステリアスな彼女に、一瞬で目を奪われた。

そんなキャロルが忘れた手袋をテレーズが届けたことで2人は知り合い、親密になって行く……。

ここが可愛い!見どころポイント

キャロル
出典:Amazon

1950年代のクリスマスシーズンのニューヨークを舞台としたロマンス映画。きらびやかなファッションとヘアメイクが見どころです。1952年刊行の、パトリシア・ハイスミスが自身の経験をもとに執筆した小説『The Price of Salt』を原作としていますが、当時は女性同士の恋愛が法律で禁止されていました。

そんな切ない背景を持つ愛の物語を、美しい映像で描いた傑作。寒い冬の空気に2人の熱い想いがじんわりと広がるような、温度のある映画です。また、美しい女優たちも見どころで、キャロル役のケイト・ブランシェットはアカデミー主演女優賞、テレーズ役のルーニー・マーラはアカデミー賞助演女優賞ノミネートに揃ってノミネートされました。

百合映画花のように繊細で時に醜く美しい百合映画特集!乙女たちの愛憎劇

こんな人にはおすすめ

  • きらびやかでエレガントな雰囲気に酔いしれたい方
  • 美しい女優の共演を見たい方

こんな人には向かないかも…

  • 切ないロマンスを見る気分ではない方
  • 大人な可愛さよりも、ガーリーな可愛い映画を見たい方
\22万以上の作品が見放題/

2.シェルブールの雨傘(1964年)

「歴史に残るミュージカル映画の傑作」

シェルブールの雨傘
出典:Amazon

あらすじ

フランス北西部の港町、シェルブール。20歳の自動車修理工の青年ギイ(ニーノ・カステルヌオーヴォ)と17歳の傘屋の娘ジュヌヴィエーヴ(カトリーヌ・ドヌーヴ)は結婚を誓い合った恋人同士。しかし、ギイに徴兵令状が届き、2年間アルジェリア戦争で兵役をつとめることになってしまう……。

ここが可愛い!見どころポイント

一度見たら忘れられないおしゃれなインテリアや洋服が見どころの、フランスのミュージカル映画。カラフルでセンスの良い色使いで、どこを切り取っても絵になります。大ヒットしたミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』に影響を与えた作品のひとつでもあります。

全てのセリフが歌という画期的なミュージカル映画でありながら、今でも愛される傑作です。歌唱は全て吹き替えであるにも関わらず、感情移入してしまう演技は見事。前編91分間なので、サクッと見られます。

内容は、思わず涙が溢れるような切ないラブストーリー。20世紀後半のフランス映画音楽界を代表するミシェル・ルグランが手がけた音楽に圧倒されます。

映画言の葉の庭忘れられない名シーン続出!「雨」が印象的な映画15選!

こんな人にはおすすめ

  • おしゃれで可愛い昔の名作映画を見てみたい方
  • 映画『ラ・ラ・ランド』が好きな方

こんな人には向かないかも…

  • ミュージカル映画が苦手な方
  • ストーリーまでポップで可愛い映画を見たい方
\22万以上の作品が見放題/

3.グランド・ブダペスト・ホテル(2014年)

「“伝説のコンシェルジュ”が究極のおもてなしとミステリーで皆様をお待ちしております。」

グランド・ブダペスト・ホテル
出典:Amazon

出典:サーチライト・ピクチャーズ公式YouTube

あらすじ

1932年のグランド・ブダペスト・ホテルには名高いコンシェルジュのグスタヴ・H(レイフ・ファインズ)がおり、誰もが憧れるホテルだった。当時このホテルでベルボーイをしていたゼロ・ムスタファ(トニー・レヴォロリ)もグスタヴを尊敬していた。

ある日、グスタヴの熱心な顧客の1人であるマダム・D(ティルダ・スウィントン)の訃報が飛び込んでくる。ゼロと共にマダムの邸宅に向かったグスタヴは、なんとマダムを殺害した容疑にかけられてしまい……。

ここが可愛い!見どころポイント

グランド・ブダペスト・ホテル
出典:Amazon

一風変わった唯一無二の世界観を作り上げるウェス・アンダーソン監督による、アメリカ&ドイツ合作のサスペンス・コメディ映画です。まるで絵本の中のような美しく可愛らしい世界観が魅力。左右対称にこだわった映像や、直線的な動きも特徴的でクセになります。

また、ゼロと恋に落ちる女性アガサ(シアーシャ・ローナン)が作る、パステルカラーのカップケーキもとっても素敵。可愛いもの好きな方なら、「この世界に入ってみたい!」と思うことでしょう。

ウェス・アンダーソン監督のおすすめ映画特集!『ムーンライズ・キングダム』他

こんな人にはおすすめ

  • ウェス・アンダーソンの世界観が好きな方
  • 奇想天外な世界観やストーリーの映画が好きな方

こんな人には向かないかも…

  • 社会風刺を込めたブラックなコメディ映画が好きじゃない方
  • グロ描写への耐性がゼロの方

4.オンネリとアンネリのおうち(2015年)

「北欧から届いた、ちょっぴりおませな女の子たちの、とってもキュートな独立宣言!」

オンネリとアンネリのおうち
出典:映画『オンネリとアンネリのおうち』公式Twitter

 

出典:アット エンタテインメント公式YouTube

あらすじ

仲良しのオンネリ(アーバ・メリカント)とアンネリ(リリャ・レフト)は、ある日バラ通りで「正直者にあげます」と書かれた手紙とお金の入った封筒を拾った。2人はそのお金で、バラの木夫人というおばあさんから水色のおうちを買って、素敵な2人暮らしを始める。2人の両親は忙しすぎて、彼女たちがいなくても気づかないのだ。しかしある時、お隣さんに泥棒が入って……。

ここが可愛い!見どころポイント

1960年代に発表され、フィンランドで愛され続けている児童文学「オンネリとアンネリ」シリーズの実写化作品。仲良しな2人の少女が素敵なおうちを買って2人暮らしを始めるという、ストーリーから可愛い作品です。

北欧のインテリアや食器、小物も可愛いし、2人のお揃いの洋服もとびきりキュート!続編『オンネリとアンネリのふゆ』と『オンネリとアンネリのひみつのさくせん』も公開されています。

こんな人にはおすすめ

  • 北欧の雑貨やインテリアが好きな方
  • 童話の世界にのんびり癒されたい方

こんな人には向かないかも…

  • ゆったりとした雰囲気の映画をみる気分ではない方
  • ほっこりするメルヘンな世界観には入り込めない方
\22万以上の作品が見放題/

まとめ

可愛い映画のおすすめ12本紹介しました。キュンとしてハッピーになるような、可愛い映画は見つかりましたか?

可愛さだけでなく、ストーリーや演技も素敵な作品ばかりです。気になった作品があれば、ぜひ視聴してみてください。また、素敵だった映画は、ぜひ友人や家族にもお勧めしてあげてくださいね!

レディ・バード ティモシー・シャラメ ティモシー・シャラメのおすすめ映画10選|演技力と美しいルックスで人気上昇中! 胸キュン映画 【洋画編】海外の胸キュン映画おすすめ25本 | 大人な恋愛に憧れるあなたに
この記事を書いた人
mogu
mogu

洋画がとにかく大好きな現役女子大生ライター!映画が好きすぎて、芸術学科の映像学部に入学しました。年間500本以上は鑑賞します! 特にミステリー、ヒューマン、アクションの3ジャンルが好きで、ベストムービーは『ダイ・ハード』『小説家を見つけたら』、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』あたり。映画について話し出すとキリがないので、これくらいで。