エリート俳優エディ・レッドメイン出演のおすすめ映画特集!『レ・ミゼラブル』他

爽やかなルックスと圧倒的な演技力で映画界に引っ張りだこの俳優、エディ・レッドメイン。彼が出演した『レ・ミゼラブル』(12)や『ファンタスティック・ビースト』シリーズは特に人気ですよね!

エディ・レッドメインは1982年1月6日イングランドのロンドンに生まれました。父親は銀行の頭取で2人の兄は起業家と銀行の重役、というエリート一家です。イギリス一の名門校であるイートン・カレッジを卒業した後にケンブリッジ大学に進学。幼少期から演技のレッスンを受けつつ、10代の頃はモデルとしても活躍しました。本格的な俳優デビューは2002年、シェイクスピアの喜劇『十二夜』で、2006年に公開された『ザ・デンジャラス・マインド』で映画デビューを果たしました。その後は『マリリン 7日間の恋』(07)や『レ・ミゼラブル』で注目を集め、『博士と彼女のセオリー』(14)ではゴールデングローブ賞や英国アカデミー賞を獲得し、スターの仲間入りを果たしました!

このページでは、クセがある役を完璧に演じ映画が公開するたびに注目度を挙げているエディが出演する映画を7本紹介します!公開日順に紹介するので、彼の成長とともに映画をみるのもいいかもしれません。

目次

1. グッド・シェパード

映画『グッド・シェパード』
出典:Amazon.co.jp

あらすじ

時は1961年、アメリカと国交を断絶した社会主義国・キューバのピッグス湾に軍隊を上陸させる作戦が失敗した。世に言う”ピッグス湾事件”だ。
このことが原因でCIAの諜報員でこの作戦を指揮していたエドワード・ウィルソン(マッド・デイモン)にも疑いの目が向く。この作戦が失敗に終わった原因が内部の情報漏洩だと感じた彼は、部下のレイ・ブロッコ(ジョン・タトゥーロ)に調査を命じるのだが…

魅力満載!エディと『グッド・シェパード』の制作トリビア

・CIAの映画を作るにあたって、引退した元CIAエージェントを雇って映画を作った
・エディはアンジェリーナ・ジョリーの息子役を射止めた要因を「自分の口元が彼女と似ていたから」と語っていた
・大学のコーラスを歌うシーンは美声を披露!

見逃せない!『グッド・シェパード』のおすすめポイント

題名であるグッドシェパードは、新約聖書にある「”いい羊飼い”は羊のために自分の命も犠牲にする」から引用したもの。もうこれを聞いただけで、今作品の重厚さが伝わってきます。さらにキャストがとても豪華です!

エディが演じるのは、主役のエドワードとその妻の間にできた息子で物語の鍵を握っているエドワード・ウィルソン・ジュニアやがて父と同じくCIAに入ることになります。キチッとした身なりで貴公子っぽさを醸し出しているエディはとってもかっこいい!歌うシーンにも注目です。また、名優マッド・デイモンやアンジェリーナ・ジョリーとの共演も見ものですよ!

基本情報

上映時間:167分
監督:ロバート・デ・ニーロ
出演者:マット・デイモン/エディ・レッドメイン/アンジェリーナ・ジョリー/ロバート・デ・ニーロ/ビリー・クラダップ/ウィリアム・ハート/ジョー・ペシ/ジョン・タトゥーロ/マイケル・ガンボン/アレック・ボールドウィン
受賞歴:第57回ベルリン国際映画祭 銀熊賞 (芸術貢献賞)
公開日:2007年10月20日

2. イエロー・ハンカチーフ

映画『イエロー・ハンカチーフ』
出典:映画『The Yellow Handkerchief』公式サイト

あらすじ

殺人罪で服役し、刑期を終えたブレッド・ハンセン(ウィリアム・ハート)は1人寂しく刑務所を後にし、パブへと立ち寄る。そこで風変わりな青年ゴーディ(エディ・レッドメイン)と15歳の少女マーティーン(クリステン・スチュワート)と出会いゴーディの車に乗って3人で旅をすることに

ブレッドにはニューオーリンズに残した妻メイ(マリア・ベロ)がいた。ブレッドは3人で泊まった安コテージで、メイに「もし自分と会ってくれるなら昔2人で船にはった黄色い帆をいっぱいに貼ってて欲しい」と言う手紙を出す。3人でニューオーリンズに向かうことになったが、些細なことがきっかけでブレッドが警察に連行されてしまう…

魅力満載!エディと『イエロー・ハンカチーフ』の制作トリビア

・本作は山田洋次監督の名作『幸福の黄色いハンカチ』の米版リメイク
・エディが脚本を読んだ時、マーティーンのキャラクター自体がとても複雑だったため、誰が役を務めるのかずっと気になっていた!
・撮影地ニューオリンズでエディは実際にアパートを借りて一人暮らしをしていたそう

見逃せない!『イエロー・ハンカチーフ』のおすすめポイント

日本人にとって思い出深い名作をアメリカ風にリメイクした本作。オリジナル版に出演していた桃井かおりに監督が出演オファーし、モーテルの店主として出演しています。
エディが演じるのはちょいワルな青年。どんな役にも溶け込める彼の良さが存分に発揮されていますまだ青年っぽさが残る彼の笑顔にとにかく胸キュン!不安定で変人だけど、繊細な役を演じるのが本当に上手です。

基本情報

上映時間:96分
監督:ウダヤン・プラサッド
出演者:ウィリアム・ハート/マリア・ベロ/エディ・レッドメイン/クリステン・スチュワート
受賞歴:なし
公開日:2010年6月26日
スポンサーリンク

3. ブラック・レコード〜禁じられた記録〜

映画『ブラック・レコード〜禁じられた記録〜』
出典:『ブラック・レコード〜禁じられた記録〜』BBC FILMS公式サイト

あらすじ

名門キース家に養女として引き取られ、議員の義父や義理の弟たちとの関係を始め女優業も良好なアン・キース(ロモーラ・ガライ)。幸せな暮らしを送っていたアンだったが第二次世界大戦が開戦しようとしていた1939年の夏郊外にある屋敷からあるレコードを見つけたことでその後の人生が転換することに

その後、キース家と家族ぐるみの付き合いだった若手議員のヘクター(デイビッド・テナント)が突然、謎の死を遂げる。レコードの内容と彼の死が関与していることに気づいたアンは、外務省で働いている恋人のローレンス(チャーリー・コックス)に相談するのだが…

魅力満載!エディと『ブラック・コード〜禁じられた記録〜』の制作トリビア

・アンの恋人ローレンス役を演じたチャーリー・コックスとエディは大親友
・本作でもバツグンの歌唱を披露している!

見逃せない!『ブラック・コード〜禁じられた記録〜』のおすすめポイント

舞台が戦争時代ということもあり歴史的な要素が多く登場する今作で、エディが演じたのは主人公アンの弟で外務省に勤務しているラルフ。名家の息子なので彼の貴公子っぷりが最高です!やっぱりアメリカ映画よりもイギリスが舞台の映画の方が、彼の良さが引き立っています!特に兄妹たちと郊外を走りまわるシーンはイギリスの風景とマッチしていてため息が出るほど綺麗なので、見逃さないでください!

基本情報

上映時間:129分
監督:スティーブン・ポリアコフ
出演者:ロモーラ・ガライ/ビル・ナイ/ジュリー・クリスティ/エディ・レッドメイン/他
受賞歴:なし
公開日:2009年11月20日(日本未公開)
※Amazonプライムでは『ヒトラーコード39』の題名で視聴可能

4. マリリン 7日間の恋

映画『マリリン 7日間の恋』
出典:映画『マリリン 7日間の恋』BBC Films 公式Twitter

あらすじ

イギリスの上流階級出身だが両親からはあまり期待されていなかったコリン・クラーク(エディ・レッドメイン)は長い間憧れていた映画の世界へ飛び込むことを決意する

両親のコネもあり、なんとかローレンス・オリヴィエ(ケネス・ブラナー)の映画会社で雑用係の仕事を手に入れたコリンはある日、オリヴィエが監督兼主演を勤めることになった映画『王子と踊り子』の第三監督として関わることに。その映画には彼の憧れであるマリリン・モンロー(ミシェル・ウィリアムズ)も出演することで、コリンは期待で胸を膨らませるのだった。
だが、いざ撮影が始まろうとした時、コリンが目にしたのは疲れ切った素顔のマリリンで…

魅力満載!エディと『マリリン 7日間の恋人』の制作トリビア

イートン校を卒業したという原作者コリンはエディの実際の学歴と同じ!
・今作は『王子と踊り子』の制作舞台裏を書いた2冊のドキュメンタリー本『My Week wih Marilyn』と『The Prince, the nowgirl and Me』を基にして制作された
マリリン役を演じたオスカー女優ミシェル・ウィリアムズに「本当に素晴らしい俳優」と絶賛される
・撮影現場にコリンの妻と息子が訪れ、エディに「スターを演じるわけじゃなかったから大変だったでしょ」と言われた
・イートン・カレッジやウィンザー城の撮影シーンは本当に現地で行われた!

見逃せない!『マリリン 7日間の恋』のおすすめポイント

マリリンとわずか1週間だけ恋に落ちる青年を演じたエディは、キラキラしていて純粋な彼の本来の姿に近い気がしますまるで子犬のようにはにかむ姿に惚れ惚れしてしまいます!
富豪の元に生まれたにも関わらず、映画界に身一つで飛び込んだ彼が、あのマリリン・モンローの独特な魅力に翻弄されていく様子を繊細に演じています。恋多き女優のマリリンにとって、コリンとの恋愛はただの暇つぶしと言ってもいいくらいなもの。それをわかっていながらも、彼女への思いを止められないというある意味若気の至りな様子が彼の表情からひしひしと伝わってきます。

胸キュンシーンが多い本作ですが、特におすすめなのはコリンとマリリンがお忍びでデートする場面人目を忍んで伝統あるウィンザー城やイートン・カレッジを巡るのがとってもキュートです。エディは実際にイートン・カレッジを卒業しているので、懐かしさもあったのではないでしょうか。
また、コリンの目線から物語が進んでいくので、マリリンの本当の気持ちが謎に包まれたまま終わるというのもロマンティックです。

基本情報

上映時間:99分
監督:サイモン・カーティス
出演者:ミシェル・ウィリアムズ/ケネス・ブラナー/エディ・レッドメイン/ドミニク・クーパー/エマ・ワトソン/ジュリア・オーモンド/ゾーイ・ワナメイカー/ダグレイ・スコット/ジュディ・デンチ/トビー・ジョーンズ/デレク・ジャコビ
受賞歴:
・第69回ゴールデングローブ賞 最優秀主演女優賞(ミシェル・ウィリアムズ)他
・ボストン映画批評家協会賞:主演女優賞
・シカゴ映画批評家協会賞:主演女優賞
・オクラホマ映画批評家協会賞:主演女優賞
・ワシントンD.C.映画批評家協会賞:主演女優賞
・インディペンデント・スピリット賞:主演女優賞
公開日:2012年3月24日

5. レ・ミゼラブル

映画『レ・ミゼラブル』
出典:Amazon.co.jp

出典:映画『レ・ミゼラブル』予告編

あらすじ

舞台は19世紀のパリ。当時は貧困格差が激しく、民衆が自由を手にするために革命を起こそうとしている時代だった。
ジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)はひとかけのパンを盗んだ罪で19年間も投獄されていた。バルジャンは仮釈放されるが、行くあてもない。そんな中、司教(コルム・ウィルキンソン)が教会へと受け入れ、食事や寝床を提供してくれた。しかしその夜、バルジャンは教会の銀器を盗んで逃走し、警察に捕まってしまう。そんなバルジャンに司教は、「その銀食器は自分があげたものだ」と言ってかくまう。司教の心の優しさに触れたバルジャンは”マドレーヌ”という名前に変えて仮釈放書を破り捨て、心を入れ替えて生きることを決意する。

その後バルジャンは人情的な市長として支持されていたが彼が服役していた時に面識のあったジャベール警部(ラッセル・クロウ)が署長就任の挨拶にやってくる。脱獄犯のバルジャンを追っていたジャベール警部は、あることがきっかけでマドレーヌがバルジャンなのではないかと疑い始める…

魅力満載!エディと『レ・ミゼラブル』のの制作トリビア

・映画の序盤にバルジャンが仮釈放書を破るシーンに感動して泣いてしまった
・エディが子供時代に初めて本作の舞台版を見て、ガブロッシュ(ホームレスの子供)に憧れるようになった
・家族でドライブする時サントラを聞くほどのファンで、エディの兄がバルジャンのパートを、エディがジャベール警部のパートを歌っていたほど家族がレミゼのファン
・オーディションの結果を待っているときは兄から毎日「受かったか!?」とメールが来ていた
・撮影スタッフがアン・ハサウェイやヒュー・ジャックマンの歌声をいつも絶賛していたことで、エディはいつも自分の歌唱シーンでプレッシャーを感じていた!

見逃せない!『レ・ミゼラブル』のおすすめポイント

政府に立ち向かう革命活動に熱心に取り組む学生活動家役を演じたエディ。なんと、マリウスもイートン校に通っているという設定なんです!意外な共通点ですね。彼の高貴なルックスとオーラが意外な共通点を生み出したのでしょうか。

本作は口パクで撮影するのではなく生で歌うという、ミュージカル映画としては珍しい撮影方法をしています。そのエディの一番の見所は、一目惚れをしたコゼット(アマンダ・サイフリッド)とのデュエット。”心は愛に溢れて(a heart of full)”という曲で、2人の声調がぴったりマッチしているのがとっても素敵なんです!2人の心が通じ合う場面でもあるので、キュンキュンすること間違いなし!

出典:映画『レ・ミゼラブル』”♪心は愛に溢れて (A Heart Full of Love)”&予告編

基本情報

上映時間:158分
監督:トム・フーバー
出演者:ヒュー・ジャックマン/ラッセル・クロウ/アン・ハサウェイ/アマンダ・サイフリッド/エディ・レッドメイン/他
受賞歴:
・ゴールデングローブ賞 作品賞(ティム・ビーヴァン/エリック・フェルナー/デブラ・ヘイワード/キャメロン・マッキントッシュ)主演男優賞(ヒュー・ジャックマン)助演女優賞(アン・ハサウェイ)
・アカデミー賞 助演女優賞(アン・ハサウェイ)メイクアップ&ヘアスタイリング賞 録音賞
・日本アカデミー賞 最優秀外国作品賞
公開日:2012年12月21日

6. 博士と彼女のセオリー

映画『博士と彼女のセオリー』

出典:映画『博士と彼女のセオリー』公式Facebook

出典:映画『博士と彼女のセオリー』 日本版本予告

あらすじ

時は1960年代。イギリスのケンブリッジ大学でスティーヴン・ホーキング(エディ・レッドメイン)は物理学を専攻し宇宙を研究していた。そんなスティーヴンの夢は、”たった一つの方程式で宇宙を説明すること”である。

ある日、スティーヴンは友人に招かれたパーティーでジェーン(フェリシティ・ジョーンズ)と出会い、2人は恋に落ちる。

だが、夢に向かって研究に没頭していたスティーヴンは突然キャンパス内で転倒し、意識を失ってしまう。精密検査の結果全身の筋肉が衰えやがて死に至流という難病のALSを患っていることが判明。余命はわずか2年と宣告され、絶望に陥っていたスティーヴンだったが…

魅力満載!エディと『博士と彼女のセオリー』の制作トリビア

・ホーキング博士は実在する人物で、エディはホーキング博士の生活を研究するのに半年以上費やした
・エディは実際にALSの患者と積極的に関わりを持とうと、話を聞いたり研究したりした
・エディが初めてホーキング博士に会った時、「博士は動くことができないが、彼の目には活力があった」と述べている
・実際のホーキング博士の音声を映画にも使用した
・ホーキング博士は今作を鑑賞した後に「まるで自分自身を見ているようだ」と感動し、思わず涙した

見逃せない!『博士と彼女のセオリー』のおすすめポイント

数々の賞を受賞し話題になった本作は、とにかく魂が込もった演技に圧倒されます。彼の徹底的な役作りと研究がこのような結果を生んだのでしょう。ALSへの苦悩や葛藤、着実に体を蝕んでいく苦しさなど、言葉にできない感情表現が素晴らしいです。まさに”魂の演技”。
ホーキング博士に対してどれだけリスペクトしているのかが伝わってきます。

また、この映画は音楽と映像の美しさが半端ないです!テーマが重厚でも、幻想的な映像美が絶妙にバランスを取っているので素晴らしい。それと同時に、ヨハン・ヨハンソンが担当する音楽も素晴らしく、観終わった後に挿入歌を聴くと映像が蘇つほど音楽と映像の相性が抜群なんです。エディの爽やかで高貴な雰囲気と、ピアノがまた素敵なので、注目してください!

基本情報

上映時間:124分
監督:ジェームズ・マーシュ
出演者:エディ・レッドメイン/フェリシティ・ジョーンズ/エミリー・ワトソン/マキシン・ピーク/チャーリー・コックス/サイモン・マクバーニー
受賞歴:
・2014年ハリウッド映画賞 ブレイクアウト男優賞(エディ・レッドメイン)他
・2014年トロント国際映画祭 ブレイクスルー賞
・2014年ミルバレー映画祭 金賞
・2014年ニューヨーク映画批評家 オンライン賞
・2015年パームスプリングス国際映画祭 Desert Palm Achievement Award
・2015年ゴールデングローブ賞 主演男優賞(エディ・レッドメイン)/作曲賞(ヨハン・ヨハンソン)
・2015年アカデミー賞 主演男優賞(エディ・レッドメイン)
公開日:2015年3月13日

7. ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』

出典:映画『ファンタスティック・ビースト』公式Facebook

あらすじ

1926年、イギリス出身の魔法使いで生物学者のニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)は、保護したサンダーバードを生息地に返すためにアリゾナ州へ向かう途中の経由地・ニューヨークに到着した。しかし、ニュートがある女性のスピーチに気を取られている間に彼のトランクから魔法動物二フラーが逃げ出してしまう。追いかけている間にノー・マジ(非魔法使い/マグル)であるジェイコブ・コワルスキー(ダン・フォグラー)のトランクと入れ替わってしまう。

そんな中、ある事件での失敗で闇払いから降格されたティナ(キャサリン・ウォーターストン)によって、魔法動物を持ち込んだ罪で連行されてしまう。ニュートはアメリカ合衆国魔法議会に連れていかれるが、ジェイコブのトランクを持っていたことから釈放されることに。

だが、一方のニュートが持ち込んだ魔法動物たちは、暴れまわった末に逃亡してしまう…

魅力満載!エディと『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の制作トリビア

・ジェイコブ役を演じたダンはアドリブを入れることが多く、本作の最後、「どうして僕を仲間に入れたんだ?」というセリフもアドリブ。ニュートのアドリブの答えを聞いた時には”いろんなことに気づいた”と分かるシーンになったんだとか
・ニュートの”魔法のトランク”内にある小屋には日本語のラベルが貼られた薬が出てくる!

見逃せない!『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』のおすすめポイント

ハリポタファン待望の本作でエディが演じるニュートは、ミステリアスで風変わりだけど、思いやりがある優しい魔法使い。どこにも属さないような”アウトサイダー”感がハリー・ポッターと共通しているように感じます。ちょっぴり頼りないけど、動物と仲間のためならやるときはやる!というニュートに惚れ惚れしてしまいます。常に自信なさげな表情でもカッコいい!

しかし、時代やキャラクター、場所も違うので、ハリー・ポッターを見たことがない方でも楽しめます!”ハリポタよりもファンタビ派!”という人も多いんだとか。個性が強すぎる独特な魔法動物たちがたくさん登場するのもお楽しみポイントです。

基本情報

上映時間:133分
監督:デヴィッド・イェーツ
出演者:エディ・レッドメイン/キャサリン・ウォーターストン/ダン・フォグラー/アリソン・スドル/エズラ・ミラー/サマンサ・モートン/ジョン・ヴォイト/カルメン・イジョゴ/ロン・パールマン/コリン・ファレル/ジョニー・デップ/ジュード・ロウ
受賞歴:
・2017年英国アカデミー賞 プロダクションデザイン賞(スチュアート・クレイグ/アンナ・ピノック)
・2017年エンパイア賞 男優賞(エディ・レッドメイン)
公開日:2016年11月23日

まとめ

爽やかな正統派イケメンでもありながらミステリアスなクセ役を高い演技力で演じるエディ・レッドメイン公開日順に紹介したので、彼の成長とともに映画を観るのもいいかもしれません。今後も彼の活躍に期待しましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Top