マーベルにアイツが帰ってきた!『スパイダーマン:ホームカミング』ネタバレ

 

マーベルコミックで最も人気の作品の一つである「スパイダーマン」。今まで何度か映画化されてきた本作ですが、遂に本家であるマーベルスタジオが初めて製作するスパイダーマンが公開されました!過去の実写化シリーズとは異なり、マーベル特有の親しみやすさ載なスパイダーマンはアメコミファンでなくとも必見です!

本記事では、そんな『スパイダーマン:ホームカミング』ネタバレありで徹底解説します!

※この記事では『アベンジャーズ:エンドゲーム』のネタバレも含みます。未鑑賞の方はご注意ください。

『スパイダーマン:ホームカミング』について

スパイダーマン ホームカミング
出典:スパイダーマン公式Facebook

ついにマーベルに帰ってきた「親愛なる隣人」スパイダーマン!SONYとの権利関係から、しばらく映画化が滞っていたスパイダーマンシリーズですが、満を辞して彼がマーベルに、そしてスクリーンに帰ってきました!

「ホームカミング」とは、「おかえり!」という意味であり、秋学期の開始とともに開催される「ホームカミングパーティ」というアメリカの学校行事でもあります。本作は、そのホームカミングパーティで盛り上がる高校生活を背景に、マーベルに帰ってきたスパイダーマンを描くという意味での「ホームカミング」なのです!

監督は、『クラウン』『コップ・カー』を手掛けたジョン・ワッツ。楽しい子供時代に忍び寄る恐ろしい大人を巧みに描いた彼は、高校生ピーターがヴィランであるヴァルチャーと対峙する本作にはピッタリです!

10秒でわかる『スパイダーマン:ホームカミング』の簡単なあらすじ

映画『スパイダーマン:ホームカミング』‬予告編

高校生ピーターの正体はスパイダーマンだ。「親愛なる隣人」として、地域の小犯罪に対処したり、市民の手助けをする日々に飽き飽きしていた彼は、ある日、謎の強盗団と遭遇する。彼らが使う奇妙な武器に苦戦したピーターは、その謎を追う途中でヴァルチャーというウイングスーツをつけた男と戦う。謎の武器商人たちを止めるために、ピーターはスパイダーマンとして立ち上がる。

『スパイダーマン:ホームカミング』のネタバレあらすじ

【あらすじ①】『アベンジャーズ』のその後

スパイダーマン ホームカミング
出典:スパイダーマン公式Facebook

2012年、アベンジャーズとチタウリの軍団との激戦の後、戦場となったNYの街は壊滅状態だ。清掃会社の社長エイドリアン・トゥームス(マイケル・キートン)は部下を率いて、市より依頼された残骸処理の仕事を進めていた。

ある日、彼らの前にダメージコントロール局を名乗る一団が現れ、今すぐ仕事を引き上げて欲しいと主張する。ダメージコントロール局とは、今回の事態の対策として、トニー・スターク(ロバート・ダウニーJr.)が政府と共に設立した機関だった。

大口の仕事を失い、部下も養えない状況に陥ったエイドリアン。そんな彼が目をつけたのは、残骸に紛れたチタウリのテクノロジーだった。チタウリの武器から盗み出したコアを使ってハイテク兵器を製造し、金儲けに利用するという計画だ。かくして、彼らの裏家業が始まった。

時は経ち、2016年、高校生のピーター・パーカー(トム・ホランド)はトニーと車に乗っていた。ピーターは、トニーの依頼でキャプテン・アメリカの陣営と戦うために、ベルリンに「研修」に行っていたのだった。その帰り、アベンジャーズのインターンとして張り切るピーターに、トニーは「いつか連絡する」と言い、メイおばさん(マリサ・トメイ)の待つクイーンズの自宅まで送り届ける。

【あらすじ②】謎の銀行強盗

スパイダーマン ホームカミング
出典:スパイダーマン公式Facebook

それから2ヶ月、トニーからの連絡は一向に無いが、ピーターは自主的に地域のパトロールを行い、ハッピー(ジョン・ファブロー)に毎日報告メールを送っていた。

近所の些細な事件をこなす日々に飽き飽きしていたが、ある日、彼はアベンジャーズのお面を被ったATM強盗の一味に遭遇する。初めての大事件に張り切るピーターだったが、その一団は奇妙な武器を使う者たちだった。彼らと揉み合う中で武器が暴発、向かいにあった行きつけの店に直撃してしまう。

幸い大事には至らなかったが、何か引っかかるものを胸に抱きつつメイおばさんにバレないようにこっそり帰宅したピーター。しかし、自室には既にネッド(ジェイコブ・バタロン)がいた。突然の出来事に慌てふためく2人。ピーターは、スパイダーマンの正体が自分であることをネッドに知られてしまう。

ピーターの学校では、ホームカミングパーティの準備で盛り上がっていた。そんなある日、ピーターが片思いをする上級生リズ(ローラ・ハリアー)が、スパイダーマンが気になっていることを小耳に挟む。

スパイダーマンの正体がピーターであることを知るネッドは、思わずピーターがスパイダーマンと友達であると大勢の前で言いふらしてしまう。いじめっ子のフラッシュ(トニー・レヴォロリ)の挑発もあり、ピーターは、リズのホームパーティスパイダーマンを連れて行くと約束してしまう。

【あらすじ③】ヴァルチャー登場

スパイダーマン ホームカミング
出典:スパイダーマン公式Facebook

パーティ当日、ピーターは服の下にスーツを着てリズの家に着く。パーティが盛り上がる中、ピーターがスパイダーマンの衣装に着替えていると、丘の向こうに謎の光を見る。それは、以前 ATM強盗が使っていた謎の武器が放つ光と似ていた。

不穏な空気を察したピーターは、パーティを抜け出し、光が放たれた場所へ駆けつける。そこには、謎の武器を取引する集団がいた。スパイダーマンに気づいた武器商人たちは慌てて逃げ出す。それを追うピーターだったが、あと一歩のところで翼をつけた謎の人物(ヴァルチャー)に阻まれ、池に落ちてしまう。

池から引き揚げてくれたのはアイアンマンだった。武器商人も捕まえられないままトニーにも叱られ、パーティの笑い者になったピーターは暗い気持ちのまま家路に着く。その途中、武器商人たちが落としていった紫に光る発光体を拾う。

翌日、ネッドに謎の発光体を見せるピーター。2人で調べた結果、それは宇宙から来た物質であると判明する。その物質を探すために学校に侵入してきた武器商人に発信器をつけるピーター。追跡した結果、ワシントンD.C.にアジトがあることを突き止める。

ワシントンD.C.と言えば、ピーターが所属するクイズ研究会が参加するクイズ大会が開催される場所だ。ネッドとピーターは、大会に参加するついでにアジトを探すことに。

【あらすじ④】武器商人たちとの戦い

スパイダーマン ホームカミング
出典:スパイダーマン公式Facebook

大会前日の夜、追跡装置により再び武器商人を発見したピーター。そこにはヴァルチャーの姿もあった。今度こそ捕まえようと敵と揉み合ううちに、トラックに閉じ込められてしまう。

気がつくとピーターはダメージコントロールの倉庫にいた。厳重な倉庫の扉は厚く、簡単に抜けられそうにもない。スーツに搭載された人工知能と会話する中で、ネッドの持つ宇宙物質がX線を浴びると爆破することを知る。

なんとか倉庫を出たピーターは、急いでネッドの元に駆けつける。しかしネッドは荷物検査の際に宇宙物質の入ったリュックをX線に通してしまっていた。爆発が始まり、崩壊するワシントン記念塔。なんとか全員を救出したピーター。
しかし、危険な物質を扱う武器商人たちに危機感を募らせる。

武器商人たちを捕まえるために、かつて彼らと取引していた男(ドナルド・クローヴァー)を尋問し、フェリーで取引があることを聞き出す。取引現場を一網打尽にしようとしたところ、ヴァルチャーが現れる。揉み合ううちに、武器が暴発、フェリーが真っ二つになってしまう。

ピーターが1人で奮闘するも、船はどんどん沈んでゆく。もうダメかと思ったその時、船が浮き始めた。アイアンマンが助けに来たのだ。一大事を逃れたピーターだが、トニーは彼に失望し、「君にスーツを着る資格はない」とスーツを取り上げる。

自分の勝手な行動から人々を危険に晒してしまったことで、落ち込むピーターは普通の高校生として生活することを決める。

【あらすじ⑤】帰ってきたスパイダーマン


出典:スパイダーマン公式Facebook

ピーターに普段の日常が戻ってくる。ヒーロー活動で疎かになっていた学業もこなし、ホームカミングパーティの相手にリズを誘うこともできた。

パーティの夜、ピーターはリズを迎えに彼女の家を訪れる。ベルを鳴らすと、出てきたのはフェリーで目撃した男だった。ヴァルチャーの正体はリズの父親だったのだ。あまりの衝撃から、顔が強張るピーター。さらに、パーティに向かう途中、車内でのリズとの会話から正体がバレてしまう

リズを先に行かせ、2人きりになった途端、エイドリアンは「今度邪魔をしたら殺す」とピーターを脅す。しばらく呆然としていたピーターだったが、今度こそヴァルチャーを止めることを決意し、彼を追う。ネッドの誘導から、彼らの狙いはスターク社の引越しであり、輸送中に物資を奪う計画であることを知る。

物資を積んだジェット機が離陸する直前、ピーターはヴァルチャーにしがみつく。ジェットの上で激しい攻防が繰り広げられるが、その最中にエンジンが炎上し、墜落してしまう。エイドリアンの翼も炎上し、すんでのとこでピーターに命を助けられる。

ハッピーが墜落現場に駆けつけた時には、ピーターの書き置きとともに捕らえられたヴァルチャーがいた。

ピーターの学園生活に再び平穏が訪れる。父親が捕まったリズは、オレゴンに引っ越すことになったらしい。学校のトイレに呼び出されたピーターを待っていたのはハッピーだった。彼は引越しの件に関して礼を言い、アベンジャーズの新しいオフィスまでピーターを送り届ける。

彼を待っていたのはトニーだった。正式にアベンジャーズに加入を認めるが、ピーターは親愛なる隣人としてヒーロー活動を続けることを告げ、去っていく。スパイダーマンを紹介する記者会見で多くのマスコミを待たせる中、トニーはペッパーとの婚約を発表することになる。

家に帰ったピーターを待っていたのは、「これは君のものだ」というトニーの書き置きとスパイダースーツだった。再びスーツに身を包むピーター。しかしその背後にはメイおばさんが。ついにおばさんに正体がバレてしまったのだった。

『スパイダーマン:ホームカミング』のキャスト

ピーター・パーカー(スパイダーマン)/トム・ホランド


出典:スパイダーマン公式Facebook

遺伝子操作されたクモに噛まれたことにより、スーパーパワーを得た高校生。自作の糸を駆使し、スパイダーマンとして活躍する。頭脳明晰で、所属するクイズ研究会のエース的存在。

ネッド・リーズ/ジェイコブ・バタロン

ピーターの親友であり、オタク仲間。パソコンの前に座り、ヒーローに指示を出す「椅子の男」に憧れている。スパイダーマンの正体がピーターであることを知った彼は、その生態に興味津々なようだ。

トニー・スターク(アイアンマン)/ロバート・ダウニーJr.

天才発明家であり、大富豪。キャプテン・アメリカの陣営と対峙する際、YouTubeにアップされたスパイダーマンの映像を見て、ピーターをスカウトする。それ以来、なにかとピーターを気にかけている。

ミシェル/ゼンデイヤ

スパイダーマンホームカミング
出典:映画『スパイダーマン:ファーフロムホーム』公式Twitter

ミステリアスなピーターの同級生。なにかとピーターに付きまとい、彼に皮肉を言いながらも気にしているようだ。クイズ大会での活躍からチームのリーダーに任命される。友達からはM.J.と呼ばれている。

リズ/ローラ・ハリアー

スパイダーマンホームカミング出典:映画『スパイダーマン:ホームカミング』公式サイト

ピーターの片思い相手。クイズ研究会に所属する。

メイおばさん/マリサ・トメイ

スパイダーマンホームカミング出典:映画『スパイダーマン:ホームカミング』公式サイト

美しすぎるピーターのおばさん。ピーターを実の子のように育てており、少々過保護なところもある。その美貌で周囲の男を惹きつけるが、本人には自覚がないようだ。

ハッピー/ジョン・ファブロー

トニーの運転手兼助手。トニーからピーターの世話役を任せられるが、ピーターから日々送られてくる報告メールにうんざりしている。アベンジャーズ新オフィスの引越しで最近忙しいようだ。

エイドリアン・トゥームス(ヴァルチャー)/マイケル・キートン

スパイダーマン ホームカミング
出典:スパイダーマン公式Facebook

残骸処理会社の社長だが、ダメージコントロールに大口の仕事を奪われ、生活のためにチタウリの残骸をくすねてハイテク兵器を製造する。ウィングスーツを装備して、ヴァルチャーとなる。リズの父親であり、子煩悩な一面も。

『スパイダーマン:ホームカミング』のトリビア

【トリビア①】真似したくなる!あのハンドシェイクの意味は?

スパイダーマンホームカミング
出典:映画『スパイダーマン:ファーフロムホーム』公式Twitter

本作で印象的なシーンと言えば、ピーターとネッドのハンドシェイクではないでしょうか?ハンドシェイクは、NBAの選手や黒人ラッパーなどのものが有名ですが、お互いの絆を確かめあうためにするものです。息の合ったハンドシェイクは、2人の仲の良さを物語っていて素敵ですよね。

ところで、本作で2人がしていたハンドシェイクには意味があることをご存知でしょうか?最初から順番に、「ソーのムジョルニア」「ホークアイの鷹」「ハルクスマッシュ」「キャプテン・アメリカのシールド」「アイアンマンのリパルサー」「ブラックウィドウの銃」です。そう、全て初代アベンジャーズのシンボルなのです!みなさんも、もう一度見返して真似してみてはいかがでしょうか?

【トリビア②】今回のスーツは歴代最強!


出典:スパイダーマン公式Facebook

スパイダーマンの新作映画が公開されるたびに話題なるのは、そのスーツ今回のスーツはなんとトニー・スターク特製です。あのトニーが作ったんですから、その機能はハイテクそのもの。自動フィット機能はもちろん、乾燥機能パラシュートドローンまで装備されており、至れり尽くせりです。

驚くべきは、その糸の多様性。技の種類は実に576通り。覚えるのが大変そうですね。さらに、スーツにはアイアンマン同様、人工知能カレン(ピーターが命名)が搭載されており、ピーターの行動をアシストするのはもちろんのこと、雑談恋愛相談にまでのってくれる超優秀な秘書です。

【トリビア③】ヴァルチャー?バードマン?

スパイダーマンホームカミング
出典:映画『スパイダーマン:ホームカミング』公式サイト

ヴァルチャー役として出演していたマイケル・キートン。悪人顔がヴィランにピッタリでしたね。実はこの人、1989年公開のティムバートン版の映画『バットマン』で、バットマンを演じているのです。

しかし、それ以来これといった人気作が無く、いわゆる「落ち目」の俳優でした。しかし、2014年のアカデミー賞作品賞を受賞した映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』にて、主演男優賞にノミネートされ、再び人気俳優としての座を得ました。「バードマン」を演じた彼が、スパイダーマンで「ヴァルチャー」を演じるという遊び心もマーベル映画ならではですね!

【トリビア④】歴代脇役大集合?

ピーターが通う高校、ミッドタウン科学技術高校はマーベル映画と深い関わりがあることをご存知でしょうか?

高校名のとおり、科学系に特化した学校のようですが、その化学室には、エジソンやアインシュタイン、ニュートンといった科学史に名を残す偉人と並び、なんとブルース・バナー博士(マーク・ラファロ)の肖像が!マーベルの世界ではそれほど偉大な科学者として認識されているのかもしれませんね。

また、この高校のモリタ校長(ケネス・チョイ)に見覚えのある方は、相当のマーベルファンです。校長室に飾ってある彼の祖父の写真は、映画『キャプテン・アメリカ:ファーストアベンジャー』にてキャプテン・アメリカととともに戦った兵士、ジム・モリタなのです!

さらに、トニーの父ハワード・スタークや、キャプテンアメリカの超人血清を開発したアースキン博士などが学校の至るところに描かれており、マーベルの世界を堪能するには最高の学校なのです!

【トリビア⑤】ベンおじさんはいずこ?

スパイダーマンにとって欠かせない存在と言えば、ベンおじさんですよね。「スパイダーマンの映画が公開されるたびに、ベンおじさんが殺されなければならない」と揶揄されるベンおじさんですが、本作では直接的には登場せず、メイおばさんとの会話の端々で言及される程度でした。

ベンおじさんと言えば、「大いなる力には、大いなる責任が伴う」とピーターに言い聞かせ、彼が「親愛なる隣人スパイダーマン」として生きることを決意させる重要人物です。では、本作でベンおじさんとは誰だったのでしょう。ピーターに対して、時には厳しく助言しながら陰ながら支え続けてきた人と言えば…?

そう、トニー・スタークですよね。彼は映画『アベンジャーズ:エンドゲーム』で、ピーターが見守る中、息を引き取ります。続編である映画『スパイダーマン:ファーフロムホーム』では、トニーの意思を継ぐピーターの苦悩が描かれる注目の作品です。彼はいかにしてアイアンマンの意思を継ぐのか?是非、続編もチェックしてください!

まとめ

『スパイダーマン:ホームカミング』のネタバレ解説と、トリビアをご紹介しました!過去のスパイダーマン実写映画とのシリーズと比較してみたり、他のマーベル映画のクロスオーバーを楽しむのもオススメです!

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』【ネタバレ徹底解説・トリビアも】 等身大ヒーロー『スパイダーマン』シリーズの名言集 映画『スパイダーマン』歴代スーツのスペック徹底解剖!スペック比較表を使って一目でおさらい