映画『ファンタスティック・ビースト』シリーズのキャスト&キャラクターを一挙解説!

matsumotosan

 

1920年代の魔法界を描いたファンタスティック・ビーストシリーズは、ハリー・ポッターにも登場する歴史的な人物の過去を描いたスピンオフ作品。キャラクターもストーリーもハリー・ポッターシリーズとは一味違う重厚な過去の雰囲気を持っているのが魅力です。世界中でもハリー・ポッターシリーズをより深く知ることができる過去編としてファン達から大きな注目を集めています。

本記事では、そんなファンタスティック・ビーストシリーズに登場する魅力的なキャラクター達と、それを演じる実力派キャスを達を詳しくご紹介。物語の鍵となるキャラクター達の重要な関係性や、キャストの出演作品や現在の活動なども解説しているので、是非チェックしてみてください。

\22万以上の作品が見放題/

目次

【ハリー・ポッターの前日】『ファンタスティック・ビースト』シリーズについて

ファンタスティック・ビースト
出典:『Wizarding World』公式Twitter

ファンタスティックビーストは、イギリスの世界的に有名な作家であるJ・K・ローリングが著した、ハリー・ポッターシリーズより70年ほど前の時代を舞台にしたハリー・ポッターの前日譚です。ハリー・ポッターシリーズに名前のみ登場する魔法生物学者のニュート・スキャマンダーを主人公に、その時代の闇の魔法使いとの戦いや、魔法界の冒険を描いています。

さらにファンタスティック・ビーストは、映画製作当初は3部作だと発表されていましたが、人気とローリングの製作意欲の高まりから5部作にまで延長が決まった人気作でもあります。ハリー・ポッターシリーズにも引けを取らない人気を獲得し、現在も世界中から注目を集めています。

▼ファンタビシリーズのおさらいはこちらから▼

ファンタスティック・ビースト『ファンタスティック・ビースト』シリーズ全作のあらすじ解説!ハリポタシリーズとの時系列は?

ファンタスティック・ビーストのキャスト紹介

映画『ファンタスティック・ビースト』シリーズにはハリー・ポッターシリーズとは少し異なる、レトロで魅力的なキャラクター達が登場します。さらにそんなキャラクター達を演じる有名俳優達も注目すべきポイントです。

ここからは、各キャラクターとそれを演じるキャストを紹介していきます。

【魔法生物学者の主人公:ニュート・スキャマンダー】エディ・レッドメイン

ファンタスティック・ビースト
出典:『Wizarding World』公式Twitter

ファンタスティック・ビーストシリーズの主人公であるニュート・スキャマンダーを演じているのは、イギリスの有名俳優「エディ・レッドメイン」です。人見知りで少々風変わりなニュートのキャラクターを素晴らしい演技力で繊細に表現し、世界中で高い評価を獲得しました。

長身でスタイルが良くハンサムな英国紳士らしい佇まいは、まさにウィザーディングワールドの世界にぴったりだとも話題になっています。

そんなエディ・レッドメインは2014年公開の「博士と彼女のセオリー」でゴールデングローブ賞とアカデミー賞の主演男優賞を受賞したことで有名になりました。その後も立て続けに2015年に公開された「リリーのすべて」でゴールデングローブ賞とアカデミー賞の主演男優賞にノミネート。世界が認める類い稀な演技力は、ファンタスティック・ビーストシリーズでも遺憾なく発揮されています。

近年でもその活動ペースは落ちることなく、2020年に公開されたNetflixオリジナル映画の「シカゴ裁判」にも出演。新しい役に次々と挑戦し続けています。

種族 人間・純潔または半純血
出身校 ホグワーツ魔法魔術学校
出身寮 ハッフルパフ
登場作 ファンタスティック・ビースト全シリーズ
恋人 ティナ・ゴールドスタイン(未確定)

【死をも制した偉大な魔法使い:アルバス・ダンブルドア】ジュード・ロウ

ファンタスティック・ビースト
出典:『魔法ワールド』公式Twitter

ハリー・ポッターシリーズでも大活躍した偉大な魔法使い、アルバス・ダンブルドアはファンタスティック・ビーストシリーズにも登場しています。この時代のダンブルドアはまだ若く、ホグワーツ魔法魔術学校で変身術を教えている教授でした。主人公のニュートのことをとても買っていて、グリンデルバルドの戦いに関してもニュートに協力してもらっています。

そんなダンブルドアを演じているのは、イギリスの有名俳優の「ジュード・ロウ」。ジュード・ロウは1999年公開の「リプリー」で英国アカデミー賞の助演男優賞を受賞し、その後も多くの作品で賞にノミネートされている実力派俳優。

2006年公開の「ホリディ」のようなラブコメディから、2009年公開の「シャーロック・ホームズ」のようなサスペンスアクションにまで幅広く出演しています。さらに2022年に公開予定の「ピーター・パン&ウェンディ」ではフック船長も演じており、まさに英国のカメレオン俳優の名が相応しい人物と言えます。

種族 人間・半純血
出身校 ホグワーツ魔法魔術学校
出身寮 グリフィンドール
登場作 ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生
恋人 ゲラート・グリンデルバルド(過去)

【歴史に残る闇の魔法使い:ゲラート・グリンデルバルド】ジョニーデップ

ファンタスティック・ビースト
出典:『魔法ワールド』公式Twitter

ファンタスティック・ビーストシリーズにおける悪役である、闇の魔法使いゲラート・グリンデルバルドは、ハリー・ポッターシリーズに登場する悪役のヴォルデモートよりも強力で偉大な魔法使いだと言われています。

作中で見せる極悪でも不思議な魅力のある人物像は、悪役ながら多くのファンに愛されています。

そんなグリンデルバルドを演じたのは、アメリカの大物俳優「ジョニー・デップ」です。

ジョニー・デップは自身のスキャンダルにより残念ながら3作目以降からは降板が決定したおりますが、2作品では非常に魅力的で残酷な一面を持つグリンデルバルドを見事に演じていました。降板した現在でも、彼が演じたグリンデルバルドは多くのファン達に高く評価されています。

そんなジョニー・デップはでは出演だけでなく映画制作の場でも活躍。2015年公開の「チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密」や2020年公開の「MINAMATA-ミナマタ-」で製作も務めています。

ゲラート・グリンデルバルドゲラート・グリンデルバルドを徹底解説|ダンブルドアとは恋愛関係だった?
種族 人間・純血または半純血
出身校 ダーム・ストラング専門学校
登場作 ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生
恋人 アルバス・ダンブルドア(過去)

『ファンタスティック・ビースト3』からはマッツ・ミケルセン

2022年に公開予定の映画『ファンタスティック・ビースト3』以降はジョニー・デップの降板が決まり、代役としてマッツ・ミケルセンが抜擢されました。

マッツ・ミケルセンは「北欧の至宝」と呼ばれるほど容姿端麗で演技力も抜群。ジョニーとは少し違った新しいグリンデルバルドの魅力を見せてくれることでしょう!

 

【正義感の強い闇払い:ポーペンティナ・ゴールドスタイン】キャサリン・ウォーターストン

ファンタスティック・ビースト
出典:『魔法ワールド』公式Twitter

ポーペンティナ・ゴールドスタインはアメリカ合衆国魔法議会に所属している魔女。もともと闇払いでしたが、人間界で無断で魔法を使用したため降格処分されました。

ニュートと出会って共に魔法界の闇に迫っていき、正義感の強い彼女は自ら闇の魔法使いと戦ったり弱い者を救おうと奮闘したりして活躍していきます。

そんなティナを演じているのはイギリスの女優「キャサリン・ウォーターストン」。キャサリン・ウォーターストンは2018年公開の「mid90:ミッドナインティーズ」などの話題作にも出演し、日本でもある程度の知名度を誇っています。さらに主人公のニュートを演じるエディ・レッドメインと遠い親戚という意外な関係も公表されています。

種族 人間・半純血
出身校 イルヴァーモニー魔法魔術学校
出身寮 パクワジ
登場作 ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生
恋人 ニュート・スキャマンダー(未確定)
\22万以上の作品が見放題/

【読心術の使い手:クイニー・ゴールドスタイン】アリソン・スドル

ファンタスティック・ビースト
出典:『魔法ワールド』公式Twitter

クイニー・ゴールドスタインはティナの妹で、相手の心を読むことができる魔女。真面目で比較的地味な服装のティナと比べ、ピンクの服や小物を取り入れたフェミニンなスタイルの彼女は、可愛らしいキャラクターとして親しまれています。

そんなクイニーを演じているのは、アメリカのシンガーソングライターで女優の「アリソン・スドル」です。アリソン・スドルはファンタスティック・ビーストシリーズで映画作品デビューを果たしました。元々は音楽活動をメインとしており、2007年にヴァージン・レコードよりメジャーデビュー。

2011年以降は、国際自然保護連合の親善大使も務めています。

種族 人間
出身校 イルヴァーモニー魔法魔術学校
出身寮 パクワジ
登場作 ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生
恋人 ジェイコブ・コワルスキー

【心優しいマグル:ジェイコブ・コワルスキー】ダン・フォグラー

ファンタスティック・ビースト
出典:『Wizarding World』公式Twitter

ジェイコブ・コワルスキーは人間で、主人公ニュートの良き友人。ハリー・ポッターシリーズでは見られなかったマグルのメインキャラクターです。

善良な心を持ち、パン屋の経営を夢見ていました。第1作目でニュート達と冒険を繰り広げた後に記憶を失くしますが、第2作目では記憶を取り戻し再びニュート達と合流。クイニーとは恋人関係にもなります。

そんなジェイコブを演じたのはアメリカの俳優「ダン・フォグラー」。多くの作品に名脇役として登場し、2005年にはトニー賞のミュージカル助演男優賞も受賞しています。昨今では有名ドラマシリーズの「ウォーキング・デッド」にも出演し、活躍の場を広げ続けています。

種族 人間(マグル)
登場作 ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生
恋人 クイニー・ゴールドスタイン

【グリンデルバルドに狙われるスクイプ:クリーデンス・ベアボーン】エズラ・ミラー

ファンタスティック・ビースト
出典:『魔法ワールド』公式Twitter

クリーデンス・ベアボーンは魔法族の生まれでありながら魔法が使えないスクイプで、幼少期に魔力を押さえつけたために巨大な力を秘めるオブスキュリアルとなりました。クリーデンスの力を狙うグリンデルバルドは、クリーデンスをダンブルドアの弟であるアウレリウス・ダンブルドアだと考えています。

そんなクリーデンスを演じたのは、アメリカの俳優「エズラ・ミラー」です。エズラ・ミラーは2011年公開の「少年は残酷な弓を射る」や、2012年公開の「ウォールフラワー」で一躍有名になりました。

繊細で奥深く、表現力の豊かな演技力は世界中で評価されています。近年ではDCコミックスシリーズで2022年公開の「ザ・フラッシュ」に出演するなど、多くの話題作に主要な役で登場。快進撃を続けています。

種族 人間(オブスキュリアル)・純血または半純血
登場作 ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

【優秀な闇払い:パーシバル・グレイブス】コリン・ファレル

ファンタスティック・ビースト
出典:『魔法ワールド』公式Twitter

パーシバル・グレイブスは、ファンタスティック・ビーストシリーズの第1作目でグリンデルバルドがなりすましていたアメリカ合衆国魔法議会の闇払いであり魔法法執行部部長です。グリンデルバルドによって誘拐されたのか殺害されたのか判明しておらす、その安否は不明となっています。

そんなグレイブスを演じたのは、アイルランド人俳優の「コリン・ファレル」。2008年公開の「ヒットマンズ・レクイエム」ではゴールデングローブ賞の主演男優賞を受賞したことでも有名で、その後もラブコメディからファンタジー、サスペンスやスリラーなど幅広いジャンルで活躍しています。

近年ではミックスシリーズで2022年公開の「THE BATMAN-ザ・バットマン-」にも出演。有名作品に引っ張りだこです。

種族 人間・純血または半純血
登場作 ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
\22万以上の作品が見放題/

【悲しき呪いの宿命を背負う:ナギニ】キム・スヒョン(英語名:クローディア・キム)

ファンタスティック・ビースト
出典:『魔法ワールド』公式Twitter

血筋の呪いで、生まれながらにしてやがて永久的に動物の姿になってしまう悲しい呪いを背負ったマレディクタスです。ナギニの場合はやがて蛇になってしまうことが決まっており、永久的に姿が変わる前から自在に蛇に変身する力を持っています。

そしてその力を活かし、摩訶不思議サーカスに所属していましたが、マクーザから逃亡中のクリーデンスと親しくなり、逃げ出しました。

そんなナギニを演じているのは韓国の女優「キム・スヒョン」です。韓国でもモデルや女優として活躍していたキム・スヒョンは英語が堪能だったためハリウッドのオーディションにも積極的に参加。

ファンタスティック・ビーストシリーズ以外にも2015年公開の「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」にも出演し、世界的に有名な女優となりました。

ナギニナギニの正体は人間?ファンタビシリーズで明かされた生い立ちやヴォルデモートとの関係を解説
種族 人間(マレディクタス)
登場作 ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

【ニュートの兄:テセウス・スキャマンダー】カラム・ターナー

ファンタスティック・ビースト
出典:『魔法ワールド』公式Twitter

主人公ニュートの兄テセウス・スキャマンダーは、イギリス魔法省の闇払い局に務めるエリート魔法使いです。社交性がなく魔法生物に没頭するニュートを気にかけ、面倒をみる優しい性格が作中で描かれています。

そんなテセウスを演じるのはイギリスの俳優「カラム・ターナー」。もともとファッションモデルとしてキャリアをスタートさせたカラム・ターナーは、2011年に俳優デビューを果たしました。近年では2021年公開の「愛しい人から最後の手紙」に出演し、活発な俳優活動を続けています。ファンタスティック・ビーストシリーズではエディ・レッドメイン演じるニュートの兄を演じていますが、実際にはエディの方が年上。年下でありながら抜群の演技力で兄役を見事に演じています。

種族 人間・純血または半純血
出身校 ホグワーツ魔法魔術学校
出身寮 ハッフルパフ
登場作 ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生
恋人 リタ・レストレンジ

【スキャマンダー兄弟のマドンナ:リタ・レストレンジ】ゾーイ・クラヴィッツ

ファンタスティック・ビースト
出典:『魔法ワールド』公式Twitter

リタ・レストレンジはホグワーツ在学中にニュートと親しくしていた魔女で、ホグワーツ卒業後はニュートの兄であるテセウスの婚約者となりました。読心術を使うクイニーの分析によると、リタは「奪う人であって与えてくれることはない」とのこと。

そんなリタを演じたのはアメリカの女優「ゾーイ・クラヴィッツ」です。大物歌手レニー・クラヴィッツの娘で、2007年に「幸せのレシピ」でスクリーンデビュー。その後もX-MENシリーズやスパイダーマンシリーズなどに出演し、俳優業のキャリアを順調に進めています。

近年では2022年公開の「THE BATMAN-ザ・バットマン-」にも出演。幅広いジャンルの作品で活躍し続けています。

種族 人間
出身校 ホグワーツ魔法魔術学校
出身寮 スリザリン
登場作 ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生
恋人 テセウス・スキャマンダ

【長寿の魔法使い:ニコラス・フラメル】ブロンティス・ホドロフスキー

ファンタスティック・ビースト
出典:『魔法ワールド』公式Twitter

ニコラス・フラメルは伝説の物質である「賢者の石」の創造に成功した唯一の魔法使いであり、錬金術師です。「ハリー・ポッターと賢者の石」でも名前だけ登場していました。賢者の石で作られる命の水を飲んでいたため驚異的な長寿となり、92年には665歳を迎えたと言われています。

そんなフラメルを演じているのはフランスの俳優「ブロンティス・ホドロフスキー」です。70年代から女優の母ベルナデット・ランドリュの母国フランスで暮らし、パリのコンセルヴァトワールで演劇を学び、舞台を中心に活動していました。

母国語であるスペイン語に加えてフランス語、英語も堪能。フランスにルーツを持つ優秀な俳優であることから、フランス人の魔法使いであるフラメルの役に抜擢されました。

種族 人間・純血
出身校 ボーバトン魔法アカデミー
登場作 ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生
恋人 ペレネレ・フラメル

【カリスマ的魔女:セラフィーナ・ピッカリー】カルメン・イジョゴ

ファンタスティック・ビースト
出典:『Wizarding World』公式Twitter

セラフィーナ・ピッカリーは1920年から1928年にわたりアメリカ合衆国魔法議会の議長を務めた優秀な魔女です。気難しい性格ですがカリスマ性があり、隙を見せるようなことがない人物であるとされています。

そんなピッカリーを演じているのはイギリスの女優「カルメン・イジョゴ」です。

近年では2017年公開の「ローマンという名の男 -信念の行方-」などに出演し、緩やかな頻度で俳優業を続けています。ドラシリーズにも多く出演しており、幅広いジャンルで活躍し続けています。

種族 人間・純血または半純血
出身校 イルヴァーモニー魔法魔術学校
出身寮 ホーンド・サーペント
登場作 ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

【厳しい継母:メアリー・ルー・ベアボーン】サマンサ・モートン

ファンタスティック・ビースト
出典:『ワーナー・ブラザース』公式サイト

メアリー・ルー・ベアボーンは、20世紀に魔法使いと魔女の糾弾を目的とした新セーレム救世軍のリーダーです。魔法や魔術をアメリカからなくすことを目的としており、街頭演説などの少々過激な活動も行っていました。

そんなメアリーを演じたのはイギリスの女優の「サマンサ・モートン」です。

2006年にはテレビ映画の「ロングフォート」でゴールデングローブ賞の助演女優賞を受賞。その後も2019年には「ウォーキング・デッド」にも出演。ファンタスティック・ビーストシリーズ以外でも幅広い活躍を見せています。

種族 人間(マグル)
登場 ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
\22万以上の作品が見放題/

【個性豊かなキャラクター達と実力派キャストが勢揃い】まとめ

ファンタスティック・ビースト
出典:『魔法ワールド』公式Twitter

今回は、ファンタスティック・ビーストシリーズに登場するメインキャラクーとそのキャストを詳しく紹介しました。

俳優の情報を少し知っておくだけでも、作品への思い入れが変わったりするため、キャストのバックグラウンドを知ってから作品を見返すのがおすすめです。より深い知識を少し変わった視点で作品を楽しめるでしょう。

是非既にファンタスティック・ビーストシリーズを観た方も、まだ観てない方も、本記事を参考にファンタスティック・ビーストシリーズについてより深く知ってみてください!

\22万以上の作品が見放題/
この記事を書いた人
matsumotosan
matsumotosan